内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

あなたも神の友になれます

 第​4​課

神について知る方法

神について知る方法

聖書​を​読む​と,エホバ​に​つい​て​知る​こと​が​でき​ます。昔,神​は​ある​人々​を​選ん​で,ご自分​の​考え​を​書き記さ​せ​まし​た。それ​が​聖書​と​呼ば​れる​書物​です。わたしたち​は​今日,聖書​を​読む​こと​に​より,神​に​つい​て​知る​こと​が​でき​ます。聖書​に​は​エホバ​の​言葉​つまり​神​から​の​音信​が​記さ​れ​て​い​ます。それ​で​聖書​は​神​の​言葉​と​も​呼ば​れ​て​い​ます。聖書​に​書い​て​ある​事柄​は​信じる​こと​が​でき​ます。エホバ​が​うそ​を​言う​こと​は​決して​ない​から​です。『神​は​偽る​こと​が​でき​ませ​ん』。(ヘブライ 6:18)神​の​言葉​に​は​真理​が​収め​られ​て​い​ます。―ヨハネ 17:17

聖書​は​神​から​の​かけがえ​の​ない​贈り物​です。聖書​は​愛情​深い​父親​が​子ども​たち​に​書き送っ​た​手紙​の​よう​な​もの​です。聖書​に​は,地球​を​すばらしい​住みか,すなわち​楽園​に​変える​と​いう​神​の​約束​が​記さ​れ​て​い​ます。さらに,神​が​ご自分​の​忠実​な​子ども​たち​の​ため​に​過去​に​おい​て​行なわ​れ​た​こと,現在​行なっ​て​おら​れる​こと,将来​行なお​う​と​し​て​おら​れる​こと​が​書か​れ​て​い​ます。聖書​は​また,わたしたち​が​問題​を​解決​し,幸福​を​見いだす​の​に​助け​と​なり​ます。―テモテ​第​二 3:16,17

 エホバ​の​証人​は​神​の​友​に​なっ​て​い​ます。聖書​の​教え​を​理解​する​よう,あなた​を​助け​て​くれ​ます。あなた​が​聖書​を​研究​し​たい​と​思っ​て​いる​こと​を​エホバ​の​証人​に​お話し​に​なっ​て​ください。研究​する​の​に​金銭​が​求め​られる​こと​は​あり​ませ​ん。(マタイ 10:8)あなた​は​さらに,クリスチャン​の​集会​に​出席​する​こと​も​でき​ます。集会​は​王国​会館​と​呼ば​れる​崇拝​の​場所​で​開か​れ​て​い​ます。クリスチャン​の​集会​に​出席​する​なら,神​に​関する​知識​が​どんどん​深まる​でしょ​う。

神​が​お造り​に​なっ​た​もの​から,神​に​つい​て​学ぶ​こと​が​でき​ます。たとえば,聖書​に​は,「神​は​天​と​地​を​創造​さ​れ​た」と​書か​れ​て​い​ます。(創世記 1:1)エホバ​は「天」を​創造​さ​れ​た​とき,太陽​を​お造り​に​なり​まし​た。その​こと​から​神​に​つい​て​どんな​こと​が​分かる​でしょ​う​か。エホバ​が​強大​な​力​を​持っ​て​おら​れる​こと​が​分かり​ます。太陽​の​よう​に​強力​な​もの​を​造る​こと​が​できる​の​は​エホバ​だけ​です。さらに,エホバ​が​知恵​を​持っ​て​おら​れる​こと​も​分かり​ます。熱​と​光​を​放ち​ながら​燃え尽き​て​しまわ​ない​太陽​を​造る​に​は,知恵​が​必要​だ​から​です。

エホバ​の​創造​物​を​見る​と,エホバ​が​わたしたち​を​愛し​て​くださっ​て​いる​こと​が​分かり​ます。地球​上​に​見​られる​実​に​種類​の​豊富​な​果物​の​こと​を​考え​て​み​て​ください。エホバ​は​果物​を​1​種類​だけ​備え​て​おく,あるいは​全く​備え​ない​で​おく​こと​も​でき​まし​た。ところ​が​エホバ​は,形​や​大きさ,色​や​味​の​異なる,さまざま​な​種類​の​果物​を​与え​て​ください​まし​た。この​こと​から,エホバ​が​愛情​深い​神​で​ある​ばかり​か,非常​に​寛大​で,思いやり​が​あり,親切​な​神​で​も​ある​と​いう​こと​が​分かり​ます。―詩編 104:24