アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 11 

道徳面での精錬 ― 神の神聖さを反映する

道徳面での精錬 ― 神の神聖さを反映する

この   考える こと

 は,神  道徳 規準  重んじる よう 臣民  どの よう  教え    

エホバ  偉大  霊的 神殿 の,外  中庭  通じる   入っ  ゆく ところ  想像   ください

1. エゼキエル は,畏敬    抱か せる どんな もの   まし  か。

 から  2,600  前,預言  エゼキエル  ある    ます。あなた  エゼキエル だっ  なら,どう 感じ  でしょ  か。想像     ください。あなた は,光り輝く 巨大  神殿  近づき ます。そこ   強力  み使い   て,荘厳  神殿  案内   くれ ます。あなた  7     上り,3     うち  1    ます。入口     て,あなた  畏敬    打た  ます。門  高さ  30    なる  です。その 入り道  通っ  ゆく と,幾つ   監視    あり ます。柱   優美  やし    模様  あり ます。―エゼ 40:1‐4,10,14,16,22; 41:20

2. (イ)幻    神殿    表わし   ます か。(脚注  参照。)(ロ)神殿  入口  幾つ   特色  は,どんな 意味  あり ます か。

2 これ  霊的 神殿   です。エゼキエル  その 神殿  様子 を,エゼキエル   40  から 48    詳しく 説明    ます。この 神殿 は,清い 崇拝  ため  エホバ  取り決め  表わし   ます。神殿  特色  どれ も,今  終わり    おける わたしたち  崇拝  関係  あり ます。 * では,高い    どんな 意味  あり ます か。清い 崇拝  ため  エホバ  取り決め  入る 人々 は,神  廉直  高い 規準  従っ  生活  なけれ  なら ない,と いう こと です。やし    模様  同様    示し   ます。聖書   で,やし  廉直   表わす ため  用い られる こと  ある から です。(詩 92:12)監視    ある こと   どんな 意味  あり ます か。神  規準  重んじ よう   ない  は,命  与える 清い 崇拝  美しい   入っ  ゆく こと  許さ  ない,と いう こと です。―エゼ 44:9

3. キリスト  追随  たち  継続   精錬  必要 だっ    なぜ です か。

3 エゼキエル    どの よう  成就    まし  か。この  2  考え  よう に,エホバ  キリスト  用い て,1914  から 1919   初め  かけ て,民  特別  精錬 なさい まし た。精錬  それ  終わっ   でしょ  か。そう   あり ませ ん。過去 100   わたり,キリスト  エホバ   なる 行動 規準  擁護  続け   まし た。キリスト  追随  たち  は,継続   精錬  必要 でし た。なぜ でしょ  か。彼ら  道徳   腐敗   世界 から 集め られ    から です。しかも,サタン  彼ら   道徳  行ない  いう     必死  引き戻そ      ます。ペテロ  二 2:20‐22   読む。)これ から,真  クリスチャン  着実  精錬      3   分野  考え ましょ う。まず 道徳    精錬  幾つ   つい て,次  会衆  清く 保つ うえ  欠か  ない 取り決め  つい て,最後  家族  つい  考え ます。

現代  おける 道徳    精錬

4,5. サタン   から どんな 策略  用い   まし  か。どんな 結果  生じ   まし  か。

4 エホバ    いつ  時代 も,道徳   廉直  行ない  する こと  強い 関心  抱い   まし た。ですから,道徳  関する いっそう 明確  指示  与え られる たび に,それ  受け入れ   まし た。幾つ     挙げ ましょ う。

5    道徳。エホバ は,性 関係  夫婦   清く 美しい もの  なる こと  意図 なさい まし た。しかし,サタン  その 貴重  贈り物  誤用  れる こと  喜び ます。本来  あり方   異なる 汚れ  もの  し,エホバ    誘惑     恵み  失わせる 手段    用い  いる  です。サタン  この 策略  バラム  時代     奏し,悲惨  結果  もたらし まし た。終わり    今,サタン  この 策略  ますます 用いる よう  なっ   ます。―民 25:1‐3,9。啓 2:14

6. 「ものみの塔」誌   どんな 誓約  掲載   まし  か。それ  どの よう  用い られ まし  か。後  その 誓約  廃止      なぜ です か。(脚注  参照。)

6 サタン  働きかけ  対抗 する ため,「ものみの塔」(英語)1908  6  15    は,次  言葉  含む 誓約  掲載   まし た。「私  いつ  も,どこ  おい  も,異性  個人   接する  は,公    いる   全く 同じ よう  振る舞い ます」。 * この 誓約  任意  もの でし  が,多く    誓約  し,その  たち  名前 が「シオン  ものみの塔」(英語)に 掲載   まし た。後  その 誓約  廃止   まし た。当時  人々  とっ  有用 だっ    いえ,形式   もの  なっ  いる  判断    ため です。しかし,その 誓約  示さ     高潔  道徳 規準 は,それ 以降  固守   まし た。

7. 1935  の「ものみの塔」誌 は,どんな 問題  取り上げ まし  か。どんな 規準  確認   まし  か。

7 サタン  攻撃  強まる 一方 でし た。「ものみの塔」(英語)1935  3  1   は,神      問題  なっ    事柄  率直  取り上げ まし た。当時,ある  たち は,宣教 奉仕  行なっ  いれ  私生活  おい  エホバ  道徳 規準  固守 する 務め  免れる,と 考え    よう です。それで「ものみの塔」誌 は,はっきり こう 述べ まし た。「銘記  べき    て,求め られ  いる   単に 証し    行なう こと だけ   ない。エホバ  証人  エホバ  代表   あり,エホバ  その 王国  ふさわしく 代表 する 務め  負っ  いる   ある」。次い  同誌 は,結婚   道徳  関する 明確  助言  与え,「淫行」つまり    道徳 から「逃げ去」る よう     助け まし た。―コリ 一 6:18

8. 「ものみの塔」誌     道徳  相当 する ギリシャ   正確  意味  たびたび 注意  向け      なぜ です か。

8 「ものみの塔」誌  ここ 数十 年,性   道徳  相当 する,ギリシャ  聖書   ポルネイア  いう   正しい 定義  たびたび 注意  向け   まし た。この   性交  意味   いる だけ   あり ませ ん。むしろ,様々   道徳 行為  包含 し,売春 宿  行なわ れる よう  卑わい  行為 すべて   広く 含み ます。この よう   て,キリスト  追随  たち は,今日  世界  非常  多く    むしばん  いる  倒錯 から 保護       です。―エフェソス 4:17‐19  読む。

9,10. (イ)1935  に,「ものみの塔」誌  道徳    どんな 問題  取り上げ まし  か。(ロ)聖書  飲酒  関し て,平衡  取れ  どんな 教え  与え   ます か。

9 アルコール  乱用。「ものみの塔」1935  3  1   は,道徳      問題  注意  向け,こう 述べ まし た。「飲酒   状態  野外 奉仕  組織      務め  果たす  たち  いる こと  観察    いる。聖書  は,どんな 状況   飲酒  認め られ  いる だろ  か。主  組織    奉仕  差し障り  生じる よう  仕方  飲酒  する   ふさわしい こと だろ  か」。

10 その 記事  は,飲酒  対する   言葉  平衡  取れ  見方  説明   まし た。聖書 は,ぶどう     アルコール   節度  保っ  用いる こと  禁じ   ませ  が,酩酊  強く      ます。(詩 104:14,15。コリ 一 6:9,10)飲酒   状態  神聖  奉仕  行なう こと  つい   どう です か。神   たち   かねて から,アロン  息子 たち  記述  もと  諭し  与え られ   まし た。神 は,適法  ない     祭壇  ささげ  その      処さ  まし た。この 記述  少し あと  部分 で,二    適切  行動  至っ  原因  思わ れる 事柄  明らか  され   ます。神  すべて  祭司 たち に,神聖  務め  行なう   飲酒  禁じる 律法  お与え  なっ   です。(レビ 10:1,2,8‐11)今日,キリスト  追随  たち は,指針  なる この 原則  当てはめ,飲酒   状態  神聖  奉仕  行なう こと  ない よう    つけ ます。

11. アルコール 依存  関し  いっそう 多く  理解  与え られ  こと は,神    とっ  どの よう    なっ   まし  か。

11 キリスト  追随  たち  ここ 数十 年,アルコール 依存  関し  いっそう 多く  理解  与え られ   まし た。アルコール 依存  は,アルコール  乱用  続き,常用   つい  状態  こと です。時宜  かなっ  霊的 食物  より,この 問題  克服 し,再び 自己 管理 できる よう  なっ    少なく あり ませ ん。また,最初 から その よう  問題  陥ら ない よう 助け られ   たち  沢山  ます。アルコール  乱用  よっ  尊厳  失い,家族  失い,何 より  エホバ   清い 崇拝  携わる 特権  失う  いう  は,ぜひとも 避け たい 事柄 です。

「私たち    たばこ    くゆらせる 姿 も,汚れ  もの    くわえる 姿 も,全く 想像 でき ない」。―C  T  ラッセル

12. キリスト   たち は,終わり    始まる  から,たばこ  つい  どんな 見方     まし  か。

12 たばこ  使用。キリスト   たち は,終わり    始まる  から,たばこ  ふさわしく ない  考え 始め   まし た。ずいぶん   こと です が,高齢  チャールズ  ケイペン 兄弟 は,19 世紀  終わり  チャールズ  テイズ  ラッセル  初めて 出会っ    出来事  語り まし た。当時 13  だっ  ケイペン 兄弟 は,兄   たち  一緒 に,ペンシルバニア  アレゲーニー  バイブル  ハウス     まし た。階段  ところ  いる と,ラッセル 兄弟  そば  通り,「君 たち  たばこ  吸う  かい? たばこ  におい  する  だが」と 言い まし た。彼ら は,「吸っ   ませ ん」と はっきり 答え まし た。たばこ  つい  ラッセル 兄弟  どの よう  考え     か,ケイペン  兄弟 たち   よく 分かり まし た。「ものみの塔」(英語)1895  8  1    は,コリント  二 7  1   関する ラッセル 兄弟  注解  掲載   まし た。そこ   こう あり ます。「クリスチャン  ある   どんな   せよ たばこ  使用 する   たら,それ  どうして   栄光 に,あるいは 当人    なる  か,私   理解 でき ない。……私たち    たばこ    くゆらせる 姿 も,汚れ  もの    くわえる 姿 も,全く 想像 でき ない」。

13. 1973   は,道徳   どんな 精錬  行なわ  まし  か。

13 1935  の「ものみの塔」誌 は,たばこ を「汚れ  葉」と 呼び,たばこ  かむ   吸う   ベテル 奉仕  続ける こと も,神  組織  代表 する     開拓 奉仕  旅行 する 奉仕  行なう こと  でき ない,と 述べ まし た。1973  に,神    道徳   さらに 精錬   まし た。「ものみの塔」6  1  号(日本 語: 9  1  号)では,この 習わし  続ける エホバ  証人  良い 立場   なく,会衆   とどまる こと  でき ない,と 説明   まし た。それ    縮め,人  汚す,愛  欠け  行ない です。たばこ  使用  やめ よう   ない   排斥  れる こと  なり まし た。 * キリスト  追随  たち  精錬 する ため  重要  措置  講じ   です。

14.   関する   規準  どの よう  もの です か。どの よう   て,輸血  普通  行なわ れる よう  なり まし  か。

14   誤用。  ノア  時代,血  食べる こと  正しく ない  言わ  まし た。さらに,イスラエル 国民  与え  律法    その お考え  再度 述べ,クリスチャン 会衆  対し  も「血  避ける」よう 指示 なさい まし た。(使徒 15:20,29。創 9:4。レビ 7:26)サタン  現代  おい て,神  この 規準  人々  背か せる 方法  見いだし    驚く   当たり ませ ん。19 世紀  医師 たち  輸血  試みる よう  なり ます。後  血液   発見  れ,輸血  もっと 一般   なり まし た。1937   は,血液  集め られ  血液 銀行  保管  れる よう  なり ます。第   世界 大戦   に,輸血  一気  広まり まし た。やがて,それ  世界   普通  行なわ れる よう  なっ   です。

15,16. (イ)エホバ  証人  輸血  関し  どんな 立場  取り まし  か。(ロ)輸血   輸血 治療  関し て,キリスト  追随  たち   どんな 支え  与え られ   まし  か。どんな 結果  なっ   ます か。

15 「ものみの塔」誌  早く  1944  に,輸血  受ける     食べる   同じ  ある,と いう 考え  示し まし た。翌年,聖書  基づく その 見解  強調  れ,明確  され まし た。1951  の「ものみの塔」誌  は,神    医療  専門   自分 たち  立場  説明 する   役立つ 情報 が,質問  答え    掲載   まし た。世界   キリスト  忠実  追随  たち は,勇気 ある 立場  取っ  ため に,しばしば 嘲笑,敵意,あからさま  迫害  面し まし た。しかし キリスト は,組織  動かし      必要  支え  与え 続け まし た。入念  調査  基づく 詳しい 情報  載せ  ブロシュアー  記事  出さ    です。

16 1979   は,長老 たち  病院  訪問  て,医師 たち  わたしたち  立場  その 聖書   理由,輸血  代わる 治療   つい  説明 する よう  なり ます。1980   は,米国  39  都市  長老 たち が,この 奉仕  ため  特別  訓練  受け まし た。やがて 統治  は,世界 各地  医療 機関  連絡 委員   設立 する こと  承認  ます。これら  努力  成果  生み出し  いる でしょ  か。現在  は,幾万    医療 専門 家 ― 外科   麻酔   など  医師  含む ― が エホバ  証人  患者  協力   あり,無 輸血 治療  受け たい  いう 願い  尊重 する よう  なっ   ます。無 輸血 治療  行なう 病院  増え  おり,それ  最も 優れ  医療  見る 病院  あり ます。サタン  イエス  追随  たち  汚そ   働きかけ   ます が,イエス  彼ら  様々  方法  保護    まし た。その こと  考える と,心強く 思う    あり ませ  か。―エフェソス 5:25‐27  読む。

 輸血 治療  行なう 病院  増え  おり,それ  最も 優れ  医療  見る 病院  ある

17. キリスト  追随  たち  精錬   いる こと  対する 感謝 を,どの よう  示せ ます か。

17 こう 自問   ください。『キリスト  追随  たち  精錬 し,エホバ  高い 道徳 規準  守る よう 訓練   くださっ  いる こと  感謝   いる だろ  か』。そう  あれ ば,サタン  わたしたち  エホバ  イエス から 引き離す ため    道徳 規準  対する 敬意  むしばも     いる,と いう こと  忘れ ない よう   ましょ う。その よう  影響   対抗 する ため,エホバ  組織     道徳  歩み方  関し て,愛 ある 警告  諭し  絶え  与え   ます。そう   貴重  助言  いつも 留意 し,進ん  従い ましょ う。―箴 19:20

 道徳   そしり  受け ない よう,会衆  保護 する

18.   規準  故意  背く   関し て,エゼキエル    どんな   はっきり 示し   ます か。

18 道徳   精錬    2    分野 は,会衆  清く 保つ ため  措置  関係  あり ます。残念 ながら,エホバ  行動 規準  受け入れ    献身 する   皆,忠節  その 決定  貫く わけ   あり ませ ん。心 変わり  て,神  規準  故意  背く    ます。それら    どの よう  扱う べき でしょ  か。この   冒頭  取り上げ た,霊的 神殿  関する エゼキエル    ヒント  なり ます。その 神殿    高い こと  覚え  おら れる でしょ う。それぞれ  入り道   幾つ   監視    あり まし た。守衛  神殿  守っ  いる  は,「心 に……割礼  受け   ない」者 たち  入る   阻む ため   思わ  ます。(エゼ 44:9)この こと から はっきり 分かる  は,清い 崇拝  行なう 特権  エホバ  清い 行動 規準  従っ  生活  よう  努める  だけ  与え られる,と いう  です。今日,仲間  クリスチャン  交わっ    崇拝  行なう 特権 は,無 条件   られる もの   ない  です。

19,20. (イ)キリスト は,追随  たち  重大  悪行  扱い方    精錬  れる よう,どの よう  段階   助け   まし  か。(ロ)悔い改め ない 悪行   排斥 する,どんな 3   理由  あり ます か。

19 1892  に「ものみの塔」誌  こう 述べ まし た。「わたしたち     務め  ある。それ は,キリスト  ご自身  すべて    ため  贖い[対応 する 代価]と   与え  こと を,直接    あれ 間接    あれ 否定 する  を(クリスチャン   て)排斥 する こと  ある」。ヨハネ  二 10  読む。)1904  に,「新しい 創造 物」(英語)と いう  は,間違っ  歩み  続ける  たち  会衆  道徳   腐敗 させ かね ない,と 指摘  まし た。当時 は,重大  悪行  関する 問題  扱う“教会 裁判”に 会衆 全体  加わる こと  なっ   まし た。ただし,その よう  事例  まれ でし た。1944  の「ものみの塔」誌  は,責任 ある 兄弟 たち だけ  そう   問題  扱う べき  ある,と いう こと  示さ  まし た。1952   は,審理 問題  扱う ため  聖書   手順 が「ものみの塔」誌  掲載   まし た。その 記事  は,悔い改め ない   排斥 する 主要  理由  会衆  清く 保つ こと  ある,と いう   はっきり 示さ  まし た。

20 その   キリスト は,追随  たち  重大  悪行  扱い方  明確  し,その   精錬  れる よう 助け   まし た。クリスチャン  長老 たち は,審理 問題  エホバ  方法  扱い,公正  憐れみ  ふさわしい 釣り合い  保てる よう,十分  訓練  受け   ます。現在 わたしたち は,悔い改め ない 悪行   会衆 から 排斥 する こと  は,少なく   3   理由  ある こと  はっきり 理解    ます。それ は,(1)エホバ  み名  そしり  受け ない よう  する こと,(2)重大    よる 汚染 から 会衆  保護 する こと,(3)可能  あれ  悪行   悔い改め   動かす こと です。

21. 排斥  取り決め は,神    とっ  どの よう  祝福  なっ   ます か。

21 排斥  取り決め は,今日  キリスト  追随  たち  とっ  どの よう  祝福  なっ  いる でしょ  か。古代 イスラエル  おい て,悪行   しばしば 国民  腐敗   影響  及ぼし,その   エホバ  愛し 正しい こと    よう  する 人々  上回る こと さえ あり まし た。その ため,イスラエル 国民  たびたび エホバ  み名  そしり  もたらし,ついに    恵み  失っ  しまい まし た。(エレ 7:23‐28)今日,エホバ  霊的  人々 から 成る   持っ  おら  ます。かたくな  悪行   わたしたち   から 除か れる  で,彼ら  いわば サタン  手中  ある 武器  なっ  会衆  会衆  清い 立場  さらに   及ぼす,と いう こと  防げ ます。その 人々  影響   最小限  抑える こと  できる  です。こう   わたしたち は,グループ    エホバ  恵み  受け 続ける こと  でき ます。エホバ は,「あなた  攻める ため  形造ら れる 武器  どれ    奏さ」ない  約束   おら  まし た。(イザ 54:17)審理 問題  扱う  いう 重責  担う 長老 たち を,わたしたち  忠節  支持   いる でしょ  か。

「あらゆる 家族  その   負う 方」に 栄光  もたらす

22,23. 20 世紀 初め  仲間 たち  感謝 できる   なぜ です か。と  いえ,家族  関し  やや 平衡  欠ける 部分  あっ   言える   なぜ です か。

22 キリスト  追随  たち  継続   精錬 から   受け    3    分野 は,結婚  家族 生活 です。これ まで  年月 に,家族  対する わたしたち  見方  精錬     まし た。20 世紀 初め     たち  つい   記述  読む と,その 自己 犠牲  精神  感銘  受け,驚嘆 する こと さえ あり ます。その  たち  生活     より  神聖  奉仕  優先     こと を,わたしたち  深く 感謝    ます。と  いえ,やや 平衡  欠け    部分  ある こと   気づき ます。どんな  でしょ  か。

23 兄弟 たち  宣教  旅行 する 奉仕  割り当て  果たす ため に,何 か月    留守  する こと  珍しく あり ませ  でし た。結婚  ない よう   いう 勧め が,聖書  述べる ところ  越え  与え られる 場合  あり まし た。その 一方 で,クリスチャン  夫婦    強める こと  つい  は,あまり 語ら  ませ  でし た。現在  キリスト  追随  たち    も,その よう  状況   られ ます か。いいえ,その よう  こと  あり ませ ん。

家族  対する 責務  犠牲    神権   割り当て  果たす,と いう こと  勧め られ   ない

24. キリスト は,忠実  追随  たち  結婚  家族 生活  関し  もっと 平衡  取れ  見方  持てる よう,どの よう  助け まし  か。

24 現在  は,家族  対する 責務  犠牲    神権   割り当て  果たす,と いう こと  勧め られ   ませ ん。テモテ  一 5:8  読む。)キリスト  さらに,地上  忠実  追随  たち が,結婚  家族 生活  関する 有用  平衡  取れ  聖書   助言     られる よう 取り計らっ   まし た。(エフェ 3:14,15)1978 年(日本   1979 年)に は,「あなた  家族 生活  幸福  もの  する」と いう   発行   まし た。その 18    は,「幸せ  家庭  築く 秘訣」の   出さ  まし た。「ものみの塔」誌  も,聖書  原則  当てはめる よう 夫婦  助ける ため  記事  たくさん 掲載     まし た。

25‐27. 様々  年齢   子ども たち  必要  する もの に,いっそう 注意  向け られ   まし た。どの よう  です か。

25 子ども  若い   つい   どう でしょ  か。子ども たち  必要  する もの  も,いっそう 注意  向け られる よう  なり まし た。エホバ  組織   長年,様々  年齢   子ども たち  良い もの  備え   まし た。しかも,以前  わずか    流れ  よう だっ  備え が,今   力強い   よう  豊か  与え られ   ます。例えば,1919  から 1921  の「黄金 時代」(英語)に は,「児童 聖書 研究」と いう 記事  掲載   まし た。1920   は「黄金 時代 ABC」(英語)と いう ブロシュアー が,1941   は「子供 たち」(英語)と いう   発行   まし た。1970 年代  は,「偉大  教え手  聞き従う」,「あなた  若い 時代,それ から 最善  もの  得る」,「わたし  聖書 物語  本」など  書籍  備え られ まし た。1982   は,「目ざめよ!」誌 で「若い   尋ねる」と いう 記事  連載  始まり,それ    1989   は「若い   尋ねる 質問 ― 実際  役立つ 答え」と いう   出版   まし た。

ドイツ  大会 で「せいしょ  べんきょう」の ブロシュアー  受け取っ  喜ぶ 子ども たち

26 現在  は,2  から 成る 新しい「若い   尋ねる」の   あり,「若い   尋ねる」の 記事  公式 ウェブサイト jw.org  掲載     ます。「偉大  教え手 から 学ぶ」の   あり ます。公式 ウェブサイト   若い   ため  情報  満載     ます。聖書  人物 カード,クイズ,ビデオ,まんが  聖書 物語,聖書  研究 する ため  資料,さらに  3  以下  子ども 向け  教材  あり ます。キリスト  1 世紀  子ども たち      抱き寄せ まし た。今  子ども たち  大切  思っ   ます。(マル 10:13‐16)イエス は,子ども たち  愛さ   いる  感じ,霊的  豊か  養わ れる こと  望ん  おら れる  です。

27 イエス は,子ども たち  危険 から 守り たい   願っ  おら  ます。世界  道徳   腐敗   ゆく 一方  あり,児童 虐待  ますます 広まっ   ます。その ため,親  忌まわしい 児童 虐待 から 子ども  守る   役立つ,明快  率直  資料  出版   掲載     まし た。 *

28. (イ)エゼキエル  神殿    示す とおり,清い 崇拝  行なう  たち     求め られ ます か。(ロ)あなた  どんな こと  決意    ます か。

28 こう   キリスト  追随  たち  精錬  続け,彼ら  エホバ  高い 道徳 規準  重んじ,それ  従っ  生活 し,益  受け られる よう  訓練   こら  まし た。その こと  考える  感謝  深まる    あり ませ  か。エゼキエル    神殿  思い起こし  ください。神殿   高い 入口  あり まし た。もちろん,その 神殿  文字どおり  場所   なく 霊的  もの です。この 霊的 神殿  あなた  とっ  現実  もの  なっ   ます か。霊的 神殿  入る  は,単に 王国 会館  行く  か,聖書  読む  か,伝道    ベル  鳴らす  いっ  こと  指す わけ   あり ませ ん。偽善   歩み    いる  も,物理    こう   事柄  行なえ ます が,実際   エホバ  神殿  入っ    ませ ん。一方 わたしたち は,これら  事柄  行なう こと  加え,エホバ  高潔  道徳 規準  従っ  生活 し,正しい   態度  清い 崇拝  行なう なら,その 神殿  入っ  いる こと  なり ます。最も 神聖  場所 で,すなわち エホバ   清い 崇拝  ため  取り決め    奉仕   いる こと  なる  です。この 貴重  特権  ずっ  大切   ましょ う。さらに,エホバ    規準  擁護 する こと  より,最善  尽くし  エホバ  神聖   反映   ゆき ましょ う。

^ 2節    故国  復帰 する こと  焦点  当て  聖書 預言 は,現代  おい  は,肉  イスラエル   なく 霊的  イスラエル  成就  ます。その 考え は,1932   発行   た「証明」(英語)第 2   初めて 示さ  まし た。それら  預言 は,清い 崇拝  回復  注意  向け   ます。「ものみの塔」1999  3  1    は,エゼキエル  神殿    回復  関する 預言  1   あり,それゆえ 終わり      重要  霊的 成就  見る,と いう こと  説明   まし た。

^ 6節 この 誓約  は,配偶   近親  以外  異性    だけ  部屋  いる 場合  部屋    広く 開け  おく こと  求め られ   まし た。幾    間,この 誓い  言葉  毎日,ベテル    崇拝  読ま  まし た。

^ 13節 ここ  言う たばこ  使用  は,たばこ  吸う こと  かむ こと,また その よう  用途  ため  たばこ  栽培 する こと  含ま  ます。

^ 27節   て,「偉大  教え手 から 学ぶ」の 32 ,また「目ざめよ!」2007  10    特集 記事「 ,また「目ざめよ!」2007  10    特集 記事「 ,また「目ざめよ!」2007  10    特集 記事「子ども  危険 から 守る!」を 参照。

もっと調べる

わたしたちが聖なる者でなければならないのはなぜか

レビ記は難しくて退屈だと思ったことがありますか。しかし,レビ記に含まれる霊的宝石は,聖なる者としてエホバを崇拝するための助けです。