内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

道,真理,命

道,真理,命

良い​知らせ​を​聞く​と​うれしく​なる​もの​です。あなた​と​あなた​の​大切​な​人​に​とっ​て,とても​良い​知らせ​が​あり​ます。

その​知らせ​は,宇宙​を​創造​し​た​エホバ​神​が​ずっ​と​昔​に​人間​に​書か​せ​た​聖書​に​収め​られ​て​い​ます。この​本​で​は,良い​知らせ​を​含ん​で​いる​聖書​の​4​つ​の​書​に​注目​し​ます。それぞれ​の​書​に​は​神​が​選ん​だ​筆者​たち,マタイ,マルコ,ルカ,ヨハネ​の​名前​が​付い​て​い​ます。

これら​の​書​は​4​福音​書​と​し​て​知ら​れ​て​い​ます。4​つ​と​も,イエス​に​つい​て​の​福音​つまり​良い​知らせ​を​伝え​て​い​ます。その​知らせ​と​は,イエス​が​人類​を​救う​ため​に​神​から​遣わさ​れ​た​方​で​あり,神​の​天​の​王国​の​王​と​し​て,自分​に​信仰​を​抱く​人​に​永遠​に​続く​祝福​を​与える,と​いう​もの​です。(マルコ 10:17,30; 13:13

福音​書​が​4​つ​ある​の​は​なぜか

神​が​イエス​の​地上​で​の​生涯​と​教え​に​つい​て​4​人​の​人​に​書か​せ​た​の​は​なぜ​だろ​う​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。

複数​の​書​が​イエス​の​言葉​や​活動​を​記録​し​て​いる​こと​に​は​利点​が​あり​ます。例えば,有名​な​教師​の​周り​に​4​人​の​人​が​いる​と​し​ましょ​う。教師​の​前​に​いる​の​は,税務​署​の​人​です。右側​に​は​医師​が,左側​に​は​この​教師​の​親しい​友人​で​ある​漁師​が​い​ます。教師​の​後ろ​に​いる​の​は,4​人​の​中​で​一番​若い​人​です。4​人​と​も​正直​で,その​人​なり​の​視点​を​持っ​て​い​て,興味​を​抱く​ポイント​も​さまざま​です。それぞれ​が​教師​の​言葉​と​活動​を​書き記す​なら,詳しく​書く​点​や​取り上げる​出来事​は​違っ​て​いる​でしょ​う。観点​の​違い​を​意識​し​ながら​その​4​人​が​書い​た​もの​を​読む​なら,教師​が​話​し​た​こと​や​行動​の​全体​像​を​より​正確​に​把握​でき​ます。ですから,素晴らしい​教師​で​ある​イエス​の​地上​で​の​生涯​に​つい​て​4​つ​の​記述​を​読める​こと​に​は,確か​に​利点​が​あり​ます。

もう​少し​考え​て​み​ましょ​う。税務​署​の​人​は,ユダヤ​人​の​心​に​響く​内容​に​し​たい​と​思い,教師​の​教え​や​出来事​を​ユダヤ​人​に​分かり​やすい​よう​に​まとめ​ます。医師​は,病気​の​人​や​手足​の​不​自由​な​人​が​癒やさ​れ​た​出来事​を​強調​し​ます。それで,税務​署​の​人​が​書い​て​いる​事柄​を​省い​たり,税務​ 署​の​人​と​は​違う​順番​で​記し​たり​し​ます。教師​の​親しい​友人​は,教師​の​気持ち​や​人柄​を​メイン​に​描写​し​ます。一番​若い​人​の​記述​は,さらに​簡潔​で​明快​です。この​よう​に​違い​は​あり​ます​が,内容​は​正確​です。4​福音​書​を​読む​なら,私たち​は​イエス​の​活動​や​教え​や​人柄​を​よく​知る​こと​が​でき​ます。

「マタイ​に​よる​福音​書」,「ヨハネ​の​福音​書」と​いう​呼び方​が​あり​ます。それ​は​間違っ​て​い​ませ​ん。なぜなら,各書​は「イエス​・​キリスト​に​つい​て​の​良い​知らせ」つまり​福音​を​収め​て​いる​から​です。(マルコ 1:1)しかし​見方​を​変える​なら,4​福音​書​全体​で​1​つ​の​本​で​あり,イエス​に​つい​て​の​良い​知らせ​を​私たち​に​伝え​て​いる​の​です。

聖書​を​熱心​に​学ぶ​大勢​の​人​たち​は,マタイマルコルカヨハネの​書​に​出​て​くる​出来事​や​事実​を​比較​し​たり,内容​を​まとめ​たり​し​て​き​まし​た。西暦​170​年​ごろ,シリア​の​著述​家​タティアノス​は​そう​し​た​努力​を​払い​まし​た。タティアノス​は​4​福音​書​が​正確​で​神​の​聖霊​の​導き​を​受け​て​書か​れ​た​もの​だ​と​認め,イエス​の​地上​で​の​生涯​と​伝道​活動​を​まとめ​た「ディアテッサロン」と​いう​作品​を​書き上げ​まし​た。

「イエス 道,真理,命」と​いう​この​本​は,内容​が​より​正確​で​充実​し​て​い​ます。なぜなら,今​で​はイエス​の​預言例え​話の​多く​が​実現​し,それら​に​つい​て​の​理解​が​深まっ​て​いる​から​です。そう​し​た​理解​に​よっ​て,イエス​の​言葉​や​活動​の​意味​や​出来事​の​起き​た​順番​が​明確​に​なっ​て​い​ます。考古​学​上​の​発見​に​よっ​て​も,特定​の​詳細​な​点​や​筆者​の​観点​が​明らか​に​なり​まし​た。と​は​いえ,一つ​一つ​の​出来事​が​起き​た​順番​を​断定​する​こと​は​でき​ませ​ん。それでも,「イエス 道,真理,命」では,出来事​を​可能​な​限り​論理​的​な​順​で​紹介​し​て​い​ます。

道,真理,命

この​本​を​読む​時,一番​重要​な​メッセージ​を​心​に​留め​て​おき​ましょ​う。それ​は,イエス​・​キリスト​が​トマス​に​話し​た​次​の​言葉​に​要約​さ​れ​て​い​ます。「私​は​道​で​あり,真理​で​あり,命​です。私​を​通し​て​で​なけれ​ば,誰​も​父​の​元​に​来る​こと​は​でき​ませ​ん」。(ヨハネ 14:6

この​本​は,イエス​が「道」で​ある​こと​を​よく​理解​する​の​に​役立つ​でしょ​う。イエス​を​通し​て​で​なけれ​ば,祈り​で​エホバ​神​に​近づく​こと​は​でき​ませ​ん。また,イエス​は​神​と​和解​する​ため​の​道​です。(ヨハネ 16:23。ローマ 5:8)ですから,イエス​なし​では​神​と​の​友情​を​築く​こと​は​でき​ませ​ん。

イエス​は「真理」です。イエス​の​話す​こと​や​生き方​は​真理​と​調和​し​て​い​まし​た。まるで​生き​た​真理​の​よう​な​存在​でし​た。数多く​の​預言​を​実現​さ​せ​た​の​で,「キリスト​に​よっ​て『はい』と​なっ​た」と​いう​聖句​通り​に​なり​まし​た。(コリント​第​二 1:20。ヨハネ 1:14)そう​し​た​預言​を​考える​と,神​の​目的​が​達成​さ​れ​て​いく​中​で​イエス​が​中心​的​な​役割​を​果たし​て​いる​こと​を​理解​できる​でしょ​う。(啓示 19:10

そして,イエス​は「命」です。イエス​が​自分​の​完全​な​命​と​血​を​差し出し​て​贖い​と​なっ​た​おかげ​で,私たち​は「真​の​命」つまり「永遠​の​命」を​得​られる​よう​に​なり​まし​た。(テモテ​第​一 6:12,19。エフェソス 1:7。ヨハネ​第​一 1:7)また,すでに​亡くなっ​た​もの​の,将来​復活​し,パラダイス​で​永遠​に​生きる​希望​を​持つ​よう​に​なる​非常​に​大勢​の​人​たち​に​とっ​て​も,イエス​は「命」と​なり​ます。(ヨハネ 5:28,29

私たち​は​神​の​目的​の​中​で​の​イエス​の​役割​を​よく​理解​し​認め​なけれ​ば​なり​ませ​ん。皆さん​が,「道​で​あり,真理​で​あり,命」で​ある​イエス​に​つい​て​学ぶ​こと​を​楽しま​れる​よう​願っ​て​い​ます。