内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 17​章

王国の奉仕者たちを訓練する

王国の奉仕者たちを訓練する

この​章​で​考える​こと

王国​の​奉仕​者​たち​が​割り当て​られ​た​務め​を​果たす​うえ​で,神権​的​な​学校​は​どの​よう​に​役立っ​て​き​た​か

1‐3. イエス​は​宣べ伝える​業​を​拡大​する​ため​に,どんな​こと​を​行ない​まし​た​か。この​章​で​は​どの​よう​な​点​を​考え​ます​か。

イエス​は​2​年​に​わたっ​て​ガリラヤ​の​各地​で​伝道​し​て​き​まし​た。マタイ 9:35‐38を​読む。)多く​の​都市​や​村​を​訪れ,会堂​で​教え,王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​まし​た。どこ​で​あれ,イエス​の​もと​に​は​群衆​が​集まっ​て​き​まし​た。その​ため​イエス​は,「収穫​は​大きい」と​述べ​まし​た。さらに​多く​の​働き人​が​必要​でし​た。

2 イエス​は​宣べ伝える​業​を​拡大​する​こと​に​し,「神​の​王国​を​宣べ伝え」る​ため​に​12​使徒​を​遣わし​ます。(ルカ 9:1,2)使徒​たち​は,この​仕事​を​どう​果たせ​ば​よい​か​に​つい​て,いろいろ​な​疑問​を​抱い​た​こと​でしょ​う。それ​で​イエス​は​愛情​深く​も,彼ら​を​遣わす​前​に,自分​が​天​の​父​に​し​て​もらっ​た​こと​を​彼ら​に​対し​て​行ない​ます。使徒​たち​を​訓練​し​た​の​です。

3 ここ​で​次​の​よう​な​点​を​考え​て​み​ましょ​う。イエス​は​み父​から​どんな​訓練​を​受け​た​の​でしょ​う​か。イエス​は​使徒​たち​を​どの​よう​に​訓練​し​まし​た​か。今日​に​おい​て,メシア​なる​王​は​追随​者​たち​が​宣教​奉仕​を​行なえる​よう​どの​よう​に​訓練​し​て​き​まし​た​か。

「ちょうど​父​が​教え​て​くださっ​た​とおり​に​話し​て​いる」

4. イエス​は​いつ,どこ​で,み父​から​教え​を​受け​まし​た​か。

4 イエス​は,自分​が​み父​から​教え​を​受け​た​こと​を​率直​に​認め​まし​た。宣教​期間​中​に​こう​語り​まし​た。「わたし​は​これら​の​こと​を,ちょうど​父​が​教え​て​くださっ​た​とおり​に​話し​て​いる​の​です」。(ヨハ 8:28)イエス​は​いつ,どこ​で​教え​を​受け​た​の​でしょ​う​か。神​の​初子​と​し​て​創造​さ​れ​て​間​も​なく,その​訓練​は​始まっ​た​よう​です。(コロ 1:15)み子​は​計り知れない​ほど​長い​期間​を​天​の​父​の​傍ら​で​過ごし,「偉大​な​教訓​者」に​耳​を​傾け,その​行動​を​観察​し​まし​た。(イザ 30:20)結果​と​し​て​み子​は,み父​の​特質​や​働き​や​目的​に​関する​比類​の​ない​教育​を​受け​た​の​です。

5. み父​は,み子​が​地上​で​行なう​こと​に​なる​宣教​奉仕​に​つい​て​どんな​指示​を​お与え​に​なり​まし​た​か。

5 やがて​エホバ​は,み子​が​地上​で​行なう​こと​に​なる​宣教​奉仕​に​つい​て​教え​を​授け​まし​た。偉大​な​教訓​者​と​その​初子​と​の​関係​を​描い​て​いる​預言​に​注目​し​て​み​ましょ​う。イザヤ 50:4,5を​読む。)この​預言​に​は, エホバ​が​み子​を「朝​ごと​に」目覚め​させ​た,と​記さ​れ​て​い​ます。その​描写​は,朝早く​生徒​を​起こし​て​授業​を​始める​教師​を​連想​さ​せ​ます。聖書​関係​の​ある​参考​書​に​は,こう​述べ​られ​て​い​ます。「エホバ​は……その​僕​を​いわば​生徒​と​し​て​学校​に​連れ​て​行き,何​を,どの​よう​に​宣べ伝え​たら​よい​か​を​教え​られ​た」。この​天​の“学校”で,エホバ​は​み子​に,「何​を​告げ​何​を​話す​べき​か​に​つい​て」教え​を​授け​まし​た。(ヨハ 12:49)み父​は​また,どの​よう​に​教える​べき​か​に​つい​て​の​指示​も​お与え​に​なり​まし​た。 * イエス​は​地上​に​い​た​時,天​で​受け​た​訓練​を​活用​し​まし​た。ただ​自分​が​宣教​奉仕​を​行なう​だけ​で​なく,追随​者​を​訓練​し​て​彼ら​も​宣教​奉仕​を​行なえる​よう​に​し​た​の​です。

6,7. (イ)イエス​は​使徒​たち​に​どんな​訓練​を​施し​まし​た​か。その​訓練​に​より,使徒​たち​は​何​を​行なう​こと​が​でき​まし​た​か。(ロ)イエス​は​今日,追随​者​たち​が​どんな​訓練​を​受け​られる​よう​に​し​て​き​まし​た​か。

6 この​章​の​初め​で​触れ​た​よう​に,イエス​は​使徒​たち​を​訓練​し​まし​た。どんな​訓練​を​施し​まし​た​か。マタイ 10​章​に​よれ​ば,イエス​は​奉仕​に​関する​具体​的​な​指示​を​与え​まし​た。それ​に​は​次​の​点​が​含ま​れ​て​い​ます。どこ​で​宣べ伝える​か(5,6​節),どんな​音信​を​伝える​か(7​節),エホバ​に​頼る​べき​こと(9,10​節),家​の​人​に​どの​よう​に​近づく​か(11‐13​節),断わら​れ​たら​どう​する​か(14,15​節),迫害​さ​れ​たら​どう​対応​する​か(16‐23​節)など​の​点​です。 * 使徒​たち​は,イエス​から​こう​し​た​実際​的​な​訓練​を​与え​られ​た​の​で,1​世紀​に​良い​たより​を​宣べ伝える​業​の​先頭​に​立つ​こと​が​でき​まし​た。

7 今日​で​は​どう​でしょ​う​か。神​の​王国​の​王​で​ある​イエス​は,わたしたち​追随​者​に​非常​に​重要​な​割り当て​を​与え​て​ください​まし​た。「王国​の​この​良い​たより」を「あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え」る​と​いう​務め​で​す。(マタ 24:14)それ​と​とも​に,極めて​重要​な​この​業​を​行なえる​よう,王​イエス​は​わたしたち​を​訓練​し​て​くださっ​て​い​ます。追随​者​たち​が,会衆​外​の​人々​に​宣べ伝える​方法​や​会衆​内​で​特別​な​責任​を​果たす​方法​に​つい​て​確実​に​訓練​を​受け​られる​よう,イエス​は​天​から​指導​し​て​き​た​の​です。

福音​宣明​者​と​なる​よう​奉仕​者​たち​を​訓練​する

8,9. (イ)神権​宣教​学校​の​おも​な​目的​は​何​でし​た​か。(ロ)あなた​が​宣教​を​効果​的​に​行なう​うえ​で,週日​の​集会​は​どの​よう​に​役立っ​て​き​まし​た​か。

8 エホバ​の​組織​は​かねて​から,大会​や,奉仕​会​など​会衆​の​集会​に​より,神​の​民​に​宣教​奉仕​の​訓練​を​施し​て​き​まし​た。そして​さらに​訓練​を​与える​ため,1940​年代​以降,本部​で​指導​の​任​に​当たる​兄弟​たち​は​様々​な​学校​を​設け​て​き​まし​た。

9 神権​宣教​学校。前​の​章​で​考え​た​よう​に,神権​宣教​学校​は​1943​年​に​始まり​まし​た。この​学校​は​単に,生徒​たち​が​会衆​の​集会​で​上手​に​話せる​よう​訓練​する​こと​を​目的​と​し​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。おも​な​目的​は,話す​能力​と​いう​賜物​を​宣教​奉仕​で​エホバ​を​賛美​する​ため​に​用いる​よう, 神​の​民​を​訓練​する​こと​でし​た。(詩 150:6)兄弟​で​あれ​姉妹​で​あれ,この​学校​に​入校​し​た​すべて​の​人​は,王国​の​奉仕​者​と​し​て​いっそう​効果​的​に​働く​ため​の​助け​が​得​られ​まし​た。現在,そう​し​た​訓練​は​週日​の​集会​で​与え​られ​て​い​ます。

10,11. 今​で​は​どんな​人​が​ギレアデ​学校​に​入校​でき​ます​か。この​学校​の​カリキュラム​に​は​どんな​目的​が​あり​ます​か。

10 ものみの塔​ギレアデ​聖書​学校。ものみの塔​ギレアデ​聖書​学校​は,今​と​は​異なる​校名​で,1943​年​2​月​1​日,月曜​日​に​始まり​まし​た。元々,世界​の​各地​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​する​よう​開拓​者​や​他​の​全​時間​奉仕​者​を​訓練​する​こと​を​目的​と​し​て​い​まし​た。しかし​2011​年​10​月​以降,この​学校​に​入校​できる​の​は,すでに​何らか​の​特別​全​時間​奉仕​を​行なっ​て​いる​人​に​限ら​れる​よう​に​なり​まし​た。それ​は​特別​開拓​者,旅行​する​監督​と​その​妻,ベテル​奉仕​者,また​この​学校​に​出席​し​た​こと​の​ない​野外​の​宣教​者​です。

11 ギレアデ​学校​の​カリキュラム​に​は​どんな​目的​が​ある​の​でしょ​う​か。長く​教訓​者​と​し​て​奉仕​し​て​き​た​兄弟​は​こう​答え​て​い​ます。「神​の​言葉​の​徹底​的​な​研究​に​より​生徒​たち​の​信仰​を​強める​こと,また​割り当て​られ​た​奉仕​に​伴う​困難​に​対処​する​の​に​必要​な​霊的​特質​を​伸ばせる​よう​助ける​こと​です。加え​て,福音​宣明​の​業​を​さらに​行ない​たい​と​いう​強い​願い​を​生徒​たち​に​植えつける​こと​も,この​カリキュラム​の​基本​的​な​目的​です」。―エフェ 4:11

12,13. ギレアデ​学校​の​効果​は,世界​的​な​伝道​の​業​に​どの​よう​に​表われ​て​い​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。

12 ギレアデ​学校​の​効果​は,世界​的​な​伝道​の​業​に​どの​よう​に​表われ​て​いる​でしょ​う​か。1943​年​以降,この​学校​で​8,500​人​以上​が​訓練​を​受け, * ギレアデ​で​訓練​を​受け​た​宣教​者​は​170​余り​の​国​や​地域​で​奉仕​し​て​き​まし​た。彼ら​は​受け​た​訓練​を​よく​活用​し​て,宣教​奉仕​に​おい​て​熱心​さ​の​手本​を​示し,同じ​熱意​を​持つ​よう​他​の​人​を​訓練​し​て​き​まし​た。多く​の​場合,それら​の​宣教​者​は​王国​伝道​者​が​ほとんど​い​ない​地域​で​先頭​に​立っ​て​奉仕​し​まし​た。

13 日本​の​例​を​考え​て​み​ましょ​う。第​二​次​世界​大戦​中​に​は,組織​的​な​公​の​伝道​活動​は​停止​し​て​い​まし​た。1949​年​8​月,日本​の​伝道​者​は,10​人​足らず​でし​た。しかし,その​年​の​終わり​に​は,ギレアデ​で​訓練​を​受け​た​13​人​の​宣教​者​が​国内​で​活発​に​伝道​を​し​て​い​まし​た。そして,さらに​多く​の​宣教​者​が​入っ​て​き​まし​た。初め​は​おもに​大​都市​で​集中​的​に​奉仕​し,その​後,他​の​都市​で​も​奉仕​する​よう​に​なり​まし​た。宣教​者​は,研究​生​や​他​の​人​たち​に,開拓​奉仕​を​ぜひ​始める​よう​温かく​勧め​まし​た。宣教​者​たち​の​熱心​な​努力​は​豊か​な​実​を​結び​ます。今​で​は​日本​の​王国​宣明​者​は​21万6,000​人​を​超え,その​うち​40​%​近く​が​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​いる​の​です。 *

14. 神権​的​な​学校​は,どんな​こと​を​示す​強力​な​証拠​です​か。(「 王国​の​奉仕​者​を​訓練​する​学校」と​いう​囲み​を​参照。)

14 他​の​神権​的​な​学校。開拓​奉仕​学校,「クリスチャン​の​夫婦​の​ため​の​聖書​学校」,「独身​の​兄弟​の​ため​の​聖書​学校」で​学ん​だ​人​たち​も​い​ます。  * 彼ら​も​それら​の​学校​から,霊的​に​成長​し,福音​宣明​の​業​に​熱心​な​態度​で​率先​する​ため​の​助け​を​得​て​き​まし​た。神権​的​な​学校​は​どれ​も,王​イエス​が​追随​者​たち​に​奉仕​の​務め​を​果たす​ため​の​万全​な​装備​を​させ​て​き​た​こと​の​強力​な​証拠​です。―テモ​二 4:5

特別​な​責任​を​担う​兄弟​たち​を​訓練​する

15. 責任​ある​立場​で​奉仕​する​人​は,どんな​点​で​イエス​に​倣う​こと​を​願っ​て​い​ます​か。

15 この​章​の​初め​の​ほう​で,イエス​が​神​から​教え​を​受け​た​こと​に​関する​イザヤ​の​預言​を​取り上げ​まし​た。み子​は,天​の“学校”で,「疲れ​た​者​に​どの​よう​に​言葉​を​用い​て​答える​か」を​学び​まし​た。(イザ 50:4)イエス​は​地上​に​い​た​時​に​その​教え​を​当てはめ,「労苦​し,荷​を​負っ​て​いる​人」を​さわやか​に​し​まし​た。(マタ 11:28‐30)種々​の​責任​ある​立場​で​奉仕​する​人​も,イエス​に​倣い,兄弟​姉妹​に​さわやか​さ​を​与える​存在​に​なる​こと​を​願っ​て​い​ます。その​目的​で,幾つ​か​の​学校​が​設立​さ​れ​まし​た。資格​ある​兄弟​たち​は,信仰​の​仲間​に​いっそう​良い​世話​を​行なう​方法​を​教え​られ​ます。

16,17. 王国​宣教​学校​に​は​どんな​目的​が​あり​ます​か。(脚注​を​参照。)

 16 王国​宣教​学校。この​学校​の​最初​の​クラス​は,1959​年​3​月​9​日,米国​ニューヨーク​州​サウスランシング​で​始まり​まし​た。旅行​する​監督​や​会衆​の​僕​が​招か​れ​た​その​課程​は,1​か月​に​及ぶ​もの​でし​た。後​に,この​課程​の​内容​は​英語​から​他​の​言語​に​訳さ​れ,それ​に​伴い,世界​各地​の​兄弟​たち​も​徐々​に​訓練​を​受け​られる​よう​に​なり​まし​た。 *

日本​の​王国​宣教​学校​で​教える​ロイド​・​バリー​兄弟,1970​年

17 王国​宣教​学校​の​目的​に​つい​て,「1962 エホバ​の​証人​の​年鑑」(英語)に​は​こう​記さ​れ​て​い​まし​た。「多忙​を​極める​今​の​世界​に​あっ​て,エホバ​の​証人​の​会衆​内​の​監督​は,生活​を​組織​できる​人​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。会衆​の​すべて​の​人​に​よく​気​を​配り,皆​の​祝福​と​なる​ため​です。それ​と​とも​に,会衆​を​優先​する​あまり​家族​を​ないがしろ​に​する​こと​が​あっ​て​は​なり​ませ​ん。健全​な​思い​の​霊​を​表わす​必要​が​あり​ます。世界​各地​の​会衆​の​僕​に​は,実​に​優れ​た​機会​が​開か​れ​て​い​ます。王国​宣教​学校​に​出席​し​て​訓練​を​受け,聖書​に​述べ​られ​て​いる​監督​の​務め​を​果たす​ため​の​助け​を​与え​られる​の​です」。―テモ​一 3:1‐7。テト 1:5‐9

18. 神​の​民​すべて​が​王国​宣教​学校​の​恩恵​に​あずかっ​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

 18 実​の​ところ,神​の​民​すべて​が​王国​宣教​学校​の​恩恵​に​あずかっ​て​き​まし​た。なぜ​そう​言え​ます​か。長老​や​奉仕​の​僕​が​この​学校​で​学ん​だ​事柄​を​当てはめる​時,彼ら​は​イエス​の​よう​に,信仰​の​仲間​を​さわやか​に​する​存在​に​なる​から​です。長老​や​奉仕​の​僕​が​わたしたち​の​こと​を​気遣っ​て,親切​な​言葉​を​かけ​たり,話​を​聴い​たり,励み​の​ある​訪問​を​し​て​くれ​たり​する​と,うれしく​思う​の​で​は​あり​ませ​ん​か。(テサ​一 5:11)それら​資格​ある​男子​は,確か​に​会衆​の​祝福​と​なっ​て​いる​の​です。

19. 教育​委員​会​は,他​の​どんな​学校​も​監督​し​て​い​ます​か。それら​の​学校​で​は​どんな​助け​が​与え​られ​ます​か。

19 他​の​神権​的​な​学校。組織​内​の​責任​ある​立場​で​奉仕​する​兄弟​たち​を​訓練​する​学校​は​ほか​に​も​あり​ます。統治​体​の​教育​委員​会​は,それら​の​学校​を​監督​し​ます。責任​ある​兄弟​たち,例えば​会衆​の​長老,旅行​する​監督,支部​委員​会​の​成員​は​それら​の​学校​から,担っ​て​いる​多く​の​責任​を​いっそう​効果​的​に​果たす​ため​の​助け​を​与え​られ​ます。学校​の​課程​は​聖書​に​基づい​て​おり,そこで​学ぶ​兄弟​たち​は,自分​自身​の​霊性​を​維持​し,エホバ​から​世話​を​託さ​れ​た​貴重​な​羊​を​扱う​際​に​聖書​の​原則​を​当てはめ​よう,と​いう​思い​を​新た​に​し​ます。―ペテ​一 5:1‐3

マラウイ​で​開か​れ​た​第​1​期​の​宣教​訓練​学校,2007​年

20. わたしたち​が​皆「エホバ​に​教え​られる」と,イエス​が​述べ​た​の​は​なぜ​です​か。あなた​は​どう​し​たい​と​思い​ます​か。

20 メシア​なる​王​は,追随​者​たち​が​十分​に​訓練​を​受け​られる​よう​確実​に​取り計らっ​て​き​まし​た。その​訓練​は​どれ​も​上​から​与え​られ​て​き​まし​た。エホバ​が​み子​を​訓練​し,み子​は​追随​者​たち​を​訓練​し​て​き​た​の​です。それ​で​イエス​は,わたしたち​が​皆「エホバ​に​教え​られる」と​言う​こと​が​でき​まし​た。(ヨハ 6:45。イザ 54:13)王​が​与え​て​くださっ​た​訓練​の​機会​を​十分​に​活用​する​こと​を​決意​し​ましょ​う。また,これら​の​訓練​の​おも​な​目的​を​忘れ​ない​よう​に​し​ましょ​う。それ​は,霊的​な​強さ​を​保ち​奉仕​の​務め​を​十分​に​果たせる​よう,わたしたち​を​助ける​こと​に​ある​の​です。

^ 5節 み父​が,どの​よう​に​教える​べき​か​を​み子​に​教え​た,と​言える​の​は​なぜ​です​か。次​の​点​を​考え​て​み​て​ください。イエス​は​教える​際​に​例え​を​たくさん​用い​まし​た。その​こと​は,イエス​が​誕生​する​より​も​何​世紀​も​前​に​記さ​れ​て​い​た​預言​の​成就​です。(詩 78:2。マタ 13:34,35)その​預言​の​源​で​ある​エホバ​は,み子​が​例え​や​たとえ​話​を​用い​て​教える​こと​を​前もって​定め​て​おら​れ​た​の​です。―テモ​二 3:16,17

^ 6節 後​に​イエス​は,「ほか​の​七十​人​を​指名​し……二​人​ずつ」遣わし​て​宣べ伝え​させ​まし​た。彼ら​に​も​訓練​を​施し​た​の​です。―ルカ 10:1‐16

^ 12節 ギレアデ​学校​に​再び​招か​れ​た​人​も​い​ます。

^ 13節 ギレアデ​で​訓練​を​受け​た​宣教​者​が​世界​各地​で​どんな​働き​を​し​て​き​た​か​に​つい​て,詳しく​は「エホバ​の​証人 ― 神​の​王国​を​ふれ告げる​人々」の​本​の​23​章​を​参照。

^ 14節 3​つ​の​うち,あと​の​2​つ​は「王国​福音​宣明​者​の​ため​の​学校」に​変わっ​て​い​ます。

^ 16節 今​で​は​長老​全員​が​王国​宣教​学校​で​学ぶ​こと​が​でき​ます。学校​の​期間​は​様々​で,数​年​ごと​に​開か​れ​ます。1984​年​以降​は,奉仕​の​僕​も​この​学校​で​訓練​を​受け​て​き​まし​た。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

進歩を目指して「あなたの足の行路を平らに」してください

どうすれば,障害となるものを取り除き,霊的な目標を達成できますか。

「ものみの塔」(研究用)

可能性を十分に発揮できるよう,他の人を助けなさい

若い兄弟たちや最近バプテスマを受けた兄弟たちが進歩できるよう,どのように援助できますか。