アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

その信仰に倣う

  8 

落胆させられても忍耐した人

落胆させられても忍耐した人

1. シロ  人々  悲嘆  暮れ      なぜ です か。

サムエル は,シロ  人々  悲しみ  ひしひし  感じ ます。町 全体    沈ん  いる   よう です。家々 から,女性  子ども  泣き声  聞こえ   ます。父親  夫,息子  兄弟  もう 帰っ   ない,と 知っ  嘆き悲しむ  です。イスラエル は,フィリスティア    戦闘  兵士 4,000   失っ  ばかり   いう  に,また    大敗  喫し,3万   失っ   です。―サム 一 4:1,2,10

2,3. どんな 悲劇  相次い で,シロ  恥辱  被り,栄光  失い まし  か。

2 これ は,相次ぐ 悲劇  一部  すぎ ませ ん。大 祭司 エリ  邪悪  息子 たち,ホフニ  ピネハス は,神聖  契約      シロ から 進み出 まし た。この 大切   は,神  臨在  象徴  あり,通常  幕屋 ― 天幕  よう  神殿 ― の  なる 仕切り室    置か    まし た。イスラエル    愚か  も,その   お守り  よう  働き    勝利  与え  くれる  考え,戦場  持ち出し まし た。しかし,箱  フィリスティア   奪い取ら れ,ホフニ  ピネハス  殺さ   しまい ます。―サム 一 4:3‐11

3 シロ  幕屋  は,何 世紀   間,契約    安置     まし た。その   奪わ   しまっ   です。それ  聞い  98   エリ は,席 から あお向け  落ち  死に まし た。その     失っ    出産   死に ます が,息  引き取る  に「栄光  イスラエル  追わ   去り まし た」と 言い ます。そう です,シロ       状態  戻ら ない  です。―サム 一 4:12‐22

4. この    どんな こと  考え ます か。

4 サムエル は,こう   ひどく 落胆   られる 状況  どう 対処 する でしょ  か。エホバ  保護  恵み  失っ    助ける  いう 難題 に,信仰  抱い  立ち向かう でしょ  か。わたしたち も,苦難  落胆   られる 状況  直面   信仰  試み られ ます。では,サムエル から   学べる か,調べ   ましょ う。

 サムエル は「義  成し遂げ」た

5,6. 20   期間  関し て,聖書  どんな こと  注目    ます か。その 期間 中,サムエル       まし  か。

5 ここ で,聖書  記録  視点  サムエル から 神聖    移し,その   奪っ  ため  フィリスティア   苦しみ,返還  ざる   なく なっ  こと  述べ   ます。サムエル  再び 登場 する  は,約 20    こと です。(サム 一 7:2)その 20   期間 中,サムエル         でしょ  か。

サムエル は,ひどい 喪失   落胆  苦しむ   どの よう  助け  

6 その 期間  始まる   記録  は,「サムエル  言葉  引き続き  イスラエル  及ん だ」と 記さ    ます。(サム 一 4:1)そして,その 期間  終わっ    記録  よれ ば,サムエル は,毎年 イスラエル  三つ  都市  巡回   論争  問題  解決     郷里  ラマ  戻る,と いう こと  習慣     まし た。(サム 一 7:15‐17)ですから,サムエル  忙しく 活動  続け,その 20     多く  こと  行なっ     です。

聖書  サムエル  つい  述べ   ない 20   期間  も,サムエル  エホバ   奉仕  忙しく 行ない 続け     違いない

7,8. (イ)サムエル は,20   わたっ  勤勉  働い  後,民    告げ まし  か。(ロ)民  サムエル  保証  言葉  どう 応じ まし  か。

7 エリ  息子 たち   道徳  腐敗  よっ て,民  信仰  むしばま    まし た。その ため,多く  人々  偶像 礼拝  転じ  よう です。しかし,サムエル  20   わたっ  勤勉  働い  後,民  こう 告げ ます。「もし あなた方    つく   エホバ  立ち返る  なら,あなた方   から 異国  神々 や,アシュトレテ    取り除き,あなた方    迷わ   エホバ  向け,神  のみ 仕え なさい。そうすれば,あなた方  フィリスティア    から 救い出し  くださる でしょ う」。―サム 一 7:3

8 「フィリスティア   手」は,ますます 重く   のしかかっ   ます。イスラエル   まんまと 撃破   フィリスティア  は,神    虐げ       受け ない  思っ   ます。しかし,エホバ  立ち返り さえ すれ  状況  変わる,と サムエル    保証  まし た。民  こたえ応じる でしょ  か。うれしい こと に,民  偶像  取り除き,「エホバ  のみ 仕える よう に」なり ます。サムエル は,エルサレム 北方  山岳   ある  ミツパ  集会  開き ます。民  集まっ  断食 し,偶像 礼拝  関係   多く    悔い改め ます。―サムエル  一 7:4‐6  読む。

フィリスティア  は,悔い改め  エホバ    集まっ  いる こと  知り,攻撃  チャンス   考え 

9. フィリスティア  は,どんな チャンス  訪れ   考え まし  か。神   は,危機  迫っ  いる こと  聞い て,どう 反応  まし  か。

9 その  規模  集会  こと  知っ  フィリスティア  は,チャンス   考え, エホバ  崇拝  たち  壊滅  せる ため  軍隊  ミツパ  送り ます。イスラエル  は,危機  迫っ  いる こと  聞い  おびえ,自分 たち  ため  祈っ  ほしい  サムエル  頼み ます。サムエル  犠牲  ささげ  祈り ます。その 神聖  儀式  最中 に,フィリスティア   ミツパ  攻め上っ   ます。その  エホバ は,サムエル  祈り  お答え  なり,憤り  表明   ます。「フィリスティア   対し  大きな   雷鳴  とどろか せ」た  です。フィリスティア   混乱  陥り ます。―サム 一 7:7‐10

10,11. (イ)エホバ  とどろか   雷鳴  特別  もの だっ   違いない,と 言える   なぜ です か。(ロ)ミツパ  始まっ  戦闘 は,どんな 結果  なり まし  か。

10 それら フィリスティア  は,雷    怖がっ  母親  後ろ  慌て  隠れる 幼い 子ども  よう だっ   でしょ  か。いいえ,彼ら  百戦錬磨  屈強  兵士 でし た。ですから,その 雷鳴 は,彼ら  聞い  こと  ない よう  もの だっ   でしょ う。とてつもなく「大きな 音」だっ     しれ ませ ん。あるいは,晴れ渡っ   から 突然 聞こえ   か,幾つ     斜面  こだま      しれ ませ ん。いずれ  せよ,フィリスティア      まで 震え上がり,大 混乱  陥り ます。あっと いう   形勢  逆転  ます。イスラエル  人々  ミツパ から 打っ    フィリスティア   撃破 し,エルサレム  南西 まで  キロ  追撃  まし た。―サム 一 7:11

11 その 戦闘  転換   なり ます。以後,サムエル  裁き人  あっ  時代  ずっ  フィリスティア   後退  続け ます。神   は,奪わ     都市  次々  取り返し  ゆき まし た。―サム 一 7:13,14

12. サムエル  どんな 意味 で「義  成し遂げ」まし  か。サムエル    成し遂げ 続ける ため に,どんな 特質  役立ち まし  か。

12  世紀    使徒 パウロ は,「義  成し遂げ」た 忠実  裁き人  預言        サムエル  挙げ まし た。(ヘブ 11:32,33)確か  サムエル は,神 から   正しく  良い こと  達成  れる よう   まし た。義  成し遂げ 続ける こと  でき   は,辛抱強く エホバ  待ち,落胆   られる 状況       忠実  務め  果たし  から です。また サムエル は,感謝  精神  示し,ミツパ   勝利  後,エホバ    どの よう  助け  くださっ    思い起こさ せる ため  記念   建て まし た。―サム 一 7:12

13. (イ)サムエル  倣う  は,どんな 特質  必要 です か。(ロ)サムエル  よう  特性  いつ 培う  よい  思い ます か。

13 あなた も「義  成し遂げ」たい  思い ます か。そう  あれ ば,サムエル   辛抱強さ,謙遜 さ,感謝  精神 から 学び ましょ う。ペテロ  一 5:6  読む。だれ   そう   特質  必要    いる    ない でしょ  か。サムエル  比較  若い   その よう  特性    着け  示し    よい こと でし た。後年,もっと ひどく 落胆   られる 状況  直面   から です。

「ご子息 たち  あなた    歩ん    ませ ん」

14,15. (イ)サムエル は「年老い」て から,ひどく 落胆   られる どんな 状況  直面  まし  か。(ロ)サムエル は,エリ  よう  とがめ られる べき 父親 でし  か。説明   ください。

14   サムエル  登場 する  は,「年老い」て から  こと です。サムエル  は,成人      息子 ヨエル  アビヤ   ます。サムエル は,自分  行なっ  いる 裁き  仕事  手伝う 責任     ゆだね ます。しかし 残念  こと に,信頼  裏切ら  ます。サムエル  正直    かなっ   でし  が,息子 たち  利己   目的  ため  立場  悪用 し,公正  曲げ たり,わいろ  受け取っ たり    まし た。―サム 一 8:1‐3

15 ある 日,イスラエル  年長  たち が,年老い  預言  サムエル  ところ   て,「あなた  ご子息 たち  あなた    歩ん    ませ ん」と 苦情  言い ます。(サム 一 8:4,5)サムエル  その 問題  気づい     でしょ  か。何   記さ    ませ ん。しかし サムエル は,エリ  よう  とがめ られる べき 父親   なかっ   違いあり ませ ん。エリ  息子 たち    正さ ず,神 より  息子 たち  尊ん    ため,エホバ  エリ  叱責 し,処罰   まし た。(サム 一 2:27‐29)しかし,サムエル   その よう  落ち度  見いださ  ませ  でし た。

サムエル は,息子 たち  悪く なっ  こと  よる 落胆  どう 対処   

16. 反抗   子ども  持つ  は,どんな 感情  苦しむ   しれ ませ  か。サムエル  模範 から どんな 慰め  指針  得る こと  でき ます か。

16 サムエル  息子 たち  邪悪  行ない  知っ  時,ひどく 恥じ たり,思い悩ん だり,落胆  たり   でしょ  か。聖書    述べ   ませ ん。しかし,親  ある  は,サムエル  気持ち  痛い ほどよく 分かる でしょ う。闇  時代  ある 今日,親  権威  懲らしめ  対する 反抗  広く  られ ます。テモテ  二 3:1‐5  読む。その よう  心痛  味わっ  いる  は,サムエル  模範 から 慰め  指針  得る こと  できる でしょ う。サムエル は,息子 たち   忠実  歩み    も,自分  歩み  少し  曲げ ませ  でし た。忘れ ない  ください。たとえ 言葉  懲らしめ  よっ  子ども  かたくな    動か  ない    も,親  示す 模範   強い   あり ます。また,どんな 場合    自身 は,父  ある エホバ   誇り  なる こと  でき ます。サムエル  そう でし た。

「王  私たち  ため  立て  ください」

17. イスラエル  年長  たち  サムエル    求め まし  か。サムエル  どう 感じ まし  か。

17 サムエル  息子 たち  貪欲  利己   行ない は,彼ら  思っ    なかっ  ほど 大きな 影響  及ぼし ます。イスラエル  年長  たち  サムエル に,「どうか 今,諸 国民 すべて  よう に,私たち  裁く   私たち  ため  立て  ください」と 言い出し   です。そう 求め られ  サムエル は,自分  退け られ  よう  思っ    しれ ませ ん。サムエル  エホバ  代理    何十     裁い   まし た。それなのに  は,サムエル  よう  単なる 預言    なく   裁い  もらい たい  望ん   ます。周囲   国民     いる  だから 自分 たち    欲しい,と いう わけ です。サムエル  どう 感じ まし  か。「その   サムエル     悪い こと  あっ た」と 記さ    ます。―サム 一 8:5,6

18. エホバ  どの よう  サムエル  慰め,イスラエル    重大   明らか  され まし  か。

18 サムエル  この   つい  祈る と,エホバ  こう お答え  なり ます。「民  あなた  言う こと  関し  は,すべて その   聴き従い なさい。彼ら  退け    あなた   ない。彼ら は,わたし  彼ら    ある こと  退け  から  ある」。サムエル  この 言葉  たいへん 慰め られ  こと でしょ う。一方,民    こと  全能     甚だ   侮辱 でし た。エホバ  預言  サムエル に,人間    持つ なら 高い 代償  払う こと  なる,と イスラエル   警告 する よう  お命じ  なり ます。サムエル  その 警告  伝える と,民 は「いや,私たち        なく   なり ませ ん」と 言い張り ます。常    従順  サムエル は,出かけ  行っ て,エホバ  選ば       そそぎ まし た。―サム 一 8:7‐19

19,20. (イ)サムエル は,サウル  イスラエル        そそぐ よう   いう エホバ から  指示 に,どんな 態度  従い まし  か。(ロ)サムエル  エホバ    どの よう  助け 続け まし  か。

19 サムエル  どんな 態度  従っ  でしょ  か。腹  立て,しぶしぶ 従い まし  か。落胆  よっ    毒さ れ,苦々しい 気持ち  宿し  でしょ  か。こう   状況 で,多く    その よう  反応  ます が,サムエル  違い まし た。サウル    そそい で,エホバ  選ば     サウル  ある こと  認め,新しい    歓迎  服従  しるし    サウル  口づけ  まし た。そして   こう 言い ます。「あなた方  エホバ  選ば      まし  か。民  すべて      よう     ない  です」。―サム 一 10:1,24

20 サムエル は,エホバ  選ば     欠点   なく,良い   注目  まし た。自分 自身  つい  も,移り気   から  支持   なく,神  対する 自ら  忠誠  記録  注意  向け まし た。(サム 一 12:1‐4)割り当て られ  務め  忠実  果たして,霊的  危険  つい      助言 し,エホバ   忠実  保つ よう 励まし まし た。民  その 助言    動かさ れ,自分 たち  ため  祈っ  ほしい  懇願  ます。サムエル    よう  立派  返答     ます。「あなた方  ため  祈る   やめ  エホバ  対し    おかす こと など,わたし   考え られ ない こと です。わたし  あなた方  善い 正しい   教え諭さ なけれ  なり ませ ん」。―サム 一 12:21‐24

サムエル  模範  つい  考える と,ねたみ  苦々しさ  決して   宿し   なら ない,と いう   思い起こせる

21. ほか    何らか  立場  特権  与え られ  落胆   場合,サムエル  模範  どの よう  役立ち ます か。

21 あなた は,ほか    何らか  立場  特権  受ける よう 選ば   ため に,落胆   こと  あり ます か。サムエル  模範  つい  考える と,ねたみ  苦々しさ  決して   宿し   なら ない,と いう   思い起こせ ます。箴言 14:30  読む。 は,忠実   一人一人 に,報い  多い 充実   仕事  お与え  なる こと  できる  です。

「いつ まで あなた  サウル  ため  嘆き悲しむ  いう  か」

22. 当初 サムエル  サウル  好ましく 思っ    なぜ です か。

22 サムエル  サウル  好ましく 思っ    当然 です。サウル  卓越    人物 だっ  から です。背  高く  容姿  良く,勇敢  機知  富ん   ながら も,当初  慎み深く  控えめ   でし た。(サム 一 10:22,23,27)別  貴重  賜物  あり まし た。自由 意志,つまり 自分  生き方  選び,物事  決定 する 能力 です。(申 30:19)サウル  その 賜物  正しく 用い  でしょ  か。

23. サウル  どんな 貴重  特質  失い まし  か。どの よう  尊大  なっ  ゆき まし  か。

23 残念  こと に,人  権力    する と,まず 慎み深さ  失い がち です。サウル  やがて 尊大  なり 始め まし た。サムエル  通し  伝え られ  エホバ  命令  従わ ない  いう   選び ます。ある 時,サムエル  到着  待ち切れ  に,サムエル  ささげる はず  犠牲  ささげ  しまい ます。その ため サムエル は,サウル  強い 矯正  与え なけれ  なら ず,王権  サウル  家系  とどまら ない こと  予告  ます。しかし サウル は,その 懲らしめ  よっ  態度  改める どころ か,もっと 悪い  従順  こと  行ない ます。―サム 一 13:8,9,13,14

24. (イ)アマレク    戦い で,サウル  どの よう  エホバ    従順  示し まし  か。(ロ)サウル  矯正  与え られ  どう 反応  まし  か。エホバ  どんな 決定  下さ  まし  か。

24 エホバ  サムエル  通し  サウル に,アマレク   戦う よう お命じ  なり ます。その 指示  は,アマレク  邪悪   アガグ  処刑 する よう   いう 命令  含ま    まし た。ところ  サウル は,アガグ  殺さ ず,滅ぼし尽くす べき 分捕り   うち  最も 良い もの  取っ  おき まし た。サムエル  矯正     時,サウル  どれ ほど 変わっ  しまっ    明らか  なり ます。サウル は,慎み深く 矯正  受け入れる    なく,言い訳 し,自分  行動  正当  し,問題  はぐらかし,責任    転嫁  よう   ます。サウル  懲らしめ  かわそ    て,分捕り   一部  エホバ   犠牲  する つもり だっ   言っ  時,サムエル は,「従う こと  犠牲  勝り……ます」と いう 有名  言葉  語り ます。サムエル  勇気  もっ  サウル  叱責 し,エホバ  決定  明らか   ます。サウル から 王権  裂か     人 ― サウル より  優れ  人 ― に 与え られる  です。 *サム 一 15:1‐33

25,26. (イ)サムエル  サウル  ため  嘆き悲しん    なぜ です か。エホバ  サムエル  どの よう  優しく 戒め られ まし  か。(ロ)エッサイ    行っ  サムエル は,どんな 教訓  学び まし  か。

25 サムエル  サウル  過ち  ひどく   痛め,その こと  つい     じゅう エホバ  向かっ  叫び ます。そして,サウル  ため  嘆き悲しみ ます。サウル  非常  多く  可能   良い   見いだし     に,期待  打ち砕か   しまっ   です。サウル  すっかり 変わっ  しまい,様々  優れ  特質  失い,エホバ    向け  しまい まし た。サムエル     サウル  会お     ませ ん。しかし,後  エホバ  サムエル  優しく 戒め て,こう 言わ  ます。「いつ まで あなた  サウル  ため  嘆き悲しむ  いう  か。わたし は,イスラエル      支配 する 立場 から   退け   いう  に。あなた      満たし て,行き なさい。わたし  あなた  ベツレヘム  エッサイ  もと  遣わす。わたし    息子 たち  うち  わたし  ため    備え  から  ある」。―サム 一 15:34,35; 16:1

26 エホバ  目的  実現 は,不 完全  人間  揺れ動く 忠節   依存     ませ ん。エホバ は,だれ    忠実  なっ  も,ご意志  遂行 する     見いださ  ます。それで,年老い  サムエル  サウル  つい  嘆く   やめ ます。エホバ  指示 どおり ベツレヘム  エッサイ    行き,容姿  立派  息子 たち  会い ます。しかし エホバ  最初 から サムエル に,外見 以上  もの  見る よう   お告げ  なり ます。サムエル  一 16:7  読む。サムエル  最後 に,一番 年下  息子  会い ます。その 息子 こそ,エホバ  選ば   者,ダビデ でし た。

サムエル は,どんな  ひどい 落胆  あっ  も,エホバ  いやし たり,解決  たり,祝福  変え たり する こと  おでき  なる,と いう こと  学ん 

27. (イ)サムエル  信仰  ますます 強く なっ    なぜ です か。(ロ)サムエル  模範  つい て,あなた  どう 感じ ます か。

27 サムエル  晩年 に,サウル  代わり    ダビデ  選ば   エホバ  決定  正しさ  一層 はっきり  理解  まし た。サウル  ねたみ  気持ち から 殺意  抱い たり,背教  たり する まで  なっ    対し,ダビデ  勇気,忠誠,信仰,忠節  いっ  優れ  特質  示し   です。サムエル  信仰 は,生涯  終わり  近づく  つれ,ますます 強く なり まし た。サムエル は,どんな  ひどい 落胆  あっ  も,エホバ  いやし たり,解決  たり,祝福  変え たり する こと  おでき  なる,と いう こと  知り まし た。そして,100  近い 非凡  生涯  記録  残し  死に まし た。全 イスラエル  この 忠実      嘆き悲しん    当然 です。今日  エホバ   たち が『わたし  サムエル  信仰  倣う だろ  か』と 自問 する   良い こと です。

^ 24節 サムエル  自ら アガグ  処刑  まし た。邪悪   アガグ  その 家族  容赦  れる  値し ませ  でし た。何 世紀   の「アガグ  ハマン」は,アガグ  子孫 だっ  よう です。ハマン      根絶  よう   まし た。―エス 8:3。本書 15 章,16  参照。