内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

満足のいく生活 ― どうすれば実現できますか

 第​7​部

満足のいく生活 ― なかなか実現しないのはなぜ?

満足のいく生活 ― なかなか実現しないのはなぜ?

精いっぱい​努力​し​て​いる​の​に,人生​に​真​の​意味​を​見いだせ​ない​で​いる​人​が​多い​の​は​なぜ​でしょ​う​か。「女​から​生ま​れ​た​人​は,短命​で,動揺​で​飽き飽き​さ​せ​られ​ます。花​の​よう​に​出​て​来​て​は,切り取ら​れ,影​の​よう​に​飛び去っ​て,とどまる​こと​が​あり​ませ​ん」。(ヨブ 14:1,2)人類​の​明るい​前途​を​台なし​に​する​出来事​が,パラダイス​に​い​た​最初​の​人間​夫婦​に​生じ​まし​た。

2 人間​家族​が​本当​に​幸福​で​ある​に​は,神​と​の​良い​関係​を​持つ​こと​が​必要​です。それ​は​人​の​自発​心​に​基づく​べき​もの​で​あり,強制​さ​れ​た​もの​で​は​あり​ませ​ん。(申命記 30:15‐20。ヨシュア 24:15)エホバ​は,愛​に​根ざし​た,心​から​の​従順​と​崇拝​を​求め​て​おら​れ​ます。(申命記 6:5)その​ため​エホバ​は,エデン​の​園​で​一つ​の​規定​を​設け​まし​た。それ​は,心​から​の​忠節​を​証明​する​機会​を​最初​の​人間​に​与える​もの​と​なり​まし​た。「園​の​すべて​の​木​から,あなた​は​満ち足りる​まで​食べ​て​よ​い。しかし,善悪​の​知識​の​木​に​つい​て​は,あなた​は​それ​から​食べ​て​は​なら​ない。それ​から​食べる​日​に​あなた​は​必ず​死ぬ​から​で​ある」と,神​は​アダム​に​言わ​れ​まし​た。(創世記 2:16,17)それ​は​単純​な​テスト​でし​た。エホバ​が​アダム​に​食べる​こと​を​禁じ​た​の​は,園​の​すべて​の​木​の​うち​の,ただ​1​本​の​木​の​実​だけ​だっ​た​の​です。その​木​は,何​が​善​で​何​が​悪​か​を​決める​全知​の​創造​者​の​権利​を​象徴​する​もの​でし​た。最初​の​人間​アダム​は,「[アダム]を​補う​もの」と​し​て​神​から​与え​られ​た​自分​の​妻​に,神​の​この​命令​を​伝え​まし​た。(創世記 2:18)アダム​も​エバ​も,神​の​支配​の​もと​で​生活​する​と​いう​この​取り決め​に​満足​し​て​い​まし​た。感謝​の​気持ち​から​神​の​ご意志​に​服し,創造​者​で​あり​命​の​与え主​で​ある​方​へ​の​愛​を​表明​し​て​い​た​の​です。

3 そんな​ある​日​の​こと,一​匹​の​蛇​が​エバ​に​話しかけ,「あなた方​は​園​の​すべて​の​木​から​は​食べ​て​は​なら​ない,と​神​が​言わ​れ​た​ の​は​本当​です​か」と​尋ね​まし​た。エバ​は,『自分​たち​が​死ぬ​こと​の​ない​ため』に,「園​の​真ん中​に​ある​木」つまり​善悪​の​知識​の​木​だけ​は​その​実​を​食べる​こと​を​禁じ​られ​て​いる,と​答え​まし​た。―創世記 3:1‐3

4 この​蛇​は​だれ​でし​た​か。聖書​の「啓示」の​書​は,「初め​から​の​蛇」に​つい​て​述べ,それ​が「悪魔​また​サタン​と​呼ば​れ,人​の​住む​全地​を​惑わし​て​いる​者」で​ある​こと​を​明らか​に​し​て​い​ます。(啓示 12:9)神​が​悪魔​サタン​を​創造​さ​れ​た​の​でしょ​う​か。いいえ,そう​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​み業​は​完全​で​良い​もの​です。(申命記 32:4)この​霊​の​被​造物​は​自ら,「中傷​する​者」と​いう​意味​の​悪魔(Devil)に,また「抵抗​者」と​いう​意味​の​サタン​に​なり​まし​た。悪魔​サタン​は,神​の​地位​に​就き​たい​と​いう「自分​の​欲望​に​引き出さ​れ​て​誘わ​れ」,創造​者​に​反逆​する​よう​に​なり​まし​た。―ヤコブ 1:14

5 悪魔​サタン​は​エバ​に​さらに​こう​言い​まし​た。「あなた方​は​決して​死ぬ​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。その​木​から​食べる​日​に​は,あなた方​の​目​が​必ず​開け,あなた方​が​必ず​神​の​よう​に​なっ​て​善悪​を​知る​よう​に​なる​こと​を,神​は​知っ​て​いる​の​です」。(創世記 3:4,5)サタン​は,善悪​の​知識​の​木​から​食べる​の​を​魅力​的​な​こと​に​思わ​せ​まし​た。こう​語っ​た​も​同然​です。『神​は​あなた方​から​良い​もの​を​差し控え​て​いる​の​です。とにかく​その​木​から​食べ​て​み​なさい。そうすれば,神​の​よう​に​なり,何​が​善​で​何​が​悪​か​を​自分​たち​で​決め​られる​よう​に​なる​でしょ​う』。今日​で​も,サタン​は​この​種​の​論法​を​用い​て,神​に​仕え​させ​ない​よう​多く​の​人​に​働きかけ​て​い​ます。『自分​の​好き​な​こと​を​すれ​ば​よい。命​の​与え主​に​対する​責務​など​考え​なく​て​も​よい』と​言う​の​です。―啓示 4:11

6 その​木​の​実​は​にわか​に,慕わしい​もの,欲しく​て​たまら​ない​もの​に​なっ​て​き​まし​た。エバ​は​その​実​を​取っ​て​食べ,その​後,夫​に​も​勧め​まし​た。アダム​は​結果​を​じゅうぶん​承知​の​うえ​で,妻​の​声​に​従い,その​実​を​食べ​まし​た。どの​よう​な​結果​に​なっ​た​でしょ​う​か。女​に​対し​て,エホバ​は​次​の​よう​な​宣告​を​言い渡し​まし​た。「わたし​は​あなた​の​妊娠​の​苦痛​を​大いに​増す。あなた​は​産み​の​苦しみ​を​もっ​て​子​を​産む。あなた​が​慕い求める​の​は​あなた​の​夫​で​あり,彼​は​あなた​を​支配​する​で​あろ​う」。男​に​対し​て​は​何​と​言わ​れ​まし​た​か。「地面​は​あなた​の​ゆえに​のろわ​れ​た。あなた​は,命​の​日​の​かぎり,その​産物​を​苦痛​の​うち​に​食べる​ で​あろ​う。そして,それ​は​いばら​と​あざみ​を​あなた​の​ため​に​生え​させ,あなた​は​野​の​草木​を​食べ​なけれ​ば​なら​ない。あなた​は​顔​に​汗し​て​パン​を​食べ,ついに​は​地面​に​帰る。あなた​は​そこ​から​取ら​れ​た​から​で​ある。あなた​は​塵​だ​から​塵​に​帰る」。今や​アダム​と​エバ​は,ただ​自分​たち​の​やり方​で​幸福​と​満足​を​追い求め​て​いか​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。神​の​目的​から​離れ​て​満足​の​いく​生活​を​送ろ​う​と​する​人間​の​試み​は​うまく​いく​の​でしょ​う​か。庭園​の​よう​な​パラダイス​を​管理​し​て,それ​を​地​の​隅々​に​まで​広げる​と​いう​楽しい​仕事​は​なくなり​まし​た。その代わり​に,創造​者​の​栄光​の​ため​で​は​なく,ただ​生き​て​いく​ため​の​退屈​な​骨折り​仕事​を​する​こと​に​なり​まし​た。―創世記 3:6‐19

7 最初​の​人間​夫婦​は,善悪​の​知識​の​木​から​食べ​た​日​に,神​の​目​に​は​死ん​だ​者​と​なり,体​は​死​に​向かっ​て​衰え​始め​まし​た。二​人​は​やがて​死に​まし​た​が,その​時​どう​なり​まし​た​か。聖書​は​死者​の​状態​を​こう​明らか​に​し​て​い​ます。「生き​て​いる​者​は​自分​が​死ぬ​こと​を​知っ​て​いる。しかし,死ん​だ​者​に​は​何​の​意識​も​なく,彼ら​は​もはや​報い​を​受ける​こと​も​ない。なぜなら,彼ら​の​記憶​は​忘れ去ら​れ​た​から​で​ある」。(伝道​の​書 9:5。詩編 146:4)死後​も​生き​続ける「」の​よう​な​もの​は​全く​あり​ませ​ん。罪​に​対する​処罰​は​死​で​あり,火​の​燃える地獄で​の​永遠​の​責め苦​で​は​あり​ませ​ん。また,死​が​天​で​の​とこしえ​の​至福​に​つながる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。 *

8 へこみ​の​ある​ケーキ​型​で​は,へこみ​の​ある​ケーキ​しか​でき​ない​の​と​同じ​よう​に,不​完全​に​なっ​て​しまっ​た​男女​は,不​完全​な​子孫​しか​生み出せ​ませ​ん​でし​た。聖書​は​その​過程​を​次​の​よう​に​説明​し​て​い​ます。「一​人​の​人​を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」。(ローマ 5:12)こう​し​て,人​は​みな​罪​の​うち​に​生まれ,虚無​に​服さ​せ​られ​て​い​ます。アダム​の​子孫​に​とっ​て​生活​は,挫折​感​の​伴う,骨折り​仕事​の​よう​な​もの​に​なり​まし​た。では,この​状況​から​逃れ出る​道​は​ある​の​でしょ​う​か。

^ 7節 ものみの塔​聖書​冊子​協会​発行​の「人​は​死ぬ​と​どう​なり​ます​か」と​いう​冊子​に​は,死者​の​状態​に​関する​興味深く​詳細​な​説明​が​載せ​られ​て​い​ます。