内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 104​章

ユダヤ人は神の声を聞いて信仰を示すか

ユダヤ人は神の声を聞いて信仰を示すか

ヨハネ 12:28‐50

  • 多く​の​人​が​神​の​声​を​聞く

  • 裁き​の​根拠

ニサン​10​日​の​月曜​日,イエス​は​自分​の​死​が​迫っ​て​いる​こと​に​つい​て​話​し​ます。神​の​評判​に​傷​が​付く​こと​を​心配​し​た​イエス​は,「父​よ,お名前​を​栄光​ある​もの​と​し​て​ください」と​お願い​し​ます。すると​天​から​大きな​声​が​し​て,「私​は​すでに​それ​を​栄光​ある​もの​と​し,再び​栄光​ある​もの​と​する」と​言い​ます。(ヨハネ 12:27,28

そば​に​い​た​人々​は​動揺​し​ます。雷​の​音​だ​と​考え​た​人​も,「天使​が​彼​に​話し掛け​た​の​だ」と​言う​人​も​い​ます。(ヨハネ 12:29)しかし,人々​が​聞い​た​の​は​エホバ​の​声​でし​た。イエス​に​関し​て​話す​神​の​声​を​人間​が​聞い​た​の​は,これ​が​最初​で​は​あり​ませ​ん。

その​3​年​半​前,バプテスト​の​ヨハネ​も​神​の​声​を​聞い​て​い​ます。イエス​が​バプテスマ​を​受け​た​時に,「これ​は​私​の​愛する​子,私​は​この​子​の​こと​を​喜ん​で​いる」と​いう​声​が​し​た​の​です。また,西暦​32​年​の​過ぎ越し​の​後,ヤコブ​と​ヨハネ​と​ペテロ​も,目​の​前​で​イエス​の​姿​が​変わっ​た​時​に,神​が​こう​言う​の​を​聞き​まし​た。「これ​は​私​の​愛する​子,私​は​この​子​の​こと​を​喜ん​で​いる。彼​の​言う​こと​を​聞き​なさい」。(マタイ 3:17; 17:5)しかし​3​度​目​の​今回,エホバ​は​大勢​の​人​が​聞ける​よう​に​語っ​て​い​ます。

イエス​は,「この​声​が​し​た​の​は,私​の​ため​で​は​なく,皆さん​の​ため​です」と​言い​ます。(ヨハネ 12:30)この​神​の​声​は,イエス​が​まさしく​神​の​子,予告​さ​れ​た​メシア​で​ある​こと​の​証拠​です。

イエス​の​忠実​な​生き方​に​より,人​は​どう​生きる​べき​か​が​示さ​れ​まし​た。また,世​の​支配​者​サタン​は​滅ぼさ​れる​べき​で​ある​こと​も​はっきり​し​まし​た。イエス​は​言い​ます。「今,この​世​の​裁き​が​なさ​れ​て​い​ます。もう​この​世​の​支配​者​は​追い出さ​れ​ます」。イエス​の​死​は​敗北​で​は​なく​勝利​です。その​理由​は,「私​の​方​は,地​から​上げ​られ​た​なら,あらゆる​人​を​私​に​引き寄せ​ます」と​いう​イエス​の​言葉​から​分かり​ます。(ヨハネ 12:31,32)イエス​は​杭​に​掛け​られ​て​死ぬ​こと​に​より,人々​を​自分​に​引き寄せ,永遠​の​命​へ​の​道​を​開き​ます。

人々​は,「上げ​られ[る]」と​いう​言葉​を​聞い​て​こう​尋ね​ます。「私たち​は,キリスト​が​永久​に​とどまる​と​律法​に​ある​の​を​聞き​まし​た。人​の​子​が​上げ​られ​なけれ​ば​なら​ない​と​言う​の​は​なぜ​です​か。人​の​子​と​は​誰​です​か」。(ヨハネ 12:34)イエス​が​本当​に​神​の​子​で​あり,約束​さ​れ​たメシアで​ある​証拠​は​たくさん​あり​ます。神​の​声​が​し​た​の​も​その​1​つ​です。でも,ほとんど​の​人​は​信じ​ませ​ん。

イエス​は​再び,自分​は「光」で​ある​と​言い​ます。(ヨハネ 8:12; 9:5)そして​人々​に​こう​勧め​ます。「光​は​もう​しばらく​皆さん​の​間​に​あり​ます。光​が​ある​うち​に​歩き​なさい。闇​に​征服​さ​れ​ない​ため​です。……光​が​ある​うち​に​光​に​信仰​を​抱き​なさい。光​の​子​と​なる​ため​です」。(ヨハネ 12:35,36)そう​言っ​て​から,身​を​隠し​ます。ニサン​10​日​は​死ぬ​べき​日​で​は​ない​から​です。「上げ​られ[る]」,つまり​杭​に​くぎ付け​に​される​の​は,ニサン​14​日​の​過ぎ越し​の​日​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ガラテア 3:13

イエス​の​伝道​活動​を​振り返る​と​分かり​ます​が,ユダヤ​人​が​イエス​に​信仰​を​示さ​ない​こと​に​よっ​て,預言​が​実現​し​て​い​ます。イザヤ​の​預言​に​よる​と,人々​は​目​を​見え​なく​され,心​を​固く​される​の​で,生き方​を​変え​て​癒やさ​れる​と​いう​こと​が​あり​ませ​ん。(イザヤ 6:10。ヨハネ 12:40)ほとんど​の​ユダヤ​人​は​頑固​で,イエス​が​約束​さ​れ​た​救出​者​で​あり​命​の​道​で​ある​証拠​を​認め​ない​の​です。

しかし,ニコデモ,アリマタヤ​の​ヨセフ,そして​多く​の​支配​者​たち​が​イエス​に「信仰​を​持」ち​ます。では,その​信仰​を​行動​に​表し​ます​か。それとも,会堂​から​追放​さ​れる​こと​を​恐れ​て,あるいは「人​から​の​称賛​を​愛し」て,ためらう​でしょ​う​か。(ヨハネ 12:42,43

 イエス​に​信仰​を​持つ​と​は​どう​いう​こと​か,イエス​自身​が​説明​し​て​い​ます。「私​に​信仰​を​持つ​人​は,私​だけ​で​なく,私​を​遣わし​た​方​に​も​信仰​を​持ち​ます。また,私​を​見る​人​は,私​を​遣わし​た​方​を​も​見​ます」。イエス​が​神​から​教え​られ,人々​に​伝え​て​いる​真理​は,非常​に​大切​な​もの​です。ですから​イエス​は​こう​語り​ます。「私​を​無視​し​て​私​の​言葉​を​受け入れ​ない​人​に​は,その​人​を​断罪​する​もの​が​あり​ます。私​が​話​し​た​言葉​です。それ​が​終わり​の​日​に​断罪​する​の​です」。(ヨハネ 12:44,45,48

それ​から,こう​締めくくり​ます。「私​は​自分​の​考え​で​話​し​た​の​で​は​なく,私​を​遣わし​た​天​の​父​が,何​を​言い​何​を​教える​べき​か​を​命じ​まし​た。私​は,永遠​の​命​を​得る​に​は​父​の​おきて​に​従う​必要​が​ある​こと​を​知っ​て​い​ます」。(ヨハネ 12:49,50)イエス​は,自分​に​信仰​を​抱く​人​の​ため​に,間​も​なく​自分​の​血​を​犠牲​と​し​て​注ぎ出す​こと​を​知っ​て​いる​の​です。(ローマ 5:8,9

もっと調べる

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

メシアが現われる

エホバはイエスがメシアであることを示すために,み使いたちやバプテストのヨハネをどのようにお用いになりましたか。どんな方法により,み子がメシアであることをはっきり示されましたか。