内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神の王国は支配している!

 1​章

「あなたの王国が来ますように」

「あなたの王国が来ますように」

この​章​で​考える​こと

神​の​王国​に​つい​て​イエス​が​教え​た​事柄​を​調べる

1,2. イエス​の​3​人​の​使徒​は,エホバ​が​何​と​言わ​れる​の​を​聞き​まし​た​か。それ​を​聞い​た​3​人​は​どう​し​まし​た​か。

もし​エホバ​神​から​直接​何​か​の​指示​を​与え​られ​た​なら,どう​なさい​ます​か。どんな​指示​で​あっ​て​も​進ん​で​従お​う​と​する​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

2 西暦​32​年​の​過ぎ越し​の​後​しばらく​し​て,イエス​の​使徒​で​ある​ペテロ​と​ヤコブ​と​ヨハネ​は,まさに​その​よう​な​経験​を​し​まし​た。マタイ 17:1‐5を​読む。)主​イエス​と​共​に「高大​な​山」に​い​た​3​人​は,幻​の​中​で,イエス​が​栄光​に​輝く​天​の​王​と​なる​時​の​様子​を​見​まし​た。幻​が​真に​迫る​もの​だっ​た​の​で,ペテロ​は​自分​も​その​幻​に​加わろ​う​と​し​ます。ペテロ​が​まだ​話し​て​いる​うち​に,頭上​に​雲​が​でき​ます。ペテロ​たち​は,それ​まで​ごく​少数​の​人​しか​聞い​た​こと​の​ない​声​を​聞き​ます。エホバ​ご自身​の​声​です。エホバ​は​イエス​の​こと​を「わたし​の​子」と​述べ,「この​者​に​聴き従い​なさい」と​はっきり​言わ​れ​ます。3​人​は​神​から​の​その​指示​に​従い​ます。イエス​の​教え​た​事柄​に​聴き従い,そう​する​よう​他​の​人​たち​に​も​勧め​た​の​です。―使徒 3:19‐23; 4:18‐20

イエス​は​神​の​王国​に​つい​て,他​の​どの​論題​より​も​多く​の​こと​を​語っ​た

3. わたしたち​が​イエス​に​聴き従う​こと​を​エホバ​が​望ん​で​おら​れる​の​は​なぜ​です​か。どんな​論題​に​つい​て​調べる​の​は​ふさわしい​こと​です​か。

3 「この​者​に​聴き従い​なさい」と​いう​言葉​は,わたしたち​の​益​の​ため​に​聖書​に​記録​さ​れ​まし​た。(ロマ 15:4)イエス​は​エホバ​の​代弁​者​で​あり,イエス​が​教え​た​事柄​は​すべて,み父​が​わたしたち​に​知らせ​たい​と​思っ​て​おら​れる​事柄​でし​た。(ヨハ 1:1,14)イエス​は​神​の​王国​に​つい​て,他​の​どの​論題​より​も​多く​の​こと​を​語り​まし​た。ですから,神​の​王国 ― キリスト​・​イエス​と​14万4,000​人​の​共同​支配​者​で​構成​さ​れる​天​の​政府 ― と​いう​重要​な​論題​に​つい​て,注意深く​調べる​の​は​ふさわしい​こと​です。(啓 5:9,10; 14:1‐3; 20:6)では​最初​に,イエス​が​神​の​王国​に​つい​て​非常​に​多く​の​こと​を​語っ​た​理由​を​考え​ましょ​う。

「心​に​満ちあふれ​て​いる​もの​の​中​から……」

4. イエス​が​王国​を​心​に​かけ​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

4 イエス​は​神​の​王国​の​こと​を​大切​に​思い,心​に​かけ​て​い​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。語る​言葉​は​心​を​映す​鏡​の​よう​に,その​人​が​何​を​本当​に​大切​に​思っ​て​いる​か​を​明らか​に​し​ます。イエス​も,「心​に​満ちあふれ​て​いる​もの​の​中​から​口​は​語る」と​述べ​て​い​ます。(マタ 12:34)イエス​は,あらゆる​ 機会​に​王国​に​つい​て​語り​まし​た。四​福音​書​に​は,王国​と​いう​語​が​100​回​以上​出​て​おり,その​ほとんど​は​イエス​が​語っ​た​もの​です。イエス​は​王国​を​伝道​の​テーマ​と​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​ほか​の​都市​に​も​神​の​王国​の​良い​たより​を​宣明​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。わたし​は​その​ため​に​遣わさ​れ​た​から​です」。(ルカ 4:43)イエス​は​復活​後​も,王国​に​つい​て​弟子​たち​に​話し​まし​た。(使徒 1:3)イエス​の​心​は​王国​に​対する​熱い​思い​で​満ち​て​い​た​の​で,王国​に​つい​て​語ら​ず​に​は​いら​れ​なかっ​た​の​です。

5‐7. (イ)エホバ​が​王国​を​心​に​かけ​て​おら​れる​と,なぜ​言え​ます​か。例え​で​説明​し​て​ください。(ロ)王国​を​心​に​かけ​て​いる​人​は,どう​する​はず​です​か。

5 エホバ​も​王国​を​心​に​かけ​て​おら​れ​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。独り子​イエス​を​世​に​遣わし​た​の​は​エホバ​で​あり,み子​が​教え,行なっ​た​事柄​すべて​は,エホバ​から​出​て​い​ます。(ヨハ 7:16; 12:49,50)四​福音​書​に​収め​られ​て​いる​イエス​の​生涯​と​宣教​に​関する​記録​すべて​も,エホバ​から​出​て​い​ます。この​こと​が​何​を​意味​する​の​か,少し​考え​て​み​ましょ​う。

『わたし​は​神​の​王国​を​心​に​かけ​て​いる​だろ​う​か』

6 家族​の​アルバム​に​写真​を​入れる​と​し​ましょ​う。写真​は​たくさん​あり​ます​が,アルバム​の​ページ​数​は​限ら​れ​て​い​ます。どう​し​ます​か。入れる​写真​を​選ば​なけれ​ば​なり​ませ​ん。福音​書​は“アルバム”の​よう​で​あり,その​記述​から​イエス​の​人物​像​を​知る​こと​が​でき​ます。エホバ​は​福音​書​の​筆者​たち​に,イエス​が​地上​で​語っ​た​事柄​や​行なっ​た​事柄​すべて​を​記録​さ​せ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(ヨハ 20:30; 21:25)むしろ​エホバ​は,ご自分​の​霊​に​よっ​て​筆者​たち​を​導き,イエス​の​特定​の​言葉​や​行動​を​記録​さ​せ​まし​た。イエス​の​宣教​の​目的​は​何​か,エホバ​ご自身​に​とっ​て​特に​重要​な​もの​は​何​か,わたしたち​が​理解​できる​よう​に​し​て​くださっ​た​の​です。(テモ​二 3:16,17。ペテ​二 1:21)福音​書​に​は,神​の​王国​に​つい​て​イエス​が​教え​た​事柄​が​たくさん​記さ​れ​て​い​ます。ですから,エホバ​も​王国​を​心​に​かけ​て​おら​れる,と​言え​ます。エホバ​は​わたしたち​に,ご自分​の​王国​に​つい​て​詳しく​知っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる​の​です。

7 『わたし​は​神​の​王国​を​心​に​かけ​て​いる​だろ​う​か』と​自問​し​て​ください。もし​心​に​かけ​て​いる​なら,イエス​が​王国​に​つい​て​語っ​た​事柄​や​教え​た​事柄​に​進ん​で​耳​を​傾ける​でしょ​う。イエス​は​王国​の​重要​性​と,王国​が​いつ,どの​よう​に​し​て​来る​か​を​教え​まし​た。

「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に」― どの​よう​に​し​て?

8. イエス​は​王国​の​重要​性​を​どの​よう​に​強調​し​まし​た​か。

8 イエス​の​模範​的​な​祈り​に​つい​て​考え​ましょ​う。イエス​は​その​簡潔​な​祈り​の​中​で,王国​が​何​を​成し遂げる​か​を​示し​て,王国​の​重要​性​を​強調​し​まし​た。その​祈り​は​7​つ​の​請願​から​成っ​て​おり,最初​の​3​つ​の​請願​は​エホバ​の​目的​と​関係​し​て​い​ます。神​の​み名​が​神聖​な​もの​と​される​こと,神​の​王国​が​来る​こと,神​の​ご意志​が​天​に​おける​と​同じ​よう​に​地上​に​おい​て​も​果たさ​れる​こと​です。マタイ 6:9,10を​読む。)この​3​つ​の​請願​は​密接​ に​関連​し​合っ​て​い​ます。メシア​の​王国​は,エホバ​が​み名​を​神聖​な​もの​と​し,ご意志​を​果たす​ため​の​手段​と​なり​ます。

9,10. (イ)神​の​王国​は​どの​よう​に​し​て​来​ます​か。(ロ)あなた​は​聖書​の​どんな​約束​の​実現​を​心待ち​に​し​て​い​ます​か。

9 神​の​王国​は​どの​よう​に​し​て​来る​の​でしょ​う​か。「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に」と​祈る​時,王国​が​断固​たる​行動​を​取る​よう​に​と​求め​て​いる​こと​に​なり​ます。王国​は​来る​時,地上​に​対し​て​余す​ところ​なく​力​を​行使​し​ます。人間​の​政府​すべて​を​含む,現在​の​邪悪​な​事物​の​体制​を​除き去り,義​に​かなっ​た​新しい​世​を​もたらし​ます。(ダニ 2:44。ペテ​二 3:13)王国​の​支配​の​もと​で,地球​全体​は​楽園​に​なり​ます。(ルカ 23:43)神​の​記憶​の​中​に​ある​人​たち​は​生き返り,家族​と​再会​し​ます。(ヨハ 5:28,29)神​に​従順​な​人々​は​完全​に​なり,永遠​の​命​を​得​ます。(啓 21:3‐5)こう​し​て​ついに,地球​は​天​と​全く​同じ​よう​に,エホバ​神​の​ご意志​どおり​の​場所​と​なる​の​です。あなた​も,聖書​の​これら​の​約束​が​実現​する​の​を​心待ち​に​し​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。神​の​王国​が​来る​よう​に​と​祈る​たび​に,こう​し​た​素晴らしい​約束​の​実現​を​祈り​求め​て​いる​こと​に​なる​の​です。

10 明らか​に,神​の​王国​は​まだ​来​て​おら​ず,模範​的​な​祈り​の​言葉​も​実現​し​て​い​ませ​ん。人間​の​政府​は​今​も​支配​し​て​おり,義​に​かなっ​た​新しい​世​は​まだ​到来​し​て​い​ませ​ん。しかし,良い​知らせ​が​あり​ます。神​の​王国​は​すでに​設立​さ​れ​て​いる​の​です。その​点​は​次​の​章​で​取り上げ​ます。この​章​で​は,王国​が​いつ​設立​され,いつ​来る​の​か​に​つい​て,イエス​の​語っ​た​事柄​を​考察​し​ます。

神​の​王国​は​いつ​設立​さ​れる​か

11. イエス​は,神​の​王国​の​設立​に​関し​て,どんな​こと​を​暗に​示し​まし​た​か。

11 イエス​は,王国​が​1​世紀​に​は​設立​さ​れ​ない​こと​を​暗に​示し​まし​た。これ​は,弟子​たち​の​期待​に​反する​こと​でし​た。(使徒 1:6)イエス​が​2​年​足ら​ず​の​間​に​語っ​た​2​つ​の​たとえ​話​を​考え​て​み​ましょ​う。

12. 小麦​と​雑草​の​たとえ​話​は,王国​が​設立​さ​れる​の​は​1​世紀​で​は​ない,と​いう​こと​を​暗に​示し​て​い​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

12 小麦​と​雑草​の​たとえ​話。(マタイ 13:24‐30を​読む。)イエス​が​この​たとえ​話​を​語っ​た​の​は,西暦​31​年​の​春​と​思わ​れ​ます。イエス​は​後​ほど​弟子​たち​に​たとえ​話​を​説明​し​まし​た。(マタ 13:36‐43)たとえ​話​の​概要​と​意味​は​次​の​とおり​です。使徒​たち​の​死後​に,悪魔​は​雑草(偽​クリスチャン)を​小麦(「王国​の​子​たち」,つまり​油そそが​れ​た​クリスチャン)の​間​に​まき​ます。小麦​と​雑草​は​両方​と​も,成長​の​季節​の​あいだ​一緒​に​成長​する​こと​を​許さ​れ​ます。成長​の​季節​は,収穫​すなわち「事物​の​体制​の​終結」まで​続き​ます。収穫​の​季節​が​始まっ​た​後,まず​雑草​が​集め​られ,それ​から​小麦​が​集め​られ​ます。ですから​この​たとえ​話​は,王国​が​設立​さ​れる​の​は​1​世紀​で​は​なく,成長​の​季節​が​終わっ​て​から​で​ある,と​いう​こと​を​暗に​示し​て​い​ます。実際,成長​の​季節​が​終わっ​て​収穫​の​季節​が​始まっ​た​の​は,1914​年​の​こと​です。

13. イエス​は,天​に​戻っ​て​すぐ​に​王​と​し​て​即位​する​わけ​で​は​ない​こと​を,どんな​たとえ​話​で​示し​まし​た​か。

13 ミナ​の​たとえ​話。(ルカ 19:11‐13を​読む。)イエス​が​この​たとえ​ 話​を​語っ​た​の​は,西暦​33​年,エルサレム​へ​の​最後​の​旅​を​し​て​い​た​時​です。イエス​の​話​を​聞い​て​い​た​ある​人​たち​は,イエス​は​エルサレム​に​着く​と​すぐ​に​王国​を​設立​する,と​考え​て​い​まし​た。イエス​は,その​見方​を​正す​ため,また​王国​が​設立​さ​れる​の​は​まだ​ずっ​と​先​で​ある​と​いう​こと​を​示す​ため,この​たとえ​話​を​語り​ます。イエス​は​自分​を,「王権​を​確か​に​自分​の​もの​と」する​ため​に「遠く​の​土地​へ​旅行​に」行か​なけれ​ば​なら​ない,「ある​高貴​な​生まれ​の​人」に​なぞらえ​まし​た。 * イエス​の​場合,「遠く​の​土地」と​は​天​の​こと​でし​た。イエス​は​天​で​み父​から​王権​を​受け​ます。しかし​イエス​は,天​に​戻っ​て​すぐ​に​メシア​なる​王​と​し​て​即位​する​わけ​で​は​ない,と​いう​こと​を​知っ​て​い​まし​た。むしろ,神​の​右​に​座っ​て​定め​の​時​まで​待つ​こと​に​なり​ます。結果​的​に,イエス​は​何​世紀​も​の​あいだ​待ち​まし​た。―詩 110:1,2。マタ 22:43,44。ヘブ 10:12,13

神​の​王国​は​いつ​来る​か

14. (イ)イエス​は​使徒​たち​の​質問​に​答え​て,どんな​こと​を​述べ​まし​た​か。(ロ)イエス​の​預言​が​成就​し​て​いる​こと​から,イエス​の​臨在​と​王国​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。

14 イエス​は​亡くなる​数​日​前,4​人​の​使徒​から​こう​尋ね​られ​まし​た。「あなた​の​臨在​と​事物​の​体制​の​終結​の​しるし​に​は​何​が​あり​ます​か」。(マタ 24:3。マル 13:4)イエス​は​その​質問​の​答え​と​し​て,マタイ 24​章​と​25​章​の​詳細​な​預言​を​述べ​まし​た。イエス​が​挙げ​た​地球​規模​の​様々​な​出来事​は,イエス​の「臨在」の​期間​を​特徴​づける​しるし​と​なり​ます。イエス​の​臨在​が​始まる​の​は,王国​が​設立​さ​れる​時​です。臨在​が​最高潮​を​迎える​の​ は,王国​が​来る​時​です。多く​の​証拠​が​示す​とおり,イエス​の​預言​は​1914​年​以来,成就​し​て​い​ます。 * ですから,1914​年​は​イエス​の​臨在​が​始まっ​た​年​で​あり,王国​が​設立​さ​れ​た​年​で​も​ある​の​です。

15,16. 「この​世代」と​は,だれ​の​こと​です​か。

15 では,神​の​王国​は​いつ​来る​の​でしょ​う​か。イエス​は,その​正確​な​時​を​明らか​に​し​ませ​ん​でし​た。(マタ 24:36)しかし,その​時​が​いま​非常​に​近い​こと​を​確信​さ​せる,ある​情報​を​与え​て​い​ます。「この​世代」が​預言​的​な​しるし​の​成就​を​目撃​し​た​あと​に​王国​が​来る,と​いう​こと​を​暗に​示し​た​の​です。マタイ 24:32‐34を​読む。)「この​世代」と​は,だれ​の​こと​でしょ​う​か。イエス​の​言葉​を​詳しく​調べ​て​み​ましょ​う。

16 「この​世代」。イエス​は,不​信仰​な​人​たち​に​つい​て​述べ​て​い​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。イエス​が​この​預言​を​だれ​に​話し​た​か​に​注目​し​て​ください。「自分​たち​だけ​で​近づい​て」来​た​少数​の​使徒​たち​に​話し​まし​た。(マタ 24:3)彼ら​は,間​も​なく​聖霊​で​油そそが​れる​人​たち​でし​た。次​に,文脈​に​注目​し​て​ください。イエス​は「この​世代」に​つい​て​語る​前​に​こう​述べ​まし​た。「では,いちじく​の​木​から​例え​と​し​て​この​点​を​学び​なさい。その​若枝​が​柔らかく​なり,それ​が​葉​を​出す​と,あなた方​は​すぐ​に,夏​の​近い​こと​を​知り​ます。同じ​よう​に​あなた方​は,これら​の​すべて​の​こと​を​見​た​なら,彼​が​近づい​て​戸口​に​いる​こと​を​知り​なさい」。イエス​の​予告​し​た​事柄​を​見​て​その​意味​を​悟る,つまり​イエス​が「近づい​て​戸口​に​いる」こと​を​悟る​の​は,不​信仰​な​人​たち​で​は​なく,油そそが​れ​た​追随​者​たち​です。ですから,イエス​は「この​世代」に​つい​て​語っ​た​時,油そそが​れ​た​追随​者​たち​の​こと​を​述べ​て​い​た​の​です。

17. 「世代」と「これら​の​すべて​の​事」と​いう​表現​に​は,どんな​意味​が​あり​ます​か。

17 「これら​の​すべて​の​事​が​起こる​まで,この​世代​は​決して​過ぎ去り​ませ​ん」。この​言葉​は​どの​よう​に​実現​し​ます​か。その​問い​に​答える​に​は,2​つ​の​点​を​知る​必要​が​あり​ます。「世代」と「これら​の​すべて​の​事」の​意味​です。「世代」と​いう​語​は​たいてい,ある​特定​の​時期​に​生涯​が​重なる​様々​な​年齢​層​の​人々​を​指し​ます。1​つ​の​世代​は​極端​に​長い​もの​で​は​なく,いずれ​終わり​を​迎え​ます。(出 1:6)「これら​の​すべて​の​事」に​は,イエス​が​自分​の​臨在​の​期間​中​に​起きる​と​予告​し​た​事柄​すべて​が​含ま​れ​ます。その​臨在​は​1914​年​に​始まり,「大​患難」で​最高潮​を​迎え​ます。―マタ 24:21

18,19. 「この​世代」に​つい​て​の​イエス​の​言葉​を,どの​よう​な​意味​に​理解​でき​ます​か。どんな​結論​に​至り​ます​か。

18 では,「この​世代」に​つい​て​の​イエス​の​言葉​を​どう​理解​し​たら​よい​でしょ​う​か。その​世代​は,存在​する​期間​の​重なる,油そそが​れ​た​者​たち​の​2​つ​の​グループ​から​成っ​て​い​ます。第​1​の​グループ​は,1914​年​に​しるし​が​成就​し​始める​の​を​見​た​油そそが​れ​た​者​たち​で​構成​さ​れ​て​い​ます。第​2​の​グループ​は,ある​時期​に​第​1​の​グループ​の​人々​と​同時​に​存在​し​た​油そそが​れ​た​者​たち​で​構成​さ​れ​て​い​ます。第​2​の​グループ​の​うち​少なく​と​も​一部​ の​人々​は,生き​て​大​患難​の​始まり​を​見る​こと​でしょ​う。この​2​つ​の​グループ​が​1​つ​の​世代​を​成す​と​言える​の​は,油そそが​れ​た​者​と​し​て​の​生涯​が,ある​時期​に​重なる​から​です。 *

19 では,どんな​結論​に​至り​ます​か。イエス​が​王権​を​得​て​臨在​し​て​いる​こと​を​示す​しるし​は,世界​中​で​はっきり​見​られ​ます。今​も​生き​て​い​て「この​世代」を​構成​する​油そそが​れ​た​者​たち​は,年​を​取っ​て​き​て​い​ます。と​は​いえ,それら​油そそが​れ​た​者​たち​すべて​が​大​患難​の​始まる​前​に​亡くなる,と​いう​こと​は​あり​ませ​ん。したがって,神​の​王国​が​来​て​地上​を​支配​する​時​は​非常​に​近い,と​結論​でき​ます。イエス​の​教え​た,「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に」と​いう​祈り​の​言葉​が​実現​する​の​を​目撃​する​の​は,胸​の​躍る​こと​でしょ​う。

20. この​本​で​は,どんな​重要​な​論題​が​取り上げ​られ​ます​か。次​の​章​で​は​どんな​点​に​つい​て​調べ​ます​か。

20 エホバ​ご自身​が​み子​に​つい​て​天​から​述べ​た​言葉​を​忘れ​ない​よう​に​し​ましょ​う。「この​者​に​聴き従い​なさい」と​いう​言葉​です。わたしたち​は​真​の​クリスチャン​と​し​て,神​の​その​指示​に​進ん​で​従い​ます。そして,イエス​が​神​の​王国​に​つい​て​語っ​た​事柄​や​教え​た​事柄​すべて​に​強い​関心​を​抱き​ます。王国​が​すでに​成し遂げ​た​事柄​や,将来​成し遂げる​事柄​は,学ぶ​べき​非常​に​重要​な​論題​です。本書​は​この​点​を​詳しく​取り上げ​ます。次​の​章​で​は,神​の​王国​が​天​で​誕生​し​た​時期​に​生じ​た​印象​的​な​事態​の​進展​に​つい​て​調べ​ます。

^ 13節 イエス​の​たとえ​話​を​聞い​た​人​たち​は,ヘロデ​大王​の​子​で​ある​アケラオ​の​こと​を​思い出し​た​か​も​しれ​ませ​ん。ヘロデ​は​亡くなる​前​に,ユダヤ​と​他​の​地域​に​対する​支配​権​を​アケラオ​に​受け継が​せる​こと​を​定め​て​い​まし​た。それでも,アケラオ​は​支配​を​始める​前​に,まず​皇帝​アウグスツス​の​承認​を​取り付ける​ため,ローマ​へ​の​長旅​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。

^ 18節 第​1​の​グループ​に​属する​油そそが​れ​た​者​たち ― 1914​年​に「苦しみ​の​劇痛​の​始まり」を​目撃​し​た​人​たち ― の​最後​の​人​が​死ん​だ​あと​に​油そそが​れ​た​人​は,「この​世代」の​一部​と​は​なり​ませ​ん。―マタ 24:8