内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 119​章

イエスは道,真理,命

イエスは道,真理,命

ヨハネ 14:1‐31

  • イエス​は​場所​を​整え​に​行く

  • 弟子​たち​に​援助​者​を​与える​と​約束​する

  • 父​は​イエス​より​も​偉大

記念​式​の​食事​が​終わり,イエス​は​使徒​たち​を​こう​力づけ​ます。「心​を​騒が​せ​て​は​なり​ませ​ん。神​に​信仰​を​抱き,私​に​も​信仰​を​抱き​なさい」。(ヨハネ 13:36; 14:1

イエス​は​自分​が​去っ​て​も​心​を​騒が​せる​べき​で​ない​理由​を​こう​説明​し​ます。「私​の​父​の​家​に​は​住む​所​が​たくさん​あり​ます。……行っ​て​場所​を​整え​たら,再び​来​て​あなたたち​を​私​の​所​に​迎え​ます。私​が​いる​所​に​あなたたち​も​いる​よう​に​する​の​です」。しかし​使徒​たち​は,イエス​が​天​に​行く​こと​を​話し​て​いる​と​いう​こと​が​分かり​ませ​ん。トマス​は​こう​尋ね​ます。「主​よ,あなた​の​行こ​う​と​し​て​いる​所​が​分から​ない​の​に,どうして​その​道​が​分かる​でしょ​う​か」。(ヨハネ 14:2‐5

イエス​は,「私​は​道​で​あり,真理​で​あり,命​です」と​答え​ます。イエス​と​その​教え​を​受け入れ,イエス​の​生き方​に​倣う​人​だけ​が,天​の​父​の​家​に​入る​こと​が​でき​ます。それ​で​イエス​は,「私​を​通し​て​で​なけれ​ば,誰​も​父​の​元​に​来る​こと​は​でき​ませ​ん」と​言い​ます。(ヨハネ 14:6

すると,熱心​に​聞い​て​い​た​フィリポ​が,「主​よ,私たち​に​父​を​見せ​て​ください。それ​で​十分​です」と​頼み​ます。モーセ​や​エリヤ​や​イザヤ​に​与え​られ​た​よう​な​幻​で​神​を​見​たい​と​思っ​て​いる​よう​です。でも​使徒​たち​に​は,幻​より​も​ずっ​と​良い​もの​が​あり​ます。イエス​は​その​点​を​こう​強調​し​ます。「こんな​に​長い​間​一緒​に​過ごし​て​き​た​の​に,フィリポ,あなた​は​まだ​私​を​知ら​ない​の​です​か。私​を​見​た​人​は,父​を​も​見​た​の​です」。天​の​父​を​100​%​反映​し​た​イエス​と​一緒​に​暮らし,イエス​を​観察​する​の​は,いわば​神​を​見る​よう​な​もの​でし​た。と​は​いえ,父​は​子​より​上位​の​方​な​の​で,イエス​は,「あなたたち​に​言う​こと​は,独自​の​考え​で​言っ​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん」と​話し​ます。(ヨハネ 14:8‐10)その​こと​は​使徒​たち​に​も​よく​分かり​まし​た。

使徒​たち​は,イエス​が​素晴らしい​行い​を​する​の​を​見​たり,神​の​王国​の​良い​知らせ​を​伝える​の​を​聞い​たり​し​て​き​まし​た。それ​で​イエス​は,「私​に​信仰​を​抱く​人​も,私​が​し​ て​いる​こと​を​行い​ます。しかも,もっと​大きな​こと​を​行い​ます」と​話し​ます。(ヨハネ 14:12)これ​は​イエス​より​偉大​な​奇跡​を​行う​と​いう​意味​で​は​あり​ませ​ん。弟子​たち​が​イエス​より​も,もっと​長い​期間,もっと​広い​範囲​で,もっと​多く​の​人​に​伝道​する​と​いう​こと​です。

イエス​は​去っ​て​いき​ます​が,使徒​たち​を​見捨てる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は,「あなたたち​が​私​の​名​に​よっ​て​何​か​求める​なら,私​は​それ​を​行い​ます」と​約束​し​ます。また,こう​も​言い​ます。「私​は​天​の​父​に​お願い​し​ます。父​は​別​の​援助​者​を​与え​て,あなたたち​と​共​に​永久​に​いる​よう​に​し​て​ください​ます。それ​は​真理​を​伝える​聖霊​です」。(ヨハネ 14:14,16,17)別​の​援助​者,つまり​聖霊​を​与える​と​いう​約束​は,ペンテコステ​の​日​に​実現​し​ます。

また,こう​続け​ます。「もう​しばらく​すれ​ば,世​の​人々​は​二​度​と​私​を​見​ませ​ん。しかし​あなたたち​は​見​ます。私​は​生き​て​い​て,あなたたち​も​生きる​から​です」。(ヨハネ 14:19)イエス​は​復活​後​に​人間​の​姿​で​使徒​たち​に​現れ,さらに​彼ら​を​復活​させ​天​で​一緒​に​なる​よう​に​し​ます。

次​に​イエス​は​シンプル​な​真理​を​話し​ます。「私​の​おきて​を​受け入れ​て​それ​に​従う​人​は​私​を​愛し​て​い​ます。さらに,私​を​愛する​人​は​父​に​愛さ​れ​ます。そして​私​は​その​人​を​愛し​て,自分​の​こと​を​はっきり​知らせ​ます」。この​時,タダイ​と​も​呼ば​れる​ユダ​が,「主​よ,私たち​に​は​自分​の​こと​を​はっきり​知らせ​よう​と​し,世​の​人々​に​は​そう​し​よう​と​し​ない,と​いう​の​は​どう​いう​こと​です​か」と​質問​し​ます。イエス​は​こう​答え​ます。「私​を​愛する​人​は​私​の​言葉​を​守り​ます。私​の​父​は​その​人​を​愛し……ます。私​を​愛さ​ない​人​は​私​の​言葉​を​守り​ませ​ん」。(ヨハネ 14:21‐24)世​の​人々​は,イエス​が​道,真理,命​で​ある​こと​を​認め​ませ​ん。

イエス​が​去っ​て​しまっ​た​後,弟子​たち​は​教わっ​た​こと​を​どの​よう​に​し​て​思い出せ​ば​よい​の​でしょ​う​か。イエス​は​説明​し​ます。「父​が​私​の​名​に​よっ​て​遣わす援助​者​つまり​聖霊が,あなたたち​に,全て​の​こと​を​教える​と​とも​に,私​が​話​し​た​全て​の​こと​を​思い起こさ​せ​ます」。使徒​たち​は​聖霊​が​どれ​ほど​強力​に​働く​か​を​知っ​て​い​た​の​で,安心​し​た​でしょ​う。イエス​は​さらに​こう​言い​ます。「私​が​与える​平和​は​あなたたち​の​元​に​とどまり​ます。……心​を​騒が​せ​て​は​なら​ず,弱気​に​なっ​て​も​なり​ませ​ん」。(ヨハネ 14:26,27)ですから,心​を​騒が​せる​必要​は​あり​ませ​ん。イエス​の​父から​指示​と​保護​が​与え​られる​から​です。

神​から​の​保護​は​間​も​なく​明らか​に​なり​ます。イエス​は​こう​言い​ます。「世​の​支配​者​が​来​よう​と​し​て​い[ま]す。もっとも,その​者​は​私​に​対し​て​何​の​力​も​あり​ませ​ん」。(ヨハネ 14:30)悪魔​は​ユダ​の​中​に​入り,彼​を​コントロール​で​き​まし​た。しかし​イエス​に​は​罪深い​弱さ​が​全く​ない​の​で,イエス​を​神​に​反逆​さ​せる​こと​は​でき​ませ​ん。イエス​を​死​に​封じ込め​て​おく​こと​も​でき​ませ​ん。イエス​は「父​が​命じ​た​通り​に​し​て」おり,父​が​自分​を​復活​さ​せ​て​くださる​と​いう​確信​が​あり​ます。(ヨハネ 14:31