内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 132​章

「確かにこの人は神の子だった」

「確かにこの人は神の子だった」

マタイ 27:45‐56 マルコ 15:33‐41 ルカ 23:44‐49 ヨハネ 19:25‐30

  • イエス​は​杭​の​上​で​亡くなる

  • イエス​の​死​に​伴っ​て​生じ​た​不思議​な​出来事

「昼​の​12​時」に​なり​まし​た。不気味​な​闇​が「全土​に​垂れ込め​て,午後​3​時​に​まで​及」び​ます。(マルコ 15:33)これ​は​日食​に​よる​もの​で​は​あり​ませ​ん。日食​は​新月​の​時​しか​生じ​ませ​ん。しかし,今​は​過ぎ越し​の​時期​で​満月​です。また​日食​の​際​の​闇​は​数​分​しか​続き​ませ​ん​が,今回​は​もっと​長く​続き​ます。ですから​この​闇​は​神​が​生じ​させ​た​もの​です。

イエス​を​ばか​に​し​て​い​た​人​たち​は​この​闇​を​見​て​どう​思っ​た​でしょ​う​か。この​時,4​人​の​女性​が​苦しみ​の​杭​の​そば​に​来​ます。イエス​の​母親​と​サロメ,マリア​・​マグダレネ​と​使徒​の​小​ヤコブ​の​母親​マリア​です。

使徒​ヨハネ​は,「苦しみ​の​杭​の​そば」で​イエス​の​母親​マリア​と​一緒​に​い​ます。マリア​は​自分​が​生ん​で​育て​た​息子​が​杭​に​掛け​られ,も​だ​え​苦しん​で​いる​姿​を​見つめ​て​い​ます。「長い​剣」で​貫か​れ​て​いる​よう​な​気持ち​だっ​た​でしょ​う。(ヨハネ 19:25。ルカ 2:35)イエス​は​鋭い​痛み​が​ある​に​も​かかわら​ず,母親​の​今後​の​こと​を​考え​て​い​ます。そして,ヨハネ​の​方​を​顎​で​示し,母親​に,「見​なさい,あなた​の​子​です!」と​言い​ます。次​に​母親​の​方​を​顎​で​示し,ヨハネ​に,「見​なさい,あなた​の​母親​です!」と​言い​ます。(ヨハネ 19:26,27

イエス​は,今​で​は​やもめ​に​なっ​て​いる​母親​の​世話​を,特別​に​愛し​て​い​た​使徒​に​託し​ます。イエス​が​そう​し​た​の​は,自分​の​異父​兄弟​たち​が​まだ​イエス​に​信仰​を​抱い​て​い​なかっ​た​から​です。それで,マリア​を​身体​面​で​世話​し,神​へ​の​崇拝​の​面​で​支える​よう​頼ん​だ​の​です。これ​は​立派​な​模範​です。

午後​3​時​ごろ,イエス​は「喉​が​渇い​た」と​言い​ます。こう​し​て​イエス​は​聖書​の​預言​を​実現​さ​せ​ます。(ヨハネ 19:28。詩編 22:15)イエス​は,自分​の​忠誠​を​極限​まで​試す​ため​に​父​が​保護​を​取り去っ​た​と​感じ​ます。イエス​は​アラム​語​の​ガリラヤ​方言​と​思わ​れる​言葉​で,「エリ,エリ,ラマ サバクタニ」と​大声​で​叫び​ます。これ​は,「私​の​神,私​の​神,なぜ​私​を​お見捨て​に​なっ​た​の​です​か」と​いう​意味​です。近く​に​立っ​て​い​た​人​たち​は​勘違い​し,「ほら,エリヤ​を​呼ん​で​いる」と​言いだし​ます。その​うち​の​1​人​が​走っ​て​いき,酸味​の​強い​ぶどう​酒​を​含ま​せ​た​海綿​を​アシ​の​先​に​付け​て,イエス​に​飲ませ​よう​と​し​ます。他​の​人​たち​は,「このまま,エリヤ​が​下ろし​に​来る​か​どう​か​を​見​よう」と​言い​ます。(マルコ 15:34‐36

その​後​イエス​は,「成し遂げ​られ​た!」と​叫び​ます。(ヨハネ 19:30イエス​は​地上​で​行う​よう​父​から​命じ​られ​た​こと​全て​を​成し遂げ​た​の​です。最後​に​イエス​は,「父​よ,私​の​命​を​あなた​の​手​に​託し​ます」と​大きな​声​で​言い​ます。(ルカ 23:46)そして,エホバ​が​自分​を​復活​さ​せ​て​くださる​と​いう​確信​を​抱き​ながら,頭​を​垂れ​て​息​を​引き取り​ます。

その​瞬間,強い​地震​が​起き,岩​が​割れ​ます。揺れ​が​大きかっ​た​の​で​エルサレム​の​外​に​ある​墓​が​壊れ,死体​が​投げ出さ​れ​ます。人々​は​その​死体​を​見​て「聖都」つまり​エルサレム​に​入り,起き​た​事​を​他​の​人​たち​に​話し​ます。(マタイ 27:51‐53

 イエス​が​亡くなる​と,神殿​の​聖所​と​至聖所​と​を​仕切っ​て​い​た​長く​て​重い​幕​が​上​から​下​まで​2​つ​に​裂け​ます。この​驚く​べき​出来事​は,神​の​子​を​殺害​し​た​人​たち​に​対する​神​の​大きな​怒り​を​表す​もの​でし​た。それ​だけ​で​なく,その​時​以降,人間​が​至聖所​つまり​天​に​行ける​よう​に​なっ​た​こと​を​示す​もの​でし​た。(ヘブライ 9:2,3; 10:19,20

当然​ながら,人々​は​とても​おびえ​ます。処刑​に​当たっ​た​士官​は,「確か​に​この​人​は​神​の​子​だっ​た」と​言い​ます。(マルコ 15:39)士官​は,ピラト​の​前​で​行わ​れ​た​裁判​で​イエス​が​神​の​子​か​どう​か​が​話し合わ​れ​た​時,そこ​に​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。そして​今,イエス​が​正しい​人​で​あり,まさに​神​の​子​で​ある​と​確信​し​た​の​です。

他​の​人​たち​も,起き​た​不思議​な​出来事​に​圧倒​さ​れ​て,深い​悲しみ​や​恥ずかしさ​の​ため「胸​を​たたき​ながら」家​に​帰り​ます。(ルカ 23:48)離れ​た​所​に​立っ​て​見​て​い​た​人々​の​中​に​は,イエス​と​一緒​に​時々​旅​を​し​て​い​た​大勢​の​女性​の​弟子​たち​も​い​ます。その​人​たち​も,これら​の​重大​な​出来事​を​見​て​心​を​大きく​動かさ​れ​ます。

もっと調べる

「ものみの塔」

イエス ― 何のために死んだのか

イエスが苦しみのうちに死ななければならなかったのはなぜですか。その理由は,わたしたちの人生に極めて大きな影響を及ぼします。

「ものみの塔」

マリアは悲痛な事態を耐え抜いた

悲痛な経験をしている人は,イエスの母マリアの示した模範について考えるなら,力づけられます。