内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 18​章

王国の活動の資金はどのように賄われているか

王国の活動の資金はどのように賄われているか

この​章​で​考える​こと

エホバ​の​民​が​王国​の​業​を​資金​面​で​支援​する​の​は​なぜか,どの​よう​に​そう​する​か

1,2. (イ)聖書​研究​者​の​活動​が​どの​よう​に​運営​さ​れ​て​いる​か​を​尋ね​て​き​た​牧師​に,ラッセル​兄弟​は​何​と​答え​まし​た​か。(ロ)この​章​で​は​どんな​こと​を​学び​ます​か。

ある​時,チャールズ​・​T​・​ラッセル​兄弟​の​もと​に,改革​派​教会​の​牧師​が​来​て,聖書​研究​者​の​活動​は​どの​よう​に​運営​さ​れ​て​いる​か​を​尋ね​まし​た。

「寄付​を​強制​的​に​集める​こと​は​あり​ませ​ん」と​ラッセル​兄弟​は​答え​まし​た。

「資金​は​どの​よう​に​調達​する​の​です​か」と​牧師​は​尋ね​ます。

ラッセル​兄弟​は​こう​答え​まし​た。「私​が​単純​明快​な​真実​を​述べ​た​と​し​て​も,多分​信じ​られ​ない​と​思い​ます。私ども​の​宗教​に​関心​を​持っ​た​人​は,寄付​盆​が​回っ​て​こ​ない​こと​に​気づき​ます。それでも​経費​が​かかる​こと​は​分かっ​て​いる​の​で,『この​会館​に​も​何がしか​の​お金​は​かかる。……この​活動​の​ため​に,どう​すれ​ば​幾らか​お金​を​寄付​できる​だろ​う』と​思う​の​です」。

牧師​は​信じ​られ​ない​と​いう​様子​で,ラッセル​兄弟​を​見​ます。

兄弟​は​こう​続け​ます。「私​は​明らか​な​真実​を​語っ​て​いる​の​です。『どう​すれ​ば​幾らか​お金​を​寄付​でき​ます​か』と​皆さん​尋ね​て​こら​れ​ます。ある​人​が​神​から​恵み​を​受け,多少​の​資力​が​あれ​ば,それ​を​主​の​ため​に​用い​たい​と​思う​もの​です。もし​資力​が​ない​の​なら,なぜ​私たち​が​その​人​を​悩ます​必要​が​ある​でしょ​う​か」。 *

2 確か​に​ラッセル​兄弟​は「明らか​な​真実」を​話し​て​い​まし​た。歴史​を​通じ​て,神​の​民​は​真​の​崇拝​を​支持​する​ため​に​自発​的​な​寄付​を​し​て​き​まし​た。この​章​で​は,その​よう​に​し​た​聖書​中​の​例​と​現代​の​例​を​振り返り​ます。王国​の​活動​の​資金​が​今日​どの​よう​に​賄わ​れ​て​いる​か​を​学び​ながら,『王国​を​支援​する​ため​に​自分​に​は​何​が​できる​だろ​う​か』と​考え​て​み​て​ください。

「心​から​進ん​で​行なう​者​は​皆,……寄進​物​と​し​て​携え​て​来​なさい」

3,4. (イ)エホバ​は​ご自分​の​崇拝​者​たち​に​どんな​確信​を​抱い​て​おら​れ​ます​か。(ロ)イスラエル​人​は​幕屋​の​造営​を​どの​よう​に​支援​し​まし​た​か。

3 エホバ​は​真​の​崇拝​者​たち​を​信頼​し​て​おら​れ​ます。機会​が​差し伸べ​ られれ​ば,自発​的​に​与える​こと​に​よっ​て​喜ん​で​専心​の​思い​を​表わす,と​確信​し​て​おら​れる​の​です。イスラエル​の​歴史​から,2​つ​の​例​を​見​て​み​ましょ​う。

4 エホバ​は,イスラエル​人​を​エジプト​から​導き出し​た​後,崇拝​の​ため​に​幕屋​を,つまり​移動​可能​な​天幕​を​建てる​よう​お命じ​に​なり​まし​た。その​天幕​自体​に​も​備品​に​も​かなり​の​費用​が​かかり​ます。エホバ​は​モーセ​に,この​プロジェクト​を​支援​する​機会​を​民​に​与える​よう​指示​し,「心​から​進ん​で​行なう​者​は​皆,それ​を​エホバ​へ​の​寄進​物​と​し​て​携え​て​来​なさい」と​お告げ​に​なり​まし​た。(出 35:5)少し​前​まで「圧政​下」で「あらゆる​形​の​奴隷​労働」を​させ​られ​て​い​た​人々​は,どの​よう​に​応じ​た​でしょ​う​か。(出 1:14)人々​は​惜しみなく​支援​し​まし​た。かつて​の​主人​だっ​た​エジプト​人​たち​から​手​に​入れ​た​もの​と​思わ​れる,金​や​銀​など​の​貴重​な​品​を​進ん​で​差し出し​た​の​です。(出 12:35,36)必要​な​分​より​はるか​に​多く​の​物​が​集まり​まし​た。それ​以上「携え​て​来る​こと​は​とどめ​られ​た」ほど​です。―出 36:4‐7

5. ダビデ​が​神殿​の​建設​の​ため​に​寄進​する​機会​を​差し伸べ​た​時,イスラエル​人​は​どう​応じ​まし​た​か。

5 475​年​ほど​後,ダビデ​は​神殿​の​建設​の​ため​に「特別​な​資産」を​寄進​し​まし​た。その​神殿​は,地上​に​おける​清い​崇拝​の​最初​の​恒久​的​な​中心​地​と​なり​ます。ダビデ​は​与える​機会​を​イスラエル​人​に​差し伸べ,「今日,だれ​か​エホバ​の​ため​に​自ら​進ん​で​その​手​を​供え物​で​満たす​者​が​いる​で​あろ​う​か」と​述べ​まし​た。それ​を​聞い​て​民​は,「エホバ​に​全き​心​を​もっ​て​自発​的​な​捧げ物」を​し​まし​た。(代​一 29:3‐9)ダビデ​は​そう​し​た​寄進​物​の​真​の​源​を​認め​て​い​まし​た。エホバ​に​こう​祈っ​て​い​ます。「すべて​の​もの​は​あなた​から​出​て​い​ます​の​で,あなた​の​み手​から​受け​て,あなた​に​献じ​た​の​です」。―代​一 29:14

6. 今日,王国​の​活動​の​ため​に​資金​が​必要​な​の​は​なぜ​です​か。どんな​質問​が​生じ​ます​か。

6 モーセ​も​ダビデ​も,与える​よう​神​の​民​を​強い​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。民​は​心​から​進ん​で​与え​まし​た。現代​で​は​どう​でしょ​う​か。わたしたち​は,神​の​王国​の​活動​に​は​費用​が​かかる​こと​を​よく​知っ​て​い​ます。聖書​や​聖書​文書​を​出版​し​て​配布​し,集会​場​や​支部​施設​を​建て​て​維持​し,災害​時​に​救援​物資​を​仲間​に​届ける​ため​に​は,かなり​の​資金​が​必要​です。ですから,次​の​点​を​考える​の​は​大切​です。必要​な​資金​は​どの​よう​に​賄わ​れ​て​い​ます​か。王​イエス​の​追随​者​たち​が​寄付​を​要求​さ​れる​こと​は​ある​の​でしょ​う​か。

「人間​に​支持​を​乞い求め​たり,懇願​し​たり​は​し​ない」

7,8. エホバ​の​民​が​寄付​を​乞い求め​たり​懇願​し​たり​し​ない​の​は​なぜ​です​か。

7 ラッセル​兄弟​と​その​仲間​たち​は,キリスト​教​世界​の​諸​教会​の​よう​に,資金​集め​の​ため​に​策​を​弄し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。「ものみの塔」第​2​号​に​は,「あなた​は『シオン​の​ものみの塔』を​求め​たい​と​思い​ます​か」と​ いう​見出し​の​下​に,ラッセル​兄弟​の​次​の​言葉​が​載せ​られ​まし​た。「『シオン​の​ものみの塔』は​エホバ​が​その​支持​者​で​ある​と​わたしたち​は​信じる。そう​で​ある​かぎり,この​雑誌​は​人間​に​支持​を​乞い求め​たり,懇願​し​たり​は​し​ない。『山々​の​金​と​銀​は​みな​我が​もの​で​ある』と​言わ​れる​方​が​必要​な​資金​を​供給​し​ない​なら,それ​は​出版​を​中止​する​時​で​ある,と​わたしたち​は​考える」。(ハガ 2:7‐9)それ​から​130​年​以上​たっ​た​今​も,「ものみの塔」誌​は​発行​さ​れ​て​おり,それ​を​発行​する​組織​も​活動​を​続け​て​い​ます。

8 エホバ​の​民​は​寄付​を​乞い求める​こと​を​し​ませ​ん。献金​皿​を​回し​たり,信者​に​手紙​を​送っ​て​寄付​を​要求​し​たり,ビンゴ​大会​や​バザー,くじ​の​販売​など​で​資金​を​得​たり​は​し​ませ​ん。「ものみの塔」誌​に​かつて​記さ​れ​た​次​の​言葉​の​とおり​に​し​て​い​ます。「我々​は,一般​的​な​慣習​に​倣っ​て​主​の​大義​の​ため​に​寄付​を​懇願​する​の​は​ふさわしく​ない,と​考える。……主​の​名​を​語っ​て​様々​な​方法​で​かき集め​た​金銭​は,主​に​とっ​て​不快​な​もの,受け入れ​られ​ない​もの​で​あり,献金​者​に​も,成し遂げ​られる​業​に​も​主​の​祝福​は​臨ま​ない​と​いう​の​が​我々​の​意見​で​ある」。 *

「各自……ただ​その​心​に​決め​た​とおり​に​行ない​なさい」

9,10. わたしたち​が​自発​的​な​寄付​を​する​1​つ​の​理由​は​何​です​か。

9 王国​の​臣民​で​ある​わたしたち​は,与える​よう​強制​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。むしろ,王国​の​活動​を​支援​する​ため​に,お金​や​他​の​資産​を​喜ん​で​用い​ます。その​よう​に​進ん​で​与える​の​は​なぜ​でしょ​う​か。3​つ​の​理由​を​考え​ましょ​う。

10 第​一​に,わたしたち​が​自発​的​な​寄付​を​する​の​は,エホバ​を​愛し,「神​の​目​に​喜ば​れる​こと」を​行ない​たい​と​思っ​て​いる​から​です。(ヨハ​一 3:22)エホバ​は,心​から​惜しみなく​与える​崇拝​者​の​こと​を​確か​に​喜ば​れ​ます。クリスチャン​は​どの​よう​に​与える​べき​でしょ​う​か。使徒​パウロ​の​言葉​を​調べ​て​み​ましょ​う。コリント​第​二 9:7を​読む。)真​の​クリスチャン​は,しぶしぶ​与え​たり​強い​られ​て​与え​たり​は​し​ませ​ん。「その​心​に​決め​た​とおり​に」与え​ます。 * つまり,何​が​必要​か,どう​すれ​ば​その​必要​を​満たせる​か​を​考え​て​決め​て​から,与える​の​です。その​よう​に​与える​人​を​エホバ​は​大切​に​思わ​れ​ます。「神​は​快く​与える​人​を​愛さ​れる」と​ある​とおり​です。

喜ん​で​与え​て​いる​モザンビーク​の​子ども​たち

11. わたしたち​が​エホバ​に​最善​の​もの​を​差し出し​たい​と​思う​の​は​なぜ​です​か。

11 第​二​に,物質​的​な​寄付​を​する​の​は,多く​の​祝福​に​つい​て​エホバ​に​感謝​を​表わす​ため​です。モーセ​の​律法​の​中​に​見いだせる,心​を​探る​原則​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。申命記 16:16,17を​読む。)年​に​3​度​の​祭り​に​出席​する​際,イスラエル​の​男子​は​それぞれ,「エホバ​が​与え​て​くださっ​た​祝福​に​応じ」て,供え物​を​する​こと​に​なっ​て​い​まし​た。ですから,各人​は​祭り​に​出席​する​前​に,受け​て​き​た​祝福​を​数え,自分​の​心​を​調べ,差し出せる​ 最善​の​供え物​は​何​か​を​決定​する​必要​が​あり​まし​た。同様​に​わたしたち​も,エホバ​が​様々​な​仕方​で​祝福​し​て​くださっ​た​こと​を​思い巡らす​と,最善​の​もの​を​差し出す​よう​動かさ​れ​ます。物質​的​な​寄付​を​心​を​こめ​て​与える​こと​に​より,エホバ​が​注い​で​くださっ​た​祝福​に​どれ​ほど​感謝​し​て​いる​か​を​表わせる​の​です。―コリ​二 8:12‐15

12,13. 自発​的​な​寄付​に​よっ​て​王​イエス​へ​の​愛​を​表わせる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。各自​は​どれ​ほど​の​寄付​が​でき​ます​か。

12 第​三​に,自発​的​な​寄付​に​より,王​イエス​・​キリスト​へ​の​愛​を​表わせ​ます。なぜ​そう​言える​でしょ​う​か。イエス​が​地上​で​過ごし​た​最後​の​晩​に​弟子​たち​に​何​と​述べ​た​か​に​注目​し​て​ください。ヨハネ 14:23を​読む。)「だれ​で​も​わたし​を​愛する​なら,その​人​は​わたし​の​言葉​を​守り行な」う,と​イエス​は​述べ​まし​た。イエス​の「言葉」に​は,王国​の​良い​たより​を​全地​で​宣べ伝える​よう​に​と​いう​命令​が​含ま​れ​て​い​ます。(マタ 24:14; 28:19,20)わたしたち​は​王国​伝道​の​業​を​推し進める​ため​に,時間​や​体力​や​物質​的​な​資産​を​用い​て​できる​限り​の​こと​を​行ない,イエス​の「言葉」 を​守り​ます。その​よう​に​し​て,メシア​なる​王​へ​の​愛​を​表わせる​の​です。

13 わたしたち​は​王国​の​忠節​な​臣民​と​し​て,心​を​こめ​て​王国​を​支援​し​たい​と​思っ​て​おり,その​ため​に​寄付​を​し​ます。どれ​ほど​の​寄付​が​できる​でしょ​う​か。それ​は​個人​で​決める​こと​です。各自​が​資力​の​範囲​内​で​最善​を​尽くし​ます​が,中​に​は​資力​の​限ら​れ​て​いる​人​も​い​ます。(マタ 19:23,24。ヤコ 2:5)しかし,わずか​な​寄付​で​も​心​から​進ん​で​与える​こと​を​エホバ​と​み子​は​高く​評価​し​て​くださる​の​で,安心​でき​ます。―マル 12:41‐44

寄付​は​どの​よう​に​行なわ​れる​か

14. エホバ​の​証人​は​長年,どの​よう​な​方法​で​文書​を​提供​し​て​い​まし​た​か。

14 長年,エホバ​の​証人​は​寄付​を​受け取っ​て​聖書​文書​を​提供​し​て​い​まし​た。資力​の​限ら​れ​た​人​たち​も​文書​を​受け取れる​よう,できる​だけ​低い​寄付​額​が​定め​られ​て​い​まし​た。もちろん,家​の​人​が​関心​を​示し​て​いる​もの​の​寄付​する​余裕​が​ない​場合,王国​伝道​者​は​喜ん​で​文書​を​渡し​まし​た。誠実​な​人​たち​が​文書​を​読ん​で​益​を​得る​こと​を,伝道​者​は​心​から​願っ​て​い​た​から​です。

15,16. (イ)1990​年​に​統治​体​は,文書​の​提供​方法​に​どんな​調整​を​加え​始め​まし​た​か。(ロ)どの​よう​な​方法​で​自発​的​な​寄付​を​行なえ​ます​か。(「 寄付​は​何​の​ため​に​用い​られる​か」と​いう​囲み​を​参照。)

15 1990​年,統治​体​は​文書​の​提供​方法​に​調整​を​加え​始め​まし​た。その​年​から,米国​で​すべて​の​文書​が​完全​寄付​制​で​提供​さ​れる​よう​に​なり​まし​た。国内​の​すべて​の​会衆​へ​の​手紙​の​中​で​こう​説明​さ​れ​て​い​ます。「雑誌​や​文書​は​今後,受け取る​ため​の​条件​と​し​て​特定​の​額​の​寄付​を​提示​し​たり​求め​たり​せ​ず​に,伝道​者​や​関心​の​ある​一般​の​人々​に​提供​さ​れる​よう​に​なり​ます。……わたしたち​の​教育​活動​の​費用​の​ため​に​寄付​を​し​たい​と​思う​人​は​そう​でき​ます​が,寄付​を​する​か​どう​か​に​かかわら​ず​文書​を​受け取る​こと​が​でき​ます」。この​取り決め​に​より,わたしたち​が「神​の​言葉​を​売り歩く​者​で​は​なく」,自発​的​で​宗教​的​な​活動​を​し​て​いる​こと​が​明確​に​なり​まし​た。(コリ​二 2:17)この​取り決め​は​やがて​世界​中​の​支部​で​実施​さ​れ​まし​た。

16 どの​よう​な​方法​で​自発​的​な​寄付​が​できる​でしょ​う​か。エホバ​の​証人​の​王国​会館​に​は,寄付​箱​が​目立た​ない​仕方​で​置か​れ​て​い​ます。そこ​に​寄付​を​入れる​こと​が​でき​ます​し,エホバ​の​証人​の​法人​に​直接​送る​こと​も​でき​ます。「ものみの塔」誌​に​は​毎年,進ん​で​寄付​する​方法​を​扱っ​た​記事​が​載せ​られ​ます。

寄付​は​どの​よう​に​用い​られる​か

17‐19. (イ)世界​的​な​業,(ロ)世界​的​な​王国​会館​建設,(ハ)地元​の​会衆​の​費用​の​ため​に,寄付​は​どの​よう​に​用い​られ​ます​か。

17 世界​的​な​業。寄付​は,世界​的​な​宣べ伝える​業​に​かかる​費用​に​充て​られ​ます。例えば,文書​を​生産​し​て​世界​中​で​配布​し,支部​事務​所​を​建設​し​て​維持​し,種々​の​神権​的​な​学校​を​運営​する​ため​の​費用​です。寄付​は,宣教​者,旅行​する​監督,特別​開拓​者​の​出費​を​賄う​ため​に,また​災害​時​に​救援​物資​を​信仰​の​仲間​に​届ける​ため​に​用い​られ​ます。 *

 18 世界​的​な​王国​会館​建設。寄付​は,王国​会館​の​建設​や​改装​を​行なう​会衆​の​ため​に​用い​られ​ます。寄付​が​集まる​こと​に​より,いっそう​多く​の​資金​を​他​の​会衆​の​援助​の​ため​に​用いる​こと​が​でき​ます。 *

19 地元​の​会衆​の​費用。寄付​は,王国​会館​の​運営​費​や​維持​費​と​し​て​用い​られ​ます。長老​たち​は,世界​的​な​業​の​促進​の​ため,支部​事務​所​に​一定​額​の​寄付​を​する​こと​を​推薦​する​場合​が​あり​ます。その​場合,長老​たち​は​会衆​に​対し​て​決議​を​行ない,もし​承認​さ​れれ​ば,寄付​が​送ら​れる​こと​に​なり​ます。会衆​の​会計​を​扱う​兄弟​は​毎月,会計​報告​を​作成​し,それ​が​会衆​に​読み上げ​られ​ます。

20. どの​よう​に「貴重​な​もの」を​もっ​て​エホバ​を​敬え​ます​か。

20 王国​を​宣べ伝え​て​弟子​を​作る​ため​に​世界​中​で​行なわ​れ​て​いる​事柄​を​考える​と,自分​の「貴重​な​もの……を​もっ​て​エホバ​を​敬」い​たい​と​いう​気持ち​に​なり​ます。(箴 3:9,10)わたしたち​は,体力,知力,霊的​資産​と​いっ​た「貴重​な​もの」を​持っ​て​い​ます。それら​を​王国​の​業​の​ため​に​十分​に​用い​たい​と​思っ​て​い​ます。と​は​いえ,貴重​な​もの​に​は​物質​的​な​資産​も​含ま​れる,と​いう​こと​を​覚え​て​おき​たい​もの​です。自分​が​与える​こと​の​できる​もの​を,与える​こと​の​できる​時​に​差し出し​て​ゆき​ましょ​う。自発​的​な​寄付​を​する​時,エホバ​を​敬い,メシア​王国​を​支援​する​こと​に​なる​の​です。

^ 1節 「ものみの塔」(英語)1915​年​7​月​15​日​号​218‐219​ページ。

^ 8節 「ものみの塔」(英語)1899​年​8​月​1​日​号​201​ページ。

^ 10節 ある​学​者​は,「決め​た」と​訳さ​れ​て​いる​ギリシャ​語​に​は「予定​する​と​いう​概念​が​ある」と​述べ​て​い​ます。また,「与える​こと​は​自然​な​喜び​を​生じ​させる​もの​の,それ​は​計画​的​で​系統​的​な​もの​で​ある」と​説明​し​て​い​ます。―コリ​一 16:2

^ 17節 救援​の​奉仕​に​つい​て​詳しく​は20​章を​参照。

^ 18節 王国​会館​建設​に​つい​て​詳しく​は19​章を​参照。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

どのように他の人の必要を顧みることができますか

エホバの証人の世界的な業に対する寄付は,他の人の物質的また霊的な必要を顧みるために用いられます。どのようにですか。

「ものみの塔」(研究用)

あなたは王国のために進んで犠牲を払いますか

神の王国を支持するために,どのように自分の時間,お金,エネルギー,能力を活用できるかを学びましょう。