内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

その信仰に倣う

  10 

清い崇拝を擁護した人

清い崇拝を擁護した人

1,2. (イ)イスラエル    どんな 窮状  あり まし  か。(ロ)カルメル  で,エリヤ    どんな 敵対  たち  集まり まし  か。

エリヤ は,大勢    重い 足取り  カルメル   登っ  来る   見つめ   ます。早朝  薄明かり    も,人々  窮状  ありあり  見て取れ ます。3    及ぶ 干ばつ  打ちのめさ   いる  です。

2   そびやかし  登っ  来る   バアル  預言  450  です。誇り高ぶり,エホバ  預言  エリヤ  対する 燃える よう  憎しみ  抱い   ます。大勢  エホバ   たち  王妃 イゼベル  よっ  処刑      かかわら ず,エリヤ  まだ 頑強  バアル 崇拝  抵抗    ます。しかし,いつ まで そう できる でしょ  か。それら バアル  祭司 たち は,たっ       自分 たち 全員  打ち負かせる はず  ない,と 考え  いる よう です。( 一 18:4,19,20)王  兵車  乗っ  アハブ      ます。彼  エリヤ  嫌っ   ます。

3,4. (イ)この 重要    夜明け  エリヤ  幾らか 恐れ  感じ      しれ ない,と 言える   なぜ です か。(ロ)これ から どんな   考え ます か。

3 この 孤独  預言   とっ て,今日  人生  おける 特別    なり ます。エリヤ  見守る 中,前例  ない 劇的 な,善    対決  舞台  整っ  ゆき ます。夜  明け  ゆく 時,エリヤ  どう 感じ  でしょ  か。エリヤ  恐れ知ら      あり ませ ん。「わたしたち  同様  感情  持つ 人」です。ヤコブ 5:17  読む。少なく   一つ    確か です。不 信仰   と,背教    と,殺意  満ち  祭司 たち  囲ま れ,エリヤ  自分  全く 独りぼっち  ある こと  ひしひし  感じ   まし た。― 一 18:22

4 そもそも イスラエル  どうして この よう  危機  状況  陥っ   でしょ  か。この 記述 は,今日  わたしたち  どの よう  関係  あり ます か。エリヤ  信仰  模範  調べ,実際   教訓   ましょ う。

長年  争い  最高潮  達する

5,6. (イ)イスラエル   どんな 争い  続い   まし  か。(ロ)アハブ   どの よう    エホバ  ひどく 怒らせ まし  か。

5 エリヤ  これ まで ずっ と,この     有する 最良  もの  無視 され 踏みにじら  れる  を,なす すべ  なく    まし た。イスラエル   長年,一つ  争い  続い   ます。清い 宗教  偽り  宗教  争い,エホバ   崇拝  周辺  国民  偶像 礼拝  争い です。エリヤ  時代  は,その 争い  ひときわ 激化    ます。

6 アハブ   エホバ  ひどく 怒らせ まし た。シドン     イゼベル  結婚    です。イゼベル は,イスラエル  国中  バアル 崇拝  広め  エホバ  崇拝  根絶  よう  決意    ます。アハブ  すぐ 彼女  言いなり  なっ て,バアル  ため  神殿  祭壇  造り,その 異教      かがめる こと  率先  ます。― 一 16:30‐33

7. (イ)バアル 崇拝  エホバ  非常  怒らせ    なぜ です か。(ロ)エリヤ  時代  干ばつ  期間  つい  聖書  記述  矛盾  ない,と 言える   なぜ です か。( 囲み 含む。)

7 バアル 崇拝  エホバ  非常  怒らせ    なぜ でしょ  か。バアル 崇拝  イスラエル  たぶらかし,多く    まこと   から 引き離し まし た。この 嫌悪  べき 残忍  宗教   神殿 男娼  神殿 娼婦  おり,性的 乱交 や,子ども  生贄 さえ 行なわ    ます。その ため エホバ は,アハブ  もと  エリヤ  遣わし,神  預言   終わり  宣言 する まで 干ばつ  続く  あろ   告げ させ まし た。( 一 17:1)数  後,エリヤ  アハブ  会い,民  バアル  預言  たち  カルメル   集める よう   命じ まし た。 *

バアル 崇拝  主要  特徴  現代   広く  られる

8. バアル 崇拝  関する この 記述 は,わたしたち  とっ  どんな 意味  あり ます か。

8 この 争い は,今日  わたしたち  とっ  どんな 意味  ある でしょ  か。自分  周り   バアル  神殿  祭壇  ない から バアル 崇拝  自分   無縁 だ,と 考える   いる でしょ う。しかし,この 記述  単なる 古代  歴史   あり ませ ん。(ロマ 15:4)「バアル」と いう   は「所有 者」や「主人」と いう 意味  あり ます。エホバ    に,自分 たち の「バアル」つまり“夫 たる 所有 者”と   エホバ  選ぶ べき  ある こと  お告げ  なり まし た。(イザ 54:5)現代  人々 も,全能   以外  様々  主人  仕え  いる    ない でしょ  か。人々 は,エホバ  崇拝 する    なく,金銭,仕事,レクリエーション,性的  快楽  いっ  神々  仕える こと  人生  費やし   ます。それら  自分  主人    選ん  いる  です。(マタ 6:24。ローマ 6:16  読む。バアル 崇拝  主要  特徴  現代   広く  られ ます。だれ  仕える   関し  賢明  選択  する うえ で,古代  おける エホバ  バアル  対決  参考  なり ます。

 「ふらつい  いる」― どの よう に?

9. (イ)カルメル   バアル 崇拝  正体  暴く   ぴったり  場所  あっ    なぜ です か。(脚注  参照。)(ロ)エリヤ      言い まし  か。

9 カルメル    から は,周囲 一帯  見渡せ ます。眼下   キション  奔流    あり,すぐ 近く  大海(地中海)が,はるか 北方  レバノン 山脈  見え ます。 * しかし,争い  最高潮  迎える この 日,太陽  昇る と,辺り  ぞっ  する よう  眺め です。エホバ  アブラハム  子孫  お与え  なっ  肥沃  土地 は,今や   とばり  覆わ    ます。灼熱  太陽  激しく 焼か れ,神    愚行  よっ  損なわ   いる  です。民  集まる と,エリヤ  彼ら  近づい て,こう 言い ます。「あなた方  いつ まで,二つ  異なっ  意見    ふらつい  いる  です か。もし,エホバ  まこと    あれ ば,これ  従っ  行き なさい。 しかし,もし バアル  そう  あれ ば,それ  従っ  行き なさい」。― 一 18:21

10.   どの よう に「二つ  異なっ  意見    ふらつい て」い まし  か。どんな 基本   真理  忘れ   まし  か。

10 「二つ  異なっ  意見    ふらつい  いる」と 述べ  エリヤ は,何  言お        でしょ  か。民 は,エホバ  崇拝  バアル  崇拝 か,どちら   選ば なけれ  なら ない,と いう こと  理解    ませ ん。その 二つ  両立 できる,つまり 忌まわしい 儀式  よっ  バアル  なだめ つつ,エホバ   恵み  求める こと  できる,と 思っ  いる  です。バアル  作物  家畜  祝福   くれ,「万軍  エホバ」は 戦い  おい  保護   くれる,と 考え       しれ ませ ん。(サム 一 17:45)民  基本   真理  忘れ   まし た。エホバ  崇拝  だれ   分け合っ たり  され ない,と いう 真理 です。今日  多く    その   理解    ませ ん。エホバ  全き 専心  要求   おら れ,それ  受ける  ふさわしい  です。エホバ  崇拝    何らか  崇拝  混ぜ合わせる なら,エホバ  それ  受け入れ られ ませ ん。それ  エホバ  怒り さえ 引き起こす  です。―出エジプト 記 20:5  読む。

11. カルメル   エリヤ  語っ  言葉 は,自分  優先 順位  崇拝   吟味 する うえ  どの よう  役立つ  思い ます か。

11 イスラエル  は,二つ    同時  歩も   する   よう に「ふらつい て」い まし た。今日  も,同様  間違い  犯す   大勢  ます。何らか の“バアル”が 生活  忍び込ん  エホバ  崇拝  押しやる   許し  しまう  です。ふらつく   やめ なさい  いう エリヤ  明快  呼びかけ は,わたしたち  自分  優先 順位  崇拝   吟味 する   役立ち ます。

最高潮  なす 対決

12,13. (イ)エリヤ  どんな 対決  提案  まし  か。(ロ)エリヤ  よう  エホバ   確信  抱い  いる こと を,どの よう  示せ ます か。

12 次い  エリヤ は,一つ  対決  提案  ます。対決  方法  簡単 です。バアル  祭司 たち  エリヤ が,それぞれ 一つ  祭壇  築い て,その   犠牲  置き,火  つけ  くれる よう 自分    祈る  です。「火  よっ  答える……神 こそ まこと   です」と エリヤ  言い ます。エリヤ は,どちら  まこと     よく 知っ   まし た。強い 信仰  抱い     で,ためらう こと なく    バアル  預言  たち  有利  なる よう   ます。まず 彼ら に,犠牲  する 雄牛  選ば せ,バアル  呼びかけ させ ます。 * 一 18:24,25

 13 現代 は,奇跡  生じる 時代   あり ませ ん。と  いえ,エホバ  変わっ   おら  ませ ん。わたしたち  エリヤ  よう に,エホバ   確信  抱け ます。聖書  教え  異議  唱える   会っ  場合,恐れ  に,まず その   意見  述べ させる こと  でき ます。エリヤ  同じく,まこと    決着  つけ  くださる こと  信頼  置く  です。自分  頼る    なく,神  霊感  もと  記さ   み言葉  頼る こと  よっ て,そう  ます。み言葉  は「物事  正(す)」力  ある  です。―テモ 二 3:16

エリヤ は,バアル 崇拝  ばかげ  いかさま  ある こと  知っ  おり,神    それ  悟ら  たかっ 

14. エリヤ  バアル  預言  たち  どの よう  あざけり まし  か。なぜ です か。

14 バアル  預言  たち  犠牲  整え,自分 たち    呼びかけ ます。「ああ,バアル よ,答え  ください!」と       叫び ます。叫び続け,時間  刻々  過ぎ  ゆき ます。「しかし,何    なく,答える   なかっ た」と 聖書  述べ   ます。真昼  なる と,エリヤ  彼ら  あざけり 始め ます。皮肉 たっぷり に,きっと バアル  忙しすぎ  答え られ ない  だろ う,あるいは 屋外 便所    足し  いる  か,昼寝      だれ   起こし  もらわ なけれ  なら ない    しれ ない,と 言い ます。「声  限り  呼べ」と,ぺてん  たち  あおり ます。エリヤ は,バアル 崇拝  ばかげ  いかさま  ある こと  知っ  おり,神    それ  悟ら  たい  です。― 一 18:26,27

15. バアル  祭司 たち   は,エホバ 以外  主人  選ぶ こと  愚か   どの よう  示し   ます か。

15 あざけら   バアル  祭司 たち  狂っ  よう  なり,「声  限り  呼ばわっ たり,彼ら  習わし  したがって 短剣  小槍    傷つけ たり  て,ついに その     流れ出さ せる よう に」なり ます。しかし,全く 無駄 です。「何    なく,答える   なく,注意  払わ れる こと  なかっ た」と 記さ    ます。( 一 18:28,29)バアル など 実在  ない  です。人々  エホバ から 引き離す ため  サタン  捏造   もの  すぎ ませ ん。エホバ 以外  主人  選ぶ なら,失望 し,恥  かく こと  なり ます。―詩編 25:3; 115:4‐8  読む。

答え  与え られる

16. (イ)カルメル   エリヤ  エホバ  祭壇  修理 する    て,民  どんな こと  思い出し    しれ ませ  か。(ロ)エリヤ     確信  さらに どの よう  示し まし  か。

16 午後 遅く,エリヤ  犠牲  ささげる   なり ます。エリヤ は,清い 崇拝  敵対  たち  よっ  壊さ      思わ れる エホバ  祭壇  修理  ます。その  際,12     用い ます。10 部族  イスラエル  人々 に,彼ら     12 部族 全体  与え られ  律法    いる こと  思い出さ せる ため でしょ う。それ から エリヤ は,犠牲  置き,すべて    びしょぬれ  させ ます。水  近く  地中海 から くん       しれ ませ ん。さらに,祭壇  周囲  掘っ  みぞ    満たし ます。先 ほど  すべて  バアル  預言  たち  有利  なる よう   まし  が,今度  すべて  エホバ  不利  なる よう   ます。それ ほど まで     確信  強かっ   です。― 一 18:30‐35

エリヤ  祈り   で,今    気遣っ  いる こと  言い表わし た。エホバ が「彼ら    引き返さ  て」くださる    たい,と 切望     から  ある

17. エリヤ  祈り  は,彼    優先       どの よう  表われ   ます か。わたしたち  祈り  おい  どの よう  エリヤ  倣え ます か。

17 準備  すべて 整う と,エリヤ  祈り  ささげ ます。簡潔 ながら  力強い その 祈り  は,エリヤ    優先       よく 表われ   ます。まず   に,バアル   なく エホバ が「イスラエル  おい  神」で ある こと  知らさ れる よう に,と 祈り ます。次 に,自分  エホバ       務め  果たし  いる こと    知り,すべて  栄光  誉れ    帰さ れる よう に,と 祈り ます。そして 最後 に,今    気遣っ  いる こと  言い表わし ます。エホバ が「彼ら    引き返さ  て」くださる    たい,と 切望   いる  です。( 一 18:36,37)民   信仰  ゆえに 極めて 悲惨  状況  生じ  いる   かかわら ず,エリヤ       愛し   ます。わたしたち     祈り   で,謙遜 さ,神  み名  対する 深い 関心,助け  必要  人々   同情  表わす こと  でき ます。

18,19. (イ)エホバ  エリヤ  祈り  どの よう  お答え  なり まし  か。(ロ)エリヤ      命じ まし  か。バアル  祭司 たち  憐れみ  受ける  値し なかっ    なぜ です か。

18 エリヤ  祈る 前,群衆 は,エホバ  バアル  同じく まやかし  ある こと  露呈 する    ない か,と 考え    しれ ませ ん。しかし 祈り    は,考える  など あり ませ ん。こう 記さ    ます。「すると,エホバ    降っ   て,焼燔  捧げ物         食らい 尽くし,みぞ    あっ    なめ尽くし た」。( 一 18:38)目  みはる よう  答え です! 民  どう 反応 する でしょ  か。

「すると,エホバ    降っ  来(た)」

19   皆,「エホバ こそ まこと   です! エホバ こそ まこと   です!」と 叫び ます。( 一 18:39)ようやく その 真理  悟っ   です。と  いえ,民  まだ 少し  信仰  示し   ませ ん。実  ところ,祈り  答え     から   降っ  来る       エホバ  まこと    ある こと  認め  から  いっ て,信仰   はっきり 表わし  こと   なり ませ ん。そこで エリヤ は,それ 以上  こと  求め ます。何     行なう べき だっ  こと  する よう に,つまり エホバ  律法  従う よう   求め ます。神  律法  よれ ば,偽 預言   偶像 礼拝     処せ られる べき でし た。(申 13:5‐9)バアル  祭司 たち  エホバ   あくまで  敵対 し,エホバ  目的  逆らう こと  故意  行なっ   ます。彼ら  憐れみ  受ける  値する でしょ  か。考え    ください。大勢    ない 子ども たち  バアル   犠牲    生き  まま 焼か  まし た。彼ら  その  たち  どれ ほど  憐れみ  示し  でしょ  か。箴言 21:13  読む。エレ 19:5)ですから,これら  祭司 たち   憐れみ  受ける 余地 など 全く あり ませ ん。それ  エリヤ  祭司 たち  処刑  命じ,彼ら  処刑   ます。― 一 18:40

20. エリヤ  よる 処刑  関する 現代  批評  たち  非難  事実  基づい   ない,と 言える   なぜ です か。

20 現代  一部  批評  は,カルメル    この 対決  結末  非難  ます。狂信   これ  根拠    宗教   寛容  暴力 行為  正当  する    ない か,と 心配 する    ます。残念 ながら,今日,暴力   狂信   たくさん  ます。しかし,エリヤ  狂信    あり ませ ん。エホバ  代理    公正  処刑  行なっ   です。さらに   クリスチャン は,邪悪   たち  対し    取る   エリヤ  倣う わけ   ゆか ない,と いう こと  知っ   ます。イエス  弟子 すべて  ため  規準  ある から です。その 規準 は,ペテロ  対する イエス    言葉  示さ    ます。「あなた        納め なさい。すべて   取る     よっ  滅びる  です」。(マタ 26:52)将来,エホバ  み子  用い  ご自分  公正  施行   ます。

21. 今日    クリスチャン  どんな   エリヤ  模範  倣え ます か。

21   クリスチャン  は,信仰  生活  送る 責任  あり ます。(ヨハ 3:16)そう する ため  一つ  方法 は,エリヤ  よう  信仰    倣う こと です。エリヤ は,エホバ だけ  崇拝 し,そう する よう     励まし まし た。人々  エホバ から 引き離す ため  サタン  用い    宗教  いかさま  ある こと を,大胆  暴露  まし た。そして,自分  能力  考え  頼る    なく,エホバ  決着  つけ  くださる こと  信頼  置き まし た。エリヤ  清い 崇拝  擁護  まし た。わたしたち  ぜひ その 信仰  倣い ましょ う。

^ 9節 通常,カルメル   豊か  場所 です。湿気  含ん  海風    斜面  ぶつ かっ  上昇 する 時,雨  降らせ たり,多量    残し たり する から です。バアル    もたらす   され     で,この   バアル 崇拝  とっ  重要  場所 だっ  よう です。乾い  不毛    なっ  カルメル は,バアル 崇拝  いかさま  ある こと  暴く   ぴったり  場所 でし た。

^ 12節 エリヤ  バアル  預言  たち に,犠牲 に「火  つけ   なり ませ ん」と 言い まし た。学  たち  よる と,偶像 礼拝  たち は,下部  秘密  空洞  ある 祭壇  用い て,超 自然   方法    つい    よう  見せかける こと  あり まし た。