「信仰​と​辛抱​と​に​よっ​て​約束​を​受け継ぐ​人々​に​見倣う​者​と​なる」。―ヘブライ 6:12

1,2. 今日,信仰​を​築く​の​が​きわめて​重要​な​の​は​なぜ​です​か。例え​で​説明​し​て​ください。

信仰。それ​は​非常​に​魅力​的​な​特質​を​表わす​美しい​言葉​です。と​は​いえ,信仰​と​いう​言葉​を​見聞き​し​た​時​に​は,“緊急”と​いう​言葉​に​つい​て​も​考える​べき​でしょ​う。信仰​が​ない​なら,緊急​に​得​な​けれ​ば​なり​ませ​ん。たとえ​信仰​が​ある​と​し​て​も,緊急​に​それ​を​守り​養う​必要​が​あり​ます。なぜ​でしょ​う​か。

2 広大​な​砂漠​を​横断​し​て​いる​と​し​ましょ​う。あなた​は​水​を​切実​に​必要​と​し​て​い​ます。水​を​見つけ​た​なら,太陽​の​熱​で​蒸発​し​ない​よう​に​守り,容器​に​補充​する​必要​が​あり​ます。そう​すれ​ば​目的​地​に​着く​まで​の​水​を​確保​できる​でしょ​う。今​の​世界​は,霊的​な​意味​で​砂漠​です。真​の​信仰​は,砂漠​に​おける​水​の​よう​に​希少​です。守り​補充​し​なけれ​ば,すぐ​に​なくなっ​て​しまい​ます。わたしたち​は​信仰​を​切実​に​必要​と​し​て​い​ます。水​無し​では​生き​られ​ない​よう​に,信仰​が​なけれ​ば​霊的​に​生き延びる​こと​が​でき​ない​から​です。―ロマ 1:17

3. わたしたち​が​信仰​を​築ける​よう,エホバ​は​何​を​備え​て​ください​まし​た​か。どんな​二つ​の​こと​を​する​必要​が​あり​ます​か。

3 エホバ​は,わたしたち​が​どれ​ほど​緊急​に​信仰​を​必要​と​し​て​いる​か,また​今​の​世​で​信仰​を​築い​て​保つ​の​が​どれ​ほど​難しい​か​を​ご存じ​です。だから​こそ,わたしたち​が​倣う​べき​模範​を​備え​て​くださっ​た​の​です。エホバ​は​パウロ​に​霊感​を​与え,「信仰​と​辛抱​と​に​よっ​て​約束​を​受け継ぐ​人々​に​見倣う​者​と​なる」よう​勧め​て​おら​れ​ます。(ヘブ 6:12)それゆえに,エホバ​の​組織​も,この​本​で​考慮​し​た​よう​な​忠実​な​男女​に​倣う​よう​懸命​に​努力​する​こと​を​励まし​て​き​まし​た。では,いま​何​を​す​べき​でしょ​う​か。次​の​二つ​の​こと​が​必要​です。(1)信仰​を​強め​続ける,(2)希望​を​鮮明​に​思い描き​続ける,と​いう​こと​です。

4. サタン​は​信仰​の​敵​で​ある​こと​を​どの​よう​に​示し​て​き​まし​た​か。わたしたち​が​あきらめる​べき​で​ない​の​は​なぜ​です​か。

4 信仰​を​強め​続ける。信仰​に​は,サタン​と​いう​強力​な​敵​が​い​ます。世​の​支配​者​サタン​は,この​事物​の​体制​を​砂漠​の​よう​な​所,信仰​を​保つ​の​が​厳しい​所​へ​と​変え​て​き​まし​た。力​の​点​で​は,わたしたち​は​サタン​に​到底​かない​ませ​ん。では,信仰​を​培っ​て​強める​こと​を,あきらめ​て​しまう​べき​です​か。決して​そう​し​て​は​なり​ませ​ん。エホバ​は,真​の​信仰​を​得​よう​と​する​人​すべて​に​とっ​て​強力​な​友​です。そして​エホバ​は,わたし​が​そば​に​いる​の​で,あなた​は​悪魔​に​立ち向かう​こと​が​でき,悪魔​は​あなた​から​逃げ去る,と​保証​し​て​くださっ​て​い​ます。(ヤコ 4:7)悪魔​に​立ち向かう​に​は,毎日​時間​を​取っ​て​信仰​を​強め,築き上げ​て​ゆく​必要​が​あり​ます。具体​的​に​何​が​でき​ます​か。

5. 聖書​中​の​忠実​な​男女​は​どの​よう​に​し​て​信仰​を​得​まし​た​か。説明​し​て​ください。

 5 これ​まで​見​て​き​た​よう​に,聖書​中​の​信仰​の​男女​は​生まれつき​忠実​だっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​人​たち​は,信仰​が​エホバ​の​聖霊​の​所産​で​ある​こと​の​生き​た​証拠​と​なり​まし​た。(ガラ 5:22,23)エホバ​に​助け​を​祈り​求め​て,信仰​を​強め​られ​た​の​です。わたしたち​も,それら​の​男女​に​倣い​ましょ​う。エホバ​は,聖霊​を​求め​て​祈り​に​調和​し​た​行動​を​する​人​に​寛大​に​ご自分​の​霊​を​お与え​に​なる,と​いう​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。(ルカ 11:13)では,他​に​も​できる​こと​が​ある​でしょ​う​か。

6. 聖書​の​記述​を​学ぶ​際,どう​すれ​ば​最大​の​益​が​得​られ​ます​か。

6 この​本​で​取り上げ​た​以外​に​も,優れ​た​信仰​の​模範​は​たくさん​あり​ます。ヘブライ 11:32を​読む。どれ​も,祈り​の​うち​に​真剣​な​態度​で​学ぶ​価値​が​あり​ます。信仰​の​人々​に​関する​聖書​の​記述​を​ざっと​読む​だけ​で​は,自分​の​信仰​を​しっかり​と​築く​こと​は​でき​ませ​ん。読ん​だ​内容​から​十分​に​益​を​得る​に​は,文脈​や​背景​を​深く​調べる​必要​が​あり​ます。それら​不​完全​な​男女​が「わたしたち​と​同様​の​感情」を​持つ​人​で​あっ​た​こと​を​いつも​覚え​て​おき​ましょ​う。そうすれば,彼ら​の​模範​は​一層​身近​な​もの​と​なり​ます。(ヤコ 5:17)感情​移入​を​すれ​ば,彼ら​が​わたしたち​と​同様​の​試練​や​問題​に​直面​し​た​なら​どう​感じ​た​だろ​う​か,と​想像​する​こと​が​でき​ます。

7‐9. (イ)聖書​時代​の​信仰​の​男女​は,今日​の​よう​な​方法​で​エホバ​を​崇拝​する​こと​を​どう​感じ​た​か​も​しれ​ませ​ん​か。(ロ)わたしたち​が​行動​に​よっ​て​自分​の​信仰​を​強める​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

7 また,わたしたち​は​行動​に​よっ​て​自分​の​信仰​を​強める​こと​が​でき​ます。「業​の​ない​信仰(は)死ん​だ​もの」だから​です。(ヤコ 2:26)これ​まで​に​取り上げ​て​き​た​信仰​の​男女​が,今日​の​わたしたち​に​エホバ​が​委ね​て​おら​れる​業​を​行なう​よう​命じ​られ​た​なら​どれ​ほど​喜ぶ​か,想像​し​て​み​て​ください。

8 例えば,アブラハム​は,荒野​に​築い​た​粗末​な​石​の​祭壇​の​前​で​は​なく,快適​な​王国​会館​や​大​規模​な​大会​で,組織​さ​れ​た​仲間​の​崇拝​者​たち​と​一緒​に​エホバ​を​崇拝​できる​と​告げ​られ​た​なら,どう​し​た​でしょ​う​か。その​集まり​で​は,自分​が「はるか​に」見る​こと​しか​でき​なかっ​た​約束​の​輝かしい​詳細​が​討議​さ​れ,説明​さ​れる​と​聞い​た​なら,どう​感じ​た​でしょ​う​か。ヘブライ 11:13を​読む。エリヤ​は,背教​し​た​邪悪​な​王​の​支配​下​で​エホバ​に​仕え​つつ,邪悪​な​バアル​の​預言​者​たち​を​処刑​する​任務​を​与え​られ​まし​た。でも,もし​人々​の​家​を​平和​に​訪問​し​て​慰め​と​希望​の​音信​を​伝える​よう​命じ​られ​て​い​た​なら,エリヤ​は​どう​反応​し​た​でしょ​う​か。聖書​に​登場​する​信仰​の​男女​は,今日​の​よう​な​方法​で​エホバ​を​崇拝​する​機会​に​大喜び​で​応じ​た​こと​でしょ​う。

9 ですから,行動​に​よっ​て​自分​の​信仰​を​強め​続け​ましょ​う。そうすれば,霊感​を​受け​た​神​の​言葉​に​記さ​れ​て​いる​信仰​の​男女​の​模範​を​実践​する​こと​に​ なり​ます。序章​で​考え​た​とおり,それら​の​人々​を​一層​身近​な​友​の​よう​に​感じる​でしょ​う。と​は​いえ,そう​し​た​友情​は,間​も​なく​現実​の​もの​と​なる​の​です。

10. 楽園​で​は,どんな​喜び​を​味わえ​ます​か。

10 希望​を​鮮明​に​思い描き​続ける。忠実​な​男女​は​どんな​時​も,神​の​与え​て​くださっ​た​希望​から​力​を​得​て​き​まし​た。あなた​も​そう​です​か。例えば,「義者……の​復活」で​生き返っ​て​くる​忠実​な​神​の​僕​たち​に​会える​喜び​を​想像​し​て​み​て​ください。使徒 24:15を​読む。そう​し​た​人​たち​に​どんな​こと​を​尋ね​て​み​たい​です​か。

11,12. 新しい​世​で,次​の​人​たち​に​どんな​質問​を​し​て​み​たい​と​思い​ます​か。(イ)アベル,(ロ)ノア,(ハ)アブラハム,(ニ)ルツ,(ホ)アビガイル,(ヘ)エステル。

11 アベル​に​会え​たら,両親​が​どんな​人​たち​だっ​た​か​尋ね​て​み​たい​と​思い​ませ​ん​か。また,こんな​質問​も​できる​か​も​しれ​ませ​ん。「エデン​へ​の​道​を​守っ​て​い​た​ケルブ​たち​に​話しかけ​た​こと​は​あり​ます​か。答え​て​くれ​まし​た​か」。ノア​に​は,こう​聞ける​でしょ​う。「ネフィリム​は​怖かっ​た​です​か。箱船​の​中​に​い​た​1​年​の​間,動物​たち​を​どんな​ふう​に​世話​し​た​ん​です​か」。アブラハム​に​は,「セム​と​話し​た​こと​は​あり​ます​か。だれ​から​エホバ​に​つい​て​教わっ​た​ん​です​か。ウル​を​離れる​の​は​大変​じゃ​なかっ​た​です​か」と​尋ね​たく​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

12 復活​し​て​くる​忠実​な​女性​たち​に​は,こんな​質問​が​できる​か​も​しれ​ませ​ん。「ルツ,あなた​は​どうして​エホバ​の​崇拝​者​に​なろ​う​と​思っ​た​ん​です​か」。「アビガイル,ダビデ​を​助け​た​こと​を​ナバル​に​話す​時,怖く​あり​ませ​ん​でし​た​か」。「エステル,聖書​に​記録​さ​れ​て​いる​出来事​の​後,あなた​と​モルデカイ​は​どう​なり​まし​た​か」。

13. (イ)復活​し​て​き​た​人​たち​は,あなた​に​どんな​質問​を​する​か​も​しれ​ませ​ん​か。(ロ)あなた​は,古代​の​忠実​な​男女​に​会える​と​いう​見込み​に​つい​て,どう​思い​ます​か。

13 こう​し​た​忠実​な​男女​も,あなた​に​質問​し​たい​こと​が​たくさん​ある​でしょ​う。終わり​の​日​の​最高潮​の​様子​や,困難​な​時期​に​エホバ​が​ご自分​の​民​を​どの​よう​に​祝福​なさっ​た​か​に​つい​て​話す​の​は,胸​の​躍る​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。彼ら​は,エホバ​が​すべて​の​約束​を​どの​よう​に​果たして​ゆか​れ​た​か​を​知っ​て,深く​感動​する​に​違いあり​ませ​ん。その​時​に​は,聖書​の​記録​に​登場​する​神​の​忠実​な​僕​たち​の​こと​を​あれこれ​想像​し​なく​て​も​よく​なり​ます。楽園​で​は​一緒​に​いる​こと​に​なる​から​です。それ​まで​の​間,それら​忠実​な​男女​を​自分​に​とっ​て​現実​的​な​存在​と​する​ため​に,できる​限り​の​こと​を​し​ましょ​う。その​信仰​に​倣い​続ける​の​です。あなた​が,そう​し​た​人​たち​の​親しい​友​と​なり,永遠​に​わたっ​て​一緒​に​エホバ​に​仕える​こと​が​でき​ます​よう​に。