内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

エホバのもとに帰って来てください

 セクション 3

傷ついた心 「不満の理由」

傷ついた心 「不満の理由」

「会衆  ある 姉妹 から,わたし  その 姉妹  お金  盗ん だ,と 非難   まし た。それ  聞い  会衆     たち は,その 姉妹  味方 する よう  なり まし た。しかし 後日,姉妹 は,事実  明らか  なっ て,わたし  盗ん     ない こと  分かっ た,と 言っ   まし た。本人  謝り まし  が,わたし は,こんな   遭わさ   絶対 許せ ない,と 思い まし た」。―リンダ。

あなた  その 気持ち  分かり ます か。リンダ  信仰  仲間  深く 傷つけ られ まし た。同様 に,他    言動    乱さ れる あまり,クリスチャン     活動  喜ん  行なえ なく なっ     ます。あなた  場合  そう です か。

だれ  あなた を「神   から……引き離し  ない」

確か に,信仰  仲間 から 傷つけ られ  なら,許す   とても 難しい でしょ う。なぜなら,クリスチャン  愛し合う べき  から です。(ヨハネ 13:34,35)信仰  仲間 から 不当  こと  される と,とても がっかり   腹立たしく 思う   当然 でしょ う。―詩編 55:12

もちろん,信仰  仲間  対し  さえ「不満  理由」を 持つ   ある こと  聖書  認め   ます。(コロサイ 3:13)それでも,自分  その 当事   なる と,それ  対処 する   容易  こと   ない   しれ ませ ん。助け  なる こと  ある でしょ  か。聖書  基づく 原則  3  考え   ましょ う。

    すべて  知っ  おら れる。エホバ は,わたしたち  直面 する  公正  それ  よる 苦しみ など,起きる こと すべて    おら  ます。(ヘブライ 4:13)しかも,わたしたち  苦しん  いる 時,同情   ください ます。(イザヤ 63:9)わたしたち が「[ご自分 の]愛 から……引き離」される まま   され ませ ん。エホバ は,わたしたち  どんな「患難,あるいは 苦難」に 遭っ  も,たとえ     だれ   つまずかさ      も,愛し  くださっ  いる  です。(ローマ 8:35,38,39)それ  考える と,あなた も,自分  エホバ      に,あるいは だれ   よっ  引き離さ   まま    たく ない,と 思う    ない でしょ  か。

許す   容認 する こと   ない。自分  不当  仕打ち      許す  は,相手  過ち  軽く 考える  か,不当   なかっ   みなす  いう こと   あり ませ ん。忘れ ない  ください,エホバ  決して   容認   ませ  が,許す 根拠  ある 場合   現に   許し  おら れる  です。(詩編 103:12,13。ハバクク 1:13)エホバ  わたしたち に,他    許す よう 勧め,ご自分  倣う よう 求め  おら  ます。エホバ は「定め  ない   至る まで 憤慨  つづけ」たり  され ませ ん。―詩編 103:9。マタイ 6:14

憤り  捨てる こと  自分  ため  なる。なぜ そう 言える でしょ  か。次  場面  想像     ください。あなた が,重さ 1  ほど    拾い上げ て,腕  伸ばし  状態  持ち ます。少し   なら,持っ  いる こと  難しく ない でしょ う。しかし,その 姿勢  どれ ほど 長く 持っ   られ ます か。数  でしょ  か。1 時間 あるいは それ 以上 でしょ  か。きっと,腕  非常  疲れ  くる でしょ う。もちろん,その   実際  重さ  変わり ませ  が,持っ  いる 時間  長く なれ  なる ほど 重く 感じる もの です。憤り  場合  そう です。悪 感情 を,それ  少し     も,抱い  いる 期間  長けれ  長い ほど,自分  苦しめる  こと  なり ます。ですから,エホバ  わたしたち に,憤り  持ち 続け ない よう 勧め  おら れる  も,もっとも  こと です。実際,憤り  捨てる   自分 自身  ため   です。―箴言 11:17

憤り  捨てる こと  自分  ため  なる

「まるで エホバ ご自身 から 語りかけ られ    よう でし た」

冒頭  紹介   リンダ は,信仰  仲間 から 受け  扱い  憤り  抱い   まし  が,それ  捨てる     助け  なっ  でしょ  か。特に,許し  差し伸べる 聖書   理由  思い巡らし  こと です。(詩編 130:3,4)とりわけ,自分  許す なら エホバ  許し  くださる,と いう こと  知っ    動かさ  まし た。(エフェソス 4:32–5:2)その   気持ち を,「まるで エホバ ご自身 から 語りかけ られ    よう でし た」と 述べ   ます。

リンダ は,時 たつ うち  憤り  捨てる こと  でき まし た。惜しみなく 許し,今   その 姉妹  親しく    ます。そして,エホバ   奉仕  前向き  取り組む よう  なり まし た。エホバ は,あなた  そう なれる よう,助け たい  思っ  おら  ます。