アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 9 

宣べ伝える業の結果 ― 畑は「収穫を待って白く色づいて」いる

宣べ伝える業の結果 ― 畑は「収穫を待って白く色づいて」いる

この   考える こと

エホバ  王国  真理    成長    こら  

1,2. (イ)弟子 たち  不思議  思っ    なぜ です か。(ロ)イエス  どんな 収穫  こと  述べ   まし  か。

弟子 たち  不思議  思い ます。イエス から,「目  上げ    ご覧 なさい。収穫  待っ  白く 色づい   ます」と 告げ られ   です。イエス  指す 方向    やり ます が,辺り    白く  なく,青々     ます。畑  大麦    出し  ばかり です。『何  収穫  こと   だろ う。大麦  収穫  まだ        に』と 思っ  こと でしょ う。―ヨハ 4:35

2 イエス  文字どおり  収穫  こと  述べ    わけ   あり ませ ん。霊的  収穫,すなわち 人々  収穫  関する 2   重要  教訓  与え よう       です。それ  どんな 教訓 でし  か。答え  知る ため に,この 記述  詳しく 調べ   ましょ う。

行動  呼びかけ,喜び  約束 する

3. (イ)イエス  どんな 様子   て,畑 が「収穫  待っ  白く 色づい て」いる  語っ     しれ ませ  か。(脚注  参照。)(ロ)イエス  霊的  収穫  つい  述べ    こと を,どの よう  明らか   まし  か。

3 イエス  弟子 たち  この 会話 は,西暦 30   終わり ごろ,サマリア   スカル  近く  交わさ   もの です。弟子 たち    出かけ  いる 間,イエス  井戸  そば  とどまり,ある 女性  霊的  真理  伝え ます。その 女性 は,大切  こと  教え られ   すぐ  悟り ます。弟子 たち  イエス  もと  戻っ  来る と,女性  急い  スカル  行き,自分  聞い  驚く べき 事柄  つい    人々  話し ます。すると,多く  人々  その   強い 興味  持ち,イエス  会お   急い  井戸    向かい ます。おそらく この 時,イエス    向こう から 大勢  サマリア   やっ  来る    て,「畑  ご覧 なさい。収穫  待っ  白く 色づい   ます」と 述べ   でしょ う。 * 次い  イエス は,それ  文字どおり  収穫   なく 霊的  収穫  ある こと  明らか  し,「刈り取る  は……永遠    ため    集め   ます」と 語り まし た。―ヨハ 4:5‐30,36

4. (イ)イエス  霊的  収穫  つい て,2   どんな 重要  教訓  与え まし  か。(ロ)これ から どんな 問い  つい  考え ます か。

4 イエス  霊的  収穫  つい て,2   どんな 重要  教訓  与え まし  か。第  に,それ  緊急    ある  いう  です。畑 が「収穫  待っ  白く 色づい   ます」と いう 言葉 は,追随   行動  呼びかける もの でし た。その   どれ ほど 緊急  要する   銘記  せる ため,イエス   続け て,「すでに,刈り取る   報酬  受け取っ て……い ます」と 述べ まし た。収穫  すでに 始まっ  おり,無駄  できる 時間  あり ませ  でし た。第  に,働き人 たち  喜び  満ち  いる  いう  です。まく   刈り取る   は「共  歓ぶ」と,イエス  述べ   ます。(ヨハ 4:35後半,36)イエス 自身,「サマリア   うち 大勢  者(が)信仰  持っ た」こと  歓ん   違いあり ませ ん。弟子 たち も,魂  こめ  収穫  携わる   深い 喜び  経験 する こと  なり ます。(ヨハ 4:39‐42)1 世紀  この 記述 は,わたしたち  とっ  特別  意味  持ち ます。史  最大  霊的 収穫  行なわ   いる 現代  状況  指し示し  いる から です。では,現代  霊的 収穫  いつ 始まり まし  か。だれ  その 収穫  携わり ます か。どんな 結果   られ   ます か。

    最大  収穫  指導 する

5. 世界   収穫    指導 する   だれ です か。それ  緊急    ある こと は,ヨハネ       どの よう  明らか  され   ます か。

5 エホバ  イエス に,人々  世界   収穫    指導 する 務め  割り当て られ まし た。その   使徒 ヨハネ  与え られ      明らか  され   ます。啓示 14:14‐16 読む。)この     くる イエス は,冠  着け,鎌  持っ   ます。イエス   に「黄金  冠」が ある こと は,支配 する      立場  はっきり 示す もの です。「手 に……鋭い  が」ある こと は,収穫  行なう      役割  はっきり 示し   ます。エホバ  み使い  通し て,「地  収穫   すっかり 熟し  いる」と 述べ,収穫  緊急    ある こと  強調    ます。「刈り取る    」と 述べ られ  おり,無駄  できる 時間  あり ませ ん。「鎌  入れ」る よう  から 命じ られ  イエス は,鎌  突き入れ て,地 つまり   人々  刈り取り ます。興奮  誘う この  も,畑 が「収穫  待っ  白く 色づい て」いる こと  思い起こさ  ます。さらに,注目 できる    て,この   世界   収穫  いつ 始まっ    知る 手がかり  与え   ます。

6. (イ)「収穫  季節」が 始まっ    いつ です か。(ロ)「地  収穫 物」の 刈り入れ  実際  始まっ    いつ です か。説明   ください。

6 啓示 14   ヨハネ    よれ ば,収穫  行なう イエス    着け  おり(14 ),すでに     任命     ます。王    任命      1914   こと です。(ダニ 7:13,14)その 少し 後,イエス  収穫  始める よう 命じ られ ます。(15 )こう   出来事  順序 は,小麦  収穫  関する イエス  たとえ    示さ    ます。その   イエス は,「収穫  事物  体制  終結」で ある  述べ   ます。ですから,収穫  季節  事物  体制  終結  同じ  に,つまり 1914   始まり まし た。(マタ 13:30,39)いま 振り返っ  理解 できる    て,実際  収穫  始まっ   は,イエス      支配  始め  から      こと です。まず 1914  から 1919   初め ごろ まで,イエス  油そそが   追随  たち    清め    行ない まし た。(マラ 3:1‐3。ペテ 一 4:17)次い  1919   に,「地  収穫 物」の 刈り入れ  始まり まし た。すぐ  イエス は,任命      ない 忠実  奴隷  用い て,宣べ伝える   緊急   理解 できる よう  当時  兄弟 たち  助け まし た。何  起き    確かめ ましょ う。

7. (イ)兄弟 たち  どの よう   て,宣べ伝える   緊急   理解  まし  か。(ロ)兄弟 たち    行なう よう 促さ  まし  か。

7 1920  7 月,「ものみの塔」誌  こう 述べ まし た。「聖書  調べ  ところ  は,王国  関する 音信  伝える  いう 壮大  特権  教会  与え られ  いる よう  思わ れる」。例えば,イザヤ  預言   言葉 から 兄弟 たち は,王国  良い たより  世界   告げ られ なけれ  なら ない  いう こと  理解  まし た。(イザ 49:6; 52:7; 61:1‐3)兄弟 たち は,その   どの よう  成し遂げ られる    分かり ませ  でし た。それでも,エホバ    開い  くださる こと  信じ   まし た。イザヤ 59:1  読む。)宣べ伝える   緊急   いっそう 明確  理解    結果,兄弟 たち  活動  増し加える よう 促さ  まし た。この   どの よう  取り組ん  でしょ  か。

8. 兄弟 たち  1921  に,宣べ伝える   関する 2   どんな 事実  理解  まし  か。

8 1921  12 月,「ものみの塔」誌     発表  載せ られ まし た。「今年  これ まで  最高    なっ た。1921   は……以前  どの  より  多く    真理  音信  聞い た」。同じ 記事  さらに,「行なう べき 事柄  まだ 多く 残さ   いる。……喜び  満ち    それ  行なお う」と 述べ   ます。当時  兄弟 たち は,イエス  使徒 たち  銘記   た,宣べ伝える   関する 2   重要  事実  理解      です。それ は,業  緊急  ある  いう  と,働き人 たち  喜び  満ち  いる  いう  です。

9. (イ)1954  の「ものみの塔」誌 は,収穫    つい    述べ まし  か。なぜ です か。(ロ)過去 50   に,伝道    どんな 世界  増加   られ まし  か。(「 世界   増加」と いう   参照。)

9 1930 年代 に,兄弟 たち  ほか     群衆  王国  音信  こたえ応じる こと  理解   後,宣べ伝える   いっそう   入れ まし た。(イザ 55:5。ヨハ 10:16。啓 7:9)どんな 結果  なり まし  か。王国  音信  宣べ伝える    は,1934   4万1,000  から 1953   50万    増え   です。「ものみの塔」(英語)1954  12  1   は,適切   こう  述べ   ます。「これ ほど 大きな 世界  収穫  成し遂げ   は,エホバ    み言葉     です」。 *ゼカ 4:6

 

世界   増加

1962

1987

2013

オーストラリア

15,927

46,170

66,023

ブラジル

26,390

216,216

756,455

フランス

18,452

96,954

124,029

イタリア

6,929

149,870

247,251

日本

2,491

120,722

217,154

メキシコ

27,054

222,168

772,628

ナイジェリア

33,956

133,899

344,342

フィリピン

36,829

101,735

181,236

米国

289,135

780,676

1,203,642

ザンビア

30,129

67,144

162,370

 

聖書 研究  増加

1950

234,952

1960

646,108

1970

1,146,378

1980

1,371,584

1990

3,624,091

2000

4,766,631

2010

8,058,359

収穫  結果 ― 生き生き    絵画  表現  予告     

10,11. からし  種粒  たとえ   は,種  成長  関する どんな 側面  強調     ます か。

10 イエス  王国  関する たとえ    で,収穫    結果  生き生き    表現  予告  まし た。からし  種粒  たとえ  と,パン種  たとえ   取り上げ ましょ う。特に,これら  たとえ   終わり    どの よう  成就   いる   考え ます。

11 からし  種粒  たとえ 話。  からし  種粒  植える と,それ  成長     なり,鳥 たち  そこ  宿り ます。マタイ 13:31,32  読む。)この たとえ   は,種  成長  関する どんな 側面  強調     ます か。(1)成長  規模  目覚まし  もの です。「あらゆる     一番 小さな もの」が,「大きな 枝」の ある   なり ます。(マル 4:31,32)(2)成長  保証     ます。種 は「いったん まか れる と,生え出  来」る,つまり 成長  ます。「生え出  来」る,と イエス  言い切っ  おり,その 成長  止める こと  でき ませ ん。(3)成長 する    たち  引き寄せ,その 宿り場  なり ます。「天   たち   て」,「その   宿り場  見いだ」す,と ある とおり です。この 3   側面 は,現代  霊的 収穫  どの よう  当てはまる でしょ  か。

12. からし  種粒  たとえ  は,今日  霊的 収穫  どの よう  当てはまり ます か。(「 聖書 研究  増加」と いう   参照。)

12 (1)成長  規模: この たとえ  は,王国  音信  成長  クリスチャン 会衆  成長  際立た    ます。1919  以来,収穫  熱心  働き人 たち は,回復    クリスチャン 会衆  集め入れ られ   まし た。当初,働き人    少数 でし  が,急速  増え まし た。実際,1900 年代 初め から 現在  至る まで  その 成長  驚異   もの です。(イザ 60:22(2)保証: クリスチャン 会衆  成長  止める こと  でき ませ  でし た。神  敵対  たち は,小さな 種粒    反対  いう   積み上げ   まし  が,種  あらゆる 障害        成長  続け まし た。(イザ 54:17(3)宿り場:   宿り場  見いだす「天   たち」は,240 ほど    地域 から  た,心  正直  幾百万   人々  表わし   ます。その 人々 は,王国  音信  こたえ応じ  クリスチャン 会衆  一員  なり まし た。(エゼ 17:23)そして 会衆  霊的  食物,さわやか さ,保護     ます。―イザ 32:1,2; 54:13

からし  種粒  たとえ  は,人々  クリスチャン 会衆    宿り場  保護  見いだせる こと  示し  いる(11,12   参照)

13. パン種  たとえ   は,成長  どんな 側面  強調     ます か。

13 パン種  たとえ 話。女性  麦粉    パン種  加える と,パン種   全体  発酵   ます。マタイ 13:33  読む。)この たとえ   は,成長  どんな 側面  強調     ます か。2     取り上げ ましょ う。(1)成長  変革  生じ させ ます。パン種  作用  よっ て「やがて  全体  発酵  まし た」。(2)成長  全体  広がっ  ゆき ます。パン種 は「大升   ばい  麦粉」すべて を,つまり  全体  発酵   ます。この 2   側面 は,現代  霊的 収穫  どの よう  当てはまり ます か。

14. パン種  たとえ  は,今日  霊的 収穫  どの よう  当てはまり ます か。

14 (1)変革: パン種  王国  音信 を,麦粉    人類  表わし   ます。パン種  混ぜる  麦粉  変化  生じ ます。同じ よう に,王国  音信 は,それ  受け入れる     変革  生じ させ ます。(ロマ 12:2(2)全体  広がる: パン種  作用 は,王国  音信  広まる こと  表わし   ます。パン種 は,練り粉    作用   ゆき,ついに   全体  広がり ます。同様 に,王国  音信 も「地  最も 遠い   まで」広まっ   ます。(使徒 1:8)たとえ   この 側面  また,宣べ伝える 活動  禁止    いる   地域  おい て,人目  つか ない   活動  行なわ れる    も,王国  音信  広まっ  ゆく こと  示唆    ます。

15. イザヤ 60  5   22  は,どの よう  成就    ます か。(「 エホバ  可能    くださっ 」と いう 囲み と,「 どの よう   て『小 なる 者』が『強大  国民』と なっ  」と いう 囲み  参照。)

15 イエス  これら  たとえ   語っ   より 800  ほど 前,エホバ  イザヤ  通し て,現代  霊的 収穫  規模  その 収穫  もたらす 喜び を, 印象   表現  予告 なさい まし た。 * エホバ は,人々 が「遠く から」ご自分  組織  続々  やっ  来る 様子  描い  おら  ます。そして,「女」― 今日,地上  いる 油そそが   残り   たち  よっ  代表    いる ― に こう 語りかけ  おら  ます。「あなた   て,必ず 光り輝き,あなた  心臓  実際  わなない  広がる  あろ う。海    あなた  もと  向かう から  ある。諸 国民  資産  あなた  もと  来る」。(イザ 60:1,4,5,9)この 言葉  まさに 真実 です。今日,エホバ  長く 仕え     たち は,自分    ほんの 少数 だっ  王国 伝道   幾千幾万    増え     て,喜び  輝い   ます。

エホバ   たち すべて  歓べる   なぜか

16,17. 「まく   刈り取る 者」が「共  歓」べる 1   理由   です か。(「 2   パンフレット  アマゾン  2       動かす」と いう 囲み  参照。)

16 イエス  使徒 たち  こう 語っ   まし た。「刈り取る  は……永遠    ため    集め   ます。こう  て,まく   刈り取る      歓ぶ  です」。(ヨハ 4:36)世界   収穫  おい て,わたしたち  どの よう   て「  歓ぶ」の でしょ  か。幾つ     あり ます が,その うち  3   取り上げ ましょ う。

17   に,この   おい  エホバ  ご自分  役割  果たして おら れる     歓び ます。わたしたち  王国  音信  宣べ伝える 時,種  まく こと  なり ます。(マタ 13:18,19)キリスト  弟子  なる よう だれ   援助 する なら,実  収穫 する こと  なり ます。わたしたち すべて は,エホバ  働き  よっ  王国   が「芽ばえ て,丈  高く な」る   見る 時,畏敬    とも  深い 喜び  感じ ます。(マル 4:27,28)自分  まい        出し,他    収穫 する 場合  あり ます。次  よう  経験    こと  おあり   しれ ませ ん。60    バプテスマ  受け  英国  ジョーン  いう 姉妹 は,こう 語り まし た。「ずっ    あなた  宣べ伝え  わたし      植え  くれ   です よ,と 言う   会う こと  あり ます。わたし  知ら なかっ   です が,後    エホバ  証人  その   聖書 研究  し,エホバ    なる よう 援助    です。わたし  植え    成長   収穫    こと  知る と,歓び  こみ上げ   ます」。―コリント  一 3:6,7  読む。

18. コリント  一 3  8   よる と,働き人  どんな 理由  歓べ ます か。

18   に,「各々  その 労苦  応じ  報い  受け ます」と いう パウロ  言葉  覚え  おく なら,働き人    喜び  保て ます。(コリ 一 3:8)報い は,労苦  応じ  与え られる   あり,労苦  結果  応じ  与え られる    あり ませ ん。良い 反応  あまり  られ ない 区域  宣べ伝える  たち  とっ て,非常  励み  なる 保証  言葉 です。神    は,心  こめ  まく   あずかる 証人 すべて が「多く    結」ん   ます。それゆえ,歓べる  です。―ヨハ 15:8。マタ 13:23

19. (イ)マタイ 24  14   よる と,わたしたち  どんな こと  歓べ ます か。(ロ)たとえ 弟子  作る こと  でき なく  も,どんな   思い  留める 必要  あり ます か。

19   に,わたしたち    預言  成就  なっ  いる こと  歓べ ます。 イエス  使徒 たち から,「あなた  臨在  事物  体制  終結  しるし     あり ます か」と 尋ね られ  時,何  答え  でしょ  か。しるし  1   特色  世界   宣べ伝える   ある,と 言い まし た。弟子  作る   ある,と 言っ     あり ませ ん。「王国  この 良い たより は……証し  ため に,人  住む 全地  宣べ伝え られる でしょ う」と 述べ   です。(マタ 24:3,14)ですから,しるし  特色  なる   王国 伝道  業,すなわち   まく  です。わたしたち  王国  良い たより  宣べ伝える 時,たとえ 弟子  作る こと  でき なく  も「証し」を する   成功   いる,と いう こと  思い  留め ます。 * 人々  反応  かかわり なく,イエス  預言  成就 する こと  貢献   おり,「神    働く」誉れ  得る こと  なり ます。(コリ 一 3:9)歓べる もっとも  理由  ある  です。

「日  昇る  から   沈む   至る まで」

20,21. (イ)マラキ 1  11   どの よう  成就    ます か。(ロ)収穫    関し て,あなた    行なお   決意    ます か。なぜ です か。

20 1 世紀  イエス は,収穫  緊急    ある こと  理解 する よう 使徒 たち  助け まし た。1919  以降  は,同じ   理解 する よう 現代  弟子 たち  助け   まし た。その   理解      は,活動  増し加え   まし た。実際,彼ら  収穫    止める こと  でき ませ ん。預言  マラキ  予告   とおり,今日,宣べ伝える  は「日  昇る  から   沈む   至る まで」行なわ    ます。(マラ 1:11)日   から 日没 まで,すなわち  から 西 まで 地上  どこ  おい  も,まく   刈り取る     働き,共  歓ん   ます。また,日   から 日没 まで,すなわち  から  まで 一日 中,わたしたち  緊急   抱い  働い   ます。

21 過去 100  ほど  振り返り,神   たち   人数  グループ が「強大  国民」へ  成長   こと  知る と,わたしたち    喜び で「わなない   が」り ます。(イザ 60:5,22)わたしたち 一人一人 は,その 喜び と「収穫  主人」で ある エホバ     促さ れ,史  最大  収穫  完遂  せる ため  自分    果たして ゆけ ます よう に。―ルカ 10:2

^ 3節 イエス   が「白く 色づい て」いる  述べ  時,やっ  来る 大勢  サマリア   白い   言及    た,と いう 可能   あり ます。

^ 9節 現代  収穫    詳細  つい  は,「エホバ  証人 ― 神  王国  ふれ告げる 人々」の   425‐520 ページ  お読み ください。1919  から 1992  まで  行なわ   事柄  説明     ます。

^ 15節 この 興味深い 預言  つい  詳しく は,「イザヤ  預言 ― 全 人類  ため  光 II」303‐320 ページ  参照。

^ 19節 初期  聖書 研究  は,この 重要  真理  すでに 理解    まし た。「シオン  ものみの塔」(英語)1895  11  15     こう あり ます。「わずか  小麦 しか 集める こと  でき ない    も,真理  対する 証し  豊か  なさ れる。……すべて    福音  宣べ伝える こと  できる」。