内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

偉大な教え手から学ぶ

 24

決してどろぼうしてはいけません

決してどろぼうしてはいけません

だれぬすまことありますか。― そのとき,どんな気持ちましか。― だれぬすんも,そのどろぼうです。どろぼうこと好きません。では,どうしてどろぼうするいるでしょう。どろぼうなるよう生まれついいるでしょか。―

人間生まから持っいるいうことは,学んばかりですね。だから,人間みな完全です。しかし,どろぼうなるよう生まれついいるません。良い家庭育っどろぼうすることあります。親兄弟たちまじめも,お金欲しくなったり,いろいろもの買いたくなったりて,どろぼうすることあるです。

最初どろぼうだれ思いますか。― 一緒考えましょう。偉大教え手時,その知っました。そのどろぼうみ使いでした。でも,神お造りなっみ使いたちみな完全だっに,どうしてそのみ使いどろぼうなっでしょか。― この8学んように,自分ものないもの欲しがっです。何欲しがっ覚えますか。―

最初男女創造あと,そのみ使いから崇拝もらいたい思うようなりました。二から崇拝もらう権利あっわけありません。二崇拝ささげられるべきものだっです。ところが,そのみ使い崇拝ぬすんしまいました! アダムエバ崇拝自分ほう向けさせることより,どろぼうなっしまいました。そのみ使い悪魔サタンなりました。

どうしてどろぼうするでしょか。― 自分ものないもの欲しがる 気持ち,つまり欲望あるからです。この気持ちは,とても強くなることあります。良いその気持ち負けて,悪いことしまうほどです。あるたちは,どろぼう働い悪かっ思わず,良いこと再び行なうようなるわけありません。イエス使徒そうでした。ユダイスカリオテいう名前です。

ユダは,ぬすみ悪いこと知っました。幼いから律法教えられからです。昔,神から話すことまでて,『ぬすんならない』とお命じなっこと知っました。(出エジプト記 20:15)ユダ大人なっ偉大教え手出会い,その弟子なりました。後は,イエス選ば12使徒なりました。

イエス使徒たち一緒し,一緒食事ました。みんなお金ぜんぶ一つ入れありました。イエスそのユダ預けました。もちろん,箱お金ユダものありません。しかしユダは,しばらく思いますか。―

ユダぬすみ働いなぜです

必要ないからお金持ち出すようなっです。人ないに,ちょくちょくお金取りました。お金もっと得る方法ないいろいろ考えるようなりました。いつもお金ことばかり考えるようなりました。偉大教え手殺されるほんの前,ユダこのまちがっ欲望ためどんなことか,調べましょう。

イエス友人ラザロ姉妹マリアは,上等取り,イエス注ぎました。ところユダ不平もらしました。なぜ思いますか。― ユダは,その売って,得お金貧しい人々あげほうよかった,と言いました。でも,ほんとうは,箱お金ふやし,ぬすみたい思っです。―ヨハネ 12:1‐6

イエスユダに,マリアとても親切くれだから困らせいけない, 言いました。ユダそう言わて,いや気持ちなりました。そこで,イエスあっ祭司たちところ行きました。祭司たちイエスとらえたい思っましが,人目つかないそうたい思っました。

ユダ祭司たちこう言いました。『もしお金くれるなら,どうすれイエスつかまる教えましょう。いくらくれますか』。

祭司たちは,『銀30やろう』と答えました。―マタイ 26:14‐16

ユダお金もらいました。お金もらういうちょうど,偉大教え手祭司たち売るようものです。そんな悪いことするいるなんて,考えられますか。― でも,人どろぼうなっお金ぬすむと,そういうこと起こるです。その人々よりも,またよりお金愛しいるです。

あなたたぶん,『エホバ以上愛すること絶対ない』と言うでしょう。そのよう気持ちいるりっぱことです。イエスユダ使徒選ん時,ユダきっとそういう気持ちだっことでしょう。どろぼうなっほかたちも,そうだっしれません。何取り上げましょう。

アカンダビデは,どんな悪いこと考えます

は,偉大教え手生まれるずっ生きしもべで,アカンいうです。アカン美しい ました。それらアカンものありませでした。聖書よると,神から取っだっエホバものでした。しかし,アカンとても欲しくなっぬすみました。―ヨシュア 6:19; 7:11,20‐22

あります。ずっ昔,エホバダビデイスラエル治めるました。ある日,ダビデバテシバいう美しいながめはじめました。バテシバ見つづけ,一緒住めるよう連れ来ること考えつづけました。でも,バテシバウリヤでした。ダビデどうするべきでしか。―

バテシバ自分ものよう考えるやめるべきでした。しかしダビデそうないで,バテシバ連れました。それから,ウリヤ殺さました。ダビデそのよう悪いこと なぜでしょか。― ほか自分ものたい思いつづけからです。―サムエル二 11:2‐27

アブサロムどうしてどろぼうだっ言えます

ダビデ後悔で,エホバダビデ取りませでした。しかし,それからいうもの,ダビデたくさん問題かかえるようなりました。息子アブサロムダビデ王位欲しがりました。それで,人々ダビデ会いやっ来ると,いつも,そのたち口づけました。『アブサロムイスラエル人々ぬすんた』と聖書述べます。アブサロム人々説得し,ダビデ代わりアブサロムたいいう気持ちさせました。―サムエル二 15:1‐12

アカンダビデアブサロムように,何とても欲しくなっことありますか。― それものあるなら,許可ない持っいくぬすみです。最初どろぼうなっサタン望ん覚えますか。― 人々なく自分崇拝くれること望みました。ですから,サタンは,アダムエバ従わせ時,ぬすみ働いです。

あるだれ使わせる決める権利は,その持ち主あります。例えば,よそ行っ遊ぶことありますね。その自分持っ来るよいことですか。― そのお父さんお母さんから,持っ行っよい言わないなら,持っ帰っいけません。家断わら持っ帰ったら,ぬすみなります。

あなたぬすみたくなることあるしれません。なぜでしょか。― 自分ものないもの欲しくなるからです。取るところなくも,だれますか。― エホバですね。また,神ぬすみにくまれるいうこと覚えおく必要あります。ですから,神隣人愛することは,決してどろぼうないため役立つです。

聖書は,ぬすみ悪いいうことはっきり述べます。次聖句読んください。マルコ 10:17‐19。ローマ 13:9。エフェソス 4:28