内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

統治体からの手紙

統治体からの手紙

親愛​なる​兄弟​姉妹​へ

一般​用「ものみの塔」誌​の​最初​の​号​で​ある​2008​年​1​月​1​日​号​から,「その​信仰​に​倣う」と​題する​心​を​引きつける​記事​の​連載​が​始まり​まし​た。うれしい​こと​に,この​記事​は​それ​以来​3​か月​に​一度​掲載​さ​れ​て​き​まし​た。

どんな​反響​が​あっ​た​でしょ​う​か。ある​女性​は​マルタ​の​記事​の​感想​を​次​の​よう​に​書い​て​い​ます。「まるで​自分​の​こと​を​読ん​で​いる​みたい​で,笑っ​て​しまい​まし​た。わたし​も,上手​に​もてなし​たい,あれ​も​これ​も​し​たい​と​いつも​思っ​て​いる​の​で,ちょっと​手​を​止め​て​友人​たち​と​楽しく​過ごす​の​を​忘れ​て​しまう​こと​が​あり​ます」。十​代​の​少女​が​エステル​の​記事​から​学ん​だ​点​は​興味深い​もの​です。こう​述べ​て​い​ます。「正直​言っ​て,服​や​最新​の​ファッション​に​夢中​に​なっ​て​しまう​こと​が​あり​ます。ちゃんと​し​た​格好​は​す​べき​です​が,服装​の​こと​に​気​を​取ら​れ​過ぎ​ない​よう​に​し​たい​です。エホバ​に​とっ​て​大切​な​の​は,わたしたち​が​どんな​人​な​の​か​と​いう​こと​です」。使徒​ペテロ​の​記事​に​つい​て,一​人​の​姉妹​は​熱く​こう​語っ​て​い​ます。「読み出す​と​やめ​られ​なく​なり​まし​た。臨場​感​たっぷり​でし​た。推論​を​もと​に​し​て​書か​れ​て​いる​部分​を,いろいろ​想像​し​ながら​読む​こと​が​でき​まし​た」。

この​他​に​も,感謝​の​手紙​が​数えきれ​ない​ほど​寄せ​られ​て​い​ます。確か​に,使徒​パウロ​が​昔​に​述べ​た​とおり​です。「以前​に​書か​れ​た​事柄​は​皆​わたしたち​の​教え​の​ため​に​書か​れ」まし​た。(ロマ 15:4)エホバ​は,わたしたち​に​大切​な​教訓​を​与える​ため​に,こう​し​た​物語​を​聖書​に​記録​さ​せ​た​の​です。わたしたち​は​皆,真理​を​学ん​で​どれ​ほど​の​年数​が​たっ​て​い​よう​と,そこ​から​学ぶ​こと​が​でき​ます。

この​本​を​すぐ​に​読み​始める​よう​心​から​お勧め​し​ます。家族​の​崇拝​で​用い​て​ください。子ども​たち​は​きっと​喜ぶ​こと​でしょ​う。会衆​の​聖書​研究​で​学ぶ​際​は,その​機会​を​一度​も​逃さ​ない​よう​に​し​ましょ​う。時間​を​取っ​て,じっくり​読ん​で​ください。想像​力​を​働かせ,登場​人物​が​どう​感じ​た​か,どんな​もの​が​見え​た​か​を​イメージ​し​て​み​ましょ​う。自分​が​その​人物​だっ​たら​どう​行動​し​た​だろ​う​か,と​考え​て​ください。

この​本​を​出版​でき​た​こと​を​本当​に​うれしく​思い​ます。あなた​と​ご家族​が​この​本​から​大きな​益​を​受け​られ​ます​よう​に。心​から​の​愛​を​こめ​て,

Governing Body of Jehovah's Witnesses

(エホバ​の​証人​の​統治​体)