内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 107​章

王は披露宴に招いた人たちを呼ぶ

王は披露宴に招いた人たちを呼ぶ

マタイ 22:1‐14

  • 披露宴​に​つい​て​の​例え​話

イエス​は​伝道​活動​の​終わり​が​近づい​て​も​引き続き​例え​話​を​し​て,律法​学​者​と​祭司​長​たち​の​誤り​を​暴い​て​いき​ます。それで,律法​学​者​と​祭司​長​たち​は​イエス​を​殺そ​う​と​し​ます。(ルカ 20:19)でも,イエス​は​やめ​ず,別​の​例え​話​を​し​ます。

「天​の​王国​は,息子​の​ため​に​結婚​の​披露宴​を​設け​た​王​の​よう​です。王​は​奴隷​たち​を​遣わし​て,披露宴​に​招い​た​人​たち​を​呼び​まし​た​が,その​人​たち​は​来​たがり​ませ​ん​でし​た」。(マタイ 22:2,3)イエス​は「天​の​王国​は」と​言っ​て​から,例え​話​を​始め​まし​た。ですから,「王」は​エホバ​神​に​違いあり​ませ​ん。王​の​息子​と,披露宴​に​招か​れ​た​人​たち​は​誰​の​こと​です​か。もちろん,王​の​息子​は​この​話​を​し​て​いる,エホバ​の​子​です。招か​れ​た​人​たち​は,天​の​王国​で​その​子​と​一緒​に​支配​する​人​たち​です。

最初​に​招か​れ​た​の​は​誰​です​か。イエス​と​使徒​たち​は​王国​に​つい​て​どんな​人​たち​に​伝道​し​て​き​まし​た​か。ユダヤ​人​です。(マタイ 10:6,7; 15:24)ユダヤ​国民​は​西暦​前​1513​年​に​律法​契約​を​受け入れ,「祭司​が​治める​王国」の​一員​と​なる​見込み​を​与え​られ​まし​た。その​よう​な​見込み​を​与え​られ​た​の​は,この​国民​が​最初​です。(出エジプト 19:5‐8)では,彼ら​が​実際​に「披露宴」に​呼ば​れ​た​の​は,いつ​です​か。それ​は,西暦​29​年,イエス​が​天​の​王国​に​つい​て​伝道​し​始め​た​時​の​こと​です。

では,大半​の​ユダヤ​人​は​その​招待​に​どう​応じ​まし​た​か。「その​人​たち​は​来​たがり​ませ​ん​でし​た」と​イエス​は​言い​ます。宗教​指導​者​と​ユダヤ​国民​の​大部分​は,イエス​が​メシア​で​あり,神​に​王​と​し​て​指名​さ​れ​た​こと​を​認め​ませ​ん​でし​た。

それでも​イエス​は,ユダヤ​人​たち​に​もう​一度​チャンス​が​与え​られる​こと​を​示し​ます。「[王​は]再び​ほか​の​奴隷​たち​を​遣わし​て​言い​まし​た。『招い​た​客​に​こう​言い​なさい。「さあ,食事​の​準備​が​でき​まし​た。雄牛​と​肥え​た​動物​の​肉​を​はじめ,全て​用意​が​でき​て​い​ます。披露宴​に​来​て​ください」』。ところが,その​人​たち​は​関心​を​払わ​ず,ある​ 人​は​畑​に,別​の​人​は​商売​に​出掛け​て​いき​まし​た。ほか​の​人​は,奴隷​たち​を​捕まえ​て​痛め​つけ,殺し​て​しまい​まし​た」。(マタイ 22:4‐6)この​状況​は,クリスチャン​会衆​が​設立​さ​れ​た​後​の​出来事​に​対応​し​て​い​ます。クリスチャン​会衆​が​設立​さ​れ​た​後,ユダヤ​人​に​は​まだ​王国​に​入る​機会​が​開か​れ​て​い​まし​た。それなのに,ほとんど​の​ユダヤ​人​は​この​招待​を​はねつけ,王​の​奴隷​たち​を​虐待​する​こと​さえ​し​ます。(使徒 4:13‐18; 7:54,58

では,ユダヤ​国民​は​どう​なっ​て​しまい​ます​か。「王​は​憤り,軍隊​を​送っ​て​殺人​者​たち​を​殺し,その​町​を​焼き​まし​た」。(マタイ 22:7)ユダヤ​人​は​西暦​70​年​に​その​言葉​通り​の​こと​を​経験​し​ます。彼ら​の「町」エルサレム​は​ローマ​軍​に​よっ​て​滅ぼさ​れ​て​しまい​ます。

彼ら​が​王​の​招待​を​断っ​た​と​いう​こと​は,もう​招か​れる​人​は​い​ない​と​いう​意味​です​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は​さらに​こう​話​し​ます。「それ​から[王​は]奴隷​たち​に​言い​まし​た。『結婚​の​披露宴​は​用意​が​でき​て​い​ます​が,招い​た​人​たち​は​ふさわしく​あり​ませ​ん​でし​た。それで,町​の​外​に​通じる​道路​に​行き,見つけ​た​人​を​誰​で​も​披露宴​に​招き​なさい』。そこで,奴隷​たち​は​道路​に​出​て​いき,見つけ​た​人​を​悪人​も​善人​も​皆​集め​まし​た。こう​し​て,結婚​式​の​部屋​は​食事​を​する​人​で​いっぱい​に​なり​まし​た」。(マタイ 22:8‐10

その​通り​の​こと​が​生じ​ます。何​年​か​後,使徒​ペテロ​は​異邦​人(生まれつき​ユダヤ​人​で​は​ない​人​や,ユダヤ​教​に​改宗​し​て​い​ない​人)が​クリスチャン​に​なる​よう​助ける​活動​を​始め​ます。西暦​36​年,ローマ​軍​の​部隊​の​士官​コルネリオ​と​その​家族​が​聖霊​を​受け,天​の​王国​の​一員​と​なる​見込み​を​持つ​よう​に​なり​まし​た。(使徒 10:1,34‐48

イエス​は,披露宴​に​来​た​人​全て​が「王」に​受け入れ​られる​わけ​で​は​ない​こと​を​示し​ます。「王​は,客​を​見る​ため​に​入っ​て​き​た​時​に,結婚​式​の​服​を​着​て​い​ない​人​を​見つけ,言い​まし​た。『どうして​結婚​式​の​服​を​着​ない​で​入っ​て​き​た​の​です​か』。その​人​は​何​も​言え​ませ​ん​でし​た。王​は​召し使い​たち​に​言い​まし​た。『この​人​の​手足​を​縛っ​て​外​の​闇​に​放り出し​なさい。彼​は​そこで​泣き悲しん​だり​歯ぎしり​し​たり​し​ます』。招か​れる​人​は​多い​です​が,選ば​れる​人​は​少ない​の​です」。(マタイ 22:11‐14

宗教​指導​者​たち​は​イエス​の​話​の​全て​を​理解​でき​た​わけ​で​は​ない​でしょ​う。それでも​気分​を​害し,こんな​厄介​な​人間​は​殺し​て​しまお​う,と​ますます​固く​決意​し​ます。