内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

排斥された人にどう対応すべきか

排斥された人にどう対応すべきか

親族  親しい     悔い改め ず,その ため  会衆 から 追放  れる なら,わたしたち  言葉  でき ない ほど  心痛  味わい ます。と  いえ,この    聖書  指示  どう 応じる   よっ て,どれ ほど   愛し,神  取り決め  忠節  ある   明らか  なり ます。 * 生じる 質問  幾つ   つい  考え   ましょ う。

排斥      どう 対応  べき か。聖書  こう 述べ   ます。「兄弟  呼ば れる  で,淫行  者,貪欲  者,偶像  礼拝 する 者,ののしる 者,大酒 飲み,あるいは ゆすり取る   いれ ば,交友  やめ,その よう       食事  する こと さえ  ない よう に」。(コリント  一 5:11)さらに,「キリスト  教え  とどまら ない 者」が いれ ば,「決して   迎え入れ   なり ませ  し,あいさつ  ことば  かけ   なり ませ ん。その   あいさつ  ことば  かける  は,その 邪悪    あずかる こと  なる から です」と 書か    ます。(ヨハネ  二 9‐11)わたしたち は,排斥       霊的  交わり  親睦  交わり  持ち ませ ん。「ものみの塔」誌,1981  11  15  号,24 ページ   こう あり ます。「『こんにちは』と いう 簡単  あいさつ  きっかけ  なっ  会話  発展  たり,場合  よっ   友情  発展  たり する こと  ある もの です。わたしたち  排斥      対し,その よう  きっかけ  作り たい  思う でしょ  か」。

徹底   避ける こと  本当  必要 か。その とおり です。理由  あり ます。第  に,神  み言葉  対する 忠節  かかっ   ます。わたしたち は,都合  良い とき だけ  なく,相当  努力  要する とき  エホバ  従い ます。神     動かさ  て,神  おき  すべて  従い ます。神  公正    ある   あり,神  律法  最善    生む,と いう こと  わきまえ  いる から です。(イザヤ 48:17。ヨハネ  一 5:3)第  に,悔い改め ない 悪行  から 離れ  いる なら,自分  会衆    成員  霊的  また 道徳   汚染 から 保護 し,会衆  良い 評判  守る こと  でき ます。(コリント  一 5:6,7)第  に,聖書  原則  固守 する なら,排斥         及ぶ こと  あり ます。わたしたち  審理 委員   決定  支持 する なら,それ まで 長老 たち  援助  こたえ応じ   なかっ  悪行     動かさ れる   しれ ませ ん。愛する  たち   貴重  交友 関係  失う こと  よっ て『本心  立ち返り』,自分    重大   悟り,エホバ  もと  戻る ため  段階  踏む   しれ ない  です。―ルカ 15:17

親族  排斥    場合  どうか。その よう  とき,家族  緊密    ゆえに 忠節  大いに 試み られ ます。排斥    親族  どう 対応  べき でしょ  か。ここ  すべて  状況  取り上げる こと  でき ませ  が,二つ  基本   状況  考え   ましょ う。

排斥      依然    同じ   家族  一員    暮らし  いる,と いう 場合  あり ます。排斥     家族  結びつき  断た  ない  で,家族     日々  通常  活動  関係  続い  ゆく でしょ う。しかし その  は,信者  ある 家族   霊的    自ら  歩み  よっ  断ち切り まし た。ですから,家族  忠節  成員  もはや その   霊的  交わり  持つ こと  でき ませ ん。例えば,家族  一緒  聖書  研究 する 時,排斥      その      それ  加わり ませ ん。と  いえ,排斥       成年  子ども  ある なら,親  依然    その   教え諭し たり 懲らしめ たり する 責任  負っ   ます。それゆえ,愛  ある  は,その    聖書 研究  取り決め  司会 する でしょ う。 *箴言 6:20‐22; 29:17

一方,排斥    親族  同居 家族  ない 場合  あり ます。家族     必要  事柄  顧みる ため  限ら   範囲  接し なけれ  なら ない こと  まれ  ある    も,そう   接触  最小限  とどめる べき です。 忠節  クリスチャン  ある 家族  成員 は,同居    ない 排斥    親族  かかわり  持つ 口実  探そ     ませ ん。むしろ,エホバ  その 組織  対する 忠節  ゆえに,排斥  いう 聖書   取り決め  擁護  ます。そう   忠節  態度 は,悪行   とっ   最善  願っ   もの  あり,受け  懲らしめ から 悪行     得る 助け  なる でしょ う。 *ヘブライ 12:11

^ 1節 この   関する 聖書  原則 は,会衆   関係  自ら 断絶      同じ よう  当てはまり ます。

^ 2節 同居   いる 排斥     成年  子ども  つい  さらに 詳しく は,「ものみの塔」誌,2001  10  1  号,16‐17 ページ,および1988  11  15  号,20 ページ ご覧 ください。

^ 3節 排斥    親族  どう 対応  べき   つい  さらに 詳しく は,「ものみの塔」誌,1988  4  15  号,26‐31 ページ,および1981  11  15  号,25‐31 ページ ある 聖書   助言  ご覧 ください。