内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

生命 ― どこから?

だれが最初にデザインしたのか

だれが最初にデザインしたのか

近年,科学   技術  たち は,まさしく 植物  動物  教え られ   まし た。(ヨブ 12:7,8)いろいろ  生物  造り  デザイン  研究  て,それ  まね  いる  です。これ  バイオミメティックス(生体 模倣 技術)と 呼ば れる 分野  あり,新 製品  開発  既存   改良  目指し   ます。次  挙げる 幾つ   実例   ながら,『称賛  受ける べき    だれ だろ  か』と 考え    ください。

 クジラ  ひれ から 学ぶ

航空   設計   ザトウクジラ から 大きな ヒント    いる よう です。おとな  ザトウクジラ  体重  30 ㌧ ― 荷物  積ん  大型 トラック ほど ― も あり,体  硬く て,大きな   よう  ひれ  付い   ます。体長  12   ある  に,水     驚く ほど 敏捷 です。

研究  たち  特に 注目    は,硬く  大きな    かかわら ず,小さな   描き ながら 旋回 できる こと です。その 秘密 は,ひれ 形状  あり まし た。ひれ  前縁   飛行       なり,滑らか   なく 凸凹    ます。結節  呼ば れる   並ん  いる  です。

クジラ  泳ぐ とき,この   おかげ  揚力  増し,水  抵抗  少なく なり ます。どう いう こと でしょ  か。ナチュラル  ヒストリー 誌(英語)の 説明  よる と,その   ひれ      発生  せ,水流  加速   ます。急 角度  上昇 する とき  同じ です。10

自然   特許  保有   だれ 

この 発見   どんな 実用     ある でしょ  か。飛行     この デザイン  応用 すれ ば,空気  流れ  変える フラップ など  装置  減らせる でしょ う。飛行   安全   増し,メンテナンス    なる はず です。生体 力学  専門  ジョン  ロング は,遠く ない 将来,「どの ジェット 旅客   も,ザトウクジラ  ひれ  ある よう    付い  いる だろ う」と 考え   ます。11

カモメ    まねる

飛行     もともと,鳥    まね  ものです。技術  たち  最近,この 模倣 技術  さらに 向上   まし た。ニュー  サイエンティスト 誌(英語)は こう 伝え   ます。「フロリダ 大学  研究  たち は,カモメ  よう  空中  静止 し,また  降下   上昇  できる,遠隔 操作  無人   試作  た」。12

カモメ  見事  曲芸 飛行  やってのける  は,肘 関節   関節    曲げる こと  できる から です。この しなやか    手本   た「24  インチ[約 60 ㌢]の 無人 試作  は,小型 モーター      金属   操作     動かし  いる」と 同誌  述べ   ます。その 精巧    より,空中  静止  たり,高層 ビル  谷間   降下  たり する こと  でき ます。軍 関係     は,そう   機動   高い 航空   開発  て,大 都市   化学  生物 兵器  探索  用い たい,と 考える  たち   ます。

カモメ    まねる

カモメ      立っ     凍え ませ ん。どう やっ  体温  保っ  いる  でしょ  か。秘密 は,寒冷   動物  多く  られる 興味深い 造り  あり ます。対向   交換  呼ば れる システム です。

  伝わり,体  温かく 保た れる。足 だけ  冷たい

対向   交換 システム    でしょ  か。例えば,ぴったり 並ん  2   パイプ  ある   ましょ う。1    温水 を,もう 1    冷水  流し ます。温水  冷水  同じ 方向  流す   たら,温水    ほぼ 半分 しか 冷水  伝わり ませ ん。しかし,逆 方向  流せ ば,熱  ほぼ すべて 伝わり ます。

同じ よう に,氷    立っ  カモメ  冷たい  から 戻っ  来る 血液 は,脚   交換 システム  よっ  温め られ ます。この システム  おかげ で,足 から   放出     すみ,体温  正常  保た れる  です。機械 航空 工学  技術  アーサー  P  フラス は,この デザイン を,「世界 屈指   効率  再生   交換 システム」と 評し   ます。13 技術  たち  その 精巧  デザイン  注目 し,それ  まね   まし た。

 称賛  受ける べき    だれ 

驚く ほど 水中 抵抗  少なく 安定   高い ハコフグ  デザイン  まね  試作 

現在,米 航空 宇宙  は,サソリ  よう  多足 歩行 ロボット  開発  です。フィンランド  技術  たち は,巨大  昆虫  よう  6    障害   乗り越える トラクター  開発  まし た。また,松かさ  鱗片  よう  開閉 する 機能  持つ 繊維  製作     ます。身  着ける   体温  合わせ  変化 する 繊維 です。ある 自動  メーカー  開発   いる  は,ハコフグ  驚く ほど 水中 抵抗  少ない   まね  もの です。アワビ    衝撃 吸収   調べ て,軽く  丈夫  防護   作ろ     いる    ます。

イルカ  ソナー は,人間  それ  まね  作っ  音波 探知  より 優れ  いる

自然  から 多く  良い アイデア   られる ため,研究  たち  生物   られる 数々  仕組み  データベース  し,すでに 何千   情報  そこ  登録    ます。科学   この データベース  検索  て,「物 造り  デザイン  ぶつかる 難問  対する 自然 から  解決 策」を 見つける こと  できる,と エコノミスト 誌(英語)は 述べ   ます。この データベース  収め られ  自然   種々  仕組み は,生物   特許    知ら    ます。特許   保有   なる   普通,新しい アイデア  装置  正式  登録   個人  企業 です。エコノミスト   生物   特許  データベース  つい  論じ,こう 述べ   ます。「バイオミメティックス  各種  技術 を“生物   特許”と 呼ぶ こと  より,研究  たち は,自然  実際   特許   保有   ある  いう こと  強調   いる」。14

科学  たち は,アワビ    衝撃 吸収   研究   いる

自然  この よう  見事  アイデア  宝庫  ある  は,なぜ でしょ  か。研究   多く は,自然    られる 精巧  デザイン を,幾億    試行 錯誤  経て 進化     結果  ある,と する でしょ う。しかし,それ     結論  至っ  研究    ます。微生物    マイケル  J  ビヒー  2005  2  7    ニューヨーク  タイムズ 紙(英語)に こう 書き まし た。「[自然  の]デザイン  歴然    いる  で,次  よう  単純 明快  論理  成り立つ。もし    アヒル   よう  見え,歩き,鳴く なら,強力  反証  ない かぎり,当然 それ  アヒル   結論 できる」。そして,こう 述べ   ます。「デザイン され  こと  明白    から,それ  無視  べき   ない」。15

ヤモリ  分子    より,つるつる     も,へばりつく こと  できる

より 安全  優れ    設計   技術  は,その 設計 ゆえに 称賛  受ける  値し ます。より 快適  衣服  素材 や,より 優れ  乗り物  発明    も,同じ 理由  称賛  値する でしょ う。実際  ところ,人  デザイン  無断  使用 する こと は,犯罪  みなさ れる 場合  あり ます。

では 考え    ください。高度  訓練  受け  研究  が,自然   システム  曲がりなり   まね  技術   難問  解決     ます。しかし,そう   自然   システム  造り出し   は,理知   なく 進化  ある,と 考え ます。それ    通っ  こと   思わ  ます か。模倣   でき    理知 ある 設計   いる なら,元  なっ  もの  つい   どう でしょ  か。最高  技術  と,その もと  技術  まね よう  する    は,どちら  本当  称賛  値する でしょ  か。

結論   

多く   たち は,自然    られる デザイン   て,聖書 筆者 パウロ  同じ よう  感じ   ます。パウロ  こう 述べ   です。『神  見え ない 特質,すなわち,その とこしえ    神性  は,造ら     通し  認め られる  で,世界  創造 以来 明らか  見え ます』。―ローマ 1:19,20

もっと調べる