アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

国旗敬礼,投票,市民的奉仕活動

国旗敬礼,投票,市民的奉仕活動

国旗 敬礼。国旗 など    対し    かがめ たり 敬礼  たり する こと(しばしば 国歌 など  伴う)は,神   なく 国家 など  組織  その 指導   救い  帰する 宗教  行為  ある,と エホバ  証人  考え   ます。(イザヤ 43:11。コリント  一 10:14。ヨハネ  一 5:21)その よう  指導   一例 は,古代 バビロン  ネブカドネザル  です。強大  君主 ネブカドネザル は,自分  威光  宗教  情熱    印象づける ため  巨大    立て,音楽(一   国歌)が 演奏   たら その   対し    かがめる よう   臣民  命じ まし た。しかし,3   ヘブライ 人 ― シャデラク,メシャク,アベデネゴ ― は,死  処する  脅さ     かかわら ず,像    かがめる こと  拒み まし た。―ダニエル 3 

現代  おい て「国家 主義  信仰  主要  象徴 ならび  崇拝  中心  対象   国旗  ある。……国旗  通過 する 時,人々  脱帽 する。詩人  国旗  たたえ  頌歌  作り,子供 たち  賛歌  歌う」と,歴史   カールトン  ヘーズ  書い   ます。そして,国家 主義  は,米国  7  4 日(独立 記念 日)の よう な「聖 なる 日」が あり,「聖人  英雄」が おり,霊廟 など の「寺院」が ある,と 付け加え   ます。ブラジル  公的 儀式  おい  陸軍 大臣 は,「国旗  尊敬  れ,崇拝    いる。……祖国  崇拝    いる とおり(で ある)」と 語り まし た。アメリカーナ 百科 事典 (英語)が 述べ  よう に,「国旗  十字架  同様  神聖  もの」な  です。

同じ 百科 事典  比較  最近    よる と,国歌 は「愛国   表明  あり,これ   大抵,国民  支配     導き  加護  ある よう    請願  含ま  て」い ます。ですから,エホバ   たち が,国旗 敬礼  国歌 斉唱  伴う 愛国  儀式  宗教   もの  みなす  は,道理  反し  こと   あり ませ ん。「アメリカ   性格」(英語)と いう  も,米国  学校  エホバ  証人  子ども たち  国旗  崇敬    示し たり 忠誠  誓い   たり する   拒ん  こと  関し て,こう 注解    ます。「毎日 行なわ れる その よう  儀式  宗教   もの  ある こと は,一連  訴訟 事件  最高 裁判   より,ついに 確認   た」。

エホバ   は,非 聖書   ある  みなす 儀式  参加  ませ  が,他    参加 する 権利  尊重  ます。また,表象     国旗  敬意  払い,正式  立て られ  政府 を,「神  奉仕 者」と   仕え  いる「上位  権威」と 認め ます。(ローマ 13:1‐4)それ  エホバ  証人 は,「王 たち  高い 地位  ある すべて  人々  つい て」祈る よう    勧め  留意  ます。と  いえ,そう  よう  思う  は,「わたしたち が,敬虔  専心  全うし,まじめ   保ち つつ,平穏  静か  生活    ゆく ため」です。―テモテ  一 2:1,2

政治   選挙   投票。  クリスチャン は,他    投票 する 権利  尊重  ます。選挙 反対 運動  行なっ たり   ず,選出    権威   協力  ます。しかし,諸 国家  政治  関し   断固    中立  保ち ます。(マタイ 22:21。ペテロ  一 3:16)では,投票  義務  ある 場合 や,投票   行か ない    反感  激しい 場合,クリスチャン  どう  べき でしょ  か。ある クリスチャン は,シャデラク,メシャク,アベデネゴ  ドラ  平野 まで 出かけ  行っ  こと  考え,同様  状況  おい て,良心  許す なら 投票   行く こと  する   しれ ませ ん。と  いえ,中立  立場  曲げる こと  ない よう 注意 する でしょ う。以下  六つ  原則  考慮  入れる べき です。

  1.   イエス  追随  は『世  もの   ない』。―ヨハネ 15:19

  2. クリスチャン  キリスト  その 王国  代表   いる。―ヨハネ 18:36。コリント  二 5:20

  3. クリスチャン 会衆  信条  おい  一致   おり,その 成員  キリスト  よう    よっ  結び合わさ   いる。―コリント  一 1:10。コロサイ 3:14

  4. 当選     投じ   は,その 当選   行なう 事柄  責任  一端  負う こと  なる。―サムエル  一 8  5,10‐18   テモテ  一 5  22   記述  背後  ある 原則  注目   ください。

  5. エホバ は,イスラエル    見える 支配   願い求め  こと を,ご自分  退け  こと  表われ  みなさ  た。―サムエル  一 8:7

  6. クリスチャン は,どんな 政治  信念  持つ      王国 政府  つい  はばかり なく 語れる よう  なけれ  なら ない。―マタイ 24:14; 28:19,20。ヘブライ 10:35

市民  奉仕 活動。  よっ  は,兵役 拒否   一定 期間  何らか  市民  奉仕 活動  要求   ます。この   決定  下さ なけれ  なら ない  は,それ  つい  祈り,望む なら 円熟   仲間  クリスチャン  話し合っ  後,十分  情報  基づい  良心  よる 決定  下す べき です。―箴言 2:1‐5。フィリピ 4:5

『自分  支配     政府  権威  たち  従順  あり,あらゆる 良い   備え  し,道理  わきまえ なさい』と   言葉  命じ   ます。(テトス 3:1,2)これ  念頭  置い て,次  よう  自問 できる でしょ う。『提示    いる この 市民   仕事  受け入れる と,クリスチャン     中立    妥協  たり,偽り  宗教  かかわっ たり する こと  なる だろ  か』。(ミカ 4:3,5。コリント  二 6:16,17)『この 仕事  行なう なら,クリスチャン     責任  果たし にくく なっ たり,果たせ なく なっ たり する だろ  か』。(マタイ 28:19,20。エフェソス 6:4。ヘブライ 10:24,25)『逆 に,そう   仕事  する なら,霊的   活動  拡大 でき,全 時間 宣教 など  可能  なる だろ  か』。―ヘブライ 6:11,12

ある クリスチャン が,刑務   入る    なく 市民  奉仕 活動  行なお   良心   判断 する なら,仲間  クリスチャン  その 決定  尊重  べき です。(ローマ 14:10)また,ある クリスチャン  自分  そう   奉仕 活動  行なえ ない  感じる なら,他    やはり その 見解  尊重  べき です。―コリント  一 10:29。コリント  二 1:24

 

もっと調べる

神の政府だけを忠節に支持する

エホバの証人は政治的に中立であるゆえに迫害という「川」に脅かされてきました。しかし,その川の水を意外な要素が呑み込みました。