内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 1

イエスが偉大な教え手だったのはなぜですか

イエスが偉大な教え手だったのはなぜですか

から2,000以上に,特別子ども生まました。その成長て,これまで最も偉大なりました。そのころ,飛行自動ありませでした。テレビコンピューターインターネットなどありませでした。

そのイエス名づけられました。そして,これまで地上生活人々うち,いちばんかしこいなりました。また,いちばん良い教え手なりました。イエスいつも,難しいこと分かりやすく話しました。

イエスどこも,出会っ人々教えました。湖そばで,舟で,家で,さらに旅行いる教えました。イエス自動持っませでした。電車バス旅行ありません。あちこち歩いて,人々教えです。

わたしたちほかからいろいろこと学びます。でも,偉大教え手イエスからいちばん大切こと学べます。イエス言葉聖書記さます。ですから,聖書あるイエス言葉読むは,ちょうどイエスわたしたち話しかけくださる聞くようものです。

イエスとりわけ偉大教え手だっなぜでしょう。一つ理由は,イエスだれ教えもらっからです。イエスかたむけ聞くこと大切ご存じでした。でも,だれ言うことかたむけでしょか。だれイエス教えでしょう。― イエスお父さんです。イエスお父さんです。

イエス地上人間なる前,天一緒暮らしました。ですから, ほかたちちがっました。というのは,生ま来る暮らしほかないからです。イエスおら時,お父さん言葉かたむける良い息子でした。ですから,神から学ん事柄教えることできです。あなたも,お父さんお母さん言葉かたむけることよって,イエス見ならえます。

イエス偉大教え手あっ理由は,人々愛さことです。イエスは,人々つい学ぶ助けたい願っおらました。大人ばかりなく,子どもたち愛さました。子どもたちよく話しし,子どもたち言うことかたむけで,子どもたちイエス一緒たい思いました。

子どもたちイエス一緒たい思っなぜです

あること,親たちイエスところ幼い子どもたち連れました。でも,イエス友人たちは,偉大教え手たいへんいそがしいから幼い子ども話すひまなどない思いました。それで,そのたちに,帰りなさい言いました。ところイエスおっしゃいましか。― 「幼子たちわたしところ来さなさい。止めようなりません」とおっしゃっです。イエスは,幼い子どもたちそば来る こと望んおらました。イエスとてもかしこくて,えらいでしが,時間取っ幼い子ども教えました。―マルコ 10:13,14

イエス子ども教え,子ども言うことかたむけなぜか,分かりますか。一つ言えることは,天あること話して,子どもたち幸福あげたかっからです。では,あなたは,どうすれみんな幸福することできるでしょか。― 神つい学ん事柄話しあげることです。

あるイエスは,大切教訓友人たちあたえるため,幼い子どもお用いなりました。イエスその連れて,弟子たち,つまりイエス従うたち真ん中立たました。そして,それら大人たち自分態度変えて,そのようならなけれならない,と言わました。

少し大きくなっ子ども大人は,小さいから学べます

イエスどのよう意味そう言わでしょう。大人だけなく,少し大きくなっ子どもも,小さいようなる必要あるどうして分かりますか。― 小さいは,年上ほど多くこと知らないで,進ん学ぼます。ですから,イエス弟子たちに,小さい子どもたちようけんそんなる必要ある,と言っおらです。確かに,わたしたちだれも,ほかから多くこと学べます。また,だれが,自分考えよりイエス教えほう大切あること知らなくなりません。―マタイ 18:1‐5

イエスとりわけ偉大教え手あるもう一つ理由は,人々興味引くどうたらよいご存じだっことです。イエス説明分かりやすくて,はっきりました。人々つい理解できるように,鳥など,身回りあるものついました。

 ある日,イエスほどいると,おおぜいやっました。イエスこのあるように,腰下ろして,人々教訓なるました。その山上垂訓呼ばます。イエスこのよう言わました。『空なさい。鳥まいたり,食べ物倉庫たくわえたりません。でも,天養っおらます。あなた方それらより価値あるものありませか』。

イエスは,鳥ついて,どんな教訓おあたえなりまし

イエスまた,次よう話さました。『野ゆりから教訓なさい。野ゆり働かないに,育ちます。しかも,なんと美しいでしょう。裕福ソロモンさえ,野ゆりほど美しく装っませでした。では,神が,育っいく草花世話くださるなら,あなた方世話くださるないでしょか』。―マタイ 6:25‐33

イエスどんな教訓あたえおら分かりますか。― 食べ物着るどのようたらよいつい心配ないよう言っおらです。 人間そういうものぜんぶ必要ことご存じです。イエスは,食べ物着る得るため働かなくよい言っおらありません。神なくならない,と言っおらです。そうすれば,神必ず,食べ物着るあるようくださいます。そのこと信じますか。―

イエス話し終え時,人々どう思いましか。― その教え方おどろいた,と聖書述べます。イエスかたむけるたいへん興味深いことだっです。イエス語っ事柄は,人々正しいこと行なうため助けなりました。―マタイ 7:28

 ですから,イエスから学ぶとても大切ことです。どうたらそうできる分かりますか。― イエス言葉は,ある書き記さますね。何いう分かりますか。― 聖書です。それで,聖書読み,そこ書かいる事柄注意はらうなら,イエス言葉かたむけることできます。神ご自身イエス言葉かたむけなさい人間お命じなりました。聖書は,そのの,わくわくするようのっます。どんなこと起きか,調べましょう。

あるイエスは,3友人連れ行きました。ヤコブヨハネペテロいう友人たちです。この3ことは,後いろいろ学びます。3イエス親しい友人だっからです。さて,その特別に,イエス明るくかがやき始め,着も,このあるように,光ようまばゆくなりました。

『これわたしある。この聴き従いなさい』

そのあと,イエス友人たちは,天からよう言う聞きました。『これわたし子,わたし愛するある。わたしこのよい認めた。この聴き従いなさい』。(マタイ 17:1‐5)だれだっ分かりますか。― なんと,神でした。わたし聴き従いなさい,と3お命じなっでした。

わたしたちは,どうでしょか。神お命じなっように,み子ある偉大教え手聴き従うでしょか。― わたしたちみんな,そうなけれなりません。どうすれそうできるか,覚えますか。―

そうですね。聖書のっいるイエス生涯記録読むことよって,神み子聴き従うことできます。偉大教え手は,すばらしい事柄たくさんくださるです。聖書書いあること読めば,そのよう事柄楽しく学べます。また,学ん良いこと友達話しあげるなら,幸福なれます。

イエス言葉かたむけるならどんな良いことあるもっと考えるため,聖書開い聖句読んください。ヨハネ 3:16; 8:28‐30。使徒 4:12