内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 12

イエスは祈ることを教えておられる

イエスは祈ることを教えておられる

あなたエホバお話しますか。― エホバは,話しかけほしい思っおらます。神お話しすること祈りいいます。イエスお父さんよく話しかけました。神話すため,独りなりたい思っことありました。聖書よると,ある時,『イエス祈るため自分だけ上っ行かました。時刻おそくなりましが,イエスただ独りそこおらました』。―マタイ 14:23

独りエホバ祈るは,どこいいでしょか。― 夜ねる前,ベッドそばなら,独りエホバ話せるでしょう。イエスこう言いました。『あなた祈るときは,自分部屋入り,戸閉じから,あなた祈りなさい』。(マタイ 6:6)毎晩,ねるエホバ祈りますか。― それ必要ことです。

イエス独りに……また,ほかたち一緒いる祈っ

イエスは,ほかたち一緒いる祈りました。友人ラザロ死ん時,イエスは,ラザロ横たえある場所ほか たち一緒祈りました。(ヨハネ 11:41,42)弟子たち集まり合っいる祈りました。あなたは,祈りささげられる集会行っますか。― 集会は,ふつう,年長祈ります。祈りささげるあなたためお話しいるですから,その祈り注意深くかたむけましょう。そうすれば,その祈り対して,「アーメン」と言えるでしょう。祈り終わりに「アーメン」と言うことどんな意味ある知っますか。― その祈り良い思います,という意味です。その祈り賛成ます,同じよう祈りたい思います,という意味です。

集会ささげられる祈り注意深くかたむける必要あるなぜです

イエス食事祈り,食べ物対しエホバ感謝ました。あなた食事必ず祈りますか。― 食事始めるに,食べ物対しエホバ感謝する良いことです。何一緒食事するときは,だれ祈っくださるしれません。でも,独り食べるときどうでしょう。または,エホバ感謝ないたち一緒食事するときどうでしょか。― そのときは,自分祈る必要あります。

いつも大きな祈らなけれなりませか。それとも,心祈っも,エホバ聞こえるでしょか。― ネヘミヤ経験調べると,その答え分かります。ネヘミヤエホバ崇拝あり,ペルシャアルタクセルクセス 宮殿働いました。ある日,ネヘミヤは,エルサレム城壁くずれままなっいること聞いて,とても悲しくなりました。エルサレムネヘミヤ同じとっでした。

どんなときは,ネヘミヤようだまっ祈りささげることできます

ネヘミヤは,悲しそういるわけから聞かれ,まず,だまっ祈りました。それから,そのわけ話し,城壁建て直すためエルサレム行かいただけないでしょか,と願い出ました。それから,どうなりましか。―

ネヘミヤ祈り答えくださいました。王は,行っよい言っくれです。そればかりか,城壁建てるため使う木材たくさんネヘミヤあたえました。ですからは,たとえだまっささげられ祈りも,答える持っおられるです。―ネヘミヤ 1:2,3; 2:4‐8

さて,ここ考えましょう。祈るとき下げる必要ありますか。ひざまずく 必要ありますか。どう思いますか。― イエスひざまずい祈ることありました。立ち上がっ祈ることありました。ラザロため祈っように,天見上げ祈っことあります。

では,このことから分かりますか。― そうです,どんな姿勢取る重要ありません。頭下げ,目閉じ祈る良いときあります。また,イエスなさっように,ひざまずい祈りたいときあるでしょう。ただ,忘れならないは,夜も,神祈ることでき,神わたしたち祈り聞いくださるいうことです。祈り関し大切は,エホバかたむけおられるいうことを,ほんとう信じることです。あなたは,エホバ祈り聞いくださること信じますか。―

祈りどんなことお話しできます

エホバ祈るときどんなこと言ったらよいでしょか。― あなた祈るとき,どんなことついお話しますか。― エホバは,わたしたちとても多く良いあたえくださるで,それら対しエホバ感謝する正しいことですね。― 食べ物対しエホバ感謝できます。でも,青い木,きれい対しエホバ感謝ことありますか。― そういうものエホバお造りなっです。

あるイエス弟子たちは,祈り方教えくださいイエスお願いました。それ偉大教え手は,とく祈り求めること大切教えました。それどんなこと知っますか。― 聖書開いて,マタイ 6ください。9‐13までは,ふつう「主祈り」と呼ばいるところです。一緒そこ読みましょう。

 そこ読むと,イエスお名前つい祈るよう命じいること分かります。イエスは,神お名前神聖ものされるように,つまりなるものあつかわれるよう祈りなさい,と言いました。神お名前ですか。― そうです,エホバです。わたしたちその名前大切なけれなりません。

に,イエスは,神王国来るよう祈ること教えました。この王国重要ものです。なぜなら,この王国よっ地上平和なり,楽園変わるからです。

に,偉大教え手は,神ご意志行なわいるとおり,地上行なわれるよう祈りなさい,と言いました。そう祈るなら,わたしたち望んおられること行なわなけれなりません。

イエスは,その必要食べ物祈り求めるよう教えました。まちがっことたら,必ず,ごめんなさい言うようともおっしゃいました。許しいただけるようお願いなけれなりません。でも,神から許しいただくは,わたしたち対しまちがっことたち許さなけれなりません。人許す簡単思いますか。―

最後イエスは,邪悪ある悪魔サタンからわたしたち守っくださるようエホバ祈りなさい,と言いました。こういうことつい祈る良いことです。

わたしたちは,エホバ祈り聞いくださるいうこと信じなけれなりません。また,助けくださいお願いするだけなく,エホバ絶え感謝する必要あります。わたしたち祈りほんとう気持ち話し,正しい事柄願い求めるなら,エホバ喜んくださいます。そしてエホバは,それらものわたしたちあたえくださいます。そのこと信じますか。―

祈り関する良い助言は,次聖句あります。ローマ 12:12。ペテロ一 3:12。ヨハネ一 5:14

もっと調べる

せいしょのべんきょう

ダニエルは いのった

神に毎日祈ることの大切さを,お子さんに教えましょう。

「エホバの友になろう」の教材

きょうは どんなことを いのれるかな?

どんなことを祈れるか書き出したり,絵にかいたりしてみましょう。

絵で学ぼう

聖霊を求めていつも祈ろう

この教材は,6歳から8歳の子どもを対象にしています。いつも祈ることの大切さを教えましょう。

絵で学ぼう

エホバは具体的な祈りにこたえてくださる

6‐8歳の子ども向けのこの教材は,具体的な祈りの大切さを教えています。