内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

満足のいく生活 ― どうすれば実現できますか

 第​3​部

信頼できる導きの書

信頼できる導きの書

「聖書​は,人類​文明​と​人生​経験​の​結晶​で​あり,比類​の​ない​本​で​ある」と,中国​の​広州​に​ある​中山<チョンシャン>大学​発行​の​一​雑誌​は​述べ​て​い​ます。人々​に​大きな​影響​を​与え​た,18​世紀​の​哲学​者​イマヌエル​・​カント​は,「人々​の​ため​の​本​と​し​て​の​聖書​の​存在​は,人類​が​これ​まで​経験​し​た​中​で​最大​の​益​と​なっ​た。聖書​の​価値​を​低め​よう​と​する​試み​は​すべて……人道​に​背く​犯罪​で​ある」と​語っ​た​と​され​て​い​ます。アメリカーナ​百科​事典​に​は​こう​あり​ます。「聖書​の​影響​を​受け​て​いる​の​は​決して​ユダヤ​教徒​や​クリスチャン​だけ​で​は​ない。……聖書​は​今や​倫理​的,宗教​的​な​至宝​と​みなさ​れ​て​おり,その​尽きる​こと​の​ない​教え​は,世界​的​文明​へ​の​期待​が​高まる​に​つれ,ますます​価値​ある​もの​と​なる​こと​が​見込ま​れる」。

2 どの​宗教​の​方​で​も,その​よう​な​本​に​つい​て​は​多少​と​も​知り​たい​と​思わ​れる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。20​世紀​の​終わり​まで​に,聖書​は​全巻​または​その​一部​が​2,200​以上​の​言語​に​翻訳​さ​れ​まし​た。ほとんど​の​人​は,自分​が​読ん​で​理解​できる​言語​で​聖書​を​手​に​入れる​こと​が​でき​ます。活版​印刷​術​の​発明​以来,世界​中​で​推定​40億​冊​の​聖書​が​頒布​さ​れ​て​き​まし​た。

3 もし​聖書​を​お持ち​で​あれ​ば,それ​を​開き,目次​を​ご覧​に​なっ​て​ください。最初​の​創世記​から​最後​の​黙示録(「啓示」の​書)まで,書名​が​記さ​れ​て​いる​こと​に​お気づき​に​なる​でしょ​う。聖書​は​実際​に​は,約​40​人​の​人​が​書い​た​66​冊​の​本​を​集め​た​もの​です。最初​の​部分​は​39​冊​の​本​から​成り,一般​に​旧約​聖書​と​呼ば​れ​て​い​ます​が,おもに​ヘブライ​語​で​書か​れ​た​の​で,ヘブライ​語​聖書​と​いう​名称​が​適切​です。2​番​目​の​部分​は​27​冊​の​本​で​構成​さ​れ,一般​に​新約​聖書​と​呼ば​れ​て​い​ます​が,クリスチャン​の​筆者​たち​が​ギリシャ​語​で​書い​た​の​で,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​と​いう​ふさわしい​名称​が​あり​ます。聖書​は,西暦​前​1513​年​から​西暦​98​年​まで,1,600​年​以上​の​期間​を​かけ​て​書き上げ​ られ​まし​た。筆者​たち​が​編集​会議​を​開く​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。その​うち​の​幾​冊​か​は​同じ​ころ​に​何千​キロ​も​離れ​た​別々​の​場所​で​記さ​れ​まし​た。それでも,聖書​に​は​一貫​し​た​主題​が​あり,全体​が​一つ​に​まとまっ​て​おり,内部​に​矛盾​は​あり​ませ​ん。『1,600​年​間​に​わたり​40​人​以上​の​人々​が,どの​よう​に​し​て​それ​ほど​一貫​し​た​本​を​まとめる​こと​が​でき​た​の​だろ​う』と​考え​ず​に​は​いら​れ​ませ​ん。

「神​は​北​を​むなしい​所​の​上​に​張り伸ばし,地​を​無​の​上​に​掛け​て​おら​れる」

4 聖書​は​今​から​1,900​年​余り​前​に​書き​終え​られ​まし​た​が,その​内容​は​現代​の​人々​の​興味​を​そそり​ます。一例​と​し​て,聖書​の​ヨブ 26​章​7​節​を​お開き​に​なっ​て​ください。この​聖句​が​西暦​前​15​世紀​に​書か​れ​た​こと​を​念頭​に​置い​て​ください。「神​は​北​を​むなしい​所​の​上​に​張り伸ばし,地​を​無​の​上​に​掛け​て​おら​れる」と​述べ​られ​て​い​ます。次​に,イザヤ​書​が​西暦​前​8​世紀​に​書か​れ​た​こと​に​留意​し​ながら,イザヤ 40​章​22​節​を​ご覧​ください。その​節​に​は​こう​あり​ます。「地​の​円​の​上​に​住む​方​が​おら​れ,地​に​住む​者​たち​は,ばった​の​よう​で​ある。その​方​は​天​を​目​の​細かい​薄織り​の​よう​に​張り伸ばし​て​おら​れ,それ​を​その​中​に​住む​ため​の​天幕​の​よう​に​広げ(て​おら​れる)」。これら​二つ​の​描写​から,何​が​思い浮かび​ます​か。宇宙​空間​に『掛かっ​て​いる』球体​の​イメージ​です。現代​の​宇宙​船​から​送ら​れ​て​くる​写真​で,その​よう​な​様子​を​ご覧​に​なっ​た​こと​が​おあり​でしょ​う。『そんな​に​昔​の​人​が​どうして,科学​的​に​それ​ほど​正確​な​こと​が​言え​た​の​だろ​う』と​思わ​れる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

5 聖書​に​関する​ほか​の​点​も​考え​ましょ​う。聖書​は​歴史​的​に​正確​でしょ​う​か。聖書​は​伝説​の​寄せ集め​に​すぎ​ず​歴史​的​な​根拠​は​ない,と​考える​人​が​い​ます。イスラエル​の​有名​な​王​ダビデ​を​例​と​し​て​取り上げ​ましょ​う。最近​まで,ダビデ​の​存在​を​示す​根拠​と​言え​ば​聖書​だけ​でし​た。主​だっ​た​歴史​家​は​ダビデ​を​実在​の​人物​と​し​て​受け入れ​て​い​ます​が,一部​の​懐疑​的​な​人​たち​は​ダビデ​を,ユダヤ​教​を​広める​ため​に​作ら​れ​た​伝説​上​の​人物​と​し​て​退け​よう​と​し​ます。事実​は​何​を​示し​て​いる​でしょ​う​か。

「ダビデ​の​家」に​言及​し​て​いる​碑文

6 1993​年,古代​イスラエル​の​都市​ダン​の​遺跡​で,「ダビデ​の​家」に​言及​する​碑文​が​発見​さ​れ​まし​た。その​碑文​は​粉々​に​ 割れ​た​記念​碑​の​一部​で,西暦​前​9​世紀​の​もの​でし​た。その​記念​碑​は​イスラエル​人​に​対する​戦勝​記念​と​し​て​建て​られ​た​もの​でし​た。こう​し​て​思いがけなく,聖書​以外​で​ダビデ​に​言及​する​古代​の​史料​が​見いださ​れ​た​の​です。それ​は​意義​ある​こと​でし​た​か。その​発見​に​つい​て,テルアビブ​大学​の​イスラエル​・​フィンケルシュタイン​は,「ダビデ​の​碑文​が​発見​さ​れ,聖書​に​関する​虚無​的​な​見方​は​突如​と​し​て​崩壊​し​た」と​述べ​まし​た。パレスチナ​で​の​発掘​に​何十​年​間​も​携わっ​た​考古​学​者​ウィリアム​・​F​・​オールブライト​教授​は,かつて​こう​語り​まし​た。「相次ぐ​発見​に​より,細部​に​わたる​正確​さ​が​非常​に​多く​の​点​で​証明​さ​れ,史料​と​し​て​の​聖書​の​価値​に​対する​評価​が​高まっ​て​き​た」。ここ​で​も,『叙事​詩​や​伝説​など​と​は​違っ​て,この​古い​書物​が​歴史​的​に​これ​ほど​正確​な​の​は​どうして​だろ​う​か』と​いう​疑問​が​生じる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,まだ​ほか​に​も​あり​ます。

アレクサンドロス​大王​の​肖像​が​刻ま​れ​た​硬貨

7 聖書​は​預言​の​本​で​も​あり​ます。(ペテロ​第​二 1:20,21)「預言」と​いう​語​を​聞く​と​すぐ​に,預言​者​と​称し​た​人々​の​成就​し​なかっ​た​言葉​の​こと​が​思い浮かぶ​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,先入​観​に​とらわれる​こと​なく,聖書​の​ダニエル 8​章​を​ご覧​に​なっ​て​ください。ダニエル​は​その​章​で,二​本​の​角​を​持つ​雄羊​と,「一​本​の​際立っ​た​角」を​持つ​毛深い​雄やぎ​と​の​闘争​に​関する​幻​を​描写​し​て​い​ます。雄やぎ​は​勝利​を​得​ます​が,その​大きな​角​は​折れ​て​しまい​ます。その代わり​に​四​本​の​角​が​生え​て​き​ます。その​幻​に​は​どの​よう​な​意味​が​あり​まし​た​か。ダニエル​の​記述​は​こう​続い​て​い​ます。「あなた​が​見​た​二​本​の​角​の​ある​雄羊​は​メディア​と​ペルシャ​の​王​を​表わし​て​いる。また,毛深い​雄やぎ​は​ギリシャ​の​王​を​表わし​て​いる。その​目​の​間​に​あっ​た​大いなる​角,それ​は​その​第​一​の​王​で​ある。また,それ​が​折れ​て,その代わり​に​ついに​四​本​の​角​が​立ち上がっ​た​が,彼​の​国​から​四つ​の​王国​が​立つ​こと​に​なる。しかし,彼​ほど​の​力​は​ない」。―ダニエル 8:3‐22

「相次ぐ​発見​に​より,細部​に​わたる​正確​さ​が​非常​に​多く​の​点​で​証明​さ​れ,史料​と​し​て​の​聖書​の​価値​に​対する​評価​が​高まっ​て​き​た」。―ウィリアム​・​F​・​オールブライト​教授

8 この​預言​は​成就​し​た​でしょ​う​か。ダニエル​書​は​西暦​前​536​年​ごろ​に​書き​終え​られ​まし​た。マケドニア​の​アレクサンドロス​大王​は,その​180​年​後​の​西暦​前​356​年​に​生まれ,ペルシャ​帝国​を​征服​し​まし​た。この​王​が,「毛深い​雄やぎ」の​目​の​間​ に​ある「大いなる​角」でし​た。ユダヤ​人​の​歴史​家​ヨセフス​に​よる​と,アレクサンドロス​は​ペルシャ​に​勝利​を​収める​前​に​エルサレム​に​入城​し​た​際,ダニエル​書​を​見せ​られ​た​と​いう​こと​です。大王​は,指し示さ​れ​た​ダニエル​書​の​預言​の​言葉​は​ペルシャ​に​関係​し​た​自分​の​軍事​行動​の​こと​を​言っ​て​いる,と​結論​し​まし​た。また​別​の​点​と​し​て,世界​史​の​教科​書​を​見れ​ば,西暦​前​323​年​の​アレクサンドロス​の​死後​に​その​帝国​が​たどっ​た​道​を​知る​こと​が​でき​ます。やがて​4​人​の​将軍​が​その​帝国​を​支配​する​よう​に​なり,「大いなる​角」の​代わり​に​立ち上がっ​た「四​本​の​角」が,西暦​前​301​年​まで​に​領土​を​四つ​に​分割​し​まし​た。『どうして​この​本​は,200​年​も​あと​に​起きる​事柄​を​これ​ほど​生き生き​と​正確​に​預言​でき​た​の​だろ​う』と,改めて​考え​させ​られ​ます。

9 聖書​そのもの​が,前述​の​質問​に​こう​答え​て​い​ます。「聖書​全体​は​神​の​霊感​を​受け​た​もの​で……有益​です」。(テモテ​第​二 3:16)「神​の​霊感​を​受け​た​もの」と​訳さ​れる​ギリシャ​語​は,字義​どおり​に​は,「神​が​息​を​吹き込ん​だ」と​いう​意味​です。現在​わたしたち​が​聖書​の​各書​に​見いだす​情報​は,神​が​40​人​ほど​の​筆者​の​思い​の​中​に「吹き込ん​だ」もの​です。ここ​で​考慮​し​た​幾つ​か​の​例 ― 科学​的,歴史​的,預言​的​な​面 ― は,明らか​に​ただ​一つ​の​結論​を​指し示し​て​い​ます。つまり,聖書​と​いう​比類​の​ない​書物​は,人間​の​知恵​の​所産​で​は​なく,神​を​源​と​する​もの​で​ある,と​いう​点​です。と​は​いえ,今日,聖書​の​著者​で​ある​神​の​存在​に​疑い​を​抱く​人​は​少なく​あり​ませ​ん。あなた​は​どう​思わ​れ​ます​か。