アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

その信仰に倣う

  7 

少年は「エホバのみもとで成長していった」

少年は「エホバのみもとで成長していった」

1,2. どんな 状況  サムエル  イスラエル    語りかけ まし  か。彼ら  悔い改め させる 必要  あっ    なぜ です か。

サムエル は,ギルガル    集まっ      じっ   ます。預言  また 裁き人    何十   忠実  仕え    サムエル    召集    です。今    言え  5   6   当たり,すでに 乾期  入っ   ます。辺り     黄金色  小麦  収穫  待っ   ます。群衆  押し黙っ   ます。サムエル  どう すれ  人々    動か せる でしょ  か。

2   事態  深刻   理解    ませ ん。自分 たち  支配   くれる 人間    しきり  求め   ます。自分 たち   エホバ  その 預言   甚だ しく 不敬  態度  取っ  いる こと  自覚    ませ ん。実  ところ,王  ある エホバ  退け  いる  です。サムエル  どう すれ  人々  悔い改め させる こと  できる でしょ  か。

少年 時代  サムエル から,悪い 影響   さらさ    エホバ   信仰  築く こと  つい  多く  学べる

3,4. (イ)サムエル  自分  若かっ    こと  述べ    なぜ です か。(ロ)サムエル  信仰  模範  今日  わたしたち  とっ  有益    なぜ です か。

3 サムエル は,「わたし は,年老い  白髪  なり まし た」と 群衆  語り ます。白髪 ゆえ に,語る 言葉  いっそう  重み  あり ます。そして こう 続け ます。「わたし は ― 若い  から 今日  至る まで あなた方    歩ん   まし た」。(サム 一 11:14,15; 12:2)年老い    いえ,若い   こと  まだ 鮮明  覚え   ます。少年    下し  幾つ   決定  その   人生  方向づけ,サムエル  エホバ    信仰  専心  生き方  貫い   まし た。

4 サムエル は,信仰  築い  保つ よう 努力  なけれ  なり ませ  でし た。周囲  人々   信仰   忠節  ある 場合  少なく なかっ  から です。今日  わたしたち も,信仰  築く   かなり  努力  求め られ ます。堕落    信仰       生活   いる から です。ルカ 18:8  読む。では,サムエル  模範 から   学べる  考え   ましょ う。まず,幼い   サムエル  注目  ます。

「少年   て……エホバ    奉仕    た」

5,6. サムエル は,普通   違う どんな 子ども 時代  送り まし  か。サムエル  両親  息子  シロ  世話   もらえる  確信       なぜ です か。

5 サムエル は,普通   違う 子ども 時代  送り まし た。乳離れ     なく,おそらく 3   少し くらい   に,シロ  ある エホバ  神聖  幕屋  奉仕 する 生活  始め ます。シロ  郷里 ラマ から 30  以上 離れ    あり ます。両親  エルカナ  ハンナ  サムエル  特別  奉仕  ため  エホバ  ささげ,サムエル  生涯  わたる ナジル   なり まし た。 * これ は,サムエル    愛さ  ず,捨て られ  しまっ   いう こと でしょ  か。

6 決して そう   あり ませ ん。両親  サムエル  シロ  世話   もらえる こと  知っ   まし た。きちんと 世話  なさ れる よう  祭司 エリ  取り計らっ  くれ   違いあり ませ ん。サムエル  エリ  そば  仕え  から です。シロ  は,幕屋  関連   奉仕  する 女性 たち   まし た。その 奉仕  組織   行なわ     よう です。―出 38:8。裁 11:34‐40

7,8. (イ)サムエル  両親  毎年,息子  どんな 愛情 深い 励まし  与え まし  か。(ロ)親  ある   サムエル  両親 から   学べ ます か。

7 ハンナ  エルカナ は,祈り  聞か   授かっ  大切  最初    こと  忘れ たり   ませ ん。ハンナ        願い求め,その   生涯  わたる 神聖  奉仕  ため  ささげる  約束  まし た。ハンナ  毎年,幕屋  行く  に,息子  そこ   奉仕    着る 新しい そでなし  上着  持っ  行き ます。少年 サムエル は,その 訪問  楽しみ      こと でしょ う。幕屋  いう 特別  場所  エホバ  仕える   大きな 特権  ある こと  両親 から 教え られ,その 愛情 深い 励まし  導き  こたえ て,すくすく  成長   いっ   違いあり ませ ん。

8   ある   ハンナ  エルカナ から 多く  学べ ます。子育て  おい て,物質   事柄  重視 し,霊的  必要  おろそか  する   少なく あり ませ ん。しかし,サムエル  両親  霊的  もの      まし た。そして それ は,サムエル  どんな 大人  なる   大きな 影響  与え まし た。―箴言 22:6  読む。

9,10. (イ)幕屋  どんな  でし  か。少年 サムエル  その 神聖  場所  つい  どう 感じ   まし  か。(脚注  参照。)(ロ)サムエル   どんな 務め  あり まし  か。今日,若い  たち  サムエル  模範  どの よう  倣え ます か。

9 少年 サムエル  シロ  周囲    散策   いる 様子  思い描い     ください。丘   から シロ    その   広がる   眺める と,エホバ  幕屋  見え ます。サムエル     喜び  誇らしい 気持ち  湧き上がっ  こと でしょ う。幕屋  まさに 神聖  場所 でし た。 * 400  ほど   モーセ  指示  もと  造ら   幕屋 は,全 世界  おける エホバ  清い 崇拝  中心 だっ   です。

10 年若い サムエル  幕屋  愛する よう  なり まし た。後  こう 記し   ます。「サムエル は,少年   て,亜麻   エフォド  まとい,エホバ    奉仕    た」。(サム 一 2:18)この そでなし  簡素   は,サムエル  幕屋  祭司 たち  手伝い    いる こと  示す もの だっ  よう です。サムエル  祭司  家系     あり ませ  でし  が,幕屋  中庭  通じる    ごと  開け たり,老齢  エリ  仕え たり する 務め  与え られ   まし た。その よう  誉れ ある 務め  喜ん  果たして   純真  サムエル は,やがて 思い悩む よう  なり ます。エホバ   で,ひどい 悪行  なさ      です。

腐敗   人々    清さ  保つ

11,12. (イ)ホフニ  ピネハス  は,どんな 重大  欠陥  あり まし  か。(ロ)ホフニ  ピネハス  幕屋 で,どんな 邪悪  腐敗   事柄  行なっ   まし  か。(脚注  参照。)

11 少年 サムエル は,甚だ     腐敗     ます。エリ   ホフニ  ピネハス  いう    息子   まし た。サムエル  こう 記録    ます。「エリ  息子 たち  どう  よう  ない  たち  あっ た。彼ら  エホバ  認め なかっ た」。(サム 一 2:12)ここ  述べ られ  いる 二つ    関連  合っ   ます。ホフニ  ピネハス は,エホバ  全く   介し   なかっ  ゆえ に,「どう  よう  ない  たち」(字義 どおり  は「無 価値   ら」)だっ   です。彼ら  エホバ    規準  要求     思っ   ませ  でし た。二      すべて は,この 欠陥 から 生じ  もの でし た。

12   律法  は,祭司  務め  幕屋  犠牲  ささげる 手順  明記     まし た。それ   もっとも  理由  あり ます。そう   犠牲 は,罪  許す ため    備え  表わし     です。罪  許さ   人々   から   清く なり,神  祝福  導き  受ける こと  でき まし た。ところが,ホフニ  ピネハス は,他   祭司 たち  先頭  立っ て,極めて 不敬  仕方  捧げ物  扱っ   まし た。 *

13,14. (イ)誠実  人々 は,幕屋   邪悪  行ない から どんな 影響  受け   違いあり ませ  か。(ロ)エリ   祭司     父親     どの よう  務め  怠り まし  か。

13 少年 サムエル は,この よう  甚だ   権威  乱用  正さ    繰り返さ れる    て,目  丸く   こと でしょ う。多く    霊的  慰め     たい  願っ  神聖  幕屋  やっ   ます が,卑しめ られ,傷つけ られ,がっかり   去っ  行き ます。その   は,貧しく  立場  低い,虐げ られ  人々   ます。その よう  光景  サムエル       でしょ う。さらに ホフニ  ピネハス は,性 道徳  関する エホバ  律法  無視 し,幕屋  仕える 女性 たち  関係  持っ   まし た。サムエル は,それ  知っ  どう 感じ  でしょ  か。(サム 一 2:22)エリ       ほしい  思っ    しれ ませ ん。

サムエル は,エリ  息子 たち  悪い 行ない    思い悩ん   違いない

14   正す 最適任   エリ でし た。大 祭司   て,幕屋  起き  いる 事柄  つい  責任  あり,父親   て,息子 たち  正す 義務  あり ます。息子 たち は,イスラエル  無数  人々   自分 たち     及ぼし     です。しかし エリ は,大 祭司     父親     務め  怠り,息子 たち  やんわり  弱々しく たしなめる だけ です。サムエル  一 2:23‐25  読む。息子 たち  は,はるか  強い 懲らしめ  必要 でし た。死  値する   犯し    から です。

15. エホバ  エリ  どんな 強い 音信  伝え まし  か。エリ  家族  その 警告  どう 反応  まし  か。

15 ついに エホバ は,「神  人」すなわち 名前  挙げ られ   ない 預言   エリ  もと  遣わし,強い 裁き  音信  伝え させ ます。エホバ  エリ に,「あなた は……わたし より  自分     尊ん  いる」と 言わ  ます。そして,エリ  邪悪  息子 たち  同じ   うち  死ぬ こと と,エリ  家族  大きな 苦しみ  味わい,祭司  家系  いう 恵ま   立場  失う こと  予告 なさい ます。この 強烈  警告  与え られ て,エリ  家族  変わっ  でしょ  か。悔い改め   いう 記録  あり ませ ん。―サム 一 2:27–3:1

16. (イ)少年 サムエル  進歩  つい て,どんな こと  記録     ます か。(ロ)あなた は,そう   記録  どんな    温まる もの  感じ ます か。

16 この よう  腐敗   行ない  見聞き  て,少年 サムエル  どんな 影響  受け  でしょ  か。こう   暗い 記述    も,明るい 要素   て,サムエル  成長  進歩  様子  記録     ます。サムエル  一 2  18   は,サムエル  忠実 に「少年   て……エホバ    奉仕    た」と あり ます。年若く  も,    奉仕  中心    生活  送っ     です。さらに  温まる    て,21  は,「少年 サムエル  エホバ  みもと  成長   いっ た」と 記さ    ます。成長 する  つれ,天       強まっ  いっ   です。そう   エホバ   親しい 個人   関係 は,あらゆる 腐敗   行ない  対する 確実  保護  なり ます。

17,18. (イ)若い クリスチャン は,腐敗   行ない  見聞き   も,どの よう  サムエル  倣え ます か。(ロ)サムエル  正しく 歩ん  こと は,どんな こと から 分かり ます か。

17 サムエル は,『大 祭司  息子 たち  悪い こと    いる   から,ぼく  好き  こと    いい はず だ』と 考える こと  でき  でしょ う。しかし,権威  持つ   含め     腐敗   事柄  行なっ  いる    も,それ  言い訳      犯す   間違っ   ます。今日,多く  若い クリスチャン は,周囲  人々  悪い 手本  示し    も,サムエル  倣っ て「エホバ  みもと  成長  て」い ます。

18 その よう  歩ん  サムエル  どう なり まし  か。こう 記さ    ます。「その  ずっ と,少年 サムエル  ますます 大きく なり,エホバ  見地 から も,人々  見地 から  ますます 好ま れる よう  なっ た」。(サム 一 2:26)サムエル  人々 から,少なく   正しい 見方  する  たち から 好か  まし た。エホバ も,忠実  歩む この 少年  大切  され まし た。サムエル は,シロ  続い  いる すべて    対し    行動  れる はず   考え   違いあり ませ ん。しかし,いつ 行動  れる  でしょ  か。ある 晩,その 疑問  答え  与え られ ます。

「お話し ください。僕  聴い  おり ます から」

19,20. (イ)ある 晩,幕屋  サムエル  どんな こと  起き まし  か。(ロ)サムエル は,どの よう  エリ  接し まし  か。音信    だれ  ある   どの よう    知り まし  か。

19 夜明け  で,辺り  まだ 暗く,天幕  大きな  ともしび  明かり  揺らめい   ます。静けさ  中,サムエル  自分  名前  呼ぶ   聞き,エリ  呼ば    思い ます。エリ  非常  年老い  おり,目  ほとんど 見え ませ ん。サムエル  起き上がり,エリ  もと に「走っ て」行き ます。エリ  必要  こたえ よう    少年  はだし  駆け  行く 姿  思い描い    ください。敬意  こめ  親切  エリ  接する 態度  感心   られる    あり ませ  か。エリ は,多く    犯し      いえ,今   エホバ   祭司 でし た。―サム 一 3:2‐5

20 サムエル  エリ  起こし て,「はい,ここ  おり ます。私  お呼び  なり まし   で」と 言い ます。しかし エリ は,呼ん    ない から 戻っ   なさい,と 言い ます。ところが,同じ こと  もう 一度,そして さらに もう 一度 起き まし た。ついに エリ  事情  察し ます。当時,エホバ  ご自分      見せ たり 預言   音信  伝え たり する こと  まれ  なっ   まし た。それ  当然 です。しかし エリ は,エホバ  再び 語っ  おら れる こと に,しかも この 少年  語りかけ  おら れる こと  気づき ます。それで,戻っ  寝る よう 指示 し,ふさわしい 答え方  教え ます。サムエル  言わ   とおり   ます。やがて「サムエル,サムエル!」と いう   聞こえ,サムエル は「お話し ください。僕  聴い  おり ます から」と 答え ます。―サム 一 3:1,5‐10

21. 今日,どの よう    エホバ    聴く こと  でき ます か。そう する こと  大切    なぜ です か。

21 こう   エホバ  シロ に,ご自分    聴く   持つ こと  なり まし た。エホバ    聴く こと は,サムエル  生活    なり まし た。あなた  いかが です か。夜間   自然    聞こえ  くる   待つ 必要 など あり ませ ん。今日,ある 意味 で,神    いつ   聴く こと  でき ます。全巻 そろっ    言葉 聖書  通し  聴く こと  できる  です。神    聴い  それ  こたえ応じれ  応じる ほど,信仰  強く なり ます。サムエル  場合  そう でし た。

サムエル  恐れ  感じ  が,エホバ から  裁き  音信  忠実  エリ  伝え 

22,23. (イ)サムエル  当初 伝える こと  恐れ  音信 は,どの よう  成就  まし  か。(ロ)サムエル  評判  どの よう  高まっ  ゆき まし  か。

22 シロ   その  は,サムエル  人生  おける 大きな 節目  なり まし た。その  から 特別  意味  エホバ  知る よう  なり,神 ご自身  預言  また 代弁   なっ  から です。この 少年  当初,エホバ から  音信  エリ  伝える こと  恐れ まし た。その 音信 は,エリ  家族  対する 預言    なく 成就 する  いう 最終 宣告 だっ  から です。と  いえ,サムエル  勇気  奮い起こし  語り,エリ  謙遜    裁き  受け入れ ます。程なく  て,エホバ  言わ   こと  すべて 実現  ます。イスラエル  フィリスティア   戦い,ホフニ  ピネハス      同じ   うち  殺さ  ます。エリ も,エホバ  神聖    奪い取ら   こと  聞い  死に ます。―サム 一 3:10‐18; 4:1‐18

 23 忠実  預言      サムエル  評判 は,ますます 高まっ  ゆき ます。エホバ が「彼    おら れ」,サムエル  預言  一つ    果たさ  ない まま   され なかっ た,と 記さ    ます。―サムエル  一 3:19  読む。

「サムエル  エホバ  呼び求める」

24. やがて イスラエル   どんな こと  要求  まし  か。それ  重大   だっ    なぜ です か。

24 イスラエル   サムエル  指導  従い,霊的  忠実    なっ   でしょ  か。そう   あり ませ ん。彼ら  やがて,単なる 預言   自分 たち  裁く だけ   物足りない  考える よう  なり まし た。他  国民  同じ よう  なり たい,人間    治め  もらい たい  思っ   です。サムエル  エホバ  指示  従い,民  求め  応じ ます。しかし,イスラエル  彼ら    大きさ  教え なけれ  なり ませ ん。彼ら  退け    単なる 人間   なく,エホバ ご自身 だっ   です。その ため,サムエル    ギルガル  召集  ます。

サムエル  信仰  抱い  祈り,エホバ  それ  答え  雷雨  起こさ  

25,26. 年老い  サムエル  ギルガル で,どの よう    エホバ  対する   重大     悟ら  まし  か。

25 冒頭  緊迫   場面  戻り ましょ う。ギルガル  サムエル  イスラエル  話し ます。年老い  サムエル は,自分  忠誠  歩み  貫い    こと  イスラエル  思い起こさ   後,「エホバ  呼び求め」ます。雷雨  求め   です。―サム 一 12:17,18

26 乾期  雷雨  起きる  でしょ  か。そんな こと  聞い  ためし  あり ませ ん。民     疑い  あざけり  生じ    しれ ませ ん。しかし,それ  長く  続き ませ ん。突如,黒い     覆い ます。風    小麦  なぎ倒し,耳  つんざく よう  雷鳴  とどろき,雨  降っ   ます。人々  どう 反応  ます か。「民  皆,エホバ  サムエル   大いに 恐れ」ます。ようやく,犯し    重大   悟っ   です。―サム 一 12:18,19

27. サムエル  信仰  倣う 人々  つい て,エホバ  どう お感じ  なり ます か。

27   反抗     動かし   は,サムエル   なく,サムエル   エホバ でし た。サムエル  若い  から 老齢  至る まで エホバ  信仰  置き,エホバ    報い  お与え  なっ   です。エホバ    変わっ  おら  ませ ん。サムエル  信仰  倣う 人々  支え  おら  ます。

^ 5節 ナジル  は,飲酒    切る こと など  禁じる 誓約  もと  あり まし た。ほとんど    期間  限っ  その よう  誓約  立て まし た。しかし 少数 ながら,サムソン,サムエル,バプテスト  ヨハネ など,生涯  わたる ナジル    まし た。

^ 9節 この  なる   長方  で,基本   は,木  枠組み  支え られ  大きな 天幕 でし た。と  いえ,最上  材料  造ら   おり,あざらし  皮,美しい 刺しゅう  施さ   布,銀    かぶせ  高価  木材  用い られ   まし た。幕屋  周り  長方   中庭 で,そこ   犠牲  ささげる ため  堂々 たる 祭壇  あり まし た。後 に,幕屋  両側 に,祭司 たち  使う ため  幾つ   部屋  設け られ  よう です。サムエル  それら  部屋  一つ       でしょ う。

^ 12節 不敬  行ない    二つ 記録     ます。第  に,律法  は,犠牲  捧げ物  どの 部分  食用    祭司  渡す べき   規定     まし た。(申 18:3)しかし,邪悪  祭司 たち  幕屋 で,それ   全く 違う こと     まし た。従者  命じ て,肉  煮え  いる 大釜  大きな 肉刺し  突き入れ させ,何  あれ   くる 良い   取ら      です。第  に,人々  祭壇  焼く ため  犠牲  持っ  来る と,邪悪  祭司 たち  従者  命じ  人々  脅さ せ,犠牲  脂肪  エホバ  ささげる       渡す よう  要求   まし た。―レビ 3:3‐5。サム 一 2:13‐17