内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 20​章

救援の奉仕

救援の奉仕

この​章​で​考える​こと

災害​時​に​クリスチャン​愛​を​行動​で​表わす

1,2. (イ)ユダヤ​の​クリスチャン​は​どんな​苦難​を​経験​し​まし​た​か。(ロ)ユダヤ​の​クリスチャン​に​どの​よう​に​愛​が​示さ​れ​まし​た​か。

西暦​46​年​ごろ​の​こと​です。ユダヤ​は​飢きん​に​見舞わ​れ​て​い​ます。穀物​が​乏しく​なっ​て​価格​が​高騰​し​た​ため,そこ​に​住む​ユダヤ​人​の​クリスチャン​たち​は​食料​を​買う​こと​が​でき​ませ​ん。空腹​感​が​満たさ​れ​ず,このまま​だ​と​飢え​死​に​しかね​ませ​ん。しかし,間​も​なく​エホバ​の​み手​の​保護​を​実感​する​こと​に​なり​ます。キリスト​の​弟子​たち​が​これ​まで​経験​し​た​こと​の​ない​仕方​で​守ら​れる​の​です。何​が​起きる​の​でしょ​う​か。

2 エルサレム​と​ユダヤ​に​いる​ユダヤ​人​の​クリスチャン​が​苦しん​で​いる​の​を​知っ​て,シリア​の​アンティオキア​に​住む​ユダヤ​人​や​異邦​人​の​クリスチャン​は​仲間​の​ため​に​基金​を​集め​ます。そして,自分​たち​の​中​から,責任​を​担える​兄弟​と​し​て​バルナバ​と​サウロ​を​選び,エルサレム​の​会衆​の​長老​たち​に​救援​基金​を​届け​ます。使徒 11:27‐30; 12:25を​読む。)困窮​する​ユダヤ​の​兄弟​たち​は,アンティオキア​の​兄弟​たち​の​愛​に​感激​し​た​こと​でしょ​う。

3. (イ)現代​の​神​の​民​は,アンティオキア​の​初期​クリスチャン​の​手本​に​どの​よう​に​倣っ​て​い​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。(「 現代​に​おける​最初​の​大​規模​な​救援」と​いう​囲み​を​参照。)(ロ)この​章​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

3 西暦​1​世紀​の​この​出来事​は,クリスチャン​が​世界​の​別​の​地域​に​住む​クリスチャン​の​救援​の​ため​に,必要​な​もの​を​送っ​た​最初​の​記録​です。現代​の​わたしたち​は​この​アンティオキア​の​兄弟​たち​に​倣い​ます。別​の​地域​の​仲間​が​災害​や​試練​で​苦しん​で​いる​こと​が​分かる​と,助け​よう​と​し​ます。 * そう​し​た​救援​活動​は​他​の​奉仕​の​務め​と​どの​よう​に​関係​し​て​いる​でしょ​う​か。救援​の​奉仕​に​つい​て,3​つ​の​点​を​考え​ましょ​う。救援​活動​を​奉仕​と​みなせる​の​は​なぜ​です​か。救援​活動​に​は​どんな​目的​が​あり​ます​か。救援​の​奉仕​から​どんな​益​を​得​られ​ます​か。

救援​活動​が「神聖​な​奉仕」で​ある​の​は​なぜか

4. パウロ​は​コリント​の​人​たち​に,クリスチャン​の​奉仕​に​つい​て​どんな​こと​を​説明​し​まし​た​か。

4 パウロ​は​コリント​人​へ​の​第​二​の​手紙​で,クリスチャン​の​奉仕​に​は​2​つ​の​面​が​ある​こと​を​説明​し​て​い​ます。パウロ​の​手紙​は​油そそが​れ​た​クリスチャン​に​宛て​られ​た​もの​です​が,今日,その​言葉​は​キリスト​の「ほか​の​羊」に​も​当てはまり​ます。(ヨハ 10:16)奉仕​の​1​つ​の​面​は「和解​の​ 奉仕​の​務め」,つまり​宣べ伝え​て​教える​活動​です。(コリ​二 5:18‐20。テモ​一 2:3‐6)もう​1​つ​の​面​は「聖​なる​者​たち​へ​の​奉仕」,つまり​仲間​の​信者​の​ため​に​行なう​救援​の​奉仕​です。(コリ​二 8:4)「和解​の​奉仕​の​務め」と「聖​なる​者​たち​へ​の​奉仕」と​いう​表現​の​どちら​に​も,ギリシャ​語​ディアコニア​の​変化​形​が​用い​られ​て​おり,「奉仕​の​務め」あるいは「奉仕」と​訳さ​れ​て​い​ます。この​点​が​注目​に​値する​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

5. パウロ​が​救援​活動​を​奉仕​と​呼ん​だ​こと​が​注目​に​値する​の​は​なぜ​です​か。

5 どちら​の​活動​に​つい​て​も​同じ​ギリシャ​語​を​用いる​こと​に​より,パウロ​は​救援​活動​を,クリスチャン​会衆​で​行なわ​れる​他​の​奉仕​と​同列​の​もの​と​し​て​扱い​まし​た。以前​に​こう​述べ​て​い​ます。「奉仕​の​務め​は​さまざま​で​も,主​は​同じ​です。働き​は​さまざま​で​も……同一​の​霊​が​行なう……の​です」。(コリ​一 12:4‐6,11)パウロ​は,会衆​で​の​さまざま​な​奉仕​を「神聖​な​奉仕」と​結びつけ​て​い​ます。 *ロマ 12:1,6‐8)それゆえ,「聖​なる​者​たち​に​奉仕​する​ため」に​自分​の​時間​を​用いる​の​が​適切​だ​と​考え​た​の​です。―ロマ 15:25,26

6. (イ)パウロ​の​説明​に​よる​と,救援​活動​が​崇拝​の​一部​と​言える​の​は​なぜ​です​か。(ロ)今日,救援​活動​は​世界​中​で​どの​よう​に​行なわ​れ​て​い​ます​か。(「 災害​が​発生​し​たら」と​いう​囲み​を​参照。)

6 パウロ​は​コリント​の​人​たち​に,救援​活動​が​エホバ​へ​の​崇拝​と​奉仕​の​一部​と​言える​理由​に​つい​て​も​説明​し​まし​た。次​の​よう​に​論じ​て​い​ます。クリスチャン​が​救援​を​行なう​の​は,「キリスト​に​関する​良い​たより​に​柔順」で​ある​から​です。(コリ​二 9:13)つまり,キリスト​の​教え​を​実践​し​たい​と​いう​願い​から,仲間​の​信者​を​助け​ます。また,兄弟​たち​へ​の​親切​な​行ない​は,「より​豊か​に​注が​れ​た​神​の​過分​の​ご親切」の​表われ​に​ほか​なり​ませ​ん。(コリ​二 9:14。ペテ​一 4:10)それで,「ものみの塔」1976​年​3​月​1​日​号​は,救援​活動​など​困窮​し​て​いる​兄弟​たち​へ​の​奉仕​に​つい​て,こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​は,エホバ​神​と​その​み子​イエス​・​キリスト​が,この​種​の​奉仕​を​重視​し​て​おら​れる​こと​を​決して​疑う​べき​で​は​あり​ませ​ん」。救援​活動​は,価値​ある​神聖​な​奉仕​の​一つ​な​の​です。 ― ロマ 12:1,7。コリ​二 8:7。ヘブ 13:16

救援​活動​の​明確​な​目的

7,8. 救援​活動​の​第​一​の​目的​は​何​です​か。説明​し​て​ください。

7 救援​の​奉仕​に​は​どんな​目的​が​ある​の​でしょ​う​か。パウロ​は​コリント​人​へ​の​第​二​の​手紙​の​中​で,その​点​を​論じ​て​い​ます。コリント​第​二 9:11‐15を​読む。)この​聖句​の​中​で​パウロ​は,「公的​な​奉仕​の​務め」つまり​救援​活動​に​よっ​て​達成​さ​れる​3​つ​の​おも​な​目的​に​つい​て​述べ​て​い​ます。1​つ​ずつ​見​て​み​ましょ​う。

8 第​一​に,救援​活動​は​エホバ​に​栄光​を​もたらし​ます。上​で​読ん​だ​5​つ​の​節​の​中​で,パウロ​は​エホバ​神​に​何​度​も​注意​を​向け​て​い​ます。「神​へ​の​感謝​の​表現」や「神​に​対する​数々​の​感謝​の​表現」に​つい​て​述べ​て​い​ます。(11,12​節)また,クリスチャン​が​救援​活動​に​よっ​て​どの​よう​に「神​ の​栄光​を​たたえ」,「より​豊か​に​注が​れ​た​神​の​過分​の​ご親切」を​賛美​できる​か​に​も​言及​し​て​い​ます。(13,14​節)そして,「神​に​感謝​が​ささげ​られ​ます​よう​に」と​述べ​て,救援​の​奉仕​に​関する​考察​を​結ん​で​い​ます。―15​節ペテ​一 4:11

9. 救援​活動​に​よっ​て,どの​よう​に​人々​の​考え方​が​変わる​こと​が​あり​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。

9 パウロ​と​同じ​よう​に,今日​の​神​の​僕​たち​も,救援​活動​を​エホバ​に​栄光​を​もたらし​て​神​の​教え​を​飾る​機会​と​みなし​ます。(コリ​一 10:31。テト 2:10)エホバ​や​エホバ​の​証人​の​こと​を​良く​思っ​て​い​なかっ​た​人​たち​が,救援​活動​を​見​て​考え方​を​変える​こと​が​よく​あり​ます。一​人​の​女性​は,家​の​戸口​に「エホバ​の​証人​お断わり」と​表示​し​て​い​まし​た。ある​時,住ん​で​い​た​地域​が​ハリケーン​の​被害​を​受け,女性​は​通り​の​向かい​の​家​を​救援​奉仕​者​たち​が​修理​し​て​いる​の​を​目​に​し​まし​た。それ​から​数​日,仲良く​働く​奉仕​者​たち​の​様子​を​見​て,どう​いう​人​たち​な​の​か​気​に​なり,確かめ​に​行き​まし​た。エホバ​の​証人​で​ある​こと​が​分かる​と,感心​し​て,「あなたたち​の​こと​を​すっかり​誤解​し​て​い​た​わ」と​言い​まし​た。その​後,戸口​の​表示​は​外さ​れ​まし​た。

10,11. (イ)救援​活動​に​よっ​て​第​二​の​目的​が​達成​さ​れ​て​いる​こと​は,どんな​例​から​分かり​ます​か。(ロ)救援​奉仕​者​たち​に​役立つ​どんな​資料​が​あり​ます​か。(「 救援​奉仕​者​に​役立つ​新た​な​資料」と​いう​囲み​を​参照。)

10 第​二​に,仲間​の「乏しい​ところ​を​満ちあふれる​ほど​に​補う」こと​が​でき​ます。コリ​二 9:12前半)わたしたち​は​兄弟​姉妹​たち​の​必要​と​し​て​いる​物​を​速やか​に​提供​し,その​苦しみ​を​和らげ​たい​と​思い​ます。なぜなら,クリスチャン​会衆​は「一つ​の​体」で​あり,「一つ​の​肢体​が​苦しめ​ば,ほか​の​すべて​の​肢体​が​共​に​苦し」む​から​で​す。(コリ​一 12:20,26)それで,兄弟​愛​と​同情​心​の​ゆえに,大勢​の​兄弟​姉妹​が​予定​を​すぐ​に​調整​し,必要​な​道具​を​用意​し,救援​の​ため​に​被災​地​に​向かい​ます。(ヤコ 2:15,16)2011​年​に​日本​が​津波​の​被害​を​受け​た​際,米国​支部​は​米国​の​地区​建設​委員​会​に​手紙​を​送り,日本​で​の​王国​会館​の​再建​を​手伝える,「資格​の​ある​兄弟​たち​数​人」を​募り​まし​た。どんな​反応​が​あっ​た​でしょ​う​か。数​週​間​で​600​人​近く​もの​人​が​自費​で​日本​に​行く​こと​を​申し出​まし​た。「この​反応​に​は​驚かさ​れ​まし​た」と​米国​支部​は​述べ​て​い​ます。日本​の​ある​兄弟​が​海外​から​の​救援​奉仕​者​に,どうして​来​て​くれ​た​の​か​を​尋ねる​と,この​よう​な​答え​が​返っ​て​き​まし​た。「日本​の​兄弟​たち​は“わたしたち​の​体”の​一部​です。兄弟​たち​の​痛み​や​苦しみ​を​自分​たち​の​こと​の​よう​に​感じ​て​い​ます」。自己​犠牲​の​愛​ゆえ​に,救援​奉仕​者​たち​は,仲間​を​助ける​ため​に​命​を​危険​に​さらす​こと​さえ​あり​ます。 *ヨハ​一 3:16

11 エホバ​の​証人​で​は​ない​人​たち​も,わたしたち​の​救援​活動​を​評価​し​て​い​ます。例えば,2013​年​に​米国​アーカンソー​州​で​災害​が​生じ​た​時,ある​新聞​は​エホバ​の​証人​の​迅速​な​対応​に​つい​て​こう​報じ​まし​た。「エホバ​の​証人​が​災害​時​に​行なう​組織​的​な​奉仕​活動​は,実​に​見事​だ」。使徒​ パウロ​が​述べ​た​とおり,兄弟​たち​の​必要​と​し​て​いる​物​が「満ちあふれる​ほど​に」提供​さ​れ​て​い​ます。

12‐14. (イ)救援​活動​の​第​三​の​目的​が​重要​な​の​は​なぜ​です​か。(ロ)霊的​な​活動​を​続ける​こと​の​大切​さ​が​分かる​どんな​コメント​が​あり​ます​か。

12 第​三​に,霊的​な​習慣​に​戻れる​よう​兄弟​たち​を​助ける​こと​が​でき​ます。これ​が​重要​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。パウロ​は,救援​を​受ける​人​たち​は「神​に​対する​数々​の​感謝​の​表現」を​する​よう​に​なる,と​述べ​て​い​ます。(コリ​二 9:12後半)エホバ​に​感謝​を​表わす​に​は,できる​だけ​早く​霊的​な​習慣​に​戻る​こと​が​何​より​も​大切​です。(フィリ 1:10)1945​年​の「ものみの塔」誌​は​こう​述べ​て​い​ます。「パウロ​は​寄付​を​集める​こと​を​承認​し……た。そう​する​こと​に​より,困窮​する​クリスチャン​の​兄弟​たち​は​物質​面​で​の​救援​を​幾らか​受け,その​結果,エホバ​に​つい​て​の​証し​の​業​に​いっそう​自由​かつ​活発​に​携われる​よう​に​なる​から​で​ある」。今日​の​わたしたち​も​同じ​目的​で​救援​を​行ない​ます。兄弟​たち​は​伝道​活動​に​戻る​こと​に​より,失意​し​て​いる​一般​の​人​たち​だけ​で​なく​自ら​を​も​強める​こと​が​できる​の​です。―コリント​第​二 1:3,4を​読む。

13 必要​と​し​て​い​た​救援​物資​を​受け取っ​て​宣教​を​再開​し​た​兄弟​姉妹​は,そう​する​こと​で​強め​られ​て​い​ます。「わたしたち​家族​に​とっ​て,野外​奉仕​に​参加​する​こと​は​祝福​と​なり​まし​た」と,ある​兄弟​は​言い​ます。「他​の​人​を​慰め​よう​と​し​て​いる​時​は,自分​たち​の​問題​に​つい​て​心配​せ​ず​に​済み​まし​た」。ある​姉妹​は​こう​言っ​て​い​ます。「霊的​な​活動​に​集中​する​と,周囲​の​惨状​を​忘れる​こと​が​でき,安心​感​に​包ま​れ​まし​た」。別​の​姉妹​は​こう​言い​ます。「自分​たち​で​は​どう​に​も​なら​ない​事​が​多い​です​が,わたしたち​家族​は​宣教​の​おかげ​で​前向き​で​いら​れ​ます。新しい​世​の​希望​に​つい​て​人々​に​語る​と,将来​すべて​の​もの​が​新しく​される​と​いう​確信​が​強まり​ます」。

14 苦難​に​ある​兄弟​姉妹​は,集会​の​出席​も​できる​だけ​早く​再開​する​必要​が​あり​ます。清子​と​いう​姉妹​は​50​代​の​時​に​津波​に​遭い,着​て​い​た​服​と​履い​て​い​た​サンダル​以外​の​すべて​を​失い​まし​た。どう​やっ​て​生き​て​ゆけ​ば​よい​か​途方​に​暮れ​て​いる​と,一​人​の​長老​が​車​の​中​で​一緒​に​集会​を​行ない​ましょ​う​と​言っ​て​くれ​まし​た。「長老​ご夫婦​と​もう​一​人​の​姉妹​と​わたし​の​4​人​が​車​に​集まり​まし​た。集会​は​簡単​な​もの​でし​た​が,不思議​な​こと​に,津波​の​恐怖​が​体​から​すうっ​と​抜け​て​ゆき​まし​た。思い​の​平安​を​感じ​まし​た。クリスチャン​の​交わり​が​いかに​保護​と​なる​か​が​分かり​まし​た」。別​の​姉妹​は​災害​に​遭っ​た​後,集会​に​つい​て,「それ​は​わたし​に​とっ​て​ライフライン​でし​た」と​言っ​て​い​ます。―ロマ 1:11,12; 12:12

救援​の​奉仕​は​長期​的​な​益​を​もたらす

15,16. (イ)コリント​や​他​の​場所​の​クリスチャン​は,救援​に​貢献​する​こと​に​よっ​て​どんな​益​を​得る​こと​に​なり​ます​か。(ロ)今日​の​わたしたち​も,救援​活動​から​どんな​益​を​得​て​い​ます​か。

15 パウロ​は,救援​の​奉仕​に​関する​考察​の​中​で,クリスチャン​が​この​活動​ に​参加​する​こと​の​益​に​つい​て​も​説明​し​て​い​ます。コリント​の​人​たち​に​こう​述べ​て​い​ます。「あなた方​に​対し​て​より​豊か​に​注が​れ​た​神​の​過分​の​ご親切​の​ゆえに,彼ら[援助​を​受け​た​エルサレム​の​ユダヤ​人​の​クリスチャン]は​あなた方​の​ため​の​祈願​を​ささげ​つつ​あなた方​を​慕う​の​です」。(コリ​二 9:14)つまり,ユダヤ​人​の​クリスチャン​は​コリント​の​人​たち​の​寛大​さ​に​触れ​て,異邦​人​も​含む​コリント​の​兄弟​たち​の​ため​に​祈る​よう​に​なり,愛着​を​深める​の​です。

16 「ものみの塔」(英語)1945​年​12​月​1​日​号​は,救援​活動​の​益​に​関する​パウロ​の​言葉​を​現代​に​当てはめ,こう​述べ​て​い​ます。「神​の​聖別​さ​れ​た​民​の​一部​が​民​の​別​の​部分​の​必要​を​顧みる​ため​に​寄付​を​する​時,それ​に​どんな​一致​の​効果​が​ある​か​考え​て​み​て​ほしい」。今日,救援​奉仕​者​たち​は​まさに​その​こと​を​実感​し​て​い​ます。洪水​後​の​救援​に​参加​し​た​ある​長老​は​こう​言っ​て​い​ます。「救援​活動​を​行なっ​て,これ​まで​に​ない​ほど​兄弟​たち​を​身近​に​感じ​まし​た」。救援​物資​を​受け取っ​た​姉妹​は​感謝​に​あふれ​て​こう​言い​まし​た。「わたしたち​の​兄弟​関係​は​素晴らしい​です。もう​楽園​に​いる​みたい​です」。―箴言 17:17を​読む。

17. (イ)イザヤ 41​章​13​節​の​言葉​は​救援​活動​に​どの​よう​に​当てはまり​ます​か。(ロ)救援​活動​が​どの​よう​に​エホバ​に​誉れ​を​もたらし,一致​を​強め​て​いる​か,例​を​挙げ​て​ください。(「 世界​各地​で​救援​に​駆けつける​自発​奉仕​者」と​いう​囲み​を​参照。)

17 救援​奉仕​者​が​被災​地​に​到着​する​と,苦難​に​ある​兄弟​たち​は,神​の​次​の​約束​が​本当​に​その​とおり​で​ある​と​感じ​ます。「わたし,あなた​の​神​エホバ​は,あなた​の​右手​を​つかん​で​いる。あなた​に,『恐れ​て​は​なら​ない。わたし​自ら​あなた​を​助ける』と​言う​その​方​が」。(イザ 41:13)災害​に​ 遭っ​た​姉妹​は​こう​言っ​て​い​ます。「被害​の​状況​を​見​て​絶望​し​まし​た​が,エホバ​が​み手​を​伸ばし​て​ください​まし​た。兄弟​たち​から​受け​た​助け​は,言葉​で​は​言い表わせ​ませ​ん」。災害​で​壊滅​的​な​被害​を​受け​た​地域​の​長老​二​人​は,会衆​を​代表​し​て​こう​書い​て​い​ます。「地震​に​よっ​て​大きな​心痛​を​味わい​まし​た​が,兄弟​たち​を​通し​て​エホバ​の​助け​を​経験​でき​まし​た。救援​活動​に​つい​て​読ん​で​は​い​まし​た​が,まさに​その​様子​を​目​の​当たり​に​し​まし​た」。

あなた​も​参加​でき​ます​か

18. 救援​活動​に​参加​し​たい​場合,どう​すれ​ば​よい​です​か。(「 人生​が​変わり​まし​た」と​いう​囲み​を​参照。)

18 あなた​も​救援​活動​の​喜び​を​味わい​たい​と​思わ​れ​ます​か。救援​奉仕​者​は​大抵,王国​会館​建設​プロジェクト​で​働く​人​たち​の​中​から​選ば​れ​ます。それで,会衆​の​長老​に​話し​て​申込​書​に​記入​し​て​ください。救援​活動​の​経験​が​豊か​な​ある​長老​は​注意​点​と​し​て,「必ず,災害​救援​委員​会​から​正式​な​招待​を​受け​て​から,被災​地​に​向かっ​て​ください」と​述べ​て​い​ます。その​よう​に​すれ​ば,救援​活動​は​秩序立っ​た​もの​に​なる​でしょ​う。

19. わたしたち​が​キリスト​の​真​の​弟子​で​ある​こと​は,救援​奉仕​に​よっ​て​どの​よう​に​明らか​に​なり​ます​か。

19 救援​活動​は​確か​に,「互い​に​愛し合う」よう​に​と​いう​キリスト​の​命令​に​従う​際立っ​た​方法​です。わたしたち​は​その​よう​な​愛​に​より,キリスト​の​真​の​弟子​で​ある​こと​を​示せ​ます。(ヨハ 13:34,35)今日,神​の​王国​を​忠節​に​支持​する​人​たち​を​救援​し​て,エホバ​に​栄光​を​もたらす​献身​的​な​奉仕​者​が​大勢​いる​こと​は,何​と​大きな​祝福​な​の​でしょ​う。

^ 3節 この​章​で​は,仲間​の​信者​の​ため​の​救援​活動​を​取り上げ​ます​が,わたしたち​の​救援​活動​は​多く​の​場合,エホバ​の​証人​で​は​ない​人​たち​の​助け​に​も​なっ​て​い​ます。―ガラ 6:10

^ 5節 パウロ​は「奉仕​の​僕​たち」と​いう​表現​に,ディアコノス(奉仕​者)の​複数​形​を​用い​て​い​ます。―テモ​一 3:12

^ 10節 「ものみの塔」1994​年​11​月​1​日​号​23‐27​ページ​の「ボスニア​の​仲間​の​信者​を​助ける」と​いう​記事​を​参照。