内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

満足のいく生活 ― どうすれば実現できますか

 第​9​部

満足のいく生活を楽しむ ― 今も将来いつまでも

満足のいく生活を楽しむ ― 今も将来いつまでも

神​と​の​友情​を​築い​て​いく​なら,満足​の​いく​生活​を​送る​こと​が​できる

聖書​の​歴史​に​登場​する,傑出​し​た​信仰​の​人​アブラハム​は,繁栄​し​た​都市​ウル​で​の​快適​な​生活​を​後​に​し​まし​た。しばらく​ハラン​に​滞在​し​た​後,残り​の​人生​を​遊牧​の​民​と​し​て​過ごし,定住​の​地​を​持つ​こと​なく,天幕​で​生活​し​まし​た。(創世記 12:1‐3。使徒 7:2‐7。ヘブライ 11:8‐10)それ​に​も​かかわら​ず,こう​記録​さ​れ​て​い​ます。「アブラハム​は​息絶え,良い​齢​に​達し​て​死ん​だ。年老い​て​満ち足り(て​い​た)」。(創世記 25:8)アブラハム​が​非常​に​満足​の​いく​人生​を​送る​こと​が​でき​た​の​は,なぜ​だっ​た​の​でしょ​う​か。この​人​は,生涯​中​に​築い​た​業績​の​ゆえに​満足​を​覚え​て​臨終​の​床​に​就い​た,と​いう​よう​な​老人​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。アブラハム​は,神​に​対する​際立っ​た​信仰​の​ゆえに,後年,「エホバ​の​友」と​呼ば​れ​まし​た。(ヤコブ 2:23。イザヤ 41:8)創造​者​と​の​間​に​意味深い​関係​を​築い​た​から​こそ,アブラハム​の​生活​は​満足​の​いく​もの​と​なっ​た​の​です。

あなた​の​生活​は​アブラハム​の​生活​に​も​まして​満足​の​いく​もの​と​なり​ます​か

2 今​から​4,000​年​ほど​前​の​アブラハム​と​同様,あなた​も​神​と​の​友情​を​築い​て​いく​なら,有意義​で​満足​の​いく​生活​を​送る​こと​が​でき​ます。宇宙​の​創造​者​で​ある​方​の​友​に​なる​こと​など​とても​無理​だ​と​思わ​れる​か​も​しれ​ませ​ん​が,それ​は​可能​です。どう​すれ​ば​神​の​友​に​なれる​でしょ​う​か。神​を​知り,神​を​愛する​よう​に​なる​こと​が​必要​です。(コリント​第​一 8:3。ガラテア 4:9)創造​者​と​の​その​よう​な​関係​が​あれ​ば,あなた​の​生活​は​豊か​で,満足​の​いく​もの​に​なり​ます。

3 イエス​・​キリスト​の​贖い​の​ 犠牲​を​進ん​で​受け入れる​人々​に,エホバ​は​幸福​な​生活​を​送る​ため​の​指針​を​与え​て​おら​れ​ます。(イザヤ 48:17)アダム​は​何​が​善​で​何​が​悪​か​を​自分​で​決め​よう​と​する​こと​に​よっ​て​神​に​反逆​し​た,と​いう​こと​を​思い出し​て​ください。エホバ​は​み子​の​贖い​の​犠牲​に​よっ​て​人間​家族​を​買い取り,人間​が​罪​と​死​へ​の​奴隷​状態​から​自由​に​なる​道​を​備え​て​ください​まし​た。と​は​いえ,わたしたち​個人​個人​は,その​贖い​を​受け入れ,善悪​に​関する​規準​を​自分​で​定め​よう​と​する​の​を​やめ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。イエス​の​贖い​の​犠牲​を​受け入れる​人々​に​神​が​与え​て​おら​れる​律法​や​原則​に​服す​べき​な​の​です。

「あなた​の​道​を​どうか​わたし​に​分から​せ​て​ください」

4 聖書​の​勉強​を​続け,聖書​に​述べ​られ​て​いる​原則​を​当てはめ​て​いく​に​つれ,あなた​も​善悪​に​関する​神​の​規準​の​真価​を​認め​られる​に​違いあり​ませ​ん。(詩編 19:7‐9)また,エホバ​の​預言​者​モーセ​と​同様,神​に​対し​て​この​よう​に​言い​たい​と​いう​気持ち​に​なる​こと​でしょ​う。「今,どうか,もし​わたし​が​あなた​の​目​に​恵み​を​得​て​いる​の​でし​たら,あなた​の​道​を​どうか​わたし​に​分から​せ​て​ください」。(出エジプト​記 33:13。詩編 25:4)聖書​に​は,今日​の「対処​し​にくい​危機​の​時代」に​生じる​さまざま​な​問題​に​しっかり​対応​し​て​いく​うえ​で​導き​と​なる​原則​が​示さ​れ​て​い​ます。(テモテ​第​二 3:1)神​の​規準​に​対する​あなた​の​認識​が​増す​に​つれ,エホバ​を​さらに​よく​知る​よう​に​なり,エホバ​と​の​友情​は​深まっ​て​いく​でしょ​う。

5 アブラハム​は『年老い​て​から​満ち足り​て』,死に​まし​た。しかし,人​が​死​を​避け​られ​ない​の​で​あれ​ば,人生​は​依然​と​し​て​非常​に​はか​ない​もの​です。どれ​ほど​年​を​取っ​て​も,人​の​心​の​中​に​は,生き​続け​たい​と​いう​願い​が​本来​備わっ​て​い​ます。これ​は,「[神​が]また,人間​の​心​に​永遠​を​置か​れ​た」から​です。それでも,「彼ら​は​神​が​行なわ​れ​た​事柄​を​始め​から​終わり​まで​推察​する​こと​は​でき​ない」の​です。(伝道​の​書 3:11,「新​国際​訳」[英語])たとえ​とこしえ​に​生き​続ける​と​し​て​も,エホバ​の​創造​さ​れ​た​物​すべて​に​つい​て​推察​する​こと​は​決して​でき​ない​でしょ​う。エホバ​の​素晴らしい​み業​の​中​に​は,人間​が​観察​し,研究​し,楽しめる​もの​が​限りなく​ある​の​です。―詩編 19:1‐4; 104:24; 139:14

6 現在​目​に​する​よう​な​問題​が​地​に​あふれ​て​いる​と​し​たら,いつ​まで​も​生き​続ける​こと​に​魅力​を​感じ​ない​こと​でしょ​う。でも,決して​心配​する​必要​は​あり​ませ​ん。聖書​に​は​こう​約束​さ​れ​て​い​ます。 「神​の​約束​に​よっ​て​わたしたち​の​待ち望ん​で​いる​新しい​天​と​新しい​地​が​あり​ます。そこ​に​は​義​が​宿り​ます」。(ペテロ​第​二 3:13)「新しい​天」と​いう​語​は,新しい​天​の​政府,つまり​全地​を​支配​する神​の​王国を​指し​て​い​ます。「新しい​地」と​は,その​王国​の​支配​に​従う​人々​で​構成​さ​れる,新しい​人間​社会​の​こと​です。エホバ​は​この「新しい​地」を​実現​さ​せる​ため,「地​を​破滅​さ​せ​て​いる」者​たち​に​対し​て,間​も​なく​行動​を​起こさ​れ​ます。―啓示 11:18。ペテロ​第​二 3:10

7 その​時​は​どれ​ほど​近づい​て​いる​でしょ​う​か。イエス​・​キリスト​は,「事物​の​体制​の​終結​の​しるし」の​一部​と​し​て,諸​国家​を​巻き込む​戦争,「そこ​から​ここ​へ​と」生じる「食糧​不足​や​地震」,「疫病」,「不法​が​増す」こと​など​を​挙げ​まし​た。(マタイ 24:3‐13。ルカ 21:10,11。テモテ​第​二 3:1‐5)そして​イエス​は,「これら​の​事​が​起き​て​いる​の​を​見​た​なら,神​の​王国​の​近い​こと​を​知り​なさい」と​預言​し​まし​た。(ルカ 21:31)確か​に,エホバ​が​邪悪​な​者​たち​を​滅ぼさ​れる​時​は,急速​に​近づい​て​い​ます。 *

8 「全能​者​なる​神​の​大いなる​日」に​エホバ​が​地上​から​悪​を​ぬぐい去ら​れ​た​後,地球​は​パラダイス​に​変え​られ​ます。(啓示 16:14,16。イザヤ 51:3)その​とき,「義​なる​者​たち​は​地​を​所有​し,そこ​に​永久​に​住む​で(しょう)」。(詩編 37:29)では,すでに​亡くなっ​た​人々​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。イエス​は​次​の​よう​に​述べ​まし​た。「この​こと​を​驚き怪しん​で​は​なり​ませ​ん。記念​の​墓​の​中​に​いる​者​が​みな,彼​の​声​を​聞い​て​出​て​来る​時​が​来​よう​と​し​て​いる​の​です。良い​こと​を​行なっ​た​者​は​命​の​復活​へ,いとう​べき​こと​を​習わし​に​し​た​者​は​裁き​の​復活​へ​と​出​て​来る​の​です」。(ヨハネ 5:28,29)個々​の​人​に​関心​を​抱か​れる​エホバ​は,死​の​眠り​に​就い​て​いる​人々​を​生き返ら​せ​たい​と​思っ​て​おら​れ​ます。科学​者​は​遺伝子​工学​に​よっ​て​クローン​人間​を​作ろ​う​と​する​か​も​しれ​ませ​ん​が,創造​者​は​クローン​技術​を​使う​必要​は​あり​ませ​ん。買い戻す​べき​人​ひとりひとり​の​詳細​な​点​すべて​を​記憶​に​とどめ,その​よう​な​人々​を​生き返ら​せる​こと​が​おでき​に​なり​ます。そう​です,わたしたち​に​は,亡くなっ​ た​愛する​家族​と​楽園​の​地​で​再会​する​見込み​が​ある​の​です。

9 パラダイス​で​の​生活​は​どの​よう​な​もの​に​なり​ます​か。声​を​合わせ​て​創造​者​を​賛美​する​幸福​な​男女​で,地​は​満たさ​れる​でしょ​う。「『わたし​は​病気​だ』と​言う​居住​者​はい(ませ​ん)」。(イザヤ 33:24; 54:13)健康​に​有害​な​ストレス​を​経験​し​たり,感情​や​精神​の​障害​を​持つ​よう​に​なっ​たり​する​人​は​い​ませ​ん。すべて​の​人​に​食物​が​豊富​に​あり,だれ​も​が,神​の​目的​と​調和​し​た​有意義​な​仕事​を​し​て​喜び​を​味わい​ます。(詩編 72:16。イザヤ 65:23)すべて​の​人​が,動物​と​の​平和,また​仲間​の​人間​と​の​平和,とりわけ「神​と​の​平和」を​楽しむ​でしょ​う。―ローマ 5:1。詩編 37:11; 72:7。イザヤ 11:6‐9

10 その​パラダイス​に​住み,心​から​満足​の​いく​生活​を​楽しむ​に​は,何​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か。イエス​・​キリスト​は,「彼ら​が,唯一​まこと​の​神​で​ある​あなた​と,あなた​が​お遣わし​に​なっ​た​イエス​・​キリスト​に​つい​て​の​知識​を​取り入れる​こと,これ​が​永遠​の​命​を​意味​し​て​い​ます」と​言わ​れ​まし​た。(ヨハネ 17:3)ですから,これ​から​も​エホバ​と​イエス​・​キリスト​に​つい​て​の知識​を​取り入れ,神​の​求め​て​おら​れる​事柄​を​学び​続け​て​ください。そう​する​なら,エホバ​神​を​喜ばせる​こと​が​でき,それ​に​よっ​て​あなた​の​生活​は​心​から​満足​の​いく​もの​に​なる​でしょ​う。

^ 7節 この​預言​に​関する​詳しい​説明​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​9​章​に​載せ​られ​て​い​ます。