内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

生命の起源 ― 5つの大切な質問

 質問​3

わたしたちの設計図はどこから来たのか

わたしたちの設計図はどこから来たのか

目​や​髪​や​肌​の​色​など,わたしたち​の​外見​は​何​に​よっ​て​決まる​の​でしょ​う​か。背丈​や​体格​は​どう​です​か。どうして​わたしたち​は​親​に​似​て​いる​の​でしょ​う​か。指先​の​片側​が​クッション​の​よう​に​柔らかく​なり,反対​側​は​硬い​爪​で​覆わ​れる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

チャールズ​・​ダーウィン​の​時代,こう​し​た​疑問​の​答え​は​謎​に​包ま​れ​て​い​まし​た。ダーウィン​自身,体​の​特徴​が​親​から​子​へ​受け継が​れる​こと​に​強い​関心​を​抱き​まし​た​が,遺伝​法則​に​つい​て​ほとんど​知り​ませ​ん​でし​た。まして​遺伝​を​つかさどる​細胞​内​の​メカニズム​など​論外​でし​た。しかし​今​で​は,生物​学​者​たち​の​多年​に​わたる​研究​に​より,ヒト​の​遺伝​と,驚異​の​分子​DNA(デオキシリボ​核酸)の​中​に​埋め込ま​れ​て​いる​詳細​な​設計​図​が​明らか​に​なっ​て​き​て​い​ます。と​は​いえ,大きな​疑問​が​あり​ます。そう​し​た​設計​図​は​どこ​から​来​た​の​でしょ​う​か。

科学​者​たち​の​考え: DNA​の​暗号​化​さ​れ​た​設計​図​は,長い​年月​を​経る​うち​に​起き​た​偶然​に​よっ​て​ひとりでに​生じ​た,と​生物​学​者​など​多く​の​科学​者​たち​は​考え​て​い​ます。DNA​の​分子​構造​に​も,DNA​の​保持​・​伝達​する​情報​に​も,DNA​の​機能​に​も,デザイン​の​証拠​は​全く​見​られ​ない,と​言い​ます。17

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か: 聖書​は,人体​の​各部​の​形成​と​その​タイミング​に,神​の“書”が​かかわっ​て​いる,と​述べ​て​い​ます。ダビデ​王​は​霊感​を​受け​て,神​に​つい​て​こう​記し​て​い​ます。「あなた​の​目​は​胎児​の​とき​の​わたし​を​も​ご覧​に​なり​まし​た。あなた​の​書​に​その​すべて​の​部分​が​書き記さ​れ​て​い​まし​た。それ​が​形造ら​れ​た​日々​に​つい​て,しかも,それら​の​うち​の​一つ​も​まだ​なかっ​た​の​に」。―詩編 139:16

事実​は​何​を​示し​て​いる​か: もし​進化​が​真実​なら,DNA​が​偶然​の​出来事​の​連続​に​よっ​て​生ま​れる​可能​性​が​幾らか​は​ある​はず​です。もし​聖書​が​真実​なら,DNA​の​中​に,聡明​な​知性​を​持つ​方​に​よっ​て​造ら​れ​た​証拠​が​ある​はず​です。

DNA​の​見事​な​仕組み​は,身近​な​物​に​置き換え​て​考える​と​理解​し​やすく​なり​ます。では,もう​一度,細胞​内​の​見学​に​出かけ​ましょ​う。今度​は,ヒト​の​細胞​です。細胞​の​働き​を​学べる​博物​館​に​行っ​て​み​ましょ​う。全体​が​ヒト​の​代表​的​な​細胞​ の​模型​に​なっ​て​いる​博物​館​です。大きさ​は​実際​の​細胞​の​1,300万​倍​です。7万​人​を​収容​できる​大型​スポーツ​競技​場​並み​の​大きさ​です。

博物​館​の​中​に​入っ​て,まず​目​を​奪わ​れる​の​は,たくさん​の​奇妙​な​物体​です。中央​に​は​球形​の​核​が​あり,高さ​は​20​階​建て​の​建物​ほど​です。では,核​の​中​に​入っ​て​み​ましょ​う。

『工学​技術​の​偉業』 DNA​の​収納: 細胞​核​内​へ​の​DNA​の​収納​は​工学​技術​の​驚く​べき​偉業 ― 長さ​40​㌔​の​極細​糸​を​テニスボール​に​詰める​よう​な​もの

核​の​外壁,つまり​核膜​に​ある​ドア​を​通っ​て​中​に​入る​と,46​本​の​染色体​が​目​に​入り​ます。同じ​もの​が​対​に​なっ​て​おり,高さ​は​さまざま​です​が,一番​近く​に​ある​の​は​12​階​建て​の​建物​ほど​です(1)。各​染色体​は​中央​が​くびれ​て​い​て,つながっ​た​ソーセージ​の​よう​です。でも,太さ​は​巨木​の​幹​くらい​あり​ます。染色体​に​は​横筋​が​たくさん​入っ​て​い​ます。近く​に​寄っ​て​見る​と,それぞれ​の​筋​に​縦線​が​付い​て​おり,縦線​の​間​に​は​短い​横線​が​入っ​て​い​ます(2)。本​が​積ま​れ​て​いる​の​でしょ​う​か。いいえ。ぐるぐる​と​きつく​巻か​れ​た​ロープ​の​外側​が​そう​見える​の​です。ロープ​の​一部​を​引っ張る​と,手前​に​出​て​来​ます。すると​なんと,ロープ​は​もっと​小さな​幾つ​も​の​コイル​で​出来​て​おり(3),きれい​に​並ん​で​い​ます。コイル​の​中​に​は,最も​大切​な​部分​が​入っ​て​い​ます。途方​も​なく​長​い​ひも​の​よう​な​物​です。これ​は​いったい​何​でしょ​う。

驚異​の​分子​DNA​の​構造

染色体​の​模型​の​この​部分​を​ひも​と​呼ぶ​こと​に​し​ましょ​う。太さ​は​2.6​㌢​です。リール​に​きつく​巻か​れ​て​コイル​に​なっ​て​いる​の​で(4),それ​が​さらに​ぐるぐる​と​巻か​れ​て​大きな​コイル​を​作っ​て​も​崩れ​ませ​ん。また,コイル​は​足場​の​よう​な​物​に​据え付け​られ​て​いる​の​で,ある​べき​場所​に​保た​れ​ます。パネル​に​説明​が​載っ​て​い​ます。この​ひも​の​収納​は​抜群​に​効率​が​よい,と​の​こと​です。染色体​の​模型​すべて​から​ひも​を​ほどい​て​伸ばす​と,地球​を​半周​する​ほど​の​長さ​に​なる​の​です! *

ある​科学​文献​は,効率​の​良い​この​収納​システム​を「工学​技術​の​並外れ​た​偉業」と​呼ん​で​い​ます。18 では,この​偉業​に​は​どんな​技術​者​も​かかわっ​て​い​ない,と​考える​の​は​理​に​かなっ​て​いる​でしょ​う​か。この​博物​館​の​中​に,何百万​点​も​の​商品​を​きれい​に​陳列​し​た​大型​ストア​が​あり,欲しい​物​を​簡単​に​見つけ​られる​と​し​たら,そう​し​た​店​が​ひとりでに​出来​た​と​考える​でしょ​う​か。もちろん,そう​は​考え​ない​でしょ​う。しかも,店​の​収納​効率​は​細胞​に​は​遠く​及ば​ない​の​です。

ひも​の​横​の​パネル​に,「手​に​とっ​て​ご覧​ください」 と​書か​れ​て​い​ます(5)。手のひら​に​載せ​て​見​て​みる​と,これ​は​ただ​の​ひも​で​は​ない​こと​に​気づき​ます。向かい合う​2​本​の​糸​が​ねじれ​た​構造​に​なっ​て​い​ます。2​本​の​糸​は,等間隔​に​ある​細い​棒​で​つながっ​て​い​ます。ねじれ​た​はしご​の​よう​で​あり,らせん​階段​に​似​て​い​ます(6)。そう​です,これ​こそ​生命​の​神秘,DNA​分子​です。

1​本​の​DNA​分子​が​リール​や​足場​に​よっ​て​きれい​に​まとめ​られ,1​本​の​染色体​に​なっ​て​い​た​わけ​です。はしご​の​横木​は,塩基​対(7)と​呼ば​れ​て​い​ます。これ​は​いったい​何​でしょ​う​か。どんな​役目​が​あり​ます​か。パネル​に​簡単​な​説明​が​あり​ます。見​て​み​ましょ​う。

究極​の​情報​記憶​システム

パネル​に​は​こう​書か​れ​て​い​ます。DNA​を​理解​する​かぎ​は,はしご​の​両側​を​つなぐ​横木​に​あり​ます。はしご​を​縦​に​割っ​た​と​し​ましょ​う。はしご​の​縦木​それぞれ​から​横木​の​半分​が​突き出​て​い​ます。横木​の​部品​は​4​種類​しか​なく,科学​者​に​よれ​ば,A​・​T​・​G​・​C​と​呼ば​れ​ます。そして​なんと,この​4​文字​の​配列​は​暗号​化​さ​れ​た​情報​で​ある,と​いう​こと​が​分かっ​て​い​ます。

19​世紀​に​発明​さ​れ​た​モールス​符号​を​ご存じ​か​も​しれ​ませ​ん。これ​に​より,電信​に​よる​通信​が​可能​に​なり​まし​た。モールス​符号​で​用いる “文字”は,点(・)と​線(–)の​二つ​だけ​です。それでも,数多く​の​単語​や​文​を​作り出せ​ます。一方,DNA​の​暗号​が​用いる​の​は​4​文字​です。A​・​T​・​G​・​C​の​配列​の​違い​に​よっ​て,コドン​と​呼ば​れる​様々​な“単語”が​作ら​れ​ます。コドン​が​連なる​と,遺伝子​と​いう“文章”に​なり​ます。遺伝子​一つ​は,平均​し​て​2万7,000​文字​から​成っ​て​い​ます。遺伝子​と,各​遺伝子​間​の​長い​領域​が​組み​合わさり,染色体​と​いう“章”が​出来上がり​ます。そして,23​の​染色体​が​ゲノム​と​いう​1​冊​の“本”,つまり​ヒト​の​全​遺伝子​情報​を​形成​し​ます。 *

ゲノム​は​巨大​な​本​です。どれ​ほど​の​情報​が​収め​られ​て​いる​の​でしょ​う​か。合計​する​と,ヒト​の​ゲノム​は​30億​ほど​の​塩基​対(DNA​の​はしご​の​横木)で​成っ​て​い​ます。19 1​巻​が​1,000​ページ​余り​の​百科​事典​を​例​に​考え​て​み​ましょ​う。ゲノム​の​百科​事典​は​全部​で​428​巻​に​なり​ます。各​細胞​内​に​ある​ゲノム​の​もう​一つ​の​セット​を​合わせる​と,856​巻​に​なり​ます。この​ゲノム​百科​事典​全巻​を​タイピング​入力​する​と​し​たら,1​日​8​時間,週​5​日,休暇​なし​で​働い​て​も,80​年​かかる​ほど​の​情報​量​です!

たとえ​全部​を​入力​し​終え​た​と​し​て​も,出来上がっ​た​事典​は​人体​に​とっ​て​は​無​意味​です。その​何百​巻​も​の​事典​を​100兆​個​も​ある​極小​細胞​の​一つ​一つ​に​収め​なけれ​ば​なら​ない​から​です。そんな​こと​など​できる​でしょ​う​か。それ​ほど​の​情報​圧縮​は,わたしたち​の​手​に​は​とても​負え​ませ​ん。

分子​生物​学​と​コンピューター​科学​の​ある​教授​は​こう​述べ​て​い​ます。「乾燥​さ​せる​と​1​立方㌢​ほど​の​体積​に​なる​D​N​A​1​㌘​は,CD[コンパクト​・​ディスク]約​1兆​枚​分​の​情報​を​記録​できる」。20 これ​は​何​を​意味​する​でしょ​う​か。すでに​考え​た​よう​に,DNA​に​は,遺伝子​つまり​各人​の​体​の​設計​図​が​含ま​れ​て​おり,各​細胞​に​同じ​完全​な​設計​図​が​入っ​て​い​ます。では,ティースプーン​1​杯​の​DNA​に​は,何​人​分​の​設計​図​を​収め​られる​でしょ​う​か。なんと​現在​の​世界​人口​の​約​350​倍​分​です。世界​の​70億​人​分​の​設計​図​なら,ティースプーン​1​杯​の​表面​だけ​で​十分​な​の​です。21

著者​の​い​ない​本?

D​N​A​1​㌘​は,CD1​兆​枚​分​の​情報​を​記録​できる

記憶​装置​の​小型​化​が​進ん​だ​今​で​も,人間​の​作っ​た​製品​で,これ​ほど​の​容量​の​もの​は​あり​ませ​ん。と​は​いえ​CD​は,比較​する​の​に​ぴったり​の​例​です。考え​て​み​て​ください。CD​の​左右​対称​の​形,光沢​の​ある​表面,無駄​の​ない​デザイン​は​実​に​見事​です。知性​の​ある​人​が​作っ​た​こと​は​明らか​です。では,この​CD​に​情報​が​記録​さ​れ​て​いる​と​し​たら,どう​です​か。しかも,無​意味​な​情報​で​は​なく,複雑​な​機械​の​製作​・​保守​・​修理​の​手順​に​つい​て​の​明快​で​詳細​な​指示​が​記録​さ​れ​て​いる​と​し​たら。そう​し​た​情報​は,CD​の​重さ​や​大きさ​に​影響​し​ない​と​し​て​も,CD​の​最も​重要​ な​部分​です。情報​が​収め​られ​て​いれ​ば,当然​だれ​か​知性​の​ある​人​が​書き込ん​だ​と​考える​の​で​は​ない​でしょ​う​か。情報​を​書き込む​に​は,書き込み​手​が​必要​です。

DNA​を​CD​や​本​に​例える​の​は,こじつけ​で​は​あり​ませ​ん。ゲノム​に​関する​ある​本​は​こう​述べ​て​い​ます。「ゲノム​を​本​と​考える​の​は,厳密​に​言っ​て,比喩​で​は​ない。まさに​その​とおり​な​の​で​ある。本​は​デジタル​情報​の​一つ​だ。……ゲノム​も​そう​で​ある」。こう​も​言っ​て​い​ます。「ゲノム​は​とても​賢い​本​だ。条件​が​整っ​て​いれ​ば,自ら​を​コピー​する​こと​も​読み取る​こと​も​できる​から​で​ある」。22 では​次​に,DNA​の​この​大切​な​働き​に​注目​し​ましょ​う。

機械​が​動く

しんと​し​た​博物​館​に​い​て,一つ​疑問​が​わき​ます。実際​の​細胞​核​は,この​模型​の​よう​に​じっ​と​静止​し​て​いる​の​でしょ​う​か。ふと​見る​と,別​の​展示​物​が​あり​ます。ガラス​の​ショーケース​に,DNA​の​模型​の​一部​が​入っ​て​い​て,上​に「ボタン​を​押す​と​動き​ます」と​書か​れ​て​い​ます。ボタン​を​押す​と,音声​ガイド​が​流れ​ます。「DNA​は​少なく​と​も​二つ​の​大切​な​仕事​を​し​ます。一つ​は​複製​です。DNA​は,新しい​細胞​すべて​に​一揃い​の​遺伝​情報​が​含ま​れる​よう​に​する​ため,コピー​され​なけれ​ば​なり​ませ​ん。これ​を​どの​よう​に​行なう​か,ご覧​ください」。

展示​物​の​端​の​扉​から,いかにも​複雑​な​機械​が​現われ​ます。幾つ​も​の​ロボット​が​ぴったり​組み合わさっ​た​機械​です。DNA​に​近づい​て​密着​し,線路​の​上​を​走る​列車​の​よう​に,DNA​に​沿っ​て​動き​ます。速すぎ​て​何​を​し​て​いる​の​か​よく​分かり​ませ​ん​が,機械​の​後ろ​から,元々​は​1​本​だっ​た​DNA​の​ひも​が​2​本​に​増え​て​出​て​き​て​いる​の​が​見え​ます。

 音声​ガイド​が​流れ​ます。「これ​は,DNA​の​複製​の​様子​を​ごく​簡単​に​再現​し​た​もの​です。幾つ​も​の​分子​機械​つまり​酵素​が​DNA​に​沿っ​て​移動​し​ます。まず,DNA​を​2​本​の​糸​に​分け,それぞれ​の​糸​を​鋳型​と​し​て,それ​と​対​に​なる​新た​な​糸​を​作り出し​ます。すべて​を​お見せ​で​き​ませ​ん​が,ほか​に​も​いろいろ​な​物​が​かかわっ​て​い​ます。例えば,複製​機械​の​前​を​行き,DNA​の​片方​の​糸​を​切断​し​て,DNA​の​ねじれ​が​きつく​なりすぎ​ない​よう​に​緩める​小さな​装置​が​あり​ます。また,DNA​の“校正”も​何​度​か​行なわ​れ​ます。驚異​的​な​正確​さ​で,誤り​を​発見​・​修正​し​ます」。― 16‐17​ページの​図​を​ご覧​ください。

音声​ガイド​が​続き​ます。「作業​速度​は​お分かり​いただける​と​思い​ます。ロボット​は​かなり​の​スピード​で​動い​て​い​ます。実際​の​酵素​機械​は,DNA​の“線路”に​沿っ​て,1​秒​で​100​の​横木​つまり​塩基​対​を​通り過ぎ​ます。23 実際​の​線路​に​拡大​し​て​考える​と,この“機関​車”は​時速​80​㌔​以上​で​疾走​し​て​いる​こと​に​なり​ます。細菌​の​場合,速度​は​その​10​倍​です。ヒト​の​細胞​で​は,何百​も​の​複製​機械​が​DNA​の“線路”の​各所​に​行っ​て​働き​ます。ゲノム​全体​の​コピー​を​わずか​8​時間​で​やってのけ​ます」。24 ―20​ページ​の「 読み取ら​れ​コピー​される​分子」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

DNA​を“読み取る”

DNA​の​複製​ロボット​が​脇​へ​退き,別​の​機械​が​現われ​ます。これ​も​DNA​に​沿っ​て​動き​ます​が,少し​ゆっくり​です。DNA​の​ひも​が​機械​の​中​に​入っ​て​いき,そのまま​の​姿​で​反対​側​から​出​て​き​ます。でも,1​本​の​新しい​糸​が​別​の​所​から​出​て​き​て​い​ます。しっぽ​が​伸び​て​いる​か​の​よう​です。何​が​起こっ​て​いる​の​でしょ​う。

再び​音声​ガイド​が​流れ​ます。「DNA​の​二​つ​目​の​仕事​は​転写​です。DNA​は​核​と​いう​安全​な​シェルター​の​外​に​出る​こと​は​あり​ませ​ん。では,人体​を​構成​する​全​タンパク質​の“レシピ”で​ある​遺伝子​は,どう​やっ​て​読ま​れ​て​使わ​れる​の​でしょ​う​か。そこで​活躍​する​の​が​この​酵素​機械​です。この​機械​は​まず,DNA​上​の​特定​の​遺伝子​を​見つけ​ます。細胞​核​外​から​の​化学​的​シグナル​に​よっ​て​スイッチ​が​オン​に​なっ​た​遺伝子​です。次​に,その​遺伝子​の​コピー​を​作り​ます。その​コピー​は​RNA(リボ​核酸)分子​と​呼ば​れ​ます。RNA​は​一見,DNA​の​片方​の​糸​に​似​て​い​ます​が,実際​は​違い​ます。遺伝子​内​の​暗号​化​さ​れ​た​情報​を​入手​する​こと​が​仕事​です。酵素​の​中​に​ いる​間​に​情報​を​得​て,その​後,核​から​外​へ​出​て​リボソーム​に​行き,情報​は​そこで​タンパク質​の​生成​に​使わ​れ​ます」。

こう​し​た​模型​が​あれ​ば,思わず​見入っ​て​しまう​でしょ​う。この​博物​館​に,そして​機械​を​デザイン​し​て​造っ​た​人​の​才能​に​驚かさ​れる​でしょ​う。では,展示​物​も​含め​て​この​博物​館​全体​が​動き出し,ヒト​の​細胞​内​で​同時​に​行なわ​れ​て​いる​無数​の​仕事​が​再現​さ​れる​と​し​たら,どう​です​か。あまり​の​迫力​に​圧倒​さ​れる​でしょ​う。

でも​実​は,複雑​で​小さな​機械​に​よる​こう​し​た​作業​は​すべて,人体​の​100兆​も​の​細胞​の​中​で,今​この​瞬間​も​行なわ​れ​て​い​ます。DNA​が​読み取ら​れ​て,酵素​・​組織​・​器官​など​体​を​構成​する​数十万​種​も​の​タンパク質​の​生成​を​指示​し​て​い​ます。DNA​が​コピー​・​校正​さ​れ,出来上がっ​た​一揃い​の​指示​が​新た​な​細胞​内​に​組み込ま​れ​て,いつ​で​も​読み取れる​よう​に​なっ​て​い​ます。

こう​し​た​事実​は​何​を​意味​する​か

では,もう​一度,『こう​し​た​設計​図​すべて​は​どこ​から​来​た​の​だろ​う​か』と​考え​て​み​ましょ​う。聖書​ は,この​設計​図​と​いう“本”は​人間​より​優れ​た​方​に​よっ​て​書か​れ​た,と​述べ​て​い​ます。この​見方​は​本当​に,時代​後れ​で​非​科学​的​な​の​でしょ​う​か。

こう​考え​て​み​て​ください。いま​見学​し​た​よう​な​博物​館​を,人間​は​作れる​でしょ​う​か。作ろ​う​と​し​て​も,大きな​壁​に​ぶつかる​でしょ​う。ヒト​の​ゲノム​と​その​機能​の​大半​は,まだ​ほとんど​解明​さ​れ​て​い​ませ​ん。科学​者​たち​は,全​遺伝子​の​場所​と​働き​を​明らか​に​し​よう​と​奮闘​し​て​い​ます。そのうえ,DNA​の​糸​の​うち​遺伝子​が​ある​領域​は,全体​の​ごく​一​部分​に​すぎ​ませ​ん。遺伝子​を​含ん​で​い​ない,ほか​の​大部分​は​何​な​の​でしょ​う​か。その​部分​を​科学​者​たち​は​ジャンク​DNA(がらくた​DNA)と​呼ん​で​き​まし​た。しかし,最近​に​なっ​て​この​見方​を​改め​て​い​ます。ジャンク​DNA​は​遺伝子​の​使用​の​方法​と​程度​を​コントロール​し​て​いる​よう​な​の​です。たとえ​これ​から​解明​が​進ん​で,科学​者​が​DNA​の​完全​な​模型​と,コピー​・​校正​を​行なう​機械​を​ 作り上げ​た​と​し​て​も,実際​の​DNA​の​働き​を​完璧​に​再現​する​こと​など​でき​ない​でしょ​う。

著名​な​科学​者​リチャード​・​ファインマン​が​亡くなっ​た​時,黒板​に​こう​書き残さ​れ​て​い​まし​た。「私​は​自分​に​作れ​ない​もの​は,理解​でき​ない」。25 率直​で​謙虚​な​この​コメント​は​好感​が​持てる​だけ​で​なく,DNA​に​関する​真実​を​突い​て​い​ます。DNA​も​複製​酵素​や​転写​酵素​も,科学​者​は​作れ​ませ​ん。全部​を​解明​する​こと​も​でき​ませ​ん。それでも,DNA​は​すべて​偶然​に​ひとりでに​生じ​た​に​違いない,と​述べる​人​も​い​ます。この​見方​は,これ​まで​考え​て​き​た​事実​と​調和​し​て​いる​でしょ​う​か。

事実​は​正​反対​の​こと​を​示し​て​いる,と​判断​する​識者​も​い​ます。例えば,DNA​の​2​重​らせん​構造​の​発見​に​貢献​し​た​科学​者​フランシス​・​クリック​は,DNA​分子​は​あまりに​も​秩序立っ​て​いる​の​で,ひとりでに​生じ​た​と​は​考え​られ​ない,と​結論​し​まし​た。そして,知性​を​持つ​地球​外​の​生命​体​が​DNA​を​地球​へ​送り込み,生命​の​誕生​を​助け​た,と​いう​説​を​提唱​し​まし​た。26

もっと​最近​で​は,50​年​に​わたり​無神​論​を​唱え​て​き​た​高名​な​哲学​者​アントニー​・​フルー​が,考え​を​180​度​変え​まし​た。81​歳​の​時​に,生命​は​何らか​の​知性​の​働き​に​よっ​て​造ら​れ​た​に​違いない,と​述べる​よう​に​なっ​た​の​です。なぜ​考え​を​改め​た​の​でしょ​う​か。DNA​の​研究​の​ゆえ​です。フルー​は,あなた​の​新た​な​考え​は​科学​者​たち​に​好ま​れ​ない​か​も​しれ​ませ​ん​ね,と​言わ​れ​て,こう​答え​た​と​の​こと​です。「それ​は​残念​です。わたし​は​これ​まで​ずっ​と,一つ​の​原理​に​従っ​て​生き​て​き​まし​た。……どこ​へ​行き着こ​う​と​も​事実​が​導く​ところ​へ​進む,と​いう​原理​です」。27

あなた​は​どう​考え​ます​か: 事実​は​どこ​へ​導い​て​いる​でしょ​う​か。ある​工場​の​中心​部​に​コンピューター​室​が​ある​と​し​ましょ​う。コンピューター​が,工場​の​全​工程​を​制御​する​複雑​な​メインプログラム​を​実行​し​て​い​ます。しかも,その​プログラム​は,工場​内​の​機械​すべて​の​製作​・​保守​に​関する​指示​を​常​に​出し,なおかつ​自ら​プログラム​を​コピー​・​校正​し​て​い​ます。この​事実​から,どんな​結論​に​至る​でしょ​う​か。コンピューター​と​プログラム​が​ひとりでに​出来​た​と​考え​ます​か。それとも,聡明​な​知性​を​持つ​者​に​よっ​て​作ら​れ​た​と​考える​でしょ​う​か。答え​は​明らか​です。

^ 12節 「細胞​の​分子​生物​学」(英語)と​いう​教本​は,別​の​比較​を​用い​て​い​ます。その​例え​に​よれ​ば,この​長い​ひも​を​細胞​核​の​中​に​収納​する​の​は,長さ​40​㌔​の​極細​糸​を​テニスボール​の​中​に​詰める​よう​な​もの​です。しかも,糸​は​秩序​正しく​整然​と​収め​られ​て​おり,どの​部分​で​も​簡単​に​利用​でき​ます。

^ 18節 各​細胞​に​は,ゲノム​が​2​セット​入っ​て​い​ます。合わせ​て​染色体​46​本​分​に​なり​ます。

もっと調べる

生命 ― どこから?

進化 ― 通説と事実

進化論の1つに,突然変異によって植物あるいは動物の原種が全く新たな種に変わった,という考えがあります。この考えは事実に基づいているでしょうか。

生命 ― どこから?

科学と創世記

科学は創造に関する聖書の記述の誤りを証明していますか。