内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

生命の起源 ― 5つの大切な質問

 質問​2

単純な生物など本当にあるのか

単純な生物など本当にあるのか

人体​を​構成​する​200​種​以上​の​細胞​は​本当​に​偶然​に​形成​さ​れ​た​の​か

人体​は,あらゆる​生物​の​中​で​驚く​ほど​複雑​です。骨​細胞,血液​細胞,脳​細胞​など,100兆​も​の​極小​細胞​で​出来​て​い​ます。7 細胞​の​種類​も​200​以上​に​上り​ます。8

細胞​は​形​も​機能​も​実​に​様々​で​ある​に​も​かかわら​ず,精密​な​統合​ネットワーク​を​形成​し​て​い​ます。無数​の​コンピューター​を​高速​データケーブル​で​結ぶ​インターネット​も​比べもの​に​なら​ない​ほど​です。ごく​基本​的​な​細胞​に​見​られる​仕組み​で​さえ,人間​の​どんな​発明​より​はるか​に​優れ​て​い​ます。では,人体​を​構成​する​細胞​は​どの​よう​に​し​て​存在​する​よう​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。

科学​者​たち​の​考え: 細胞​は​大きく​二つ​に​分類​さ​れ​ます。核​の​ある​もの​と​核​の​ない​もの​です。人間​・​動物​・​植物​の​細胞​に​は​核​が​あり​ます​が,細菌​の​細胞​に​は​あり​ませ​ん。核​の​ある​細胞​は​真核​細胞​と​呼ば​れ,核​の​ない​細胞​は​原核​細胞​と​呼ば​れ​ます。原核​細胞​は​真核​細胞​ほど​複雑​で​ない​ため,動植物​の​細胞​は​細菌​の​細胞​から​進化​し​た​と​考え​られ​て​い​ます。

よく​説か​れる​理論​は​こう​です。地球​史​の​どこ​か​で,“単純​な”原核​細胞​が​他​の​細胞​を​呑み込ん​だ。しかし,取り込ま​れ​た​細胞​は​消化​さ​れる​こと​は​なく,知性​を​持た​ない“自然​の​力”に​よっ​ て,大幅​に​機能​を​変化​さ​せ,“宿主”細胞​の​複製​時​に​も​その​内​に​とどまれる​よう​に​なっ​た。9 *

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か: 聖書​は,地球​の​生命​は​理知​ある​方​に​よっ​て​造ら​れ​た​と​教え​て​い​ます。聖書​の​明快​な​論理​は​こう​です。「言う​まで​も​なく,家​は​すべて​だれ​か​に​よっ​て​造ら​れる​の​で​あり,すべて​の​もの​を​造ら​れ​た​の​は​神​です」。(ヘブライ 3:4)こう​も​記さ​れ​て​い​ます。「エホバ​よ,あなた​の​み業​は​何​と​多い​の​でしょ​う。あなた​は​その​すべて​を​知恵​を​もっ​て​造ら​れ​まし​た。地​は​あなた​の​産物​で​満ち​て​い​ます。……そこ​に​は​無数​の​動く​もの​が​い​ます。生き物​が,小さい​の​も​大きい​の​も」。―詩編 104:24,25

“単純​な”細胞​で​も,命​の​ない​化学​物質​から​生じる​こと​など​本当​に​ある​の​か

事実​は​何​を​示し​て​いる​か: 微生物​学​の​進歩​に​より,最も​単純​な​細胞​で​ある​原核​細胞​の​驚異​的​な​造り​が​明らか​に​なっ​て​い​ます。最初​の​細胞​は​この​原核​細胞​に​似​て​い​た​に​違いない,と​進化​論​支持​の​科学​者​たち​は​考え​て​い​ます。10

もし​進化​論​が​真実​なら,最初​の“単純​な”細胞​が​偶然​に​生じ​た​過程​に​つい​て​当​を​得​た​説明​が​ある​はず​です。逆​に,創造​が​真実​なら,最小​の​生物​に​も,卓越​し​た​デザイン​の​証拠​が​見​られる​はず​です。では​これ​から,原核​細胞​を​見学​し​て​み​ましょ​う。この​細胞​は​偶然​に​生じ​た​の​だろ​う​か,と​考え​ながら​見​て​ください。

細胞​の​防護​壁

原核​細胞​を​見学​する​に​は,体​を​1​㍉​の​1,000​分​の​1​以下​に​まで​縮小​さ​せ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。まず​目​の​前​に​立ちはだかる​の​は,強靭​な​細胞​膜​です。ちょうど,工場​を​取り囲む​レンガ​と​モルタル​の​壁​の​よう​な​役目​を​し​て​い​ます。普通​の​紙​の​1万​分​の​1​ほど​の​薄さ​しか​あり​ませ​ん​が,レンガ​壁​より​も​はるか​に​精巧​です。どの​よう​に​でしょ​う​か。

工場​を​囲む​防護​壁​の​よう​に,細胞​膜​は​周囲​に​潜む​危険​から​内部​を​守っ​て​い​ます。と​は​いえ,細胞​膜​は​すき間​が​全く​ない​わけ​で​は​なく,細胞​が“呼吸”できる​よう​に​なっ​て​い​ます。酸素​など​の​極小​分子​を​出入り​さ​せ​て​いる​の​です。でも,より​複雑​で​危険​性​の​ある​分子​は​ブロック​し,許可​なく​進入​さ​せる​こと​は​あり​ませ​ん。必要​な​分子​を​細胞​外​へ​流出​さ​せる​こと​も​あり​ませ​ん。どうして​こう​し​た​離れ業​が​可能​な​の​でしょ​う​か。

工場​で​は,防護​壁​に​出入口​が​幾つ​か​設け​られ​て​い​て,警備​員​が​製品​の​搬入​・​搬出​を​見守っ​て​い​ます。同じ​よう​に,細胞​膜​に​は​特別​な​タンパク質​分子​が​埋め込ま​れ​て​おり,出入口​と​警備​員​の​役目​を​果たし​て​い​ます。

細胞​膜​に​は,特定​の​物質​だけ​の​通過​を​許可​する“警備​員”が​いる

 そう​し​た​タンパク質​の​中​に​は,中央​に​穴​が​開い​て​い​て,特定​の​分子​だけ​を​出入り​さ​せる​もの(1)が​あり​ます。また,細胞​膜​の​一方​の​側(2)が​開く​と,もう​一方​の​側​が​閉じる​タンパク質​も​あり​ます。特定​の​物質​に​適合​する​形​を​し​た​連結​部(3)を​持っ​て​い​て,その​物質​が​連結​する​と,タンパク質​の​反対​側​が​開き,膜​を​通っ​て​放た​れ​ます(4)。こう​し​た​運搬​すべて​が,最も​単純​な​細胞​の​膜​で​も​行なわ​れ​て​いる​の​です。

工場​の​中​へ

“警備​員”の​許可​を​得​て,細胞​の​中​へ​入れ​た​と​し​ましょ​う。原核​細胞​の​内部​は,養分​や​塩分​など​を​豊か​に​含ん​だ​水様液​で​満たさ​れ​て​い​ます。細胞​は,そう​し​た​成分​を​原料​に​し​て​必要​な​製品​を​作り出し​ます。無​計画​な​生産​で​は​あり​ませ​ん。生産​効率​の​高い​工場​の​よう​に,決め​られ​た​手順​と​スケジュール​に​従っ​て,何千​も​の​化学​反応​を​操作​する​の​です。

細胞​は,タンパク質​の​生成​に​多く​の​時間​を​費やし​ます。その​工程​は​こう​です。まず,アミノ酸​と​呼ば​れる​約​20​種​の​基本​構成​要素​を​作り​ます。次​に,その​アミノ酸​を​リボソーム(5)に​運び​ます。リボソーム​は​オートメーション​化​さ​れ​た​機械​の​よう​な​もの​で,アミノ酸​を​正しく​配列​し,特定​の​タンパク質​を​形成​し​ます。工場​の​作業​工程​が​中枢​コンピュータープログラム​に​よっ​て​制御​さ​れる​の​と​同じ​よう​に,細胞​の​働き​の​多く​は“コンピュータープログラム”つまり​DNA(6)と​し​て​知ら​れる​暗号​に​よっ​て​制御​さ​れ​て​い​ます。リボソーム​は​DNA​から,どの​タンパク質​を​どの​よう​に​作る​か​に​関する​詳細​な​設計​図​の​コピー​を​受け取り​ます(7)

タンパク質​生成​の​工程​は​まさに​驚異​です。タンパク質​は​それぞれ​が​折りたたま​れ​て,特殊​な​三​次元​構造​に​なる​の​です(8)。その​形​に​よっ​て,タンパク質​の​行なう​仕事​が​決まり​ます。 * エンジン​の​部品​を​組み立てる​生産​ライン​を​思い浮かべ​て​み​て​ください。各​部品​を​正確​に​組み合わせ​なけれ​ば,エンジン​は​動き​ませ​ん。同じ​ よう​に,タンパク質​も​正確​に​組み上げ​られ,正しい​形​に​折りたたま​れ​なけれ​ば,適正​に​機能​する​こと​は​あり​ませ​ん。細胞​に​ダメージ​を​与える​おそれ​さえ​あり​ます。

細胞​の“工場” タンパク質​を​作る: オートメーション​化​さ​れ​た​工場​の​よう​に,細胞​に​は,複雑​な​製品​を​組み立て​て​運搬​する​機械​が​幾つ​も​備わっ​て​いる

完成​し​た​タンパク質​は,必要​と​される​場所​に​どう​やっ​て​たどり着く​の​でしょ​う​か。細胞​の​作っ​た​タンパク質​は​それぞれ​に“荷札”が​付い​て​い​て,その​おかげ​で,必要​と​される​場所​に​確実​に​運ば​れ​ます。毎分​何千​も​の​タンパク質​が​作ら​れ​て​は​運び出さ​れ​ます​が,すべて​が​正しい​場所​に​届き​ます。

こう​し​た​事実​は​何​を​意味​する​か: 最も​単純​な​細胞​で​も,細胞​内​の​複雑​な​分子​は,自力​で​は​増殖​でき​ませ​ん。細胞​の​外​で​は​崩壊​し​て​しまい​ます​し,内部​で​も,他​の​複雑​な​分子​の​助け​を​得​な​けれ​ば​増殖​でき​ない​の​です。例えば,アデノシン​三​リン酸(ATP)と​呼ば​れる​特殊​な​エネルギー​分子​を​作る​に​は​酵素​が​必要​です​が,酵素​を​作る​に​は​ATP​から​の​エネルギー​が​必要​です。同様​に,酵素​を​作る​に​は​DNA​が​必要​です​が,DNA​を​作る​に​は​酵素​が​必要​です。(DNA​に​つい​ て​はセクション​3で​取り上げ​ます。)他​の​タンパク質​も​細胞​が​なけれ​ば​生成​でき​ませ​ん​が,細胞​は​タンパク質​が​なけれ​ば​生成​でき​ませ​ん。 *

微生物​学​者​の​ラドゥ​・​ポーパ​は,聖書​の​創造​の​記述​を​受け入れ​て​い​ませ​ん​が,2004​年​に​こう​語っ​て​い​ます。「我々​が​様々​な​条件​下​で​実験​を​し​て​も​成功​し​なかっ​た​と​いう​の​に,自然​は​どう​やっ​て​生命​を​生み出し​た​の​か」。13 また,「命​の​ある​細胞​が​機能​する​の​に​必要​な​各種​メカニズム​は​あまりに​も​複雑​な​の​で,偶然​に​同時​発生​する​こと​は​不可能​に​思わ​れる」と​も​述べ​て​い​ます。14

基礎​の​貧弱​な​この​高層​ビル​が​崩れ​て​しまう​の​で​あれ​ば,生命​の​起源​を​説明​でき​ない​進化​論​も​崩壊​する​の​で​は​ない​だろ​う​か

あなた​は​どう​考え​ます​か: 進化​論​は​地球​上​の​生命​の​起源​を​論じる​際,神​の​関与​の​必然​性​を​度外​視​し​ます。しかし,生命​に​つい​て​理解​が​深まれ​ば​深まる​ほど,生命​が​偶然​に​生じる​可能​性​は​低く​なる​よう​に​思え​ます。その​ため,進化​論​支持​の​科学​者​の​中​に​は,この​ジレンマ​から​逃れ​よう​と​し​て,進化​論​と​生命​の​起源​と​を​分け​て​考え​よう​と​する​人​も​い​ます。でも,この​考え方​は​理​に​かなっ​て​いる​と​思い​ます​か。

進化​論​は,幾つ​も​の​幸運​の​連続​に​よっ​て​生命​が​始まっ​た​と​いう​考え​に​基づい​て​い​ます。それ​を​基盤​に​し​て​進化​論​者​は,さらなる​偶然​が​連続​し,驚く​ほど​多様​で​複雑​な​生物​が​生み出さ​れ​た,と​論じ​ます。と​は​いえ,理論​の​基礎​が​失わ​れる​と,その​上​に​築か​れ​た​理論​は​どう​なる​でしょ​う​か。基礎​の​ない​高層​ビル​が​崩れ​て​しまう​の​と​同じく,生命​の​起源​を​説明​でき​ない​進化​論​は​崩壊​する​こと​に​なり​ます。

“単純​な”細胞​の​構造​と​機能​を​手短​に​見​て,何​が​明らか​に​なっ​た​でしょ​う​か。偶然​が​重なっ​た​と​いう​こと​です​か。それとも,見事​に​デザイン​され​て​いる​と​いう​こと​です​か。答え​を​確か​な​もの​と​する​ため,次​に,すべて​の​細胞​の​働き​を​つかさどる“メインプログラム”を​詳しく​見​て​み​ましょ​う。

^ 6節 これ​が​生じ​得る​こと​を​示す​実験​的​証拠​は​あり​ませ​ん。

^ 18節 細胞​が​作る​タンパク質​の​一つ​に,酵素​が​あり​ます。各​酵素​は​特殊​な​形​に​折りたたま​れ​て​おり,特定​の​化学​反応​を​促進​し​ます。何百​も​の​酵素​が​協力​し​て​細胞​の​活動​を​コントロール​し​て​い​ます。

^ 20節 人体​の​細胞​に​は,数十万​種11の​タンパク質​分子​およそ​100億​個12から​成る​もの​が​あり​ます。