内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 第7課

神の王国とは何ですか

神の王国とは何ですか

1. 神の王国とは何ですか

イエスはなぜ理想的な王ですか。―マルコ 1:40‐42

神の王国とは,天の政府のことです。それは他のすべての政府に取って代わり,天と地で神のご意志が行なわれるようにします。神の王国が支配を行なうというのは,まさに良い知らせです。間もなく神の王国は,良い政府を求める人々の期待にこたえます。その王国は,地上に住むすべての人を一致させます。―ダニエル 2:44; マタイ 6:9,10; 24:14を読んでください。

王国には王がいます。エホバはご自分の子であるイエス・キリストをその王国の王として任命なさいました。―啓示 11:15を読んでください。

神の王国とは何ですか」の動画をご覧ください。

2. イエスが理想的な王と言えるのはなぜですか

神の子イエスが理想的な王と言えるのは,親切で,正しいことを固く守るからです。(マタイ 11:28‐30)さらに,この地球を天から治めるので,人々を助ける能力があります。イエスは復活したあと天に昇り,エホバの右で待ちました。(ヘブライ 10:12,13)神はその後,支配を始める権限をイエスにお与えになりました。―ダニエル 7:13,14を読んでください。

3. だれがイエスと共に支配しますか

「聖なる者たち」と呼ばれる人々が,天でイエスと共に支配します。(ダニエル 7:27)聖なる者となるよう最初に選ばれたのは,イエスの忠実な使徒たちです。以後エホバは,忠実な男女を聖なる者として選ぶことを続けてこられました。その人たちはイエスと同じように,霊的な体を持つ者として復活します。―ヨハネ 14:1‐3; コリント第一 15:42‐44を読んでください。

 どれほどの人が天に行くのでしょうか。イエスはその人たちを「小さな群れ」と呼びました。(ルカ 12:32)その人々は最終的に14万4,000人になり,イエスと共に地を支配します。―啓示 14:1を読んでください。

4. イエスが支配を始めた時にどんなことが起きましたか

神の王国は1914年に支配を始めました。 * イエスが王として最初に行なったのは,サタンと配下の悪霊たちを地に投げ落とすことです。サタンは怒り狂い,地の至る所で災いを引き起こすようになりました。(啓示 12:7‐10,12)それ以来,人類が抱える問題は急増しています。戦争,飢きん,伝染病,地震はどれも,神の王国が地上を全面的に治める時の近いことを示す「しるし」に含まれています。―ルカ 21:7,10,11,31を読んでください。

5. 神の王国は何を成し遂げますか

神の王国は,世界的な伝道活動により,すべての国の人から成る大群衆を集め,その人々をすでに一致させています。幾百万もの柔和な人が,イエスに従う民となっています。神の王国は,地上にある現在の邪悪な事物の体制を滅ぼす時,その人々を保護します。ですから,神の王国のもたらす恩恵にあずかることを願う人は皆,イエスに服してゆかなければなりません。―啓示 7:9,14,16,17を読んでください。

その王国は,1,000年の期間に人類に対する神の当初の目的を成し遂げます。地上全体は楽園になります。最後にイエスは,王国をご自分の父に返します。(コリント第一 15:24‐26)あなたは,神の王国についてだれに話してみたいと思われますか。―詩編 37:10,11,29を読んでください。

 

^ 6節 聖書の預言が1914年をどのように指し示しているかについて詳しくは,「聖書は実際に何を教えていますか」という本の215‐218ページをご覧ください。