内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

満足のいく生活 ― どうすれば実現できますか

 第​6​部

エホバが人間を創造されたのはなぜか

エホバが人間を創造されたのはなぜか

ソロモン​王​は​人生​の​意味​に​つい​て​考察​し​た

エホバ​を​知る​よう​に​なる​こと​は,あなた​に​とっ​て​何​を​意味​し​ます​か。とりわけ​それ​は,多く​の​人々​が​抱え​て​き​た,『どうして​自分​は​ここ​に​いる​の​だろ​う』と​いう​問い​の​答え​を​見つける​こと​を​意味​する​でしょ​う。あなた​も​その​よう​な​疑問​を​抱い​た​こと​が​ある​の​で​は​ない​でしょ​う​か。その​時代​の「ほか​の​どんな​王​より​も​偉大」な​富​を​所有​し​て​い​た​ある​賢王​も,人生​の​意味​に​関する​その​問い​に​つい​て​考察​し​まし​た。(歴代​第​二 9:22。伝道​の​書 2:1‐13)その​王,つまり​ソロモン​は,強大​な​権力,巨万​の​富,そして​たぐいまれ​な​知恵​を​思い​の​まま​に​用いる​こと​が​でき​まし​た。ソロモン​の​探求​の​結果​は​どの​よう​な​もの​でし​た​か。「すべて​の​こと​が​聞か​れ​た​いま,事​の​結論​は​こう​で​ある。まこと​の​神​を​恐れ,その​おきて​を​守れ。それ​が​人​の​務め​の​すべて​だ​から​で​ある」。(伝道​の​書 12:13)ソロモン​は​他​の​多く​の​人​より​豊か​な​経験​を​持つ​人​でし​た​から,ソロモン​の​達し​た​結論​は​一考​に​値し​ます。―伝道​の​書 2:12

2 ソロモン​が​述べ​た​神​へ​の​恐れ​と​は,未知​の​霊​の​力​に​対する​病的​な​恐れ​の​こと​で​は​あり​ませ​ん。それ​は,心​から​愛し​て​いる​人​の​不興​を​買う​よう​な​こと​は​し​たく​ない,と​いう​健全​な​怖れ​の​気持ち​です。ある​人​を​深く​愛し​て​いる​なら,いつも​その​人​を​喜ばせ​たい,その​人​の​感情​を​害する​よう​な​こと​は​何​も​し​たく​ない,と​思う​はず​です。あなた​も​エホバ​を​愛する​よう​に​なる​とき,エホバ​に​対し​て​同じ​よう​な​気持ち​を​抱く​こと​でしょ​う。

3 聖書​を​読む​と,創造​者​の​喜ぶ​事柄​や​嫌う​事柄​だけ​で​なく,地球​を​創造​さ​れ​た​目的​に​つい​て​も​知る​こと​が​でき​ます。聖書​は​エホバ​を,「地​を​形造ら​れ​た​方,それ​を​造ら​れ​た​方」と​描写​し,また,「それ​を​堅く​立て,それ​を​いたずら​に​創造​せ​ず,人​が​住む​ため​に​形造ら​れ​た​方」と​も​呼ん​で​い​ます。(イザヤ 45:18)エホバ​は​人間​が​住む​ため​に​地​を​整え​て​くださり,人間​は​地​と​地​の​すべて​の​生き物​を​世話​する​こと​に​なっ​て​い​まし​た。(創世記 1:28)しかし,エホバ​は​ただ​地​の​管理​人​に​する​と​いう​目的​で​人間​を​創造​さ​れ​た​の​でしょ​う​か。

アダム​と​エバ​は​神​と​の​意味深い​関係​を​持っ​て​い​た

 4 いいえ,もっと​崇高​な​目的​が​あり​まし​た。最初​の​人間​アダム​は,エホバ​と​の​意味深い​関係​を​持っ​て​い​まし​た。アダム​は​創造​者​と​直接​に​意思​を​通わせる​こと​が​でき​まし​た。アダム​は,神​の​語る​こと​を​聞く​こと​も,自分​の​思っ​て​いる​こと​を​エホバ​に​言い表わす​こと​も​でき​まし​た。(創世記 1:28‐30; 3:8‐13,16‐19。使徒 17:26‐28)ですから​アダム​と​妻​の​エバ​に​は,エホバ​を​いっそう​よく​知り,エホバ​と​の​さらに​親しい​関係​を​培っ​て​いく​壮大​な​機会​が​あり​まし​た。エホバ​は「幸福​な​神」ですから,エホバ​を​知り,エホバ​に​見倣う​こと​に​よっ​て,二​人​の​生活​は​満足​の​いく​もの​と​なっ​た​はず​です。(テモテ​第​一 1:11)「わたしたち​の​楽しみ​の​ため​に​すべて​の​もの​を​豊か​に​与え​て​くださる」神​で​ある​エホバ​は,最初​の​人間​を​エデン​の​園​と​呼ば​れる​パラダイス​に​置き,いつ​まで​も​生き​続ける​見込み​を​お与え​に​なり​まし​た。―テモテ​第​一 6:17。創世記 2:8,9,16,17

人間​の​細胞​に​つい​て​の​最近​の​発見​から​どんな​こと​が​分かる​か

5 いつ​まで​も​です​か。永遠​の​命​と​いう​考え​を,ばかげ​た​こと​と​片付け​て​しまう​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。でも,本当​に​そう​でしょ​う​か。科学​者​たち​は,細胞​の​老化​を​引き起こし​て​いる​もの​が​今​で​は​明らか​に​なっ​て​き​た​と​信じ​て​い​ます。テロメア​と​呼ば​れる,遺伝​物質​の​小さな​部分​が,染色体​の​先端​に​付い​て​おり,細胞​が​分裂​する​たび​に​短く​なっ​て​いき​ます。細胞​分裂​が​50​回​から​100​回​繰り返さ​れる​と,テロメア​は​消耗​し,たいてい​の​細胞​は​もう​分裂​し​なく​なり​ます。しかし,最近​の​科学​的​発見​は,テロメラーゼ​と​呼ば​れる​酵素​の​助け​が​あれ​ば​人間​の​細胞​は​限りなく​分裂​を​続ける​可能​性​が​ある,と​いう​こと​を​示し​て​い​ます。この​発見​は,エホバ​が​この​特定​の​酵素​に​よっ​て​永遠​の​命​を​可能​に​される​と​いう​こと​を​意味​する​もの​で​は​あり​ませ​ん​が,一つ​の​こと​は​確か​に​示し​て​い​ます。つまり,永遠​の​命​と​いう​考え​が​ばかげ​た​もの​で​は​ない,と​いう​こと​です。

6 確か​に,最初​の​人間​夫婦​が​いつ​まで​も​生き​続ける​よう​に​創造​さ​れ​た​と​いう​聖書​の​記述​は,信じる​こと​の​できる​もの​です。人間​は​いつ​まで​も​限りなく,エホバ​と​の​関係​を​成長​さ​せ​て​いく​こと​に​なっ​て​い​まし​た。天​の​父​と​の​強い​絆​を​築き,地上​の​人間​に​対する​父​の​目的​を​十分​に​わきまえ​て,それ​を​果たして​いく​こと​に​なっ​て​い​まし​た。人間​の​生活​は​退屈​な​もの​と​は​なら​ない​はず​でし​た。アダム​と​エバ​に​は,幸福​で​完全​な​子孫​で​地​を​満たす​と​いう​素晴らしい​見込み​が​あり​まし​た。二​人​に​は,いつ​まで​も​行なっ​て​いく​べき,充実​し​た​有意義​な​仕事​が​あっ​た​でしょ​う。それ​は​本当​に​満足​の​いく​生活​に​なっ​た​はず​です。―創世記 1:28