アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

エホバのもとに帰って来てください

 セクション 5

あなたの「魂の牧者また監督」のもとに帰って来てください

あなたの「魂の牧者また監督」のもとに帰って来てください

この ブロシュアー  取り上げ られ  問題   に,自分  こと  よう  思える もの  あり まし  か。そう 思う   少なく あり ませ ん。聖書 時代  おい   現代  おい  も,神  忠実   たち    は,同じ よう  問題  抱え    大勢  ます。それら   は,エホバ  助け   て,それ  克服  まし た。ですから,あなた  克服 でき ます。

エホバ は,帰っ  来る あなた  迎え  ください ます

 安心   ください,エホバ は,帰っ  来る あなた  迎え  ください ます。そして,思い煩い  対処 できる よう,心    癒やさ れる よう,また 清い 良心    思い    平安  なる よう,助け  ください ます。その 助け  受ける なら,仲間  崇拝  たち    もう 一度 エホバ  仕え  ゆこ   いう 意欲  湧い  くる でしょ う。1 世紀   同じ よう  経験     たち   まし た。使徒 ペテロ は,彼ら  宛て  こう 書い   ます。「あなた方  さまよっ   て,羊  よう  あっ  から です。しかし  は,あなた方    牧者 また 監督  もと  帰っ   まし た」。―ペテロ  一 2:25

エホバ  もと  帰る  は,あなた  できる 最善  こと です。それ は,エホバ    歓ばせる こと  なる から です。(箴言 27:11)エホバ  感情  お持ち  あり,わたしたち  良い 行動  すれ ば,喜ば  ます。もちろん,ご自分    抱い  仕える よう 無理強い  たり  され ませ ん。(申命記 30:19,20)ある 聖書   は,「人      外側   取っ手  付い   ない。内側 から 開け なけれ  なら ない  だ」と 述べ まし た。わたしたち は,自分      開け,愛  あふれ  エホバ  崇拝  ます。それ  エホバ   忠誠  いう 貴重  贈り物  ささげる こと  なり,エホバ  大いに 喜ん  ください ます。実際,エホバ  崇拝    当然    あり,その エホバ  崇拝 する こと  幸福   勝る もの  ない  です。―使徒 20:35。啓示 4:11

さらに,クリスチャン     崇拝  再開 すれ ば,自分  霊的  必要  満たさ  ます。(マタイ 5:3)どの よう  でしょ  か。世界   人々 は,「人間  なぜ 存在   いる  だろ  か」と いっ た,生きる 目的  つい   様々  疑問  抱き,その 答え  渇望    ます。それ は,エホバ  人間 を,その 答え  知る 必要  ある     創造    から です。ですから,人    仕え  初めて,満ち足り  気持ち  なれる  です。エホバ  愛する ゆえに 崇拝   いる  いう 自覚 から 生じる 満足  以上  大きな もの  あり ませ ん。―詩編 63:1‐5

忘れ ない  ください,エホバ  あなた に,帰っ    欲しい  思っ  おら  ます。次  こと  考えれ ば,それ  確信 でき ます。この ブロシュアー が,祈り つつ 注意深く 準備    こと,そして,長老  信仰  仲間  通し  あなた  もと  届け られ  こと,また あなた 自身 ここ まで 読ん  考え  いる  いう こと です。この すべて は,エホバ  あなた  忘れ  おら  なかっ  証拠 です。忘れる どころ か,ご自分  もと  帰っ  来る よう,優しく 引き寄せ  おら れる  です。―ヨハネ 6:44

エホバ  ご自分  迷い出   たち  こと  決して お忘れ  なり ませ ん。それ  知る  慰め られ ます。ドナ  いう 姉妹 も,その こと  認識 する よう  なり まし た。こう 言っ   ます。「わたし は,徐々  真理 から 漂い出  しまい まし  が,詩編 139  23,24   しばしば 脳裏  浮かび まし た。『神 よ,わたし  くまなく 探り,わたし    知っ  ください。わたし  調べ て,不安    起こさ せる わたし  考え  知っ  ください。わたし  うち  苦痛    ある  どう    て,わたし  定め  ない   至る   導き入れ  ください』と いう 言葉 です。わたし  自分    もの   ない こと  よく 分かり まし た。世  なじめ なかっ   です。自分   場所  エホバ  組織  しか ない,と 思い まし た。それで,エホバ  わたし  見捨て   おら  なかっ   だ,と 気づき まし た。わたし  必要 だっ   は,どう すれ  エホバ  もと  戻れる   知る こと だけ でし た。そして 実際  戻る こと  でき,今  本当  幸せ です」。

「エホバ  わたし  見捨て   おら  なかっ   だ,と 気づき まし た。わたし  必要 だっ   は,どう すれ  エホバ  もと  戻れる   知る こと だけ でし た」

わたしたち は,あなた  再び「エホバ  喜び」を 味わう こと  できる よう,心 から 祈っ   ます。(ネヘミヤ 8:10)エホバ  もと  戻っ   に,戻ら なけれ  よかっ  など  思う こと  決して ない でしょ う。