内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 7

従順はあなたを守る

従順はあなたを守る

たいことできたらいいなあ,と思いますか。ああなさい,こうなさいと,だれから言わたくないときありますか。正直言っいいですよ。―

年上言葉かたむける必要あるなぜです

でも,どちらあなたためなるでしょか。したいことするは,ほんとうかしこいことですか。それとも,お父さんお母さん従うほうが,良い結果なりますか。― 親従わなけれならない,と言っおられるです。ですから,親従うこともっとも理由あるちがいありません。では,その理由考えましょう。

あなたですか。― お父さん知っますか。― お母さんおばあさん,おじいさんですか。― みんな,あなたよりずっ長く生きました。長く生きれ生きるほど,いろいろこと学ぶ時間増えます。聞く事柄,見る事柄,行なう事柄毎年加わっゆきます。ですから,若い年上から学ぶことできるです。

あなたより年下だれ知っますか。― あなたは,そのより多くこと知っますか。― どうしてでしょね。― それは,あなたほう長く生きいるからです。いろいろこと学ぶ時間が,年下より多かっです。

 あなたよりわたしよりも,他どんなより長く生きいるだれですか。― エホバです。エホバは,あなたわたしより多くことご存じです。何するようエホバから言わなら,難しそう思えも,そうする確か正しいです。でも,偉大教え手さえ,従う難しい思っことありました。知っましか。―

ある時,神は,とても難しいことイエスお求めなりました。イエスは,このあるように,そのことつい祈りました。『もしあなた望まれることでしたら,この難しい問題わたしから取り除いください』と祈っです。イエスこの祈りは,神ご意志行なういつも易しいわけないこと示さます。しかし,イエス祈り終わり言っか,知っますか。―

イエス祈りからどんなこと分かります

「わたし意志なく,あなたご意志なさますように」と言っ祈り終えです。(ルカ 22:41,42)イエスは,自分意志なく,神ご意志なされること望みました。自分いちばん良い思うことなく,神望んおられること進ん行ないました。

このことから学べますか。― たとえ難しそうも,神言われること行なうは,いつ正しいいうことです。でも,ほか学べるあります。どんなこと分かりますか。― あるたち言っいるちがい,神イエス同じないいうことです。エホバほう長く生きて,み子イエスより多くこと知っおられるです。

従うなら,神愛しいること示せます。聖書は,『そのおきて守り行なうこと,これすなわちです』と書かます。(ヨハネ一 5:3)ですから,わたしたちみな,神従う必要あること分かりますね。あなた従いたい思っますね。―

 では,聖書開いて,神子どもたちどんなこと言っおられる調べましょう。エフェソス 61,2,3ある聖書言葉読みたい思います。そこは,こう書かます。『子どもたちよ,主結ばあなた方従順ありなさい。これかなっことです。「あなた敬いなさい」とあり,これ約束ともなっ最初命令です。すなわち,「それあなたとっ物事良く運び,あなた地上生き永らえるためある」』。

そうですね,お父さんお母さん従順あるよう言っおられるは,エホバです。親を『敬う』とは,どういう意味でしょか。それは,お父さんお母さんりっぱ思って,大切するいうことです。または,親従うなら,物事が『あなたとっ良く運ぶ』と約束おらます。

従順だっ救わたちます。そのたちあげましょう。ずっ昔,そのたちエルサレムいう大きな都市住んました。その都市ほとんど言葉かたむけなかっで,イエス人々に,神エルサレムほろびもたらそおられる,と警告ました。イエスさらに,正しいこと愛するどうすれのがれられる教えました。こう述べます。『エルサレム軍隊ぐるり囲まれるなら,ほろび近づいいること分かります。それは,エルサレムからて,山にげるべきです』。―ルカ 21:20‐22

これらは,イエス命令従順従い,どのよう行動救わまし

さて,イエス言わとおり,軍隊エルサレムこうげきするためやっました。ローマ軍隊は,エルサレムぐるり囲んテント張ります。ところそのあと,どういうわけ兵士たち引きあげしまいます。大部分は,もう危なくない思って,エルサレムとどまっました。でも,イエスは,どうなけれならない言っましか。― もし,あなたエルサレム住んたら,どう思いますか。― イエスほんとう信じたちは,家て,エルサレムから遠くはなれにげました。

1たっも,エルサレム起きません。2目,何起きません。そして3目,やっぱり起きません。エルサレムから行ったちおろか だった,と思うしれません。ところが,4なると,ローマ軍隊もどっました。そして,またもや,その都市ぐるり囲んテント張りました。にげるは,もうおそすぎます。今度こそ,ローマ軍隊エルサレムほろぼししまいました。そのほとんど死んしまい,あと残ったちとらえられました。

しかし,イエス言葉従ったちどうなっでしょか。― 無事でした。エルサレムから遠くはなれところで,害受けませでした。従順だっで,守らです。

あなた場合も,従順あれ守られるでしょか。― お父さんお母さん子どもに,道路絶対遊んいけません,と言うことありますね。なぜでしょか。― 車ひかしまうしれないからです。ところが,ある日,あなたこう思うしれません。『今は,車走っないから,ひかたり ないよ。道路遊んいるいるけど,けがなんか,いちどことない』。

少し危なくない思えも,従う必要あるなぜです

エルサレムほとんども,同じよう考えました。ローマ軍隊去っで,もう大丈夫思っです。そのたちは,ほかエルサレムとどまっ自分とどまりました。警告に,耳かたむけなかっです。そのために,命失いました。

もう一つ考えましょう。マッチ遊んことありますか。― マッチつけながめるおもしろそう思えるしれません。でも,マッチ遊ぶ危険ことです。家丸焼けなって,あなた死んしまうしれません。

こと忘れないようましょう。ときどき従えよいいうありません。ときどきなく,いつも従っいれば,確か守らます。それから,『子どもたちよ,あなた方従順ありなさい』と命じいるだれでしか。― 神です。神あなたほんとう愛しいるで,そう言っおられるいうことも,忘れないください。

ここで,従順大切示す聖句読んください。箴言 23:22。伝道書 12:13。イザヤ 48:17,18。コロサイ 3:20