内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 20

一番になりたいといつも思いますか

一番になりたいといつも思いますか

いつも一番なりたがる知っますか。― だれおしのけ先頭行こするようです。そうすることありますか。― 偉大教え手は,大人さえ,先頭いちばん大切場所行こする様子ました。イエスそういうこと好みませでした。どんなことあっ調べましょう。

人々一番なろいることあります

聖書よると,イエスは,あるパリサイ宴会招かました。そのパリサイは,力ある宗教指導でした。その着いイエスは,入っ来るほかたちいちばん良い選ぶ様子注意おらました。それイエスは,招かたち一つました。どんな聞いたい思いますか。―

 イエスは,『だれから結婚祝宴招かなら,いちばん良いつまり最も重要取っなりません』と言いました。なぜ思いますか。― だれ自分よりえらい招かいるしれないからです,とイエス説明ました。その場合,このから分かるように,祝宴開いて,『このそのゆずって,あなたあちら行っください』と言うでしょう。言わどんな気持ちするでしょか。― あまり重要ない移るところほか全員られるで,はずかしい思いすることでしょう。

イエス教えおらは,いちばん高い望む正しくないいうことです。それで,こう言いました。『結婚祝宴招かときは,いちばん低い座りなさい。すると,あなた招いて,「友よ,もっと高いほう進んください」と言うしれません。そうすると,あなたは,もっと良い移るで,ほか全員ほまれ受けることなるです』。―ルカ 14:1,7‐11

イエスは,最も良い,あるいは一番取ること話し,どんな教訓あたえまし

イエス要点分かりましか。― それ一つつい考えましょう。満員バス乗るところです。急い自分取り,お年寄り立たままするいうは,正しいことでしょか。― イエスそれ良い思われるでしょか。―

わたしたち行なうことイエスとっ重要意味ない,と言ういるしれません。あなたそう思いますか。― イエスパリサイ開か宴会出席時,人々選ぶ様子注意おらましね。では,今日わたしたち行なうことも,同じよう関心はらっくださるないでしょか。― 今イエスおられるで,わたしたち様子よく注意見ることできます。

 一番なりたがるは,問題引き起こすことあります。たいてい言い争いなり,ほかたちおこります。子どもたち一緒バス乗っ出かけると,ときどきそういうことありますね。バスドア開いとたん,子どもたち真っ先乗ろます。いちばん良い席,窓際座りたがります。すると,どうなるでしょか。― そうです。おたがいに,かっとなるでしょね。

一番なりたいいう気持ちは,いろいろ問題引き起こすことあります。イエス使徒たちさえ,それ問題起きました。この6学んように,使徒たち自分たちだれいちばんえらいつい言い争いました。その時,イエスどうでしょか。― そうですね。使徒たち正しましね。しかし,使徒たちあとで,また言い争いました。どうして言い争いなっ調べましょう。

使徒たち,それほかが,イエス一緒エルサレム向け 最後ます。イエスそのまでご自分王国ついで,ヤコブヨハネ自分たちなっイエス一緒支配よう考えました。そのことは,二母親サロメありました。(マタイ 27:56。マルコ 15:40)そこでエルサレム向かうその途中,サロメイエス近づき,身かがめお願います。

イエスが「あなた望むですか」と聞くと,サロメは,息子たちイエス王国イエスとなりに,一右,一座れるようほしい答えます。ヤコブヨハネ母親通したのん知ったら,ほか10使徒どう感じる思いますか。―

サロメイエスどんなお願いましか。その結果,どうなりまし

そのとおりです。ほか使徒たちヤコブヨハネこと立てました。そこでイエス使徒たち全員良い助言あたえます。イエスよると, 国々支配あるえらいなりたい強く願い,みんな従わせる高い地位就きたがります。しかし,ご自分弟子そのようあっならないです。それどころか,『だれあなた方ありたい思うあなた方どれいなけれなりません』とイエス言わます。この意味考えください。―マタイ 20:20‐28

どれいする知っますか。― ほかから仕えもらうこと考えず,ほか仕えます。第なく,最も低い着きます。いちばんえらいなく,いちばん低い行動ます。イエス言葉忘れないください。イエスは,第ありたい思うほか対しどれいよう行動なけれならない,と言わです。

さて,これどういう意味思いますか。― どれいは,いちばん良いだれ座るいうことつい主人言い争うでしょか。あるいは,だれ最初食べるついて,あれこれ言うでしょか。どう思いますか。― どれいいつ自分より主人する,とイエス説明ました。―ルカ 17:7‐10

では,一番なろする代わりに,どうする必要ありますか。― みんなどれいようなる必要ありますね。それは,自分よりするいうことです。ほかほう自分よりえらい考えるいうことです。ほかするためできること思いうかびますか。― 40ページ41ページもどって,どのよう仕えたら,ほかすることできるもう一度ください。

偉大教え手が,ほか仕えて,ほか自分よりこと覚えいるでしょう。偉大教え手は,使徒たち過ごし最後に,ひざつい使徒たち洗うことまでました。わたしたちほか仕えて,ほかするなら,偉大教え手そのあるエホバ喜んいただけるでしょう。

ほか自分よりすることすすめいる聖句さらにいくつ読みましょう。ルカ 9:48。ローマ 12:3。フィリピ 2:3,4