内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 138​章

神の右にいるキリスト

神の右にいるキリスト

使徒 7:56

  • イエス​は​神​の​右​に​座る

  • サウロ​が​弟子​に​なる

  • 私たち​は​何​を​喜べる​か

イエス​が​天​に​昇っ​て​から​10​日​後​の​ペンテコステ​の​日​に​聖霊​が​注ぎ出さ​れ​た​こと​は,イエス​が​間違い​なく​天​に​いる​こと​の​証拠​です。しかし,その​後​も​証拠​は​増え​て​いき​ます。大胆​に​証言​し​た​弟子​の​ステファノ​は​石打ち​に​される​直前,大きな​声​で​こう​言い​まし​た。「見​て​ください。天​が​開い​て,人​の​子​が​神​の​右​に​立っ​て​いる​の​が​見え​ます」。(使徒 7:56

イエス​は​天​に​昇っ​た​後,聖書​で​予告​さ​れ​て​いる,ある​特別​な​指示​が​エホバ​から​出る​の​を​待っ​て​い​ます。ダビデ​が​聖霊​に​導か​れ​て​書い​た​記述​に​は​こう​あり​ます。「エホバ​は​私​の​主[イエス]に​告げ​た。『私​の​右​に​座っ​て​い​なさい。私​が​あなた​の​敵​たち​を​あなた​の​足台​と​し​て​置く​まで』」。そして​待つ​期間​が​終わる​と,イエス​は「敵​の​中​に​入っ​て​いき,敵​を​征服」する​の​です。(詩編 110:1,2)しかし,敵​に​対し​て​行動​を​起こす​まで​の​間,イエス​は​天​で​何​を​する​の​でしょ​う​か。

西暦​33​年​の​ペンテコステ​の​日,クリスチャン​会衆​が​誕生​し​まし​た。その​時​に,イエス​は​聖霊​で​油​を​注が​れ​た​弟子​たち​に​対する​支配​を​開始​し​まし​た。(コロサイ 1:13)そして,弟子​たち​の​伝道​活動​を​導き,将来​に​役割​を​担える​よう​訓練​し​まし​た。それ​は​どんな​役割​でしょ​う​か。彼ら​は​死ぬ​まで​忠実​を​貫く​なら,その​後​復活​し,王国​で​イエス​の​仲間​の​王​と​なる​の​です。

将来​王​と​なる​人​の​中​で​特に​優れ​た​模範​を​残し​た​の​は,サウロ​です。この​人​は​後​に,ローマ​名​の​パウロ​で​よく​知ら​れる​よう​に​なり​まし​た。サウロ​は​ユダヤ​人​で,長い​間​律法​を​熱心​に​守っ​て​き​た​人​でし​た。しかし,ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​から​誤っ​た​考え​を​教え​られ​て​い​た​ため,ステファノ​を​石打ち​に​する​こと​を​支持​し​まし​た。さらに,「主​イエス​の​弟子​たち​を​脅し,殺そ​う​と​意気込ん​で」,ダマスカス​に​向かい​ます。この​時​サウロ​は,イエス​の​弟子​たち​を​逮捕​し​て​エルサレム​に​連行​する​許可​を​大​祭司​カヤファ​から​もらっ​て​い​まし​た。(使徒 7:58; 9:1)しかし,ダマスカス​に​向かう​途中,天​から​の​明るい​光​が​サウロ​の​周り​を​照らし,彼​は​地面​に​倒れ​ます。

すると,「サウロ,サウロ,なぜ​私​を​迫害​し​て​いる​の​です​か」と​いう​声​が​どこ​から​か​聞こえ​ます。サウロ​が,「主​よ,あなた​は​どなた​です​か」と​尋ねる​と,「イエス​です。 あなた​は​私​を​迫害​し​て​い​ます」と​いう​答え​が​あり​ます。(使徒 9:4,5

イエス​は​サウロ​に,ダマスカス​へ​行っ​て​指示​を​待つ​よう​に​と​命じ​ます。サウロ​は​奇跡​的​な​光​に​よっ​て​視力​を​失っ​た​ため,町​まで​誰か​に​連れ​て​いっ​て​もらわ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。次​に​イエス​は,ダマスカス​に​住む​弟子​の​1​人​アナニア​に​幻​の​中​で​現れ​ます。そして,ある​場所​へ​行っ​て​サウロ​に​会う​よう​に​と​言い​ます。しかし​アナニア​が​恐れ​た​の​で,イエス​は​こう​言っ​て​安心​さ​せ​ます。「この​人​は​私​が​選ん​だ​器​で​あり,異国​の​人々​に,また​王​たち​や​イスラエル​の​民​に​私​の​名​を​知らせる​から​です」。その​後,サウロ​は​視力​を​回復​し,ダマスカス​で「イエス​に​つい​て,この​方​こそ​神​の​子​だ​と​伝え​始め」ます。(使徒 9:15,20

パウロ​は​イエス​の​支え​を​得​ながら​他​の​福音​伝道​者​と​一緒​に,イエス​が​始め​た​伝道​活動​を​行っ​て​いき​ます。そして,神​の​祝福​に​よっ​て​大​成功​を​収め​ます。イエス​が​ダマスカス​に​向かう​パウロ​に​現れ​て​から​25​年​ほど​たっ​た​時,パウロ​は​良い​知らせ​が「天​の​下​の​至る所​で​伝え​られ」た​と​書き​まし​た。(コロサイ 1:23

さらに​何​年​も​たっ​て​から,イエス​は​愛する​使徒​ヨハネ​に,一連​の​幻​を​見せ​ます。それ​は​聖書​の「啓示」の​書​に​記録​さ​れ​て​い​ます。ヨハネ​は​この​幻​の​中​で,イエス​が​王国​の​王​と​し​て​来る​様子​を​見る​こと​に​なり​まし​た。(ヨハネ 21:22)「[ヨハネ]は​聖霊​に​よっ​て​主​の​日​に​連れ​て​いかれ」た​の​です。(啓示 1:10)「主​の​日」と​は​いつ​の​こと​な​の​でしょ​う​か。

聖書​の​預言を​注意深く​研究​する​なら,「主​の​日」が​始まっ​た​の​は​現代​で​ある​と​分かり​ます。1914​年,第​1​次​世界​大戦​が​起き,その​後​の​数十​年​間​に,戦争,流行​病,飢餓,地震​など​が​激増​し​まし​た。これ​は,イエス​が​弟子​たち​に​話し​た自分​の「臨在」と「体制​の​終結」の「しるし」が​大​規模​に​実現​し​て​いる​こと​の​証拠​です。(マタイ 24:3,7,8,14)王国​の​良い​知らせ​を​伝える​活動​が,ローマ​帝国​が​あっ​た​地域​に​限ら​ず​世界​中​で​行わ​れ​て​い​ます。

ヨハネ​は​聖霊​に​導か​れ​て,こう​し​た​出来事​が​何​を​意味​し​て​いる​の​か​を​次​の​よう​に​説明​し​ます。「今や,私たち​の​神​の​救い​と​力​と​王国,また​キリスト​の​権威​が​実現​し​まし​た!」(啓示 12:10)イエス​が​広い​範囲​で​人々​に​伝え​た​神​の​天​の​王国​は,支配​を​開始​し​た​の​です。

これ​は​イエス​の​忠節​な​弟子​たち​全て​に​とっ​て​素晴らしい​知らせ​です。彼ら​は​次​の​ヨハネ​の​言葉​を​重く​受け止め​ます。「それで,天​と​そこ​に​住む​者​たち,喜び​なさい! 地​と​海​に​は​災い​が​降り掛かり​ます。悪魔​が,自分​に​残さ​れ​た​時​が​短い​こと​を​知り,大きな​怒り​を​抱い​て​あなた方​の​所​に​下っ​た​から​です」。(啓示 12:12

イエス​は​もう,天​の​父​の​右​に​座っ​て​待っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。王​と​し​て​支配​し​て​おり,間​も​なく​自分​の​敵​たち​全て​を​滅ぼし​ます。(ヘブライ 10:12,13)では,胸​の​躍る​どんな​将来​が​待っ​て​いる​でしょ​う​か。