内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

満足のいく生活 ― どうすれば実現できますか

 第​2​部

満足のいく生活を送るための提案

満足のいく生活を送るための提案

問題​に​直面​し​た​時,どこ​に​助言​を​求め​ます​か。信頼​の​置ける​友人​や​経験​豊か​な​カウンセラー​に​相談​できる​か​も​しれ​ませ​ん。図書​館​など​で​情報​源​を​探す​の​も​役立つ​こと​が​あり​ます。あるいは,長年​培わ​れ​た​経験​から​学ぼ​う​と​し​て,東洋​で「おばあちゃん​の​知恵」と​言わ​れ​て​いる​もの​に​頼ろ​う​と​する​か​も​しれ​ませ​ん。どんな​方法​を​取る​に​し​て​も,問題​解決​の​有益​な​ヒント​と​なる,簡明​な​知恵​の​言葉​に​つい​て​考える​の​は​よい​こと​です。ここ​に​は​適切​な​アドバイス​が​幾つ​か​あり​ます。あなた​も​それ​が​参考​に​なる​と​思わ​れる​でしょ​う。

「少年​を​その​行く​べき​道​に​したがって​育て上げよ」

2 家庭​生活: 不​健全​な​影響​の​満ち​た​世​の​中​で​子ども​を​育てる​こと​に,不安​を​覚える​親​たち​は​少なく​あり​ませ​ん。次​の​アドバイス​は​助け​に​なり​ます。「少年​を​その​行く​べき​道​に​したがって​育て上げよ。彼​は​年老い​て​も,それ​から​離れ​ない​で​あろ​う」。 1 子ども​は​成長​する​に​つれ​て,「行く​べき​道」,つまり​従わ​ね​ば​なら​ない​一定​の​規準​を​必要​と​する​よう​に​なり​ます。ますます​多く​の​専門​家​が,子ども​に​有益​な​ルール​を​与える​こと​の​大切​さ​を​認める​よう​に​なっ​て​い​ます。子ども​は,親​から​賢明​な​規準​を​与え​られる​と​安心​し​ます。「むち棒​と​戒め​は​知恵​を​与える。しかし,したい放題​に​させ​て​置か​れる​少年​は​その​母​に​恥​を​かか​せる」 2 と​も​述べ​られ​て​い​ます。「むち棒」と​は​親​の​権威​を​指し​て​おり,子ども​が​道​から​外れ​ない​よう​に​する​ため,親​が​愛情​を​込め​て​用いる​べき​もの​です。その​よう​な​権威​の​行使​に​は,どの​よう​な​形​に​せよ,子ども​を​虐待​する​こと​は​含ま​れ​て​い​ませ​ん。親​たち​は,こう​勧め​られ​て​い​ます。「父​たち​よ,あなた方​の​子供​を​いらいら​させ​て​気落ち​さ​せる​こと​の​ない​よう​に​し​なさい」。 3

「あなた方​一人一人​も……自分​を​愛する​よう​に​妻​を​愛し​なさい」

3 夫婦​間​の​よい​関係​は​幸せ​な​家庭​の​基盤​です。その​よう​な​関係​を​築く​の​に​何​が​必要​でしょ​う​か。「あなた方​一人一人​も,それぞれ​自分​を​愛する​よう​に​妻​を​愛し​なさい。一方,妻​は​夫​に​対し​て​深い​敬意​を​持つ​べき​です」。 4 愛​と​敬意​は,家族​が​機能​する​うえ​で​潤滑​油​の​役目​を​果たし​ます。「内密​の[または,親密​な]話し合い​の​ない​ところ​に​は​計画​の​ざ折​が​あ(る)」 5 の​で,上​の​助言​を​生かす​ため​に​ コミュニケーション​は​欠か​せ​ませ​ん。コミュニケーション​に​よっ​て​心​を​通わせる​に​は,配偶​者​の​内面​の​感情​を​知ろ​う​と​努力​し,相手​の​本当​の​気持ち​を​くみ取る​必要​が​あり​ます。次​の​言葉​を​銘記​する​の​は​賢明​です。「人​の​思い​は​井戸​の​水​の​よう​に​深い​ところ​に​ある​と​し​て​も,賢い​人​は​その​人​から​それ​を​くみ取る」。 6

積極​的​な​見方​を​し​て,自分​の​ほう​から​進ん​で​心​温まる​人間​関係​を​築く​よう​努める

4 かつて​は​親​孝行​が​当たり前​で​あっ​た​国​に​おい​て​も,年配​の​人​が​子ども​から​顧み​られ​ず,晩年​に​とても​寂しい​思い​を​する​こと​が​あり​ます。子ども​の​立場​の​人​が​これら​の​知恵​の​言葉​を​考慮​する​の​は​よい​こと​です。「あなた​の​父​と​母​を​敬い​なさい」。 7「ただ​年老い​た​から​と​いっ​て,あなた​の​母​を​さげすん​で​は​なら​ない」。 8「父​を​むごく​扱い,母​を​追い払う​者​は,恥ず​べき​こと​を​行ない,卑しむ​べき​こと​を​行なう​子​で​ある」。 9 一方,親​の​立場​の​人​は,年​を​取っ​た​と​し​て​も​積極​的​な​見方​を​し​て,自分​の​ほう​から​進ん​で​心​温まる​人間​関係​を​築く​よう​努める​こと​が​大切​です。「自分​を​孤立​さ​せる​者​は​利己​的​な​願望​を​追い求める。その​者​は​あらゆる​実際​的​な​知恵​に​逆らっ​て​突き進む」。 10

5 飲酒: 確か​に,「ぶどう​酒​は​命​を​歓ばせ」 11 アルコール​飲料​を​飲む​と「もう​自分​の​難儀​を​思い出さ(ない)」 12 と​いう​こと​も​あり​ます。と​は​いえ,「ぶどう​酒​は​あざける​者​で​あり,酔わせる​酒​は​騒がしい。それ​に​よっ​て​迷い出る​者​は​みな​知恵​が​ない」 13 と​言え​ます。飲み過ぎ​の​影響​を​考え​て​ください。「それ[ぶどう​酒]は​終わり​に​は​蛇​の​よう​に​かみ,まむし​の​よう​に​毒​を​分泌​する。あなた​の​目​は​奇妙​な​もの​を​見,あなた​の​心​は​ゆがん​だ​こと​を​話す。……『わたし​は​いつ​目覚める​こと​だろ​う。わたし​は​さらに​それ​を​もう​少し​求める​で​あろ​う』」。 14 節度​の​ある​飲酒​に​は​益​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん​が,乱用​は​常​に​避け​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

6 金銭​の​管理: 手持ち​の​お金​を​賢明​に​管理​する​こと​に​よっ​て,金銭​の​問題​を​防げる​場合​が​あり​ます。どうぞ​次​の​助言​に​注意​を​払っ​て​ください。「ぶどう​酒​を​多量​に​飲む​者​や,肉​を​むさぼり食う​者​の​仲間​に​加わっ​て​は​なら​ない。酔いどれ​や​貪欲​な​者​は​貧困​に​陥り,眠気​は​ただ​の​ぼろ切れ​を​人​に​まとわ​せる​から​で​ある」。 15 賭け事​の​習慣​だけ​で​なく,アルコール​や​麻薬​の​乱用​も​避ける​なら,家族​を​健全​な​仕方​で​扶養​する​ため​に​お金​を​用いる​こと​が​でき​ます。もっとも,収入​の​範囲​内​で​生活​する​こと​が​でき​ず,ただ​借金​を​返済​する​ため​に​懸命​に​働く​人​も​少なく​あり​ませ​ん。ローン​の​利子​を​支払う​ため,さらに​融資​を​受ける​人​さえ​い​ます。「無​価値​な​もの​を​ 追い求め​て​いる​人​は​貧困​に​飽き足りる」 16 と​いう​知恵​の​言葉​は​参考​に​なる​でしょ​う。こう​自問​でき​ます。『自分​が​買い​たい​と​思う​物​は​本当​に​必要​だろ​う​か。数​回​使っ​た​だけ​で​押し入れ​に​眠っ​て​いる​物​が​どれ​ほど​ある​だろ​う​か』。ある​コラムニスト​は,「人間​の​必需​品​は​わずか​だ​が,欲しい​物​に​は​限り​が​ない」と​書い​て​い​ます。次​の​よう​な​知恵​の​言葉​も​あり​ます。「わたしたち​は​世​に​何​か​を​携え​て​来​た​わけ​で​は​なく,また​何​か​を​運び出す​こと​も​でき(ませ​ん)。ですから,命​を​支える​物​と​身​を​覆う​物​と​が​あれ​ば,わたしたち​は​それ​で​満足​する​の​です。……金銭​に​対する​愛​は​あらゆる​有害​な​事柄​の​根(です)。ある​人​たち​は​この​愛​を​追い求め​て……多く​の​苦痛​で​自分​の​全身​を​刺し​た​の​です」。 17

7 勤勉​で​ある​こと​は,金銭​の​問題​を​解決​する​うえ​で​大きな​助け​に​なり​ます。「怠惰​な​者​よ,あり​の​ところ​へ​行け。その​やり方​を​見​て,賢く​なれ。……もう​少し​眠り,もう​少し​まどろみ,もう​少し​手​を​こま​ぬ​い​て​横たわる。すると,あなた​の​貧しさ​は​浮浪​者​の​よう​に……必ず​やっ​て​来る」。 18 注意深い​計画​や​現実​的​な​予算​を​立てる​こと​も​役立ち​ます。「あなた方​の​うち​の​だれ​が,塔​を​建て​よう​と​思う​場合,まず​座っ​て​費用​を​計算​し,自分​が​それ​を​完成​する​だけ​の​もの​を​持っ​て​いる​か​どう​か​を​調べ​ない​でしょ​う​か」。 19

「あなた​は​自分​の​仕事​に​熟練​し​た​人​を​見​た​か」

8 しかし,自分​に​落ち度​が​ない​の​に​貧困​を​経験​する​場合​は​どう​でしょ​う​か。例えば,経済​的​な​激変​が​生じ​て,一生​懸命​働く​意欲​が​ある​の​に​失業​する​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,最低​限​の​生活​を​維持​する​の​も​難しい​地域​で​生活​し​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​場合,どう​し​たら​よい​でしょ​う​か。「金​が​身​の​守り​で​ある​よう​に,知恵​も​身​の​守り(で​ある)。しかし​知識​の​利点​は,知恵​が​それ​を​所有​する​者​たち​を​生き​つづけ​させる​こと​に​ある」 20 と​述べ​られ​て​い​ます。また,「あなた​は​自分​の​仕事​に​熟練​し​た​人​を​見​た​か。その​人​は​王​たち​の​前​に​立(つ)」 21 と​いう​アドバイス​を​考慮​し​て​ください。職​に​就く​の​に​役立つ​技術​を​身​に​着け​られる​でしょ​う​か。

「いつも​与え​なさい。そうすれば,人々​は​あなた方​に​与え​て​くれる​でしょ​う」

9 次​に​挙げる​アドバイス​は​矛盾​し​て​いる​よう​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん​が,実際​に​は​たいへん​効果​的​です。「いつも​与え​なさい。そうすれば,人々​は​あなた方​に​与え​て​くれる​でしょ​う。……あなた方​が​量り出し​て​いる​その​量り​で,今度​は​人々​が​あなた方​に​量り出し​て​くれる​の​です」。 22 これ​は​見返り​を​期待​し​て​与える​と​いう​意味​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,「寛大​な​魂​は​自分​も​肥え,他​の​者​に​惜しみなく​水​を​注ぐ​者​は,自分​も​また​惜しみなく​水​を​注が​れる」 23 と​も​ある​ よう​に,寛大​な​精神​を​培う​こと​が​勧め​られ​て​い​ます。困窮​し​て​いる​時​に​も​物​を​分け合う​なら,与える​精神​が​促進​さ​れ,やがて​は​自分​に​とっ​て​も​益​と​なる​でしょ​う。

10 人間​関係: ある​賢い​王​は​次​の​よう​な​観察​を​述べ​まし​た。「わたし​自ら​すべて​の​骨折り​と​業​に​おける​あらゆる​熟練​と​を​見​た。それ​が​互い​に​対する​対抗​心​を​意味​する​の​を。これ​も​また​むなしく,風​を​追う​よう​な​もの​で​ある」。 24 対抗​心​に​駆ら​れ​て​賢明​で​ない​行動​を​取る​人​は​少なく​あり​ませ​ん。ある​人​は,近所​の​人​が​32​インチ​の​テレビ​を​手​に​入れ​た​こと​が​分かる​と,すぐさま​36​インチ​の​テレビ​を​買い​に​行き​ます。自分​の​家​の​27​インチ​の​テレビ​は​よく​映り,何​の​問題​も​ない​の​に​そう​する​の​です。その​よう​な​対抗​心​は,ちょうど​風​を​追う​よう​に,つまり​当て​も​なく​あちこち​を​駆け回る​よう​に,全く​むなしい​もの​です。そう​で​は​ない​でしょ​う​か。

強い​怒り​の​感情​に​どう​対処​でき​ます​か

11 他​の​人​から​言わ​れ​た​こと​で​腹立たしく​なる​こと​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。でも,次​の​アドバイス​を​考慮​なさっ​て​ください。「自分​の​霊​に​せき立て​られ​て​腹​を​立て​て​は​なら​ない。腹立ち​は​愚鈍​な​者​たち​の​胸​に​宿る​から​で​ある」。 25 確か​に,憤り​を​感じる​の​が​もっとも​な​こと​も​あり​ます。古代​の​一​著述​家​は,「憤っ​て​も」と​その​こと​を​認め​た​うえ​で,「罪​を​犯し​て​は​なり​ませ​ん。あなた方​が​怒り立っ​た​まま​日​が​沈む​こと​の​ない​よう​に​し​なさい」 26 と​述べ​まし​た。しかし,強い​怒り​の​感情​に​どう​対処​できる​でしょ​う​か。「人​の​洞察​力​は​確か​に​その​怒り​を​遅く​する。違犯​を​ゆるす​の​は​その​人​の​美しさ​で​ある」 27 と​あり​ます。洞察​力​が​必要​です。『あの​人​は​なぜ​あの​よう​に​行動​し​た​の​だろ​う。酌量​す​べき​事情​が​あっ​た​の​だろ​う​か』と​自問​できる​か​も​しれ​ませ​ん。怒り​に​対処​する​ため,洞察​力​の​ほか​に​も​培う​こと​の​できる​特質​が​あり​ます。「優しい​同情​心,親切,へりくだっ​た​思い,温和,そして​辛抱強さ​を​身​に​着け​なさい。だれ​か​に​対し​て​不満​の​理由​が​ある​場合​で​も,引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し合い​なさい。……しかし,これら​すべて​に​加え​て,愛​を​身​に​着け​なさい。それ​は​結合​の​完全​な​きずな​な​の​です」。 28 そう​です,愛​に​よっ​て,人間​関係​の​数々​の​問題​を​解決​できる​の​です。

12 と​は​いえ,平和​な​人間​関係​を​保つ​上​で​妨げ​と​なる「体​の​小さな​部分」が​あり​ます。それ​は,舌​です。次​の​言葉​は​まさに​真実​です。「舌​は,人類​の​だれ​も​これ​を​従わせる​こと​が​でき​ませ​ん。御し​がたい,有害​な​もの​で​あっ​て,死​を​もたらす​毒​で​満ち​て​い​ます」。 29 また,次​の​アドバイス​も​確か​に​心​を​留める​に​値し​ます。「すべて​ の​人​は,聞く​こと​に​速く,語る​こと​に​遅く,憤る​こと​に​遅く​ある​べき​です」。 30 もっとも,舌​を​用いる​際​に,表面​的​な​平和​を​保と​う​と​し​て,一部​だけ​真実​な​言葉​を​語る​と​いう​やり方​を​し​ない​よう​注意​する​必要​が​あり​ます。「ただ,あなた方​の“はい”と​いう​言葉​は,はい​を,“いいえ”は,いいえ​を​意味​する​よう​に​し​なさい。これ​を​越え​た​事柄​は​邪悪​な​者​から​出る​の​です」。 31

13 どう​すれ​ば​他​の​人​と​の​健全​な​関係​を​保てる​でしょ​う​か。指針​と​なる​次​の​原則​が​あり​ます。「自分​の​益​を​図っ​て​自分​の​事​だけ​に​目​を​留め​ず,人​の​益​を​図っ​て​他​の​人​の​事​に​も​目​を​留め​なさい」。 32 そう​する​なら​ば,多く​の​人々​から​黄金​律​と​呼ば​れる,次​の​言葉​に​従っ​て​生活​する​こと​に​なり​ます。「それゆえ,自分​に​し​て​欲しい​と​思う​こと​は​みな,同じ​よう​に​人​に​も​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。 33

14 ストレス: ストレス​に​満ち​た​この​世​の​中​で,どう​すれ​ば​感情​的​な​バランス​を​保てる​でしょ​う​か。「喜び​に​満ち​た​心​は​顔色​を​よく​する​が,心​の​痛み​の​ゆえに​打ちひしが​れ​た​霊​が​ある」 34 と​あり​ます。自分​が​正しい​と​思う​こと​を​他​の​人​が​無視​する​の​を​見る​と,「喜び​に​満ち​た​心」を​とかく​失い​がち​です。次​の​言葉​を​覚え​て​おく​と​よい​でしょ​う。「義​に​過ぎる​者​と​なっ​て​は​なら​ない。また,自分​を​過度​に​賢い​者​と​し​て​は​なら​ない。どうして​自分​の​身​に​荒廃​を​もたらし​て​よ​い​で​あろ​う​か」。 35 さらに,生活​上​の​思い煩い​で​絶え​ず​悩まさ​れる​こと​も​あり​ます。その​よう​な​時​は,どう​し​たら​よい​でしょ​う​か。「人​の​心​の​煩い事​は​これ​を​かがま​せ,良い​言葉​は​これ​を​歓ばせる」 36 と​いう​言葉​を​思い出し​て​ください。「良い​言葉」,つまり​自分​を​元気づけ​て​くれる,思いやり​の​ある​言葉​を​思い巡らす​と​よい​か​も​しれ​ませ​ん。がっかり​さ​せ​られる​よう​な​状況​に​置か​れ​て​も​積極​的​な​態度​を​取る​の​は,健康​の​面​で​も​良い​こと​です。「喜び​に​満ち​た​心​は​治療​薬​と​し​て​良く​効き(ます)」。 37 他​の​人​が​気​に​かけ​て​くれ​ない​よう​に​感じ​て​気落ち​する​時​は,次​の​原則​を​実践​し​て​み​て​ください。「受ける​より​与える​ほう​が​幸福​で​ある」。 38 積極​的​で​ある​よう​心がける​なら,日々​の​ストレス​に​対処​する​こと​が​でき​ます。

15 これ​まで​に​取り上げ​た​知恵​の​言葉​は,21​世紀​に​生きる​わたしたち​に​役立つ​と​思わ​れ​ます​か。確か​に,それら​は​古い​書物​で​ある​聖書​の​中​の​言葉​です。では,ほか​に​も​知恵​の​源​と​なる​もの​が​いろいろ​ある​の​に,聖書​に​注意​を​向ける​の​は​なぜ​でしょ​う​か。聖書​に​収め​られ​て​いる​原則​は​時​の​試練​を​経て​その​価値​が​証明​さ​れ​て​き​た,と​いう​の​が​一つ​の​理由​です。例​と​し​て,女性​解放​運動​ に​かかわっ​て​い​た​康浩​さん​と​香代子​さん​の​こと​を​取り上げ​ましょ​う。二​人​が​結婚​し​た​の​は,香代子​さん​が​康浩​さん​の​子ども​を​身ごもっ​た​から​です。ところが,経済​的​な​問題​と​性格​の​不​一致​を​理由​に,間​も​なく​離婚​し​て​しまい​まし​た。後日,二​人​と​も​エホバ​の​証人​と聖書​の​勉強を​始め​まし​た​が,相手​が​勉強​し​て​いる​こと​は​知り​ませ​ん​でし​た。やがて,互い​に​相手​の​生活​が​かなり​変化​し​た​こと​に​気づく​よう​に​なり​まし​た。二​人​は​もう​一度​結婚​する​こと​に​し​まし​た。問題​の​全く​ない​生活​を​送っ​て​いる​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,今​で​は​生活​の​指針​と​なる​聖書​の​原則​が​あり​ます​し,譲り合う​こと​に​よっ​て​問題​を​解決​し​て​い​ます。エホバ​の​証人の​間​で​は,聖書​の​原則​を​生活​に​当てはめ​て​良い​結果​を​得​た​幾つ​も​の​例​が​見​られ​ます。エホバ​の​証人​の集まりの​一つ​に​出席​し,聖書​に​従っ​て​生活​し​よう​と​努力​し​て​いる​人々​と​知り合う​の​は​いかが​でしょ​う​か。

16 ここ​に​引用​さ​れ​た​アドバイス​は,啓発​の​宝庫​と​も​言う​べき​聖書​の​中​に​無尽​蔵​に​収め​られ​て​いる​知恵​の​ごく​一部​です。あなた​も​その​実際​的​な​知恵​を​見いだす​こと​が​でき​ます。エホバ​の​証人​が​喜ん​で​聖書​の​原則​を​生活​に​当てはめ​よう​と​する​こと​に​は,幾つ​か​の​理由​が​あり​ます。その​理由​と,聖書​に​つい​て​の​基本​的​事実​を​調べ​て​ごらん​に​なる​の​は​いかが​でしょ​う​か。