内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 15

親切に関する教訓

親切に関する教訓

偏見どういうことか,知っますか。― 偏見いうは,自分感じ話す言語ちがういうだけで,その好きなれないことです。ですから,偏見持ついうは,相手よく知らないうちに,そのこと悪く思ったり,こういう思いこんだりすることです。

どういうよく知らないに,あるいは,ただ自分ちがういうだけで,その良く思わない正しいことでしょか。― いいえ,偏見正しいことありません。親切ことありません。自分たちちがっいるよういうだけで,親切ない良くありません。

ところで,皮膚や,話す言語自分ちがう知っますか。― もしかすると,けが病気せいで,見感じふつうちがういるでしょう。自分ちがうところある優しく親切ますか。―

自分たちどこちがうよう思えるたちに,どのよう接する必要あります

偉大教え手イエスキリスト聴き従うは,だれ対し親切ます。人生ま皮膚問題なりません。どんな親切なけれならないです。すべてそう考えいるわけありませが,イエスそういう教訓おあたえなりました。では,その教訓つい考えましょう。

対する偏見持っユダヤイエスもとやって,『永遠生きるは,何なけれなりませか』と質問ました。イエス分かっました。このユダヤは,自分同じ人種国籍だけ親切すれよい,とイエス言わせようです。それイエスは,自分答えるかわりに,『神律法は,わたしたちなけれならない述べますか』と聞きました。

 その答えました。『あなたつくして,あなたエホバ愛さなけれならない。そして,あなた隣人自分自身よう愛さなけれならない』。イエス言いました。『そのとおりです。そのよう行ないつづけなさい。そうすれば,とこしえ得るでしょう』。

しかし,そのは,自分ちがうところあるたち優しく親切たいいう気持ちありませでした。そこで,言い訳ようて,イエスに,「わたし隣人いったいだれでしょか」と質問ました。たぶん,「あなた隣人は,あなた友達です」とか,「見感じあなた同じようたちです」など言っほしかっでしょう。イエス質問答えるため,ユダヤサマリアされました。こういうお話です。

エルサレムからエリコ向かう下っました。そのユダヤでした。歩いところ,強盗つかまり,打ちたおさうえに,お金衣服取らしまいました。強盗は,その打ちのめし半殺しすると,道かたわら置いまま,去っ行きました。

それからなく,一祭司そのやっました。祭司は,ひどい 負っました。あなたならどうでしょか。― 祭司反対通っ行っしまいました。立ち止まることさえありませでした。助けなること一つませでした。

に,もう人,とても信心深い下っました。それエルサレム神殿仕えるレビでした。そのレビ立ち止まっ助けるでしょか。― いいえ,祭司まったく同じようました。

最後に,サマリア通りかかりました。道曲がっやっ来る見えますか。― ユダヤひどい負って,たおれいるました。実は,たいていサマリアユダヤにくみ合っます。(ヨハネ 4:9)では,このサマリア助け置き去りするでしょか。『どうしてこのユダヤ 助けなけれならないか。わたしけがも,このわたし助けくれないだろう』と思うでしょか。

サマリア良い隣人だっなぜです

そのサマリアは,道わきおれいるて,たいへんかわいそう思いました。置き去りて,見殺しするなれません。それで,乗っ動物から降りると,男行き,傷手当て始めました。傷ぶどう注ぎました。こうすると,傷早く治るです。それから,傷巻きました。

サマリアは,自分乗っ動物けが人そっと乗せ,ゆっくり下っ行きました。そして,宿屋つまり小さな旅館たどり着くと,ユダヤため部屋取って,手厚くかいほうました。

ここイエスは,『これら3うちだれ良い隣人思いますか』と,相手ユダヤ聞きました。そう聞かたら,どう答えたい思いますか。祭司ですか,レビですか,サマリアですか。―

質問は,『良い隣人は,足止めて,傷ついかいほうです』と答えました。それイエスは,『そのとおりです。行って,あなた同じようなさい』と言いました。―ルカ 10:25‐37

すばらしいありませか。だれわたしたち隣人いうことはっきり教えます。 わたしたち隣人は,親しい友達だけありません。自分同じ皮膚たち,自分同じ言語話すたちだけいうわけありません。イエスは,生ま感じ話す言語関係なく,どんな親切するよう教えくださいました。

エホバそのようです。偏見持っおらません。イエスこう述べました。『天おられるあなた方悪い人々良い人々ご自分太陽のぼらせ,良い人々良くない人々降らせくださいます』。ですから,わたしたちように,どんな親切なけれなりません。―マタイ 5:44‐48

どうすれ良い隣人なれます

では,けがたら,どうますか。― その外国だったら,自分ちがう皮膚だったら,どうでしょか。それでも,そのあなた隣人ですから,助けあげなくなりません。自分小さく助けられない思ったら,年上助け求めください。そうなければ,おまわりさんか,学校先生呼ぶことできます。サマリアよう親切するは,そういうことです。

偉大教え手は,わたしたち親切すること願っおらます。人差別することなく助けるよう望んます。良い隣人されそのためです。

ここ学んだ,人種国籍関係なく親切するいう教訓ついて,次聖句読ん考えください。箴言 19:22。使徒 10:34,35; 17:26

もっと調べる

「ものみの塔」

親切心―神からて,なくならないもの

だれ親切するべきでしょか。神親切いう特質どうおられるでしょか。

「目ざめよ!」

わたしたち人類は一つの家族

ある人種が他よりも秀でている,ということがありますか。人種主義や人種平等について,科学からどんなことが分かりますか。聖書は何と述べていますか。