アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 18 

王国の活動の資金はどのように賄われているか

王国の活動の資金はどのように賄われているか

この   考える こと

エホバ    王国    資金   支援 する   なぜか,どの よう  そう する 

1,2. (イ)聖書 研究   活動  どの よう  運営    いる   尋ね    牧師 に,ラッセル 兄弟    答え まし  か。(ロ)この    どんな こと  学び ます か。

ある 時,チャールズ  T  ラッセル 兄弟  もと に,改革  教会  牧師   て,聖書 研究   活動  どの よう  運営    いる   尋ね まし た。

「寄付  強制   集める こと  あり ませ ん」と ラッセル 兄弟  答え まし た。

「資金  どの よう  調達 する  です か」と 牧師  尋ね ます。

ラッセル 兄弟  こう 答え まし た。「私  単純 明快  真実  述べ     も,多分 信じ られ ない  思い ます。私ども  宗教  関心  持っ   は,寄付   回っ   ない こと  気づき ます。それでも 経費  かかる こと  分かっ  いる  で,『この 会館   何がしか  お金  かかる。……この 活動  ため に,どう すれ  幾らか お金  寄付 できる だろ う』と 思う  です」。

牧師  信じ られ ない  いう 様子 で,ラッセル 兄弟   ます。

兄弟  こう 続け ます。「私  明らか  真実  語っ  いる  です。『どう すれ  幾らか お金  寄付 でき ます か』と 皆さん 尋ね  こら  ます。ある    から 恵み  受け,多少  資力  あれ ば,それ    ため  用い たい  思う もの です。もし 資力  ない  なら,なぜ 私たち  その   悩ます 必要  ある でしょ  か」。 *

2 確か  ラッセル 兄弟 は「明らか  真実」を 話し   まし た。歴史  通じ て,神      崇拝  支持 する ため  自発   寄付     まし た。この   は,その よう    聖書     現代    振り返り ます。王国  活動  資金  今日 どの よう  賄わ   いる   学び ながら,『王国  支援 する ため  自分     できる だろ  か』と 考え    ください。

「心 から 進ん  行なう   皆,……寄進     携え   なさい」

3,4. (イ)エホバ  ご自分  崇拝  たち  どんな 確信  抱い  おら  ます か。(ロ)イスラエル   幕屋  造営  どの よう  支援  まし  か。

3 エホバ    崇拝  たち  信頼   おら  ます。機会  差し伸べ  られれ ば,自発   与える こと  よっ  喜ん  専心  思い  表わす,と 確信   おら れる  です。イスラエル  歴史 から,2        ましょ う。

4 エホバ は,イスラエル   エジプト から 導き出し  後,崇拝  ため  幕屋 を,つまり 移動 可能  天幕  建てる よう お命じ  なり まし た。その 天幕 自体   備品   かなり  費用  かかり ます。エホバ  モーセ に,この プロジェクト  支援 する 機会    与える よう 指示 し,「心 から 進ん  行なう   皆,それ  エホバ   寄進     携え   なさい」と お告げ  なり まし た。(出 35:5)少し  まで「圧政 下」で「あらゆる   奴隷 労働」を させ られ    人々 は,どの よう  応じ  でしょ  か。(出 1:14)人々  惜しみなく 支援  まし た。かつて  主人 だっ  エジプト  たち から   入れ  もの  思わ れる,金   など  貴重    進ん  差し出し   です。(出 12:35,36)必要   より はるか  多く    集まり まし た。それ 以上「携え  来る こと  とどめ られ た」ほど です。―出 36:4‐7

5. ダビデ  神殿  建設  ため  寄進 する 機会  差し伸べ  時,イスラエル   どう 応じ まし  か。

5 475  ほど 後,ダビデ  神殿  建設  ため に「特別  資産」を 寄進  まし た。その 神殿 は,地上  おける 清い 崇拝  最初  恒久   中心   なり ます。ダビデ  与える 機会  イスラエル   差し伸べ,「今日,だれ  エホバ  ため  自ら 進ん  その   供え物  満たす   いる  あろ  か」と 述べ まし た。それ  聞い   は,「エホバ  全き   もっ  自発   捧げ物」を  まし た。( 一 29:3‐9)ダビデ  そう   寄進       認め   まし た。エホバ  こう 祈っ   ます。「すべて  もの  あなた から    ます  で,あなた  み手 から 受け て,あなた  献じ   です」。― 一 29:14

6. 今日,王国  活動  ため  資金  必要    なぜ です か。どんな 質問  生じ ます か。

6 モーセ  ダビデ も,与える よう     強い たり   ませ  でし た。民   から 進ん  与え まし た。現代   どう でしょ  か。わたしたち は,神  王国  活動   費用  かかる こと  よく 知っ   ます。聖書  聖書 文書  出版   配布 し,集会   支部 施設  建て  維持 し,災害   救援 物資  仲間  届ける ため  は,かなり  資金  必要 です。ですから,次    考える   大切 です。必要  資金  どの よう  賄わ    ます か。王 イエス  追随  たち  寄付  要求  れる こと  ある  でしょ  か。

「人間  支持  乞い求め たり,懇願  たり   ない」

7,8. エホバ    寄付  乞い求め たり 懇願  たり  ない   なぜ です か。

7 ラッセル 兄弟  その 仲間 たち は,キリスト  世界   教会  よう に,資金 集め  ため    弄し たり   ませ  でし た。「ものみの塔」第 2   は,「あなた は『シオン  ものみの塔』を 求め たい  思い ます か」と  いう 見出し   に,ラッセル 兄弟    言葉  載せ られ まし た。「『シオン  ものみの塔』は エホバ  その 支持   ある  わたしたち  信じる。そう  ある かぎり,この 雑誌  人間  支持  乞い求め たり,懇願  たり   ない。『山々      みな 我が もの  ある』と 言わ れる   必要  資金  供給  ない なら,それ  出版  中止 する   ある,と わたしたち  考える」。(ハガ 2:7‐9)それ から 130  以上 たっ   も,「ものみの塔」誌  発行    おり,それ  発行 する 組織  活動  続け   ます。

8 エホバ    寄付  乞い求める こと   ませ ん。献金   回し たり,信者  手紙  送っ  寄付  要求  たり,ビンゴ 大会  バザー,くじ  販売 など  資金   たり   ませ ん。「ものみの塔」誌  かつて 記さ     言葉  とおり     ます。「我々 は,一般   慣習  倣っ    大義  ため  寄付  懇願 する   ふさわしく ない,と 考える。……主    語っ  様々  方法  かき集め  金銭 は,主  とっ  不快  もの,受け入れ られ ない もの  あり,献金   も,成し遂げ られる      祝福  臨ま ない  いう   我々  意見  ある」。 *

「各自……ただ その   決め  とおり  行ない なさい」

9,10. わたしたち  自発   寄付  する 1   理由   です か。

9 王国  臣民  ある わたしたち は,与える よう 強制  れる こと  あり ませ ん。むしろ,王国  活動  支援 する ため に,お金    資産  喜ん  用い ます。その よう  進ん  与える   なぜ でしょ  か。3   理由  考え ましょ う。

10   に,わたしたち  自発   寄付  する  は,エホバ  愛し,「神    喜ば れる こと」を 行ない たい  思っ  いる から です。(ヨハ 一 3:22)エホバ は,心 から 惜しみなく 与える 崇拝   こと  確か  喜ば  ます。クリスチャン  どの よう  与える べき でしょ  か。使徒 パウロ  言葉  調べ   ましょ う。コリント  二 9:7  読む。)  クリスチャン は,しぶしぶ 与え たり 強い られ  与え たり   ませ ん。「その   決め  とおり に」与え ます。 * つまり,何  必要 か,どう すれ  その 必要  満たせる   考え  決め  から,与える  です。その よう  与える   エホバ  大切  思わ  ます。「神  快く 与える   愛さ れる」と ある とおり です。

喜ん  与え  いる モザンビーク  子ども たち

11. わたしたち  エホバ  最善  もの  差し出し たい  思う   なぜ です か。

11   に,物質   寄付  する  は,多く  祝福  つい  エホバ  感謝  表わす ため です。モーセ  律法    見いだせる,心  探る 原則  つい  考え   ましょ う。申命記 16:16,17  読む。)  3   祭り  出席 する 際,イスラエル  男子  それぞれ,「エホバ  与え  くださっ  祝福  応じ」て,供え物  する こと  なっ   まし た。ですから,各人  祭り  出席 する  に,受け    祝福  数え,自分    調べ,差し出せる  最善  供え物     決定 する 必要  あり まし た。同様  わたしたち も,エホバ  様々  仕方  祝福   くださっ  こと  思い巡らす と,最善  もの  差し出す よう 動かさ  ます。物質   寄付    こめ  与える こと  より,エホバ  注い  くださっ  祝福  どれ ほど 感謝   いる   表わせる  です。―コリ 二 8:12‐15

12,13. 自発   寄付  よっ   イエス     表わせる,と 言える   なぜ です か。各自  どれ ほど  寄付  でき ます か。

12   に,自発   寄付  より,王 イエス  キリスト     表わせ ます。なぜ そう 言える でしょ  か。イエス  地上  過ごし  最後    弟子 たち    述べ    注目   ください。ヨハネ 14:23  読む。)「だれ   わたし  愛する なら,その   わたし  言葉  守り行な」う,と イエス  述べ まし た。イエス の「言葉」に は,王国  良い たより  全地  宣べ伝える よう   いう 命令  含ま    ます。(マタ 24:14; 28:19,20)わたしたち  王国 伝道    推し進める ため に,時間  体力  物質   資産  用い  できる 限り  こと  行ない,イエス の「言葉」  守り ます。その よう   て,メシア なる      表わせる  です。

13 わたしたち  王国  忠節  臣民   て,心  こめ  王国  支援  たい  思っ  おり,その ため  寄付   ます。どれ ほど  寄付  できる でしょ  か。それ  個人  決める こと です。各自  資力  範囲   最善  尽くし ます が,中   資力  限ら   いる    ます。(マタ 19:23,24。ヤコ 2:5)しかし,わずか  寄付    から 進ん  与える こと  エホバ  み子  高く 評価   くださる  で,安心 でき ます。―マル 12:41‐44

寄付  どの よう  行なわ れる 

14. エホバ  証人  長年,どの よう  方法  文書  提供    まし  か。

14 長年,エホバ  証人  寄付  受け取っ  聖書 文書  提供    まし た。資力  限ら    たち  文書  受け取れる よう,できる だけ 低い 寄付   定め られ   まし た。もちろん,家    関心  示し  いる もの  寄付 する 余裕  ない 場合,王国 伝道   喜ん  文書  渡し まし た。誠実   たち  文書  読ん    得る こと を,伝道    から 願っ    から です。

15,16. (イ)1990   統治  は,文書  提供 方法  どんな 調整  加え 始め まし  か。(ロ)どの よう  方法  自発   寄付  行なえ ます か。(「 寄付    ため  用い られる 」と いう 囲み  参照。)

15 1990 年,統治   文書  提供 方法  調整  加え 始め まし た。その  から,米国  すべて  文書  完全 寄付   提供  れる よう  なり まし た。国内  すべて  会衆   手紙    こう 説明     ます。「雑誌  文書  今後,受け取る ため  条件    特定    寄付  提示  たり 求め たり   に,伝道   関心  ある 一般  人々  提供  れる よう  なり ます。……わたしたち  教育 活動  費用  ため  寄付   たい  思う   そう でき ます が,寄付  する  どう   かかわら  文書  受け取る こと  でき ます」。この 取り決め  より,わたしたち が「神  言葉  売り歩く    なく」,自発   宗教   活動    いる こと  明確  なり まし た。(コリ 二 2:17)この 取り決め  やがて 世界   支部  実施   まし た。

16 どの よう  方法  自発   寄付  できる でしょ  か。エホバ  証人  王国 会館  は,寄付   目立た ない 仕方  置か    ます。そこ  寄付  入れる こと  でき ます し,エホバ  証人  法人  直接 送る こと  でき ます。「ものみの塔」誌   毎年,進ん  寄付 する 方法  扱っ  記事  載せ られ ます。

寄付  どの よう  用い られる 

17‐19. (イ)世界   業,(ロ)世界   王国 会館 建設,(ハ)地元  会衆  費用  ため に,寄付  どの よう  用い られ ます か。

17 世界   業。寄付 は,世界   宣べ伝える   かかる 費用  充て られ ます。例えば,文書  生産   世界   配布 し,支部 事務   建設   維持 し,種々  神権   学校  運営 する ため  費用 です。寄付 は,宣教 者,旅行 する 監督,特別 開拓   出費  賄う ため に,また 災害   救援 物資  信仰  仲間  届ける ため  用い られ ます。 *

 18 世界   王国 会館 建設。寄付 は,王国 会館  建設  改装  行なう 会衆  ため  用い られ ます。寄付  集まる こと  より,いっそう 多く  資金    会衆  援助  ため  用いる こと  でき ます。 *

19 地元  会衆  費用。寄付 は,王国 会館  運営   維持     用い られ ます。長老 たち は,世界     促進  ため,支部 事務   一定   寄付  する こと  推薦 する 場合  あり ます。その 場合,長老 たち  会衆  対し  決議  行ない,もし 承認  れれ ば,寄付  送ら れる こと  なり ます。会衆  会計  扱う 兄弟  毎月,会計 報告  作成 し,それ  会衆  読み上げ られ ます。

20. どの よう に「貴重  もの」を もっ  エホバ  敬え ます か。

20 王国  宣べ伝え  弟子  作る ため  世界   行なわ   いる 事柄  考える と,自分 の「貴重  もの……を もっ  エホバ  敬」い たい  いう 気持ち  なり ます。(箴 3:9,10)わたしたち は,体力,知力,霊的 資産  いっ た「貴重  もの」を 持っ   ます。それら  王国    ため  十分  用い たい  思っ   ます。と  いえ,貴重  もの   物質   資産  含ま れる,と いう こと  覚え  おき たい もの です。自分  与える こと  できる もの を,与える こと  できる   差し出し  ゆき ましょ う。自発   寄付  する 時,エホバ  敬い,メシア 王国  支援 する こと  なる  です。

^ 1節 「ものみの塔」(英語)1915  7  15   218‐219 ページ。

^ 8節 「ものみの塔」(英語)1899  8  1   201 ページ。

^ 10節 ある   は,「決め た」と 訳さ   いる ギリシャ   は「予定 する  いう 概念  ある」と 述べ   ます。また,「与える こと  自然  喜び  生じ させる もの の,それ  計画   系統   もの  ある」と 説明    ます。―コリ 一 16:2

^ 17節 救援  奉仕  つい  詳しく 20  参照。

^ 18節 王国 会館 建設  つい  詳しく 19  参照。

もっと調べる

どのように他の人の必要を顧みることができますか

エホバの証人の世界的な業に対する寄付は,他の人の物質的また霊的な必要を顧みるために用いられます。どのようにですか。

あなたは王国のために進んで犠牲を払いますか

神の王国を支持するために,どのように自分の時間,お金,エネルギー,能力を活用できるかを学びましょう。