アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

頭の覆い ― いつ,またなぜ

頭の覆い ― いつ,またなぜ

クリスチャン 女性  崇拝  関連  て,いつ,また なぜ,頭  覆い  着ける べき です か。霊感  よる 使徒 パウロ  論議  考え ましょ う。パウロ は,神  誉れ  なる 正しい 決定  する   必要  導き  与え   ます。(コリント  一 11:3‐16)考慮  べき 三つ  要素  明らか  され   ます。(1)女性    覆い  着ける こと  必要  なる 活動,(2)そう  べき 状況,(3)この 規準  当てはめる 動機 です。

活動。パウロ  二つ 挙げ   ます。祈り  預言 です。(4,5 )祈り は,崇敬    こめ  エホバ  語りかける こと です。今日   預言 は,クリスチャン  奉仕   聖書  基づい  教える こと  相当 する でしょ う。では パウロ は,女性  祈っ たり 聖書  真理  教え たり する    いつ     覆う べき  ある,と 言っ     でしょ  か。そう   あり ませ ん。女性  祈っ たり 教え たり する   状況  よっ て,大きな 違い  ある  です。

状況。パウロ  言葉 から,二つ  状況 つまり 活動    読み取れ ます。家庭  会衆 です。パウロ  こう 述べ   ます。「女      あり,……だれ  も,自分    覆わ ない  祈っ たり 預言  たり する  は,自分    辱める こと  なり ます」。(35 )家庭  おい  は, エホバ  よっ          立て られ   ます。エホバ から   割り当て られ  務め    行なう 時,夫  権威  しかる べき 認識  示さ ない なら,妻    辱める こと  なり ます。それで,例えば,夫  いる ところ  聖書 研究  司会 する 必要  ある 場合,頭  覆い  着け て,夫  権威  認め  いる こと  示し ます。夫  バプテスマ  受け      なく  も,そう  ます。夫  家族    から です。 * バプテスマ  受け   成年  息子  いる ところ  祈っ たり 教え たり する 場合  も,頭  覆い  着け ます。その   家族    から   なく,クリスチャン 会衆  バプテスマ  受け  男子  与え られ  いる 権威  ゆえ です。

パウロ は,会衆  いう 状況  つい  こう 述べ   ます。「何  ほか  習慣  支持 する   いる よう  あっ  も,わたしたち   これ 以外  習慣  あり ませ  し,神   会衆   あり ませ ん」。(16 )クリスチャン 会衆  おい  は,バプテスマ  受け  男子      与え られ   ます。(テモテ  一 2:11‐14。ヘブライ 13:17)男子 だけ  長老  奉仕      任命  れ,神    群れ  世話 する 責任   から 与え られ ます。(使徒 20:28)と  いえ 時おり,資格  ある バプテスマ  受け  男子  通常 果たす 務め  クリスチャン  女性  扱わ ざる   ない 場面  ある でしょ う。例えば,資格  ある バプテスマ  受け  男子   なかっ たり,務め  果たせ なかっ たり  て,野外 奉仕  ため  集まり  司会 する 必要  ある   しれ ませ ん。あるいは,バプテスマ  受け  男子  いる ところ で,前もって 取り決め られ  家庭 聖書 研究  司会 する こと  ある   しれ ませ ん。そう   活動    ところ クリスチャン 会衆   教える   延長   で,通常  男子  割り当て られる 務め  扱っ  いる  いう こと  認め,頭  覆い  着け ます。

しかし,崇拝  おい  姉妹    覆い  着け なく  よい 場面  たくさん  あり ます。例えば,クリスチャン  集会  注解  たり,夫  バプテスマ  受け    男子  戸別 伝道  行なっ たり,バプテスマ  受け   ない 子ども  研究  祈り   たり する 場合,着ける 必要  あり ませ ん。こう     関し  確信  持て ない なら,さらに 調査 でき ます。 * それでも 確信  持て ず,良心  促さ れる なら,写真  示さ   いる よう に,頭  覆い  着ける こと  間違い   ない でしょ う。

動機。10  は,クリスチャン  女性  この 要求  応じ たい  思う 理由  なる 二つ    挙げ られ   ます。「女  み使い たち  ため  自分    権威  しるし  着ける べき です」。まず,「権威  しるし」と いう 表現  注目   ください。女性 は,頭  覆い  着ける こと  よっ て,会衆   バプテスマ  受け  男子  エホバ  授け  おら れる 権威  認め  いる こと  示せ ます。エホバ      忠節  表わす こと  なる  です。第   理由 は,「み使い たち  ため に」と いう 言葉  示さ    ます。女性    覆い  着ける こと は,それら 強力  霊者 たち  どんな 影響  及ぼす  でしょ  か。

み使い たち は,天地  またがる エホバ  組織  どこ  おい     権威  認め られ  いる    たい  思っ   ます。そして この  で,不 完全  人間  手本 から   受け ます。エホバ  取り決め  柔順  なけれ  なら ない  は,み使い たち  同じ です。過去  おい  かなり    み使い たち  そう する こと  失敗  まし た。(ユダ 6)現在,ある クリスチャン 女性 は,会衆   バプテスマ  受け  ある 男子 より   経験  あり,知識  深く,聡明   しれ ませ ん。それでも,その 男子  権威   柔順  快く 示し  おり,み使い たち  それ     ます。その 女性 は,やがて キリスト  共同  相続   なる 油そそが   クリスチャン  ある   しれ ませ ん。いずれ  み使い より  高い 立場  仕え,キリスト      支配 する  です。み使い たち  とっ    優れ  手本   でしょ う。そして,すべて  姉妹  大きな 特権  あり ます。無数  忠実  み使い たち   で,忠節 かつ 柔順  振る舞い  よっ て,謙遜  従順  実証 できる  です。

^ 3節 クリスチャン   は,夫  病気  言葉  出せ ない など  例外   場合  除き,信者  ある   いる ところ     出し  祈ら ない でしょ う。

^ 2節 さらに 詳しく は,「ものみの塔」誌,2002  7  15  号,26‐27 ページ,および1977  6  1  号,344‐347 ページ ご覧 ください。