内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

神からの良い知らせ

  2 

神はどんな方ですか

神はどんな方ですか

1. 神  崇拝 する   なぜ 正しい こと です 

    万物  創造    です。神   始まり  なく,終わり  あり ませ ん。(詩編 90:2)聖書    いる 良い 知らせ は,神 から    ます。(テモテ  一 1:11)神  わたしたち    与え  くださっ   で,神 だけ  崇拝  べき です。―啓示 4:11  読ん  ください。

2. 神  どんな 存在 です 

    こと  ある    ませ ん。神    存在  から です。つまり,肉体  持つ 地球   生物 より  高い 次元  存在 です。(ヨハネ 1:18; 4:24)それでも,神  造ら   もの から   ご性格  知る こと  でき ます。例えば,多種 多様  果物   から,神    知恵  持つ   ある こと  分かり ます。宇宙  大きさ は,神    物語っ   ます。―ローマ 1:20  読ん  ください。

  ご性格  さらに 知る 方法 は,聖書  読む こと です。例えば,神    好み,何  嫌い,人々  どの よう  扱い,さまざま  状況  どう 反応  さる  など  分かり ます。―詩編 103:7‐10  読ん  ください。

3. 神   名前  あり ます 

イエス は,「天  おら れる わたしたち   よ,あなた  お名前  神聖  もの  され ます よう に」と 言い まし た。(マタイ 6:9)神   多く  称号  あり ます が,名前  一つ だけ です。どう 発音 する  は,言語  よっ  異なり ます。日本    普通「エホバ」と 言い ます が,「ヤハウェ」と 発音 する    ます。―詩編 83:18  読ん  ください。

多く  聖書    名前  取り去り,「主」や「神」と いう 称号  置き換え   ます。しかし,聖書  もともと 書か     は,  名前   7,000      まし た。イエス は,神  つい  人々  教える 時,神  名前  知らせ まし た。―ヨハネ 17:26  読ん  ください。

 4. エホバ  人間  こと  気遣っ  おら  ます 

  愛情 深い 父親  よう に,わたしたち  長期     図っ  行動   おら れる

苦しみ  広く  られる  は,エホバ   わたしたち  気遣っ  おら  ない から   でしょ  か。神  人間  試そ     苦しみ  遭わ せる,と 言う    ます が,それ  真実   あり ませ ん。―ヤコブ 1:13  読ん  ください。

  人間  尊厳  与え,自由 意志  持たせ  ください まし た。わたしたち  自分  意志    仕える こと  選べる  いう  は,うれしい こと   ない でしょ  か。(ヨシュア 24:15)しかし,周り       対し  悪い こと  する   多く,その ため 苦しみ  あふれ   ます。エホバ  その よう  行ない  ご覧  なり,心  痛め  おら  ます。―創世記 6:5,6  読ん  ください。

エホバ  人間  気遣う  で,わたしたち  生きる こと から 喜び    ほしい  思っ  おら  ます。エホバ    なく,苦しみ を,また 苦しみ  引き起こす  たち  取り除き ます。それ まで  限ら   期間,苦しみ  続く こと  許さ  ます が,それ  もっとも  理由  あっ   こと です。その 理由   8   取り上げ ます。―ペテロ  二 2:9,10前半; 3:7,13  読ん  ください。

5. どう すれ    近づき,親しく なれ ます 

エホバ  わたしたち 人間  対し,祈り  語りかける こと  よっ  ご自分  近づく よう 勧め  おら  ます。エホバ  個々    関心  持っ  おら  ます。(詩編 65:2; 145:18)神  進ん  許し  くださる  です。わたしたち    失敗 する    も,神  喜ん  いただこ   する 努力  認め  ください ます。ですから,わたしたち   完全  あっ  も,神   親しい 関係  持つ こと  でき ます。―詩編 103:12‐14; ヤコブ 4:8  読ん  ください。

エホバ    与え  くださっ   で,わたしたち    だれ より  エホバ  愛する べき です。(マルコ 12:30)神    は,  つい  さらに 学び,神  求め  おら れる 事柄  行なう こと  よっ  表わせ ます。そう する なら,神  いっそう 近づけ ます。―テモテ  一 2:4; ヨハネ  一 5:3  読ん  ください。