内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 133​章

イエスは葬られる

イエスは葬られる

マタイ 27:57–28:2 マルコ 15:42–16:4 ルカ 23:50–24:3 ヨハネ 19:31–20:1

  • イエス​の​体​が​杭​から​下ろさ​れる

  • 遺体​を​葬る​ため​の​準備​を​する

  • 女性​たち​は​墓​が​空​に​なっ​て​いる​こと​に​気付く

ニサン​14​日​金曜​日​の​夕方​に​なり​まし​た。日​が​沈め​ば​ニサン​15​日​の​安息​日​が​始まり​ます。イエス​は​すでに​亡くなっ​て​い​ます。でも,イエス​の​両脇​で​杭​に​掛け​られ​て​いる​2​人​の​犯罪​者​は​まだ​生き​て​い​ます。律法​に​よれ​ば,死体​を「夜通し​杭​に​掛け​た​まま​に​す​べき​で​は」なく,「その​日​の​うち​に」葬ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(申命記 21:22,23

また,金曜​日​は​準備​の​日​と​呼ば​れ​て​い​ます。人々​は​食事​の​準備​を​し,安息​日​の​後​で​は​間​に​合わ​ない​用事​を​済ませ​まし​た。日​が​沈む​と,「大​安息​日」が​始まり​ます。(ヨハネ 19:31)ニサン​15​日​は​7​日​間​の​無​酵母​パン​の​祭り​の​初日​です。祭り​の​初日​は​何​曜日​で​あっ​て​も​安息​日​に​なり​ます。(レビ​記 23:5,6)今年​の​ニサン​15​日​は,週​ごと​の​通常​の​安息​日​と​も​重なっ​て​い​ます。それで,この​よう​に​2​つ​の​安息​日​が​重なる​と,「大​安息​日」と​なる​の​です。

こう​し​た​事情​で,ユダヤ​人​たち​は​ピラト​に​イエス​と​2​人​の​強盗​の​死​を​早める​よう​頼み​ます。どの​よう​に​し​て​でしょ​う​か。両脚​を​折る​こと​に​よっ​て​です。そう​する​と,息​を​し​よう​と​し​て​も​体​を​持ち上げ​られ​ず,窒息​し​て​しまい​ます。兵士​たち​は​やっ​て​来​て​2​人​の​強盗​の​脚​を​折り​ます​が,イエス​は​すでに​死ん​で​いる​よう​な​の​で,脚​を​折り​ませ​ん。こう​し​て​詩編 34​編​20​節​の,「神​は​その​人​の​骨​を​ 全て​守る。1​本​も​折ら​れる​こと​は​なかっ​た」と​いう​預言​が​実現​し​ます。

しかし​1​人​の​兵士​が,イエス​が​本当​に​死ん​で​いる​の​か​確かめる​ため​に​イエス​の​脇腹​を​やり​で​突き刺し​ます。やり​は​心臓​の​辺り​に​まで​達し​ます。「すると,すぐ​に​血​と​水​が​出」ます。(ヨハネ 19:34)これ​は,「彼ら​は​自分​たち​が​刺し通し​た​人​を​見つめ」る,と​いう​預言​の​実現​です。(ゼカリヤ 12:10

処刑​場所​に​は,サンヘドリン​の​評判​の​良い​一員​で,アリマタヤ​の​町​から​来​た​ヨセフ​と​いう「裕福​な​男性」も​い​ます。(マタイ 27:57)聖書​は​ヨセフ​に​つい​て,「正しく​て​善い​人」また「神​の​王国​を​待つ​人」で,「ユダヤ​人​たち​を​恐れ​て​ひそか​に​イエス​の​弟子​と​なっ​て​い​た」と​述べ​て​い​ます。ヨセフ​は​イエス​に​関する​判決​を​支持​し​ませ​ん​でし​た。(ルカ 23:50。マルコ 15:43。ヨハネ 19:38)ヨセフ​は​勇気​を​出し​て​ピラト​の​元​に​行き,イエス​の​体​を​頂き​たい​と​願い出​ます。それ​で​ピラト​は,イエス​の​死​を​確認​し​た​士官​を​呼び寄せ​て​確かめ​た​後,ヨセフ​に​遺体​を​引き取る​許可​を​与え​ます。

ヨセフ​は​きれい​な​上等​の​亜麻​布​を​買い​ます。そして,イエス​の​体​を​杭​から​下ろし,遺体​を​その​亜麻​布​で​包み​ます。「以前,夜​に​イエス​の​所​に​来​た」ニコデモ​も,葬る​準備を​手伝い​ます。(ヨハネ 19:39)ニコデモ​は​没薬​と​沈香​を​混ぜ合わせ​た​高価​な​もの​を​30​㌔​ほど​持っ​て​き​ます。イエス​の​遺体​は​ユダヤ​人​の​習慣​に​沿っ​て,これら​の​香料​を​含ま​せ​た​布​で​包ま​れ​ます。

ヨセフ​は​そこ​から​近い​場所​に,岩​を​くりぬい​た​新しい​墓​を​所有​し​て​い​まし​た。それで,イエス​の​遺体​を​その​墓​に​横たえ,墓​の​入り口​に​大きな​石​を​転がし​ます。安息​日​が​始まる​の​で,これら​は​急い​で​行わ​れ​ます。マリア​・​マグダレネ​と​小​ヤコブ​の​母親​マリア​は​イエス​の​遺体​を​葬る​準備​を​手伝っ​た​でしょ​う。そして,安息​日​が​終わっ​た​後​に​も​遺体​の​処理​に​必要​な「香料​と​香油​を​準備​し​に」急い​で​家​に​戻り​ます。(ルカ 23:56

安息​日​で​ある​翌日,祭司​長​たち​と​パリサイ​派​の​人​たち​は​ピラト​の​所​に​行き,こう​言い​ます。「あの​詐欺​師​が​まだ​生き​て​い​た​時​に『3​日​後​に​私​は​生き返る』と​言っ​た​の​を​思い出し​まし​た。それで,3​日​目​まで​墓​を​警備​する​よう​に​命令​し​て​ください。弟子​たち​が​やっ​て​来​て​彼​を​盗み出し,『彼​は​生き返っ​た!』など​と​民​に​言いふらす​恐れ​が​あり​ます。この​最後​の​欺き​は,最初​の​もの​より​悪い​結果​を​生じ​させ​て​しまい​ます」。ピラト​は​こう​答え​ます。「警備​隊​を​使っ​て​よ​い。行っ​て,知る​限り​の​方法​で​警備​し​なさい」。(マタイ 27:63‐65

日曜​日​の​朝​とても​早く​に,マリア​・​マグダレネ​と​ヤコブ​の​母親​マリア,ほか​の​何​人​か​の​女性​たち​は,イエス​の​体​に​付ける​ため​の​香料​を​持っ​て​墓​に​向かい​ます。行く​途中,「墓​の​入り口​から​誰​が​石​を​転がし​て​どけ​て​くれる​でしょ​う​か」と​話し合い​ます。(マルコ 16:3)ところ​が​到着​し​て​みる​と,地震​が​起き​た​後​でし​た。そして,石​は​神​の​天使​に​よっ​て​転がし​て​どけ​られ​て​おり,警備​隊​は​い​なく​なっ​て​い​ます。しかも,墓​は​空っぽ​です。