内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 39

神はみ子を覚えておられる

神はみ子を覚えておられる

イエス友人ラザロ死ん時,なみだ流しました。では,イエス苦しん死ん時,エホバつらい気持ちなっ思いますか。― 聖書よると,神は「痛み覚え」ることあります。また,ある出来事に『痛みあたえる』ことさえあります。―詩編 78:40,41。ヨハネ 11:35

エホバが,愛するみ子どんな痛め想像できますか。― イエスは,神イエスお忘れならないこと確信ました。ですから,死んいく時,最後に,『父よ,わたしの[命]をみ手たくます』と言いました。―ルカ 23:46

イエスは,自分が「地獄」,つまり置いおかず,復活すること確信ました。イエスよみがえっ後,使徒ペテロイエスつい書いある聖書言葉引用し,『その地獄捨て置かず,その肉体くされ見ることない』と言いました。(使徒 2:31,「ジェームズ欽定訳」[英語]。詩編 16:10)確かに,イエスくさるまで,つまり,傷んくさくなるまで置かれること決してありませでした。

 イエスは,地上時,長い時間死んままないこと弟子たち告げました。自分は「殺され,よみがえらされる」と弟子たち説明ました。(ルカ 9:22)ですから,イエス復活時,弟子たちおどろく必要ありませでした。でも,実際どうだっでしょか。― 調べましょう。

金曜午後3ごろ,偉大教え手苦しみ亡くなります。お金持ちヨセフいうサンヘドリン一員でしが,こっそりイエス信じるようなっました。ヨセフイエス死んこと知ると,ローマ総督ピラトもと行き,イエスほうむるから下ろしよいたずねます。そして,イエスある運びます。

イエス入れられ後,大きな転がさ置かます。墓ふさがです。そして日曜なりました。日のぼるで,あたりまだ真っ暗です。男たちます。祭司たちが,そのたちつかわしさせいるです。なぜか分かりますか。―

それは,祭司たちも,イエス自分復活する言っ聞いからです。それで,番兵見張りさせて,イエス弟子たち死体ぬすみ,イエスよみがえらさ言うことないようます。ところ突然,地面ゆれ動き,やみぱっとかがやきます。エホバみ使いです! 兵士たちびっくり仰天て,動けなくなります。み使いところ行き,石転がして,どけます。なんと,墓空っぽです!

なぜですか。何起きでしょ

から使徒ペテロ述べとおり,「このイエス復活た」のです。(使徒 2:32)神は,イエス地上来る持っ同じよう持つて,イエス生き返らました。イエスみ使い持っいるよう復活られました。(ペテロ一 3:18)ですから,自分人々見せる必要あるときは,肉着けなけれなりません。イエスそうなさるでしょか。― 調べましょう。

朝日のぼっます。兵士たちにげしまいました。マリアマグダレネなど, イエス弟子なったち向かっます。『だれわたしたちためあの重い転がし,どけくれるでしょか』とたがい話します。(マルコ 16:3)ところ着いみると,石すでに転がされ,どけあります。そして,墓空っぽです! 死んイエスありません! マリアマグダレネは,イエス使徒さがすため,すぐかけ出し行きます。

ほかたちそばて,『いったいイエスどこあるしら』と不思議思っます。すると,突然,まばゆいばかり衣服現われます。み使いたちです! み使いたちこう言います。『あなた方なぜここイエスさがしいるですか。イエスよみがえらさました。急い行って,このこと弟子たち告げなさい』。そのたちどんな速く走っ想像できますね。途中出会います。だれ思いますか。―

それは,肉着けイエスです。イエスたちに,『行って,わたし弟子たち告げなさい』と言います。女たち興奮ます。弟子たち見つけると,『イエス生きます! わたしたちイエスました!』と告げます。ペテロヨハネそのもうマリアから,墓いうこと聞いました。二は,このさし絵あるように,墓行きます。そして,イエス包ん亜麻ますが,どう考えたらよい分かりません。イエス生き返っこと信じたいですが,あまりにすばらしくて,ほんとう思えないです。

ペテロヨハネどんなこと考えいるでしょ

その同じ日曜日,もっとおそくなっからことです。エマオいう向かう歩い弟子イエス現われます。イエス一緒歩きながら話しますが,二そのイエスあること気づきません。イエス以前同じよう着けないからです。イエスその弟子たち一緒食事に,祈りささげはじめて,二それイエスあること気づきます。弟子たちすっかり興奮し,何キロはなれエルサレム 急い帰ります。それからなくこと思わますが,イエス生き返っこと示すためペテロ現われます。

さらに時間たっその日曜夜,多く弟子一つ部屋集まっます。戸かぎかかっます。ところが,突然,イエス弟子たちいるその部屋現われます! そこで弟子たちは,偉大教え手生き返っこと知ります。弟子たちどんな喜んことでしょう。―マタイ 28:1‐15。ルカ 24:1‐49。ヨハネ 19:38–20:21

イエス40間,さまざま着け現われ,ご自分生き返っこと弟子たち示します。それから地上去って,天お父さんところもどり ます。(使徒 1:9‐11)間なく弟子たちは,神イエス死人からよみがえらせことを,みんな話しはじめます。祭司弟子たち打ちたたき,弟子あるたち殺させることまでますが,弟子たち宣べ伝えるやめません。たとえ死んも,神み子覚えおらよう自分たちこと覚えくださるいうこと知っいるです。

イエス復活時期なると,多くどんなことつい考えますか。でも,あなたどうです

イエスそれら初期弟子たちは,今日多くなんとちがっでしょう! ある人々は,イエス復活時期なると,復活うさぎ付けことしか考えません。しかし,聖書復活うさぎつい述べません。聖書述べいるは,神仕えることです。

み子復活て,すばらしいこと行なわました。そのことつい話すなら,わたしたちイエス弟子たち見ならうことなります。人々から殺す言わも,決しておそれる必要ありません。たとえ死ぬようことあっも,エホバイエス同じように,わたしたち覚えくださり,復活くださいます。

ご自分仕える人々覚えおられ,死人から復活せるいうこと知ると,うれしくなるありませか。― このようこと知ると,どうすれ喜ばせることできるいうこと知りたくなるはずです。神喜ばせることほんとうできます。そのこと知っましか。― それついましょう。

イエス復活信じるなら,わたしたち希望確かものなり,信仰強くなるはずです。次聖句読んください。使徒 2:22‐36; 4:18‐20。コリント一 15:3‐8,20‐23