内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 45

神の王国とは何ですか その支配を望んでいることをどのように示しますか

神の王国とは何ですか その支配を望んでいることをどのように示しますか

イエス弟子たち教え祈り知っますか。― もし知らなければ,聖書開い一緒読んましょう。マタイ 69‐13です。この祈りふつう,主祈り呼ばます。そのに「あなた王国ますように」という言葉あります。神王国どんなもの思いますか。―

は,国支配ことです。王治める政府王国呼ばます。政府いちばんいる大統領呼ぶあります。神政府支配呼ばますか。― 王です。ですから,神政府王国呼ばれるです。

エホバご自分政府だれ選ん思いますか。― み子,イエスキリストです。イエスなぜ,人間選ぶどんな支配より優れいるでしょか。― お父さんあるエホバほんとう愛しいるからです。それイエスいつも正しいこと行ないます。

 イエスベツレヘム生まれるずっに,聖書イエス生まれることや,支配選ばれること述べました。そのついて,イザヤ 96,7読ん調べましょう。そここう書いあります。『わたしたちためひとり子ども生まれ,わたしたちひとりあたえられた。君支配その置かれる。そしてかれ“平和君”呼ばれるあろう。君その豊か支配平和終わりない』。― 斜体本書。

ここイエスは,神王国支配て,「君」と呼ばます。イエスまた,偉大エホバ息子です。しかしエホバイエスご自分政府されました。その政府わたっ支配ます。(啓示 20:6)イエスバプテスマ受けのち,『伝道開始て,「あなた方くい改めなさい。天王国近づいからです」と言い始めました』。―マタイ 4:17

王国近づいた,とイエス言っなぜ思いますか。― 天支配することなるが,人々一緒この地上おらからです。イエス人々に,「神王国あなた方ただ中あるです」と言っそのためです。(ルカ 17:21)エホバよっされすぐ近くて,さわれるほどだったらいい思いませか。―

ところで,イエス地上どんな重要仕事行なうためでしか。― イエスその質問こう答えます。『わたしほか都市王国良いたより宣明なけれなりません。わたしそのためつかわさからです』。(ルカ 4:43)でもイエスは,伝道仕事ぜんぶ自分行なうことできない知っました。それで,どう思いますか。―

イエス地上は,どんな仕事するためです

イエス人々一緒連れ行って,伝道仕方教えました。イエス最初訓練は,使徒選ん12でした。(マタイ 10:5,7)しかし,この仕事するようイエス訓練使徒たちだけだっでしょか。そうありません。聖書よると,ほかおおぜい訓練ました。間なくイエス自分よりに,ほか弟子たち70 ずつ組み送り出しました。そのたちどんなこと教えでしょか。― イエスこうおっしゃいました。「『神王国あなた方近くました』と告げ行きなさい」。(ルカ 10:9)こう政府ことが,人々知られるようなりました。

ずっ昔,イスラエルは,新しいロバ乗っ入り,人々姿現わす習慣ありました。イエスエルサレム訪問て,ちょうどそのこと行なっいるです。イエスエルサレム訪問するこれ最後です。イエス王国支配なります。でも人々は,イエスあっほしい思うでしょか。―

イエスロバ乗っやっ来ると,群衆ほとんどは,道進むイエス自分たち上着しきます。木切っしく人々ます。そのようて,イエスあっほしいいう気持ち表わしいるです。また,大声で,「エホバみ名よっ来る祝福者!」とさけびます。しかし,すべて喜んいるわけありません。実際,宗教指導たちは,イエス向かって,『あなた弟子たち静かするよう命じください』など言うます。―ルカ 19:28‐40

イエスなること望ん人々変わっなぜです

それから後,イエスとらえられて,総督ポンテオピラト官邸連れ行かれ,総督引き出さます。イエスたちが,イエス自分こと言い張っいるか,イエスローマ政府反対いる言うで,ピラトイエス質問ます。イエスは,ローマ政府乗っ取ろいるないこと示し,ピラトに,「わたし王国このものありません」と言います。―ヨハネ 18:36

そこでピラト行き,イエス悪いところ見つからない人々告げます。しかし人々もう,イエス自分たちあっほしい思っません。イエス自由されること願っません。(ヨハネ 18:37‐40)ピラトイエス再び話しから,イエス悪いことない確信ました。それ結局,イエス最後連れ出し,「見なさい。あなた方 だ!」と言います。しかし,人々は,「取り除け! 取り除け! 杭つけろ!」とさけびます。

ピラトは,「わたしあなた方つけるか」と聞きます。祭司たちは,「わたしたちカエサルほかません」と答えます。とても考えられないことです! その邪悪祭司たち人々イエスならせることできました。―ヨハネ 19:1‐16

状況そのたいへんよくます。ほんとうイエスなること望まないたちほとんどです。神信じる言うしれませが,神キリストから命令れること望みません。この地上自分たち政府支配すること望んいるです。

 わたしたちどうでしょか。神王国と,その王国行なういろいろすばらしいことつい学ぶと,神ことどう思うようなるでしょか。― 神愛するようなりますね。― では,神ほんとう愛しいることと,神王国支配望んいるいうことを,どのよう示せるでしょか。―

イエスバプテスマ受けなぜですか。神それよい認めことを,どのよう示さまし

それは,イエス模範ならうことよっ示せます。では,イエスエホバ愛しいることどのよう示しでしょか。― 『わたしつねに,その喜ばれること行ないます』とイエスおっしゃいました。(ヨハネ 8:29)イエス地上は『神ご意志行ない,その仕事なし終える』ためでしね。(ヘブライ 10:7。ヨハネ 4:34)ではイエス伝道仕事始める考えましょう。

イエスヨルダンいるバプテストヨハネところ行きました。二入っ行きます。そこでヨハネが,イエスすっかりしずめ,それから引き上げます。ヨハネイエスバプテスマほどこしなぜ思いますか。―

王国ついて,どこほか話せます

イエスヨハネそうするようたのんからです。しかし,神イエスバプテスマ望んおらことは,どうして分かるでしょか。― それは,イエスから上がっ時,天からて,『あなたわたし子,わたし愛するある。 わたしあなたよい認めた』と言う聞こえからです。神聖霊はと取っイエス下るようされました。このようイエスは,バプテスマ受けることより,生きる限り,つまり永遠エホバ仕えたい思っいること示しました。―マルコ 1:9‐11

あなたまだ子どもですが,将来たい思っますか。― イエスならっバプテスマ受けますか。― イエス見ならう大切ことです。聖書に,イエスは「あなた方その歩みしっかり付い来るよう手本残さた」と書いあるからです。(ペテロ一 2:21)バプテスマ受けるなら,あなたは,自分王国支配ほんとう望んいること示すことなります。でも,バプテスマ受けるだけじゅうぶんありません。

イエス教えことすべて守る必要あります。イエスわたしたちに,『世ものあっならない』とおっしゃいました。この物事かかわるたら,イエス従っいることなるでしょか。イエス使徒たちこの物事からはなれました。(ヨハネ 17:14)では,どんなことでしょか。― イエス使徒たち王国ついみんなました。そのこと生活重要仕事でした。わたしたち同じようできますか。― できます。また,神王国来ることから真剣祈り求めるなら,そのようするはずです。

ほかよう聖句見ると,神王国ほしい思っいること示すためどんなこと行なったらよい分かります。マタイ 6:24‐33; 24:14。ヨハネ一 2:15‐17; 5:3