1. 神​を​崇拝​する​の​は​なぜ​正しい​こと​です​か

真​の​神​は​万物​を​創造​し​た​方​です。神​に​は​始まり​が​なく,終わり​も​あり​ませ​ん。(詩編 90:2)聖書​に​出​て​いる​良い​知らせ​は,神​から​来​て​い​ます。(テモテ​第​一 1:11)神​は​わたしたち​に​命​を​与え​て​くださっ​た​の​で,神​だけ​を​崇拝​す​べき​です。―啓示 4:11を​読ん​で​ください。

2. 神​は​どんな​存在​です​か

神​を​見​た​こと​の​ある​人​は​い​ませ​ん。神​は​霊​の​存在​だ​から​です。つまり,肉体​を​持つ​地球​上​の​生物​より​も​高い​次元​の​存在​です。(ヨハネ 1:18; 4:24)それでも,神​が​造ら​れ​た​もの​から​神​の​ご性格​を​知る​こと​が​でき​ます。例えば,多種​多様​な​果物​や​花​から,神​が​愛​と​知恵​を​持つ​方​で​ある​こと​が​分かり​ます。宇宙​の​大きさ​は,神​の​力​を​物語っ​て​い​ます。―ローマ 1:20を​読ん​で​ください。

神​の​ご性格​を​さらに​知る​方法​は,聖書​を​読む​こと​です。例えば,神​が​何​を​好み,何​を​嫌い,人々​を​どの​よう​に​扱い,さまざま​な​状況​に​どう​反応​な​さる​か​など​が​分かり​ます。―詩編 103:7‐10を​読ん​で​ください。

3. 神​に​は​名前​が​あり​ます​か

イエス​は,「天​に​おら​れる​わたしたち​の​父​よ,あなた​の​お名前​が​神聖​な​もの​と​され​ます​よう​に」と​言い​まし​た。(マタイ 6:9)神​に​は​多く​の​称号​が​あり​ます​が,名前​は​一つ​だけ​です。どう​発音​する​か​は,言語​に​よっ​て​異なり​ます。日本​語​で​は​普通「エホバ」と​言い​ます​が,「ヤハウェ」と​発音​する​人​も​い​ます。―詩編 83:18を​読ん​で​ください。

多く​の​聖書​は​神​の​名前​を​取り去り,「主」や「神」と​いう​称号​で​置き換え​て​い​ます。しかし,聖書​が​もともと​書か​れ​た​時​に​は,神​の​名前が​約​7,000​回​も​出​て​い​まし​た。イエス​は,神​に​つい​て​人々​に​教える​時,神​の​名前​を​知らせ​まし​た。―ヨハネ 17:26を​読ん​で​ください。

 4. エホバ​は​人間​の​こと​を​気遣っ​て​おら​れ​ます​か

神​は​愛情​深い​父親​の​よう​に,わたしたち​の​長期​的​な​益​を​図っ​て​行動​し​て​おら​れる

苦しみ​が​広く​見​られる​の​は,エホバ​神​が​わたしたち​を​気遣っ​て​おら​れ​ない​から​な​の​でしょ​う​か。神​は​人間​を​試そ​う​と​し​て​苦しみ​に​遭わ​せる,と​言う​人​も​い​ます​が,それ​は​真実​で​は​あり​ませ​ん。―ヤコブ 1:13を​読ん​で​ください。

神​は​人間​に​尊厳​を​与え,自由​意志​を​持たせ​て​ください​まし​た。わたしたち​が​自分​の​意志​で​神​に​仕える​こと​を​選べる​と​いう​の​は,うれしい​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。(ヨシュア 24:15)しかし,周り​に​は​他​の​人​に​対し​て​悪い​こと​を​する​人​も​多く,その​ため​苦しみ​が​あふれ​て​い​ます。エホバ​は​その​よう​な​行ない​を​ご覧​に​なり,心​を​痛め​て​おら​れ​ます。―創世記 6:5,6を​読ん​で​ください。

エホバ​は​人間​を​気遣う​神​で,わたしたち​が​生きる​こと​から​喜び​を​得​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れ​ます。エホバ​は​間​も​なく,苦しみ​を,また​苦しみ​を​引き起こす​者​たち​を​取り除き​ます。それ​まで​の​限ら​れ​た​期間,苦しみ​が​続く​こと​を​許さ​れ​ます​が,それ​は​もっとも​な​理由​が​あっ​て​の​こと​です。その​理由​は第​8​課で​取り上げ​ます。―ペテロ​第​二 2:9,10前半; 3:7,13を​読ん​で​ください。

5. どう​すれ​ば​神​に​近づき,親しく​なれ​ます​か

エホバ​は​わたしたち​人間​に​対し,祈り​で​語りかける​こと​に​よっ​て​ご自分​に​近づく​よう​勧め​て​おら​れ​ます。エホバ​は​個々​の​人​に​関心​を​持っ​て​おら​れ​ます。(詩編 65:2; 145:18)神​は​進ん​で​許し​て​くださる​方​です。わたしたち​が​時​に​失敗​する​と​し​て​も,神​に​喜ん​で​いただこ​う​と​する​努力​を​認め​て​ください​ます。ですから,わたしたち​は​不​完全​で​あっ​て​も,神​と​の​親しい​関係​を​持つ​こと​が​でき​ます。―詩編 103:12‐14; ヤコブ 4:8を​読ん​で​ください。

エホバ​は​命​を​与え​て​くださっ​た​の​で,わたしたち​は​他​の​だれ​より​も​エホバ​を​愛する​べき​です。(マルコ 12:30)神​へ​の​愛​は,神​に​つい​て​さらに​学び,神​が​求め​て​おら​れる​事柄​を​行なう​こと​に​よっ​て​表わせ​ます。そう​する​なら,神​に​いっそう​近づけ​ます。―テモテ​第​一 2:4; ヨハネ​第​一 5:3を​読ん​で​ください。