内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 19​章

建てることによってエホバに誉れをもたらす

建てることによってエホバに誉れをもたらす

この​章​で​考える​こと

世界​的​な​建設​は​王国​の​業​を​推し進める

1,2. (イ)歴史​を​通じ​て,エホバ​の​僕​たち​は​何​を​行なっ​て​き​まし​た​か。(ロ)エホバ​が​大切​に​なさる​もの​は​何​です​か。

歴史​を​通じ​て,エホバ​の​忠節​な​僕​たち​は,み名​に​賛美​を​もたらす​建物​を​建て​て​き​まし​た。例えば,イスラエル​人​は​幕屋​の​造営​に​熱心​に​参加​し,必要​な​資材​を​寛大​に​提供​し​まし​た。―出 35:30‐35; 36:1,4‐7

2 エホバ​は,建築​資材​そのもの​を,ご自分​に​誉れ​を​もたらす​最も​重要​な​もの​と​見​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(マタ 23:16,17)エホバ​が​大切​に​なさる​もの,つまり​エホバ​に​最も​誉れ​を​もたらす​もの​は,僕​たち​が​ささげる​崇拝​で​あり,それ​に​は​進ん​で​行なう​精神​や​熱心​な​労働​が​含ま​れ​ます。(出 35:21。マル 12:41‐44。テモ​一 6:17‐19)これ​は​意味深い​こと​です。なぜ​そう​言える​でしょ​う​か。建物​は​やがて​朽ち​て​ゆき​ます。例えば,幕屋​も​神殿​も​もはや​存在​し​ませ​ん。しかし,そう​し​た​建物​が​なくなっ​て​も,忠節​な​僕​たち​が​建設​の​ため​に​労​を​惜しま​ず​働い​た​こと​を,エホバ​は​忘れ​て​は​おら​れ​ませ​ん。―コリント​第​一 15:58; ヘブライ 6:10を​読む。

3. この​章​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

3 エホバ​の​現代​の​僕​たち​も,崇拝​の​場所​を​建てる​ため​に​一生​懸命​働い​て​き​まし​た。王​イエス​・​キリスト​の​指導​の​もと​で,わたしたち​が​行なっ​て​き​た​事柄​は,まさに​注目​に​値し​ます。エホバ​は​確か​に,わたしたち​の​努力​を​祝福​し​て​こら​れ​まし​た。(詩 127:1)この​章​で​は,これ​まで​に​どんな​建設​が​行なわ​れ​て​き​た​か,また​それ​が​どの​よう​に​エホバ​に​誉れ​を​もたらし​た​か​を​考え​ます。建設​に​参加​し​て​き​た​人​たち​の​経験​から​も​学び​ます。

王国​会館​を​建てる

4. (イ)崇拝​の​場所​が​さらに​必要​な​の​は​なぜ​です​か。(ロ)幾つ​も​の​支部​事務​所​が​統合​さ​れ​て​いる​の​は​なぜ​です​か。(「 支部​の​建設 ― 変化​に​対応​し​て​ゆく」と​いう​囲み​を​参照。)

4 16​章で​見​た​よう​に,エホバ​は​崇拝​の​ため​に​集まる​こと​を​求め​て​おら​れ​ます。(ヘブ 10:25)集会​は,わたしたち​の​信仰​を​強める​だけ​で​なく,宣べ伝える​業​へ​の​熱意​を​高め​ます。終わり​の​日​が​進む​に​つれ,エホバ​の​助け​に​よっ​て​伝道​活動​の​勢い​は​増し​て​い​ます。その​結果,毎年​何十万​も​の​人々​が​エホバ​の​組織​に​入っ​て​き​て​い​ます。(イザ 60:22)王国​の​ 臣民​の​そう​し​た​増加​に​伴い,聖書​文書​を​生産​する​印刷​施設​が​いっそう​必要​に​なっ​て​い​ます。崇拝​の​場所​も​増やさ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

5. 王国​会館​と​いう​名称​は​なぜ​適切​です​か。(「 『新しい​光』教会」と​いう​囲み​を​参照。)

5 現代​の​エホバ​の​民​が​活動​を​始め​た​初期​の​ころ,聖書​研究​者​たち​は​自分​たち​の​集会​場​が​必要​だ​と​感じる​よう​に​なり​まし​た。最初​の​崇拝​の​場所​の​一つ​は,1890​年​に​米国​ウェスト​・​バージニア​州​で​建て​られ​た​よう​です。1930​年代​まで​に,エホバ​の​民​は​幾つ​も​の​集会​場​を​建て​たり​改装​し​たり​し​て​い​まし​た​が,集会​場​に​名前​は​付け​られ​て​い​ませ​ん​でし​た。しかし​1935​年,ラザフォード​兄弟​は​ハワイ​を​訪問​し​た​際,新しい​支部​事務​所​の​隣​に​建設​中​の​会館​を​何​と​呼ぶ​べき​か​と​尋ね​られ,こう​答え​まし​た。「“王国​会館”と​呼ぶ​べき​だ​と​は​思い​ませ​ん​か。わたしたち​の​し​て​いる​こと​は,王国​の​良い​たより​を​宣べ伝える​こと​だ​から​です」。(マタ 24:14)この​適切​な​名称​は​間​も​なく,その​会館​だけ​で​なく,世界​中​で​エホバ​の​民​の​会衆​が​使用​する​集会​場​の​多く​に​も​用い​られる​よう​に​なり​まし​た。

6,7. 王国​会館​が​短​期間​で​建て​られる​こと​に​より,どんな​良い​結果​が​生じ​て​い​ます​か。

 6 1970​年代​に​なる​と,王国​会館​が​ますます​必要​に​なり​まし​た。そこで,米国​の​兄弟​たち​は,見栄え​の​良い​機能​的​な​建物​を​わずか​数​日​で​建てる​工法​を​考案​し​まし​た。1983​年​まで​に,米国​と​カナダ​で​は​その​工法​で​約​200​軒​の​王国​会館​が​建て​られ​まし​た。やがて​兄弟​たち​は,地区​ごと​に​建設​委員​会​を​設ける​よう​に​なり​ます。この​方法​が​効果​的​だっ​た​ため,統治​体​は​1986​年​に​これ​を​正式​な​取り決め​と​し,1987​年​に​米国​で​60​の​地区​建設​委員​会(RBC)が​設け​られ​まし​た。 * 1992​年​まで​に,アルゼンチン,オーストラリア,スペイン,ドイツ,日本,フランス,南​アフリカ,メキシコ​で​も​RBC​が​設置​さ​れ​まし​た。王国​会館​や​大会​ホール​を​建てる​ため​に​働く​勤勉​な​兄弟​たち​に,わたしたち​は​ぜひ​協力​し​たい​と​思い​ます。建設​は,神聖​な​奉仕​の​一部​だ​から​です。

7 その​よう​に​し​て​短​期間​で​建て​られる​王国​会館​は,地域​社会​の​人​たち​へ​の​良い​証言​と​なり​まし​た。例えば,スペイン​の​ある​新聞​に​は,「信仰​は​山​を​動かす」と​いう​見出し​の​記事​が​載り​まし​た。マルトス​と​いう​町​で​の​王国​会館​建設​に​つい​て,記事​は​こう​問いかけ​まし​た。「利己​主義​に​根ざし​て​いる​現代​の​世界​で,[スペイン​の]さまざま​な​地域​から​自発​奉仕​者​たち​が​無私​の​気持ち​で​マルトス​に​やっ​て​来​て,建物​を​建てる​など​と​いう​こと​が​どうして​できる​の​だろ​う​か。しかも​その​建設​は,スピード​と​完成​度​と​組織​の​面​で​あらゆる​記録​を​更新​し​た​の​で​ある」。この​問いかけ​へ​の​答え​と​し​て,記事​は​ある​兄弟​の​次​の​言葉​を​引用​し​まし​た。「それ​は​何​ と​言っ​て​も,わたしたち​が​エホバ​に​教え​られ​て​いる​民​だ​から​です​よ」。

資金​や​人材​の​限ら​れ​た​国々​で​建てる

8. 統治​体​は​1999​年​に,どんな​新しい​プログラム​を​承認​し​まし​た​か。なぜ​です​か。

8 20​世紀​の​終わり​ごろ,資金​や​人材​の​限ら​れ​た​国々​で​も​多く​の​人々​が​エホバ​の​組織​に​入っ​て​き​まし​た。地元​の​会衆​は​できる​こと​を​行なっ​て​集会​場​を​建て​まし​た。しかし​ある​国々​で​は,そう​し​た​集会​場​が​他​の​宗教​の​建物​に​比べ​て​粗末​だっ​た​ため,あざけら​れ​たり​見下げ​られ​たり​し​まし​た。1999​年​に​統治​体​は,発展​途上​国​で​の​王国​会館​建設​を​促進​する​ため​の​プログラム​を​承認​し​まし​た。「均等​を​図る」ため,より​豊か​な​国々​から​の​寄付​を​活用​できる​よう​に​し​た​の​です。コリント​第​二 8:13‐15を​読む。)また,他​の​国々​の​自発​奉仕​者​たち​も​建設​を​援助​する​よう​に​なり​まし​た。

9. 膨大​に​思える​どんな​仕事​が​あり​まし​た​か。その​仕事​は​どの​よう​に​成し遂げ​られ​まし​た​か。

9 当初,なす​べき​仕事​は​膨大​に​思え​まし​た。2001​年​の​報告​に​よる​と,88​の​発展​途上​国​で​1万8,300​軒​以上​の​王国​会館​が​必要​と​され​て​い​まし​た。それでも​神​の​霊​と​王​イエス​・​キリスト​の​後ろ盾​が​あれ​ば,不可能​な​こと​は​あり​ませ​ん。(マタ 19:26)この​プログラム​に​より,1999​年​から​2013​年​の​約​15​年​間​で​2万6,849​軒​の​王国​会館​が​建設​さ​れ​まし​た。 * 宣べ伝える​業​を​エホバ​が​祝福​し​続け​て​くださっ​て​いる​の​で,2013​年​の​時点​で​も​発展​途上​国​で​6,500​軒​ほど​の​王国​会館​が​必要​と​され​て​おり,引き続き​年​に​何百​軒​も​の​必要​が​生じ​て​い​ます。

資金​や​人材​の​限ら​れ​た​国々​で​の​王国​会館​建設​に​は,特有​の​苦労​が​ある

10‐12. 王国​会館​の​建設​は,エホバ​の​み名​に​どの​よう​に​誉れ​を​もたらし​て​い​ます​か。

 10 こう​し​た​新しい​王国​会館​の​建設​は,エホバ​の​み名​に​どの​よう​に​誉れ​を​もたらし​て​いる​でしょ​う​か。ジンバブエ​の​支部​事務​所​は​こう​報告​し​て​い​ます。「新しい​王国​会館​が​建つ​と​普通,一​月​も​し​ない​うち​に​出席​者​が​2​倍​に​なり​ます」。多く​の​国​で​の​傾向​と​し​て,きちんと​し​た​集会​場​が​ない​と​人々​は​集会​に​出席​する​の​を​ためらう​よう​です。しかし​王国​会館​が​建て​られる​と,すぐ​に​席​が​いっぱい​に​なり,また​新た​な​会館​が​必要​に​なり​ます。と​は​いえ,人々​は​美しい​建物​だけ​を​見​て,エホバ​に​引き寄せ​られ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それ​を​建てる​人​たち​の​示す​真​の​クリスチャン​愛​を​目​に​し​て,エホバ​の​組織​へ​の​見方​が​変化​し​て​いる​の​です。例​を​幾つ​か​見​て​み​ましょ​う。

11 インドネシア。王国​会館​の​建設​の​様子​を​よく​見​に​来​て​い​た​ある​男性​は,働い​て​いる​人​が​全員​ボランティア​だ​と​いう​こと​を​知っ​て,こう​言い​まし​た。「皆さん,本当​に​すごい​です​ね。お金​を​もらっ​て​いる​わけ​じゃ​ない​の​に,いつも​一生​懸命​楽し​そう​に​働い​て​い​ます​ね。皆さん​の​よう​な​宗教​は,ほか​に​ない​です​よ」。

12 ウクライナ。王国​会館​の​建設​現場​の​そば​を​毎日​通っ​て​い​た​ある​女性​は,働い​て​いる​の​が​エホバ​の​証人​で,建て​て​いる​の​が​王国​会館​だ​と​知り​まし​た。そして​こう​言い​まし​た。「妹​が​エホバ​の​証人​な​の​で,皆さん​の​こと​は​聞い​て​い​まし​た。この​建設​の​様子​を​見​て,家族​の​よう​な​皆さん​の​仲間​に​なり​たい​と​思い​まし​た。愛​が​ある​と​感じ​た​ん​です」。この​女性​は​聖書​研究​の​勧め​に​応じ,2010​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。

13,14. (イ)王国​会館​の​建設​現場​の​様子​を​見​た​夫婦​の​反応​から,どんな​こと​を​学べ​ます​か。(ロ)崇拝​の​場所​を​エホバ​の​み名​に​誉れ​を​もたらす​所​と​する​ため​に,何​が​でき​ます​か。

13 アルゼンチン。王国​会館​の​建設​現場​を​監督​し​て​いる​兄弟​の​ところ​に,ある​夫婦​が​やっ​て​来​て,夫​の​ほう​が​こう​言い​まし​た。「これ​まで​皆さん​が​働い​て​いる​様子​を​ずっ​と​見​て​き​まし​た。……この​建物​で​わたしたち​も​神​に​つい​て​学び​たく​なり​まし​た」。そして,「集会​に​出る​ため​に​何​か​必要​な​条件​は​あり​ます​か」と​尋ね​まし​た。夫婦​は​聖書​研究​を​勧め​られ,家族​全員​が​参加​できる​なら​やっ​て​み​たい​と​言い​まし​た。兄弟​たち​は​喜ん​で​応じ​まし​た。

14 あなた​は,いま​使っ​て​いる​王国​会館​の​建設​を​手伝っ​た​経験​は​ない​か​も​しれ​ませ​ん。それでも,その​崇拝​の​場所​を​エホバ​の​み名​に​誉れ​を​もたらす​所​と​する​ため​に,できる​こと​は​たくさん​あり​ます。例えば,王国​会館​で​の​集会​に​出席​する​よう,聖書​研究​生​や​再​訪問​先​の​人​や​一般​の​人​を​熱心​に​誘う​こと​が​でき​ます。王国​会館​を​清掃​し​たり​メンテナンス​し​たり​する​機会​も​あり​ます。地元​の​王国​会館​の​維持​や​他​の​国々​で​の​王国​会館​建設​の​ため​に,前もって​よく​計画​し​て​寄付​する​こと​も​でき​ます。コリント​第​一 16:2を​読む。)こう​し​た​こと​は​どれ​も,エホバ​の​み名​へ​の​賛美​と​なる​の​です。

 「進ん​で​自ら​を​ささげ」る​奉仕​者​たち

15‐17. (イ)建設​の​仕事​の​大部分​は,だれ​が​行ない​ます​か。(ロ)国際​建設​プロジェクト​で​働い​て​き​た​兄弟​姉妹​の​言葉​から,どんな​こと​を​学べ​ます​か。

15 王国​会館,大会​ホール,支部​施設​の​建設​に​必要​な​仕事​の​大部分​は,地元​の​兄弟​姉妹​に​よっ​て​行なわ​れ​ます。しかし,他​の​国​から​建設​の​経験​を​持つ​兄弟​姉妹​が​援助​に​来る​場合​も​あり​ます。そう​し​た​自発​奉仕​者​たち​は​事情​を​調整​し​て,国際​建設​プロジェクト​で​何​週​間​も​働き​ます。次々​と​いろいろ​な​プロジェクト​に​携わり,何​年​も​奉仕​する​兄弟​姉妹​も​い​ます。

ティモ​・​ラッパライネン​と​リーナ​・​ラッパライネン(16​節​を​参照)

16 国際​的​な​建設​奉仕​に​は​特有​の​苦労​が​あり​ます​が,大きな​充実​感​を​味わえ​ます。ティモ​と​リーナ​は,アジア,南米,ヨーロッパ​を​旅し​て,王国​会館​や​大会​ホール​や​支部​事務​所​を​建設​し​て​き​まし​た。ティモ​は​こう​言っ​て​い​ます。「この​30​年​間​に,だいたい​2​年​に​一度,割り当て​の​変更​が​あり​まし​た」。ティモ​と​結婚​し​て​25​年​に​なる​リーナ​は​こう​言い​ます。「ティモ​と​一緒​に​これ​まで​に​10​か国​で​奉仕​し​て​き​まし​た。新しい​食べ物,気候,言語,伝道​区域​に​慣れ​たり,新しい​友達​を​作っ​たり​する​に​は,かなり​の​時間​と​エネルギー​が​必要​です」。 * そう​し​た​努力​は​報わ​れ​て​き​た​でしょ​う​か。リーナ​は​こう​話​し​ます。「苦労​は​あっ​て​も​素晴らしい​祝福​が​あり​ます。クリスチャン​愛​と​もてなし​に​触れ,エホバ​の​温か​な​気遣い​を​感じ​ます。マルコ 10​章​29,30​節​で​イエス​が​弟子​たち​に​約束​し​た​とおり​です。霊的​な​兄弟​や​姉妹,母親​が​たくさん​でき​て,まさに​百​倍​を​得​て​い​ます」。ティモ​は​こう​話​し​ます。「王​の​持ち物​に​かかわり,最も​価値​ある​目的​の​ため​に​自分​の​技術​を​用いる​こと​が​でき​て,本当​に​満足​し​て​い​ます」。

17 ダレン​と​サラ​は,アジア,アフリカ,中南米,南​太平洋,ヨーロッパ​で​建設​プロジェクト​を​援助​し​て​き​まし​た。二​人​は,自分​たち​が​与え​た​以上​ の​もの​を​得​て​き​た​と​感じ​て​い​ます。大変​な​こと​も​あり​まし​た​が,ダレン​は​こう​述べ​て​い​ます。「世界​の​様々​な​地域​から​来​た​兄弟​姉妹​と​一緒​に​働ける​の​は​特権​です。地球​の​どこ​に​住ん​で​い​て​も,わたしたち​は​エホバ​へ​の​愛​と​いう​絆​で​固く​結ば​れ​て​いる​の​だ,と​実感​し​て​い​ます」。サラ​は​こう​言い​ます。「文化​の​異なる​兄弟​姉妹​から​たくさん​の​こと​を​学び​まし​た。兄弟​姉妹​が​エホバ​に​仕える​ため​に​どんな​犠牲​を​払っ​て​いる​か​を​見る​と,わたし​も​最善​を​尽くし​て​いき​たい,と​いう​気持ち​に​なり​ます」。

18. 詩編 110​編​1‐3​節​の​預言​は​どの​よう​に​成就​し​て​い​ます​か。

18 ダビデ​王​が​預言​し​て​い​た​よう​に,神​の​王国​の​臣民​は​難しい​問題​に​直面​し​て​も,王国​の​業​の​ため​に「進ん​で​自ら​を​ささげ​ます」。詩編 110:1‐3を​読む。)王国​を​支援​する​活動​に​携わる​人​は​皆,この​預言​の​成就​に​寄与​し​て​いる​こと​に​なり​ます。(コリ​一 3:9)世界​中​に​は,何十​も​の​支部​施設,何百​も​の​大会​ホール,何万​も​の​王国​会館​が​あり​ます。この​事実​は,神​の​王国​が​現実​の​もの​で​あり,いま​支配​し​て​いる,と​いう​こと​を​示す​紛れ​も​ない​証拠​です。王​イエス​・​キリスト​に​仕え,エホバ​に​誉れ​を​もたらす​活動​に​参加​できる​の​は,本当​に​素晴らしい​特権​です。エホバ​は​その​よう​な​誉れ​を​受ける​に​ふさわしい​方​な​の​です。

^ 6節 2013​年​現在,米国​で​は​132​の​RBC​で​23万​人​以上​の​奉仕​者​が​働い​て​い​ます。RBC​の​計画​の​もと,米国​で​は​年​に​75​軒​ほど​の​王国​会館​が​新た​に​建設​され,900​軒​ほど​の​会館​が​改装​・​改修​さ​れ​て​い​ます。

^ 9節 この​軒数​に​は,この​プログラム​の​実施​さ​れ​て​い​ない​国々​で​建設​さ​れ​た​非常​に​多く​の​王国​会館​は​含ま​れ​て​い​ませ​ん。

^ 16節 国際​的​な​建設​奉仕​に​携わる​人​たち​は​自分​の​時間​の​大半​を​建設​奉仕​に​充て​ます​が,週末​や​晩​に​は​地元​の​会衆​で​宣べ伝える​活動​に​参加​し​ます。

もっと調べる

建設プロジェクト

エホバの証人 ― 国境のない建設プロジェクト

エホバの一致した民は,国境,文化,言語の壁を越えて,エホバへの賛美のために王国会館などの建設を進めています。