アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

その信仰に倣う

  3 

「信仰を持つ人すべての父」

「信仰を持つ人すべての父」

1,2. ノア   以来,世界  どの よう  変わっ  しまい まし  か。アブラハム  その こと  つい  どう 感じ    よう です か。

アブラハム は,自分  住む 都市 ウル  そびえ立つ ジッグラト  見上げ ます。 * ジッグラト  上方 から  騒がしい   聞こえ,煙  立ち上っ   ます。月    祭司 たち  また 犠牲  ささげ  いる  です。アブラハム    背け,眉間  しわ  寄せ    振り ます。通り  雑踏      向かい ながら,ウル  はびこっ  いる 偶像 礼拝  つい  考え  こと でしょ う。ノア   以来,堕落   崇拝  よっ  世界   汚れ  広まっ   ます。

2 ノア  亡くなっ   は,アブラハム  生ま れる ちょうど 2   でし た。大 洪水 後,族長 ノア  家族  とも  箱船 から   エホバ   犠牲  ささげる と,神    現われる よう  され まし た。(創 8:20; 9:12‐14)その 当時  世界  は,清い 崇拝 しか あり ませ  でし た。しかし,ノア から     あたる 人々  誕生 し,地  増え広がる  つれ,清い 崇拝  行なう   ますます 少なく なり まし た。至る所  異教  神々  崇拝     ます。アブラハム  父親 テラ  さえ,偶像 礼拝  かかわっ   ます。テラ  偶像  作っ    よう です。―ヨシュ 24:2

アブラハム  どの よう    際立っ  信仰  模範  なっ  

3. 年月  重ねる  つれ,アブラハム  どんな 特質 ゆえに 周囲   異なる 存在  なり まし  か。アブラハム から どんな こと  学べ ます か。

3 しかし,アブラハム  違い ます。年月  重ねる  つれ,信仰 ゆえに ますます 周囲   異なる 存在  なっ   です。後  使徒 パウロ  霊感  もと に,「信仰  持つ  すべて  父」と 呼ん  ほど です。ローマ 4:11  読む。アブラハム  どうして その よう    なれ    考え   ましょ う。そうすれば,わたしたち   信仰  育む   役立つ 多く  事柄  学べ ます。

 洪水   世界  エホバ  仕える

4,5. アブラハム  だれ から エホバ  こと  学ん  可能   あり ます か。なぜ そう 言え ます か。

4 アブラハム  どの よう    エホバ   こと  学ん   でしょ  か。当時  エホバ   忠実   たち  地上   まし た。その    セム です。セム は,ノア  3   息子     年長   あり ませ  が,しばしば 最初  名前  挙げ られ   ます。それ は,セム  際立っ  信仰  示し  から でしょ う。 * 洪水  しばらく  て,ノア  エホバ を「セム  神」と 呼び まし た。(創 9:26)セム は,エホバ  清い 崇拝  敬意  示し まし た。

5 アブラハム  セム  知っ     でしょ  か。その 可能   あり ます。少年 だっ    アブラハム は,400  以上  わたる 人類   目撃     先祖  まだ 生き  いる こと  知っ て,胸  躍らせ  こと でしょ う。セム は,洪水   世界  邪悪  状態 や,その   地上 から 一掃    洪水   まし た。また,地上  人類  増え  国家  形成    ゆく 様子 や,バベル    ニムロデ  反逆  起こし  暗黒 時代     まし た。忠実  セム は,その 反逆  加わり ませ  でし た。その ため,エホバ    建設  たち  言語  混乱      も,セム  家族 は,人間  最初  言語,つまり ノア  話し    言語  引き続き   まし た。その 家系  アブラハム  生ま  まし た。そして,セム  深い 敬意  抱き ながら 成長    違いあり ませ ん。また,セム  アブラハム  生涯  かなり  期間 重なっ   まし た。ですから,アブラハム  セム から エホバ  こと  学ん  よう です。

アブラハム は,ウル  広く 行なわ     偶像 礼拝  退け 

6. (イ)アブラハム は,大 洪水  大切  教訓    留め  いる こと  どの よう  示し まし  か。(ロ)アブラハム  サラ  どんな 生活  送っ   まし  か。

6 いずれ  せよ,アブラハム は,大 洪水  大切  教訓    留め,ノア  同じ よう に,神    歩む よう 努力  まし た。それで,偶像 礼拝  退け,ウル  も,また おそらく 身内        異なる 存在  なっ   です。と  いえ,アブラハム  サラ  いう 素晴らしい 伴侶  見つけ ます。サラ は,容姿  非常  美しい だけ  なく,エホバ  対する 並外れ  信仰  持っ   まし た。 *  は,子ども    ませ  でし  が,共  エホバ  仕える こと から 大きな 喜び       違いあり ませ ん。また,親  亡くし    ロト  養子     まし た。

7. イエス  追随  たち  どんな   アブラハム  倣う 必要  あり ます か。

7 アブラハム は,偶像 礼拝  はびこる ウル    も,エホバ から 離れる こと  あり ませ  でし た。妻  サラ  とも に,そう   環境       異なる 存在  なる こと  いとい ませ  でし た。わたしたち も,真  信仰  培い たい   あれ  同じ 態度  必要 です。周り    異なる こと  恐れ   なり ませ ん。イエス は,追随  たち が「世  もの では な(い)」ゆえに  から 憎ま れる,と 述べ まし た。ヨハネ 15:19  読む。あなた も,エホバ  仕える  いう 決定  したため に,家族  地域   たち から のけ者  され,つらい 思い    いる   しれ ませ ん。でも,あなた      あり ませ ん。アブラハム  サラ  倣っ      歩ん  いる 仲間  大勢 いる  です。

あなた  土地 から  なさい

8,9. (イ)アブラハム  どんな 忘れ 難い 経験   まし  か。(ロ)エホバ から  メッセージ  どの よう  もの でし  か。

8 ある 日,アブラハム  忘れ 難い 経験   ます。エホバ  から  メッセージ  伝え られ   です。聖書 は,それ  どの よう  方法  なさ      つい  詳細  ほとんど 明らか     ませ  が,「栄光  神」が この 忠実  男性  現われ た,と  述べ   ます。使徒 7:2,3  読む。アブラハム は,神  代表 する み使い  通し て,宇宙  主権     のむ よう  栄光  かいま見     しれ ませ ん。生ける   当時 崇拝        ない 偶像   違い    当たり   て,どんな   感動   こと でしょ う。

9 エホバ から  メッセージ  どの よう  もの でし  か。「あなた  土地 から,そして あなた  親族  もと から  て,わたし  あなた  示す 土地   なさい」と いう もの です。エホバ は,どの 土地  行く    触れ ず,その 土地  示す,と だけ おっしゃい まし た。いずれ  せよ,アブラハム  まず 故郷  親族     なけれ  なり ませ ん。古代 中東  人々  とっ て,家族  たいへん 重要 でし た。親族  離れ  遠く    移動 する こと  なる  は,非常  不運  こと  みなさ  まし た。そう なる ぐらい なら 死ぬ ほう  まし だ,と 考える     ほど です。

10. アブラハム  サラ  とっ て,ウル    する こと   どんな 犠牲  伴い まし  か。

10 ウル    する   犠牲  求め られ ます。ウル  活気  満ち  裕福  都市 だっ  よう です。(「 アブラハム  サラ      都市」と いう 囲み  参照。)発掘  明らか  なっ  こと です が,古代 ウル   とても 快適  住居  あり まし た。家族   たち  ため  部屋  10 以上 ある   あり,それら  部屋  舗装     中庭  囲む よう  配置     まし た。上下水   洗面   いっ  設備  一般  でし た。それ に,アブラハム  サラ  もう 若く  なく,それぞれ 70   60   なっ   ます。アブラハム は,妻   人並み  快適  暮らし  させ たい,と 思っ   違いあり ませ ん。良い   あれ  そう 思う もの です。この 移動  つい て,二   どの よう  会話  交わし  か,どんな 疑問  不安  感じ  か,想像     ください。アブラハム は,サラ  この 難しい 割り当て  受け入れ  時,とても うれしく 思っ  こと でしょ う。サラ    同じ よう に,快適  暮らし    進ん    する こと   ます。

11,12. (イ)ウル  離れる  あたり,どんな 準備  決定   なけれ  なり ませ  でし  か。(ロ)出発    どんな 様子 だっ   思わ  ます か。

11 ウル    する こと  決め     は,なす べき こと  沢山 あり ます。荷物  造っ たり 整理  たり  なけれ  なり ませ ん。見知ら  土地    に,何  持っ  ゆき,何  置い  ゆき ます か。もっと 大切   は,家族  こと です。年老い  父親 テラ  どう  たら よい でしょ  か。アブラハム  サラ は,テラ  連れ  ゆき,最期 まで 世話  する こと   ます。テラ  快く 同意   よう です。聖書 は,家長  あっ  テラ  家族  連れ  ウル   た,と 述べ  いる から です。テラ  すでに 偶像 礼拝  やめ     でしょ う。アブラハム    ロト  一緒  行く こと  なり ます。―創 11:31

12 いよいよ 出発    迎え ます。ウル  城壁      一行  集まっ   ます。らくだ  ろば     荷物  積ま  まし た。 * 家畜  群れ  集め られ まし た。家族   たち  準備 万端 です。期待  高まる 中,皆  アブラハム  視線  向け,合図  待ち ます。ついに その    まし た。出発 です。ウル  永久    する  です。

13. 今日  エホバ   たち は,アブラハム  サラ  よう  精神  どの よう  示し   ます か。

13 今日,エホバ   たち    は,王国 伝道   必要  大きな   移動 する こと     たち  少なく あり ませ ん。宣教  拡大 する ため  新た  言語  学ん だり,慣れ ない 奉仕  分野  取り組ん だり する    ます。その よう  決定   犠牲  求め られ ます。物質    快適   進ん  あきらめる こと  ある でしょ う。そう   精神  本当  立派  あり,アブラハム  サラ  倣う もの です。その よう    信仰  示す とき,エホバ  わたしたち  差し出す 以上  もの  きっと 与え  くださる,と 確信 でき ます。エホバ  必ず 信仰  報い  くださる  です。(ヘブ 6:10; 11:6)アブラハム  場合  どう でしょ  か。

 ユーフラテス   渡る

14,15. ウル から ハラン     どの よう  もの でし  か。アブラハム  ハラン  とどまる こと      なぜ だっ   思わ  ます か。

14   一行 は,移動 生活  だんだん  慣れ   まし た。アブラハム  サラ は,動物    乗っ たり 歩い たり  ながら 会話  交わし   ます。動物 たち  装具  つい  いる   チリンチリン  鳴っ   ます。皆,旅  経験  ほとんど あり ませ  でし  が,天幕  張っ たり たたん だり する   上手  なっ   まし た。らくだ  ろば   に,年老い  テラ    座れる よう  する 方法  分かっ   まし た。一行  ユーフラテス   沿っ  北西  進み ます。数 日,数    過ぎ,風景  ゆっくり  変わっ  ゆき ます。

15 960  ほど 進ん  ところ で,ハラン  到着  ます。ハラン  東西 交易   交差   位置 する 繁栄   都市 で,蜂     住居  あり ます。アブラハム  家族  そこ  しばらく とどまる こと   ます。旅  続ける   テラ  弱りすぎ       しれ ませ ん。

16,17. (イ)アブラハム  どんな 契約  感動  まし  か。(ロ)アブラハム  ハラン  いる  に,エホバ  どんな 祝福  お与え  なり まし  か。

16 やがて,テラ  205   亡くなり ます。(創 11:32)アブラハム  悲しみ  ます が,この   エホバ から 再び メッセージ  伝え られ   で,大いに 慰め られ ます。エホバ  ウル  与え  指示  もう 一度 告げ,ご自分  約束  つい  詳しく 話さ  ます。アブラハム は「大いなる 国民」を 形成 し,彼  よっ  地上  すべて  家族  祝福  もたらさ れる こと  なる  です。創世記 12:2,3  読む。アブラハム  自分       結ば   契約  感動 し,出発  べき     こと  知り ます。

17 今回 は,荷造り する もの  以前 より 増え まし た。ハラン  いる   エホバ  祝福   くださっ  から です。聖書  は,アブラハム  サラ が「自分 たち  ため  すべて  貨財  ハラン        魂」と  伴っ た,と あり ます。(創 12:5)アブラハム  国民  形成 する  は,物質   資産   たち  有する  家族  必要 です。エホバ は,ご自分    必ずしも 物質   富ま せる わけ   あり ませ ん。しかし,ご意志  成し遂げる   必要  もの  あれ      たち  お与え  なり ます。備え  でき  アブラハム は,見知ら  土地   出発  ます。

アブラハム  サラ  とっ て,ウル   快適  生活    する   犠牲  求め られ 

18. (イ)アブラハム  いつ,神  ご自分    扱わ   歴史  おい  重要    迎え まし  か。(ロ)後  時代  ニサン  14   は,他  どんな 主要  出来事  起き まし  か。(「 聖書  歴史  おける 重要  日付」と いう 囲み  参照。)

18 ハラン から   かけ  進ん   に,カルケミシュ  あり ます。一般  隊商  ユーフラテス   渡る 場所 です。その 場所 で,アブラハム  重要    迎え ます。神  ご自分    扱わ   歴史  おい  重要   です。それ  西暦  1943 年,後  ニサン  呼ば れる よう  なっ    14   こと だっ   思わ  ます。その   アブラハム  一行  ユーフラテス   渡り ます。(出 12:40‐43)そこ から   は,エホバ  アブラハム  示す  約束      広がっ   ます。神  アブラハム  対する 契約 は,この   発効  まし た。

19. アブラハム  対する エホバ  約束    言及    まし  か。アブラハム    思い出し    しれ ませ  か。

19 アブラハム  その   南下 し,一行  シェケム  近い モレ  大木     止まり ます。そこで 再び エホバ  アブラハム  話さ  ます。今回 は,アブラハム   つまり 子孫  言及 し,その 子孫  この   所有 する こと  なる,と 約束   まし た。 アブラハム は,エホバ  エデン  語ら  た,将来 人類  救出 する「胤」つまり 子孫  関する 預言  思い出し    しれ ませ ん。(創 3:15; 12:7)そして,自分  エホバ  壮大  目的  一端  担う  いう こと を,おぼろげ ながら 理解  始め たこ  でしょ う。

20. アブラハム は,エホバ  与え  くださっ  特権   感謝  どの よう  示し まし  か。

20 アブラハム は,エホバ から 与え られ  特権  深く 感謝  ます。その    まだ カナン   住ん  いる ため 注意深く 行動  つつ,まず モレ  大木   近く で,次  ベテル  近辺 で,エホバ  ため  祭壇  築き ます。そして,エホバ    呼び求め ます。自分  子孫  将来  つい  じっくり 考え,神    から  感謝  述べ     しれ ませ ん。また,近く  住む カナン   宣べ伝え  よう です。創世記 12:7,8  読む。  いえ,その   人生  旅路 で,アブラハム  信仰  大いに 試さ  ます。アブラハム  賢明  も,ウル        快適  暮らし  振り返っ たり   ませ ん。将来    向け   ます。ヘブライ 11  10  は,アブラハム  つい  こう 述べ   ます。「彼    土台  持つ 都市  待ち望ん     です。その 都市  建設  また 造り主   です」。

21. わたしたち  アブラハム  比べ,神  王国  つい  どれ ほど 多く  こと  知っ   ます か。あなた  どう する よう 励まさ  ます か。

21 今日 エホバ  仕える わたしたち は,その 比喩   都市  ある   王国  つい て,アブラハム より はるか  多く  こと  知っ   ます。その 王国    支配   おり,この 世界 体制    なく 終わり  もたらす こと や,アブラハム  待望    ある イエス  キリスト  現在 その 王国  統治   いる こと  知っ   ます。将来,アブラハム  復活   くる  に,わたしたち  その   いら れる   素晴らしい 特権   ない でしょ  か。その  アブラハム は,ぼんやり  しか 分かっ   なかっ    目的  ついに 理解 する こと  なり ます。あなた は,エホバ  ご自分  約束 すべて  成就 なさる    たい  思い ます か。では ぜひ,これ から  アブラハム  模範    ください。自己 犠牲  精神  示し,従順  あり,エホバ  与え  くださる 特権  祈り  うち  感謝  ましょ う。アブラハム  信仰  倣う なら,「信仰  持つ  すべて  父」アブラハム は,あなた  とっ   父親  よう  存在  なる でしょ う。

^ 1節 この 時,アブラハム  アブラム  いう 名前 でし た。しかし     に,神  その   アブラハム(「多数  もの  父」の 意)に 改め させ まし た。―創 17:5

^ 4節 アブラハム  テラ  息子     年長   あり ませ  が,しばしば 最初  名前  挙げ られ   ます。

^ 6節 この 時,サラ  サライ  いう 名前 でし た。しかし  に,神  その   サラ(「王妃」の 意)に 改め させ まし た。―創 17:15

^ 12節  たち    は,アブラハム  時代  らくだ  家畜    飼わ     こと  疑問  する    ます。と  いえ,そう   見方   根拠  欠け   ます。聖書  は,アブラハム  らくだ  所有     こと     言及     ます。―創 12:16; 24:35