内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 第6課

亡くなった人にも希望がありますか

亡くなった人にも希望がありますか

1. 亡くなった人に関してどんな良い知らせがありますか

イエスがエルサレムの近くのベタニヤに到着した時,友人ラザロはすでに死んで四日たっていました。イエスは,ラザロの姉妹マルタとマリアと共に,ラザロが葬られた場所へ行きました。すぐに群衆も集まって来ました。イエスはその場でラザロを生き返らせました。その時のマルタとマリアの喜びを想像してみてください。―ヨハネ 11:21‐24,38‐44を読んでください。

マルタは,亡くなった人に関して良い知らせがあることをすでに知っていました。エホバ神が死者を復活させて地上で再び生きられるようにしてくださることを知っていたのです。―ヨブ 14:14,15を読んでください。

2. 死者はどんな状態にありますか

神はアダムに,「あなたは塵だから塵に帰る」とお告げになった。―創世記 3:19

人間は塵で造られました。(創世記 2:7; 3:19)わたしたちは,肉体に霊が宿った存在なのではありません。人間が死ぬ場合,当人の中の何かが死後に生き続けることはないのです。人が死ぬと脳も死に,したがって当人の思考もなくなります。ラザロも,自分が死んだ時のことについて何も話しませんでした。死んでいた間は意識がなかったからです。―伝道の書 9:5,6,10を読んでください。

神は死んだ人を火による責め苦に遭わせたりなさるのでしょうか。聖書が示すとおり,死者には意識がありません。ですから,火の燃える地獄という教えは偽りであり,神を中傷するものです。人を火によって責めさいなむという考えを,神は非常に不快に思われます。―エレミヤ 7:31を読んでください。

死者はどんな状態にありますか」の動画をご覧ください。

 3. 死者が生きている人に話すことはできますか

死者は話すことも聞くこともできません。(詩編 115:17)しかし,み使い,つまり天使の中には悪くなった者たちもおり,死んだ人のふりをして人間に話しかける場合があります。(ペテロ第二 2:4)エホバは,死者に何かを尋ねようとすることを禁じておられます。―申命記 18:10,11を読んでください。

4. だれが生き返りますか

今まで亡くなった無数の人が地上に生き返ります。神を知らず悪いことをしていた人たちも復活します。―ルカ 23:43; 使徒 24:15を読んでください。

復活した人には,神についての真理を学び,イエスに従うことによってイエスに対して信仰を示す機会があります。(啓示 20:11‐13)生き返った後に良いことをする人は,地上で永遠に生きることができます。―ヨハネ 5:28,29を読んでください。

5. 復活の備えはエホバについて何を物語っていますか

亡くなった人にも希望があるのは,神がみ子を遣わしてわたしたちのために死ぬようにされたからです。ですから,復活の備えはエホバが愛と過分のご親切の神であることを物語っています。亡くなった人が生き返ってくる時,特にだれに会いたいと思われますか。―ヨハネ 3:16; ローマ 6:23を読んでください。