聖書そのものは,聖書が「神の言葉」であり,神は「偽ることのできない」方であると述べています。(テサロニケ第一 2:13。テトス 1:2)本当にそうなのでしょうか。それとも,ただの神話や伝説の本ですか。