内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

  4 

権威に敬意を払うべきなのはなぜですか

権威に敬意を払うべきなのはなぜですか

『あらゆる   敬い なさい』。―ペテロ  一 2:17

1,2 (イ)権威  関し て,どんな 葛藤  経験  ます か。(ロ)これ から,どんな 質問  つい  考え ます か。

 なさい  言わ      たく ない   幼い   どう 反応 する か,見  こと  あり ます か。顔  は,困惑  ありあり  表われ   ます。親    聞こえ   ます し,親  権威  敬意  払う べき こと  分かっ   ます。でも,この 言いつけ   従い たく ない  です。現実 問題   て,わたしたち  だれ   同じ よう  葛藤  経験  ます。

2 権威  敬意  払う   必ずしも 容易   あり ませ ん。あなた  対し  何らか  権威  持っ  いる   敬意  払い にくく 感じる こと  あり ます か。そう     も,そう   葛藤  経験 する   あなた だけ   あり ませ ん。今  時代,権威  対する 敬意  非常  薄れ  いる    ない でしょ  か。それでも 聖書  よれ ば,わたしたち は,権威 ある 立場  いる   敬意  示す 必要  あり ます。(箴言 24:21)神    うち  とどまり たい なら,そう する こと  不可欠   です。それで,次  よう  質問  生じる でしょ う。権威  敬意  払う       たいへん 難しい   なぜか。そう する よう エホバ  求め  おら れる   なぜか。そう する     助け  なる か。そして,どの よう    権威  敬意  示せる か,と いう 質問 です。

難しい   なぜか

3,4 罪   完全   どの よう    始まり まし  か。罪深い わたしたち  権威  敬意  払い にくい   なぜ です か。

3 権威  持つ   敬意  示す   非常  難しい 理由  二つ,手短   考え ましょ う。一つ は,わたしたち   完全   負っ  いる  いう こと,もう 一つ は,権威  持つ  たち   完全   負っ  いる  いう こと です。人間     完全   生じ   は,遠い 昔,エデン    アダム  エバ    権威  反逆     こと です。罪  反逆  とも  始まっ   です。それ  今日  わたしたち も,反逆 する 傾向  生まれつき持っ   ます。―創世記 2:15‐17; 3:1‐7。詩編 51:5。ローマ 5:12

4 罪深さ ゆえ に,人  誇り  傲慢   抱き がち    対し て,謙遜   まれ  特質 で,培っ  保つ   懸命  努力  要し ます。長年  わたっ  忠実    仕え      も,強情   誇り  屈する こと  あり ます。一例   て,コラ  こと  考え ましょ う。コラ は,数々  苦難  面し   忠実  エホバ    とも  歩ん   まし た。しかし,より 大きな 権威  欲し,ずうずうしく  モーセ  対する 反逆  先頭  立ち まし た。当時  最も 柔和   モーセ  対し  そう    です。(民数記 12:3; 16:1‐3)ウジヤ   どう でしょ  か。誇り  ゆえに,エホバ  神殿  入り,祭司 だけ  許さ   神聖  務め  行ない まし た。(歴代  二 26:16‐21)こう    たち は,反逆  よる 悲惨  結果    招き まし た。わたしたち すべて は,これら  悪い 手本 から 教訓  学べ ます。権威  敬意  払う   難しく する 誇り  闘う 必要  ある  です。

5 不 完全  人間  どの よう  権威  誤用    まし  か。

5 一方,権力  ある 立場  いる    完全 で,権威  対する 敬意  損なう よう  こと  いろいろ 行なっ   まし た。残虐,横暴,圧制     少なく あり ませ ん。人間  歴史 は,おおむね 権力  乱用  記録 です。(伝道  書 8:9)例えば サウル は,エホバ      選ば      謙遜  良い  でし  が,後  誇り  ねたみ  気持ち  負け,忠実   ダビデ  迫害 する よう  なり まし た。(サムエル  一 9:20,21; 10:20‐22; 18:7‐11)その  ダビデ は,イスラエル  歴史    際立っ  良い   なり まし た。しかし,その ダビデ  権力  誤用 し, ヒッタイト  ウリヤ    奪い,無実  ウリヤ  前線  送っ  戦死   まし た。(サムエル  二 11:1‐17)不 完全  人間  とっ て,権力  正しく 行使 する   容易  こと   ない  です。権力  持つ   エホバ  敬意  抱い   ない と,さらに ひどい こと  なり ます。ある 英国  政治  は,カトリック  教皇 たち  よる 広範  迫害  つい  論じ  後,「力  腐敗  やすく,絶対     絶対  腐敗 する」と 述べ まし た。では,こう   歴史  踏まえ て,権威  敬意  払う べき    なぜ   考え ましょ う。

権威  敬意  払う べき    なぜか

6,7 (イ)エホバ    は,何  する よう わたしたち  動かし ます か。なぜ です か。(ロ)柔順   どんな 態度  含ま  ます か。どの よう  柔順  示せ ます か。

6 権威  敬意  払う 最も 優れ  理由 は,いずれ    基盤     ます。エホバ   愛,仲間  人間   愛,そして 自分 自身    です。わたしたち   より  エホバ  愛し  いる  で,エホバ    歓ばせ たい  願っ   ます。(箴言 27:11。マルコ 12:29,30)わたしたち  知っ  いる とおり,エホバ  主権 つまり 宇宙  支配 する 権利  エデン   反逆 以来 ずっ  地上  挑戦  受け  おり,人類   多数  サタン    つい  エホバ  支配  退け   まし た。それ    反対  立場  取る わたしたち    高鳴り ます。啓示 4  11   荘厳  言葉  読む    奮い立ち ます。エホバ  宇宙  正当  支配   ある こと     疑問  ない    ない でしょ  か。わたしたち  エホバ  主権  支持 し,毎日  生活    エホバ  支配  受け入れ ます。

7 そう   敬意  は,単に 従う 以上  こと  関係    ます。わたしたち  エホバ  愛し  いる  で,進ん  エホバ  従い ます。と  いえ,従う   非常  難しい   あり ます。その よう  時,冒頭      幼い   よう に,柔順  学ぶ こと  必要  なり ます。イエス  こと  思い出し  ください。イエス は,服する   極めて 難しい  思える     み父  ご意志  柔順  服し     ない でしょ  か。み父  向かっ  こう 述べ   ます。「わたし  意志   なく,あなた  ご意志  なさ  ます よう に」。―ルカ 22:42

8 (イ)今日,エホバ  権威   柔順   しばしば   含ま  ます か。この    エホバ  見方    明らか     ます か。(ロ)助言  聴き従い,懲らしめ  受け入れる  に,何  助け  なり ます か。(「 助言  聴き従い,懲らしめ  受け入れよ」と いう 囲み  ご覧 ください。)

8 もちろん,エホバ  今日,わたしたち 一人一人  語りかける こと  なさい ませ ん。み言葉,および 地上  代表   ある  たち  用い  おら  ます。ですから,ほとんど  場合  わたしたち は,エホバ  権威 ある 立場  置い  おら れる  たち ― その 立場  とどまる こと  許し  おら れる  たち ― に 敬意  払う こと  よっ て,エホバ  権威   柔順  示し ます。その  たち  逆らう なら,神  不快  させる こと  なり ます。例えば,その  たち  聖書   助言  矯正  受け入れ よう   ない 場合 です。イスラエル   モーセ  対し  つぶやい  反逆   時,エホバ  それ  ご自分  対する 反逆  みなさ  まし た。―民数記 14:26,27

9 仲間  人間     権威  敬意  払う よう   動かす,と 言える   なぜ です か。例え  説明   ください。

9 わたしたち  権威  敬意  示す  は,仲間  人間  愛し  いる から   あり ます。どうして そう 言え ます か。例えば,あなた  軍隊   兵士  ある   ましょ う。軍隊  勝利,さらに  生き残り そのもの も,指揮 系統  兵士 一人一人  協力 し,従い,敬意  払う  どう   よっ  左右   ます。あなた  反逆   その 系統  損なう なら,仲間  兵士 全員  危険  状況  置か れる   しれ ませ ん。人間  軍隊  今日  世界   破壊  もたらし  いる   確か です が,エホバ  軍隊  良い こと だけ  行ない ます。聖書 は,その   何百  も「万軍  エホバ」と 呼ん   ます。(サムエル  一 1:3)エホバ  強力  霊者 たち  成る 大軍  司令    です。エホバ は,地上   たち  軍隊  なぞらえ  おら  ます。(詩編 68:11。エゼキエル 37:1‐ 10)エホバ  権威  与え  おら れる  たち  わたしたち  反逆 する なら,霊的  仲間  兵士 たち  危険  さらす こと  なら ない でしょ  か。一   クリスチャン が,任命    長老 たち  逆らう なら,会衆     たち  苦しみ ます。(コリント  一 12:14,25,26)一     反抗 する と,家族 全体  苦しみ ます。ですから わたしたち は,敬意  満ち  協力  精神  培う こと  よっ て,仲間  人間     示す  です。

10,11 自分    適度  願う 気持ち は,権威  従う   どの よう  わたしたち  動かし ます か。

10 また,わたしたち  権威  敬意  払う  は,それ  自分  とっ  最善    から   あり ます。エホバ は,権威  敬意  払う よう 求める   しばしば,その   述べ  おら  ます。例えば,幸せ  長く 生きる ため    従い なさい,と 子ども  命じ  おら  ます。(申命記 5:16。エフェソス 6:2,3)また,霊的    被る こと  ない よう   会衆  長老 たち  敬意  払い なさい,と わたしたち  命じ  おら  ます。(ヘブライ 13:7,17)自分 自身  保護  なる   世俗  権威  従い なさい,と  命じ  おら  ます。―ローマ 13:4

11 エホバ  わたしたち  従う こと  望ん  おら  ます が,その 理由  知っ  いれ ば,権威  敬意  払い やすく なる    ない でしょ  か。では,生活     三つ  分野  どの よう  権威  敬意  示せる   考え   ましょ う。

家庭    敬意

12 エホバ  夫(また 父親)に 家庭    どんな 役割  与え  おら  ます か。男性  その 役割  どの よう  果たせ ます か。

12 家族  いう 取り決め は,エホバ  お造り  なり まし た。秩序   エホバ は,うまく 機能 する よう  家族  組織   おら  ます。(コリント  一 14:33)夫(また 父親)に,家族      行動 する 権威  与え  おら  ます。夫 は,自分    ある キリスト  イエス  敬意  示し,会衆  対する イエス      行使  仕方  倣い ます。(エフェソス 5:23)自分  責任  放棄  ず,雄々しく 担い ます。横暴 だっ たり 厳しかっ たり  ず,愛  あり,道理  わきまえ,親切   ます。自分  権威  相対   もの  ある こと  忘れ ませ ん。その 権威  エホバ  権威  超える こと  決して ない  です。

クリスチャン  父親 は,頭    行使  仕方  関し  キリスト  倣う

13 妻(また 母親)は どの よう に,エホバ  喜ば れる 仕方  家庭    役割  果たせ ます か。

 13 妻(また 母親)は,夫  助け手 また 補う もの    行動  ます。彼女  家庭    権威  授け られ  おり,聖書 は「母  律法」に つい  述べ   ます。(箴言 1:8)もちろん,その 権威    権威  従属 する もの です。クリスチャン   は,夫  家族       役割  果たす   助ける こと  より,夫  権威  敬意  示し ます。夫  軽んじ たり,操っ たり,夫  立場  奪い取っ たり   ませ ん。夫  支え,協力  ます。夫  決定  自分  望み  合わ ない とき,敬意  こめ  自分  考え  述べる こと  あり ます が,柔順   保ち ます。夫   信者  場合,妻  難しい 状況  直面 する でしょ う。と  いえ,夫    柔順  行状  動かさ   エホバ  求める よう  なる   しれ ませ ん。―ペテロ  一 3:1,2

14 子ども  どの よう    エホバ  喜び  もたらせ ます か。

14 子ども は,父    従う こと  よっ て,エホバ    喜ばせ ます。    誉れ  喜び  もたらし ます。(箴言 10:1)ひとり親 家庭  子ども も,従順  関する 同じ 原則  当てはめ ます。親  支え  協力  いっそう 必要    いる   しれ ない  考え て,そう  ます。神  定め  役割  家族 全員  果たす 家庭 は,平和  喜び  あふれ ます。そして それ は,すべて  家族  創始   ある エホバ   賛美  なる  です。―エフェソス 3:14,15

会衆    敬意

15 (イ)エホバ  権威  敬意  抱い  いる こと を,会衆   どの よう  示せ ます か。(ロ)どんな 原則 は,指導    当たっ  いる  たち  従う 助け  なり ます か。(『 指導    当たっ  いる  たち  従い なさい』と いう 囲み  ご覧 ください。)

15 エホバ は,み子  クリスチャン 会衆  支配   任じ  おら  ます。(コロサイ 1:13)そして イエス は,地上      霊的  必要  世話 する 割り当て を「忠実  思慮深い 奴隷」に 与え   ます。(マタイ 24:45‐47)その 奴隷  を,エホバ  証人  統治   代表    ます。1 世紀  クリスチャン 会衆  場合  同じく,今日  長老 たち  統治  から  指示  助言 を,直接 に,あるいは旅行 する 監督など  代表   通し  受け ます。わたしたち 各人 は,クリスチャン  長老 たち  権威 敬意  払う とき,エホバ  従っ  いる こと  なり ます。―ヘブライ 13:17

16 どんな 意味 で,長老  聖霊  よっ  任命  れる,と 言え ます か。

16 長老  奉仕    完全   あり ませ ん。わたしたち  同様,欠点  あり ます。それでも 長老 たち は,会衆  霊的  強さ  保つ 助け    与え られ た「人々  賜物」です。(エフェソス 4:8長老  聖霊  よっ  任命され ます。(使徒 20:28)どうして そう 言え ます か。まず,その     霊感  よる 言葉  記さ   いる 資格  満たし   なけれ  なら ない から です。(テモテ  一 3:1‐7,12。テトス 1:5‐9)さらに,その 兄弟  資格  考慮 する 長老 たち は,エホバ  聖霊  導き  真剣  祈り 求め ます。

17 会衆  活動  おい  クリスチャン  女性    覆い  着ける こと  ある   なぜ です か。

 17 会衆  おい て,野外 奉仕  ため  集まり  司会 など,通常 なら 長老  奉仕    割り当て られる べき 仕事  果たせる 長老  奉仕     ない,と いう   ある   しれ ませ ん。そう   場合,バプテスマ  受け    兄弟  代わり  務め ます。その よう  兄弟   ない なら,資格 ある 姉妹  その 必要  満たし ます。と  いえ,通常 なら バプテスマ  受け  男子  割り当て られる べき 役割  果たす 場合,女性    覆い  着け ます。 *コリント  一 11:3‐10)この 要求  女性  低める もの   あり ませ ん。この 要求  従う とき,家庭   会衆       関する エホバ  取り決め  敬意  示す こと  できる  です。

世俗  権威  対する 敬意

18,19 (イ)あなた  ローマ 13  1‐7   原則  どの よう  説明  ます か。(ロ)わたしたち  世俗  権威  どの よう  敬意  示し ます か。

18   クリスチャン は,ローマ 13  1‐7   原則  良心   固守  ます。その 部分 全体  読む  分かり ます が,そこ    くる「上位  権威」は 世俗  政府  指し ます。そう   人間  政府 は,エホバ  よっ  存在  許さ   いる 間,重要  役目  果たし,ある 程度  秩序  保つ  とも  必要  サービス  提供  ます。わたしたち は,法  守る こと  より,そう   権威  敬意  示し ます。払う べき   すべて 支払い,政府  求める 用紙   きちんと 記入 し,自分  家族  仕事  所有   関する 法律  遵守 する よう 心がけ ます。と  いえ,神  背く よう  こと  要求  れる 場合  は,世俗  権威  服し ませ ん。昔  使徒 たち  同じく,「わたしたち は,自分 たち  支配     人間 より   従わ   なり ませ ん」と いう 態度  取り ます。―使徒 5: 28,29。「 だれ  権威  従う べき 」と いう 囲み  ご覧 ください。

19    接し方  よっ   世俗  権威  敬意  示し ます。政府  役人  接する 場合 など です。使徒 パウロ は,王 ヘロデ  アグリッパ  総督 フェスト  会っ  際,重大  欠点  あっ  それら 支配  たち   敬意  もっ  語りかけ まし た。(使徒 26:2,25)わたしたち は,相手  権力  ある 支配   あれ 地元  警察   あれ,パウロ  手本  倣い ます。若い クリスチャン  学校 で,先生  学校 職員  同様  敬意  示す よう  努め ます。わたしたち は,信条  認め  くれる  だけ  敬意  払う    あり ませ ん。エホバ  証人  敵意  抱く    敬意  もっ  接し ます。実  ところ,不 信者 全般  わたしたち  敬意  感じ取れる よう  ある べき   です。―ローマ 12:17,18。ペテロ  一 3:15

20,21 権威  対し  ふさわしい 敬意  示す なら,どんな 祝福   られ ます か。

20 敬意  示す  で,出し惜しみ  ない よう   ましょ う。使徒 ペテロ は,『あらゆる   敬い なさい』と 書い   ます。(ペテロ  一 2:17)人々 は,わたしたち  抱く   敬意  感じ取る と,強く   動かさ れる でしょ う。この 特質  ますます まれ  もの  なっ   ます。ですから,敬意  示す こと は,イエス    命令  留意   いる こと  なり ます。「あなた方    人々    輝かせ,人々  あなた方  りっぱ     て,天  おら れる あなた方    栄光  帰する よう   なさい」。―マタイ 5:16

21 この     あっ て,心  優しい  たち  霊的    引き寄せ られ ます。わたしたち  家庭  会衆  世俗     敬意  示す なら,人々  魅力  感じ,とも    うち  歩む よう  なる   しれ ませ ん。何  喜ばしい 見込み でしょ う。そう なら ない    も,一つ  こと  確か です。わたしたち    敬意  払う なら,エホバ   お喜び  なり,わたしたち      うち  とどまれる  です。これ  勝る 報い  ある でしょ  か。

^ 17節 付録 の「  覆い ― いつ,また なぜ」と いう 項目 で,この 原則  当てはまる 具体   取り上げ られ   ます。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

エホバの牧者たちに従いなさい

監督たちは,神の会衆を牧するため聖霊によって任命されています。羊たちが監督たちに聞き従うべきなのはなぜですか。