アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 16 

崇拝のために集まり合う

崇拝のために集まり合う

この   考える こと

集会  歴史  振り返り,集まり合う こと  大切   考える

1. 弟子 たち    集まっ    時,どんな 助け  与え られ まし  か。その 助け  必要 だっ    なぜ です か。

イエス  復活   程なく,弟子 たち  励まし合う ため  集まり まし た。しかし,敵対  たち  恐れ て,戸    かけ   まし た。そんな 時,彼ら  ただ中  イエス  現われ,「聖霊  受け なさい」と 言い ます。さっき まで 抱い    恐れ  消えうせ  こと でしょ う。ヨハネ 20:19‐22  読む。)後日,弟子 たち  再び 集まり ます。エホバ  その 時,彼ら  聖霊  注が  ます。弟子 たち  前途  宣べ伝える   備え て,大いに 強め られ   違いあり ませ ん。―使徒 2:1‐7

2. (イ)エホバ  どの よう      与え  ください ます か。その   わたしたち  必要    なぜ です か。(ロ)家族  崇拝  取り決め は,なぜ 非常  重要 です か。(脚注 と「 家族  崇拝」と いう 囲み  参照。)

2 わたしたち も,1 世紀  兄弟 たち  同様  問題  直面  ます。(ペテ 一 5:9)時      恐れ  障害  なる こと  あり ます。宣べ伝える   行ない 続ける  は,エホバ  与え  くださる   必要 です。(エフェ 6:10)集会 は,エホバ  その よう    与える ため  主要  手段 です。現在 は,週  2 回,有益  集会  出席 する 機会  恵ま    ます。公開 集会  それ  続く「ものみの塔」研究,そして「クリスチャン     生活  奉仕」と 呼ば れる 週日  集会 です。 * さらに,特別  集い    4  あり ます。地区 大会,2   巡回 大会,キリスト    記念  です。これら  集まり すべて  出席 する こと  極めて 重要    なぜ です か。現代  おい て,集会  どの よう  変化  遂げ   まし  か。集会  対する 態度 は,わたしたち  つい  どんな こと  明らか   ます か。

なぜ 集まり合う 

3,4. エホバ  ご自分    どんな こと  求め  おら  ます か。例  挙げ  ください。

3 エホバ   から,ご自分    崇拝  ため  集まり合う こと  求め  こら  まし た。例えば 西暦  1513   イスラエル 国民  お与え  なっ  律法  は,週 ごと  安息   規定  あり まし た。家族  エホバ  崇拝 し,律法 から 教え  受ける ため です。(申 5:12; 6:4‐9)イスラエル     命令  従っ  時,家族  強め られ,国民 全体  霊的  清さ  強さ  保て まし た。しかし,律法  守ら ず,エホバ  崇拝 する ため 定期    集まる よう   いっ  要求  軽んじ  時,神  恵み  失い まし た。―レビ 10:11; 26:31‐35。 二 36:20,21

4 イエス  手本  つい   考え ましょ う。イエス は,週 ごと  安息   会堂  行く こと  習慣     まし た。(ルカ 4:16)イエス    復活  後,弟子 たち  もはや 安息   律法  もと    ませ  でし  が,それ まで  習慣 どおり 定期   集まり まし た。(使徒 1:6,12‐14; 2:1‐4。ロマ 14:5。コロ 2:13,14)それら  集会 で,1 世紀  クリスチャン  教え  励まし  受け  だけ  なく,祈り  注解    よっ  賛美  犠牲    ささげる こと   まし た。―コロ 3:16。ヘブ 13:15

イエス  弟子 たち  集まり 合い,力  励まし   

5. わたしたち  毎週  集会   ごと  大会  出席 する   なぜ です か。(「     一致  せる  ごと  集い」と いう 囲み  参照。)

5 わたしたち も,毎週  集会   ごと  大会  出席 する 時,神  王国  支持   いる こと  示せ ます。また,聖霊  よっ    与え られ,自分  信仰  言い表わし      励ます こと  でき ます。さらに 重要     て,祈り  注解    よっ  エホバ  崇拝 する こと  でき ます。それら  集会 は,古代  イスラエル   1 世紀  クリスチャン  出席   集まり   形式  異なる もの の,大切  ある こと  変わり  あり ませ ん。では,現代  おい  集会  どの よう  変化  遂げ   まし  か。

「愛  りっぱ  業」を 促進 する 毎週  集会

6,7. (イ)集会  目的   です か。(ロ)かつて,集会  開き方  グループ  より どの よう  異なっ   まし  か。

6 チャールズ  テイズ  ラッセル 兄弟 は,神  言葉  真理  探究  始め  ころ,同じ   持つ  たち  集まる 必要  ある こと  見て取り まし た。1879   ラッセル  こう 書い   ます。「私  ピッツバーグ     たち   に,聖書  調べる ため  聖書 研究   組織 し,毎週 日曜    集まり  持っ た」。「シオン  ものみの塔」誌  読者 は,集まり合う よう  勧め られ まし た。そして,1881    ペンシルバニア  ピッツバーグ  毎週 日曜   水曜   集会  開い   まし た。「ものみの塔」(英語)1895  11   は,集会  目的 は「クリスチャン  交友    親睦」を 深め,出席 する  たち  互い  励まし合う 機会  持つ こと  ある,と 述べ   ます。―ヘブライ 10:24,25  読む。

7     間,集会  形式  頻度  聖書 研究   グループ  より 異なっ   まし た。例えば,1911   出版   掲載   た,米国  ある グループ から  手紙  は,「毎週 少なく   集会  5  開い   ます」と あり まし た。月曜 日,水曜 日,金曜   開き,日曜    2  開い   です。また,1914   掲載   た,アフリカ  グループ から    手紙  は,「集会    2  開い   ます。金曜   始め  日曜   終わり ます」と 述べ られ   まし た。しかし やがて,現在  よう    集会  行なわ れる よう  なっ  ゆき ます。それぞれ  集会  歴史  手短  取り上げ ましょ う。

8. 初期  公開 講演   どんな テーマ  取り上げ られ まし  か。

8 公開 集会。ラッセル 兄弟 は,「シオン  ものみの塔」誌  創刊   翌年  1880 年,イエス  手本  倣っ  伝道 旅行   まし た。(ルカ 4:43)その  に,現在  公開 集会  前身  なる 集まり  開き まし た。「ものみの塔」誌 は,その 伝道 旅行  つい  発表 し,ラッセル が「『神  王国  関する 事柄』を 論じる 公開  集まり  喜ん  開く」こと  知らせ まし た。1911  に,幾つ     クラス つまり 会衆  設け られる よう  なる と,各 クラス  資格 ある 講演  たち  周辺  地域  派遣 し,裁き  贖い など  テーマ  一連  6   講演  行なう よう 勧め られ まし た。この よう  講演   終わり  は,翌週  講演   名前      知らさ  まし た。

9. 公開 集会  どの よう  変化  遂げ   まし  か。この 集会  どの よう  貢献 でき ます か。

9 1945 年,世界   公開 集会 運動  始まる こと が「ものみの塔」誌  知らさ  まし た。一連  8   聖書 講演    取り上げ られる  は,「この 時代  おける 切迫   問題」でし た。その   何十    わたり,講演   忠実  奴隷  用意   テーマ  基づく   加え,個人  作っ    行ない まし た。しかし,1981   は,会衆  提供  れる 筋書き  基づい    行なう よう   いう 指示  すべて  講演   与え られ まし た。 * 1990  まで,一部  筋書き   聴衆  よる 参加  実演  含める よう   いう 指示  載せ られ   まし た。しかし,その   行なわ   調整  より,公開 講演  その 後,話 だけ  形式  なり まし た。2008  1    調整  行なわ れ,公開 講演  時間  45  から 30   短縮   まし た。この よう  幾つ   変更  加え られ   まし  が,よく 準備     公開 講演  聞く 時,神  言葉  対する 信仰  築か れ,神  王国  つい  いろいろ  事柄  学べ ます。(テモ 一 4:13,16)聖書  基づく 重要  講演  聞き  来る よう,再 訪問     はじめ,エホバ  証人  なっ   ない 人々  熱心  勧め   ます か。

10‐12. (イ)「ものみの塔」研究  形式  どの よう  変わっ   まし  か。(ロ)どんな   自問 でき ます か。

10 「ものみの塔」研究。1922   は,巡礼   呼ば   兄弟 たち ― ものみの塔 協会 から 派遣     会衆  講演  行ない,宣べ伝える   率先   奉仕  たち ― が,定期   開か れる 集会  一つ を「ものみの塔」誌  研究  充てる こと  協会  提案  まし た。この   採用  れ,「ものみの塔」研究  行なわ れる よう  なり まし た。その 集会  当初,週日  日曜   開か  まし た。

「ものみの塔」研究,ガーナ,1931 

11 「ものみの塔」(英語)1932  6  15    は,この 集会  行ない   関する 詳しい 指示  掲載   まし た。ベテル  行なわ     研究  倣い,一   兄弟  この 集会  司会  ます。3   兄弟    座り,交替    朗読   ます。当時,記事   質問  載っ   なかっ   で,司会   出席  に,読ま     基づく 質問  挙げる よう 勧め まし た。その 後,他  出席  に,その 質問  答え  述べる よう 促し まし た。もし 補足  べき   あれ ば,司会  は「簡潔     た」説明  述べる こと  なっ   まし た。

12 初め  うち は,どの   研究 する   会衆 ごと  選ぶ こと  でき まし た。成員  多く  研究  たい  思う   選べ   です。しかし,「ものみの塔」(英語)1933  4  15    は,すべて  会衆  最新   使う こと  勧め られ まし た。1937   は,「ものみの塔」研究  日曜   行なう よう   いう 指示  与え られ ます。また「ものみの塔」(英語)1942   10  1    は,新た  変更  加え られる こと  知らさ  まし た。それ  より,「ものみの塔」研究  現在 わたしたち  知っ  いる 方法  行なわ れる こと  なり まし た。まず,研究 記事   ページ    質問  載り,それら  質問  用いる こと  なり ます。さらに,その 集会  1 時間  終え なけれ  なり ませ ん。答え  述べる  は,節  語句  そのまま 読み上げる    なく,「自分  言葉 で」述べる よう 勧め られ まし た。「ものみの塔」研究    も,忠実  奴隷    応じ  霊的 食物  提供 する ため  主要  集会 です。(マタ 24:45)わたしたち  こう 自問 でき ます。『毎週 の「ものみの塔」研究  予習    いる だろ  か。できる だけ 注解  する よう 努めて いる だろ  か』。

13,14. 「会衆  聖書 研究」の 歴史  つい  述べ  ください。あなた  この 集会  どんな ところ  良い  思い ます か。

13 会衆  聖書 研究。1890 年代  初め,「千年期 黎明」(英語)の 幾つ     発行     まし た。その ころ,米国 メリーランド  ボルティモア   住む 聖書 研究   H  N  ラーン 兄弟 は,聖書 研究  ため の「黎明 会」を 開く こと  提案  まし た。当初,これら  集会  試験   行なわ れ,たいてい  個人    開か  まし た。1895  9   時点 で,「黎明 会」は 米国  幾つ   都市  順調  開か    まし た。同じ  の「ものみの塔」誌 は,真理  研究  すべて に,その 集会  開く こと  勧め まし た。司会   上手  朗読 できる   ある べき でし た。司会   一文  朗読   から   置き,出席  たち  注解  機会  与え ます。一つ    すべて    朗読  討議  終え  から,司会   引照 聖句  開い  朗読  ます。各章  結び に,出席  全員 は,章 全体  概要  手短  述べる こと  なっ   まし た。

14 この 集会  名称     変わり まし た。「黎明 会」に 続い て,「聖書 研究  ため  ベレア  会」と 呼ば れる よう  なり まし た。聖書  注意深く 調べ  1 世紀  ベレア  人々  ちなん  付け られ  名称 です。(使徒 17:11)後 に,その 名称 は「会衆  書籍 研究」に 改め られ まし た。今  は「会衆  聖書 研究」と 呼ば れ,個人    群れ ごと  集まる 代わり に,王国 会館  会衆  全員    学び ます。これ まで,様々  書籍  ブロシュアー  用い られ まし た。「ものみの塔」誌  記事  用い られ  こと  あり ます。初期  ころ から,出席   皆,この 集会  注解  加わる よう 勧め られ   まし た。わたしたち  聖書  つい   知識  深める うえ で,この 集会  大いに 役立っ   まし た。あなた も,自分  できる 範囲  定期  に,予習   参加    ます か。

15. 神権 宣教 学校   どんな 目的  あり まし  か。

15 神権 宣教 学校。ケアリー  バーバー は,ニューヨーク  ブルックリン  ある 世界 本部  奉仕       こと  回想 し,こう 述べ まし た。「1942  2  16 日,月曜   晩,ブルックリン  ベテル  男子  成員 すべて  は,後  神権 宣教 学校  呼ば れる よう  なる 教育 課程  入校 する よう 招か  まし た」。それ から  なり   統治   成員  なっ  バーバー 兄弟 は,この 学校  つい て,「エホバ  現代  おい  ご自分    ため  行なわ   こと    特に 顕著  もの」と 表現  まし た。この 課程 は,兄弟 たち  教える 技術  伝道  技術  向上  せる こと  大いに 貢献  まし た。その ため,1943  以降,「神権 宣教 課程」(英語)と いう 小冊子  世界   会衆  徐々  用い られる よう  なり まし た。「ものみの塔」(英語)1943  6  1    よれ ば,神権 宣教 学校 は,神   が「王国  告げ知らせる,より 優れ  証人    自分  整える」こと  目的    もの でし た。―テモ 二 2:15

16,17. 神権 宣教 学校  学ん    技術    だけ でし  か。説明   ください。

16 初め  うち,大勢  聴衆    話す こと  気後れ     少なく あり ませ  でし た。クレイトン  ウッドワース  ジュニア(父親  1918    ラザフォード 兄弟     たち    不当  投獄   た)は,自分  1943   この 学校  入校   当初  こと  振り返り,こう 述べ まし た。「演壇 から   する   非常  苦手 でし た。舌  うまく 回ら ず,口  からから  渇き,声  ひっくり返っ  しまう よう  感じ まし た」。しかし,兄弟  進歩 し,公    話す 特権  多く 与え られ まし た。この 学校  は,単に 技術    だけ  学ん  わけ   あり ませ ん。謙遜   価値  エホバ  頼る こと  大切   学ん   です。兄弟  こう 語り まし た。「私 は,話し手 そのもの  重要  わけ   ない,と いう こと  理解 する よう  なり まし た。それでも,よく 準備 し,エホバ  全く 依り頼む なら,喜び  与える   でき,人々  何がしか  こと  学べる  です」。

17 1959   は,姉妹 たち  この 学校  入校 する よう 招か  まし た。エドナ  バウアー 姉妹 は,大会  その 発表  あっ    こと  こう 回想   まし た。「姉妹 たち    期待  高まっ    覚え   ます。姉妹 たち  も,より 大きな 機会  開か    です」。長年  わたり,多く  兄弟 姉妹 は,神権 宣教 学校  入校   エホバ  教え られる  いう 機会  活用    まし た。今日  も,週日  集会  そう   訓練  受ける こと  でき ます。―イザヤ 54:13  読む。

18,19. (イ)現在,宣教 奉仕  行なう ため  実際   導き  どの よう   られ ます か。(ロ)集会    歌う   なぜ です か。(「 真理  述べ    歌う」と いう 囲み  参照。)

18 奉仕 会。1919    すでに,野外 奉仕  活動  組織 する ため  集会  開か    まし た。その ころ,この 集会  出席     会衆  全員   なく,文書  配布  直接 携わる  だけ でし た。1923   は,ほとんど    奉仕    一度 開か れ,クラス つまり 会衆  全員  出席  求め られ まし た。1928   は,会衆  奉仕   毎週 行なう よう 勧め られ   まし た。そして 1935  の「ものみの塔」誌    勧め  掲載   ます。それ  奉仕  を「奉仕  指示」(後  名称 は「通知」,さらに その  は「わたしたち  王国 宣教」)に 掲載    情報  もと  行なう よう に,と いう 勧め です。間  なく,奉仕    会衆  定期   開く 集会  一つ  なり ます。

19 今日  は,週日  集会 で,宣教 奉仕  行なう ため  実際   導き   られ ます。(マタ 10:5‐13)資格  かな い「集会 ワークブック」を 受け取っ  いる なら,それ  研究 し,奉仕  行なう   その 提案  当てはめ   ます か。

   最も 重要  集まり

クリスチャン    一度 集まっ  キリスト    記念   行なう こと  1 世紀  始まっ た(20   参照)

20‐22. (イ)わたしたち  イエス    記念 する   なぜ です か。(ロ)毎年,記念   出席 する こと から どんな    られ ます か。

20 イエス  追随  たち は,イエス  到来 する まで その   記念   ゆく よう に,と いう 指示  与え られ   ます。キリスト    記念  は,過ぎ越し  祝い  同様,年  一度 行なわ  ます。(コリ 一 11:23‐26)毎年,この 集まり  非常  多く    出席  ます。油そそが    たち  その 集い から,王国  共同 相続   なる  いう 特権  思い起こし ます。(ロマ 8:17)ほか    場合 は,神  王国    対する 深い 敬意  忠節  育ま  ます。―ヨハ 10:16

21 ラッセル 兄弟  その 仲間 たち は,記念      晩さん  行なう こと  重要   理解    まし た。また,それ  行なう     一度 だけ  ある こと  知っ   まし た。「ものみの塔」(英語)1880  4     こう 述べ られ   ます。「ここ    わたり,ピッツバーグ  いる わたしたち  多く  習慣       は……過ぎ越し[記念 式]を 執り行ない,主      示す 表象   あずかる こと  ある」。やがて 記念     大会  開か れる よう  なり ます。初めて 人数  記録      1889   大会 で,225   出席 し,22   バプテスマ  受け まし た。

22 現在  は,記念     大会  開く こと  なくなり まし た。それでも  わたしたち は,王国 会館  借り  会場  記念   行ない,出席 する よう 地域  すべて  人々  招待  ます。2013   は,1,900万  余り  イエス    記念 する   集い まし た。わたしたち  は,極めて 重要    行なわ れる 記念   自分  出席 する こと  加え,出席 する よう 人々  勧める  いう 大きな 特権  あり ます。毎年,熱意  こめ て,できる だけ 多く    記念   招い   ます か。

わたしたち  態度  明らか  する もの

23. あなた は,集まり合う こと  つい  どう 感じ   ます か。

23 エホバ  忠節   たち は,集まり合う よう   いう 指示  重荷   考え ませ ん。(ヘブ 10:24,25。ヨハ 一 5:3)例えば,ダビデ  は,崇拝  ため  エホバ    行く こと   から 喜ん   まし た。(詩 27:4)とりわけ,神  愛する 仲間    エホバ  崇拝 する こと  楽しみ     まし た。(詩 35:18)イエス  手本  あり ます。イエス は,年若い  から,み父  崇拝    いる こと  強く 願っ   まし た。―ルカ 2:41‐49

  王国  あなた  とっ  どれ ほど 現実   ある  は,共  集まり合い たい  いう 願い  強さ  表われ ます

24. 集会  どんな 機会  なり ます か。

24 集会  出席 する 時,わたしたち  エホバ     信仰  仲間  強め たい  いう 願い  表わす こと  なり ます。また,神  王国  臣民     生き方  ぜひ 学び たい  いう 願い  表わす こと   なり ます。その よう  教育  おもに,集会  大会  与え られる から です。集会   また,いま   王国  推し進め  いる 極めて 重要  活動  行ない 続ける   必要 な,力  技術  得る こと  でき ます。その 活動  は,王 イエス  キリスト  弟子  作り 訓練 する こと です。マタイ 28:19,20  読む。)  王国  あなた 自身  とっ  どれ ほど 現実   ある  は,共  集まり合い たい  いう 願い  強さ  表われ ます。これ から  集会  大切    ゆけ ます よう に。

^ 2節 会衆    ごと  集会  加え,家族  個人 は,家族  崇拝  個人 研究  ため  時間  取る よう 勧め られ   ます。

^ 9節 2013  現在,公開 講演  筋書き  180 以上 あり ます。

もっと調べる

エホバは,喜びに満ちる民を集合させておられる

聖書中の祭りは,エホバの証人の大会とどんな類似点がありますか。大会に出席するのはなぜ良いことですか。

家族の崇拝 ― もっと楽しく行なえますか

幾つかの国の家族がどのように家族の崇拝を行なっているか,見てみましょう。きっと良いアイデアが見つかります。