内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 108​章

仕掛けられたわなを見破る

仕掛けられたわなを見破る

マタイ 22:15‐40 マルコ 12:13‐34 ルカ 20:20‐40

  • カエサル​の​もの​は​カエサル​に

  • 復活​し​た​人​は​結婚​する​か

  • 最大​の​おきて

イエス​の​敵​たち​は​動揺​し​て​い​ます。イエス​が​彼ら​の​邪悪​さ​を​暴く​例え​話​を​し​た​から​です。そこで​パリサイ​派​の​人​たち​は,イエス​を​わな​に​はめ​よう​と​たくらみ​ます。人​を​雇っ​て​イエス​の​所​に​派遣​し,ローマ​総督​に​引き渡す​口実​と​なる​こと​を​イエス​に​言わせる​の​です。(ルカ 6:7

その​人​たち​は​こう​言い​ます。「先生,私たち​は,あなた​が​正しく​話し​て​教え,不​公平​な​扱い​を​せ​ず,真理​に​沿っ​て​神​の​道​を​教える​こと​を​知っ​て​い​ます。カエサル​に​人頭​税​を​払う​の​は​良い​こと​でしょ​う​か,良く​ない​こと​でしょ​う​か」。(ルカ 20:21,22)イエス​は​そういう​お世辞​に​は​だまさ​れ​ませ​ん。その​裏​に​偽善​や​ずる賢さ​が​ある​こと​を​見破り​ます。ここ​で,「良く​あり​ませ​ん」と​答えれ​ば,ローマ​に​対する​反逆​の​罪​で​訴え​られる​か​も​しれ​ませ​ん。逆​に,「良い​こと​です」と​言え​ば,ローマ​の​支配​を​嫌っ​て​いる​人々​は,イエス​を​誤解​し,敵意​を​示す​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は​どう​答える​でしょ​う​か。

イエス​は,「なぜ​私​を​試す​の​です​か,偽善​者​たち。人頭​税​の​硬貨​を​見せ​なさい」と​言い​ます。すると,デナリ​硬貨​が​持っ​て​こら​れ​た​の​で,イエス​は,「これ​は​誰​の​像​と​称号​です​か」と​聞き​ます。「カエサル​の​です」と​いう​返事​に​対し,「それ​で​は,カエサル​の​もの​は​カエサル​に,しかし​神​の​もの​は​神​に​返し​なさい」と​巧み​に​答え​ます。(マタイ 22:18‐21

その​人​たち​は​イエス​の​言葉​に​驚き​ます。答え方​が​見事​ だっ​た​の​で​言い返せ​ず,その​場​を​去り​ます。しかし,イエス​を​わな​に​掛け​よう​と​する​たくらみ​は​これ​で​終わり​ませ​ん。パリサイ​派​の​人​たち​の​計画​は​失敗​し​まし​た​が,別​の​グループ​の​指導​者​たち​が​イエス​の​所​に​やっ​て​来​ます。

復活​は​ない​と​主張​する​サドカイ​派​の​人​たち​です。彼ら​は,復活​と​義​兄弟​結婚​に​関する​質問​を​持っ​て​き​まし​た。こう​尋ね​ます。「先生,モーセ​は,『男​が​子供​を​持た​ず​に​死ん​だ​なら,彼​の​兄弟​が​残さ​れ​た​妻​と​結婚​し​て,兄弟​の​ため​に​子孫​を​もうけ​なけれ​ば​なら​ない』と​言い​まし​た。さて,私たち​の​所​に​7​人​の​兄弟​が​い​まし​た。長男​は​結婚​し​て​死に​まし​た​が,子孫​が​おら​ず,妻​を​兄弟​に​残し​まし​た。次男,三男,結局​7​人​全員​が​同じ​よう​に​なり​まし​た。最後​に​その​女性​が​死に​まし​た。そう​する​と復活の​際,この​女性​は​7​人​の​うち​誰​の​妻​な​の​でしょ​う​か。全員​が​妻​に​し​た​の​です」。(マタイ 22:24‐28

イエス​は,サドカイ​派​の​人​たち​が​受け入れ​て​いる​モーセ​の​書​を​引用​し,こう​答え​ます。「その​よう​な​考え違い​を​する​の​は,聖書​も​神​の​力​も​知ら​ない​から​で​は​あり​ませ​ん​か。生き返る​時,男性​も​女性​も​結婚​し​ませ​ん。天使​の​よう​に​なり​ます。死者​が​生き返る​こと​に​関し​て​は,モーセ​が​書い​た​いばら​の​木​に​関する​記述​の​中​で,神​が​モーセ​に『私​は​アブラハム​の​神,イサク​の​神,ヤコブ​の​神​で​ある』と​言っ​た​の​を​読ま​なかっ​た​の​です​か。この​方​は​死ん​だ​人​の​神​で​は​なく,生き​て​いる​人​の​神​です。あなた方​は​ひどく​間違っ​て​い​ます」。(マルコ 12:24‐27。出エジプト​記 3:1‐6)群衆​は​その​答え​に​非常​に​驚き​ます。

パリサイ​派​の​人​たち​も​サドカイ​派​の​人​たち​も,イエス​に​全く​言い返せ​ませ​ん​でし​た。そこで​今度​は​イエス​を​試す​ため​に​この​2​つ​の​グループ​が​一緒​に​やっ​て​来​ます。その​中​の​1​人​の​律法​学​者​が,「先生,律法​の​中​で最大​の​おきては​どれ​です​か」と​質問​し​ます。(マタイ 22:36

イエス​は​答え​ます。「第​一​は​こう​です。『聞き​なさい,イスラエル,私たち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​あり,あなた​は,心​を​尽くし,知力​を​尽くし,力​を​尽くし,自分​の​全て​を​尽くし​て,あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​なけれ​ば​なら​ない』。第​二​は​こう​です。『あなた​は​隣人​を​自分​自身​の​よう​に​愛さ​なけれ​ば​なら​ない』。これら​より​大きな​おき​て​は​ほか​に​あり​ませ​ん」。(マルコ 12:29‐31

律法​学​者​は​その​答え​を​聞い​て,こう​言い​ます。「先生,『神​は​ただ​ひとり​で​あり,その​ほか​に​は​い​ない』と,真理​に​沿っ​て​よく​言わ​れ​まし​た。心​を​尽くし,理解​力​を​尽くし,力​を​尽くし​て​神​を​愛する​こと,また,隣人​を​自分​自身​の​よう​に​愛する​こと​は,全焼​の​捧げ物​と​犠牲​全部​より​はるか​に​価値​が​あり​ます」。イエス​は,この​人​が​的確​に​答え​た​の​を​見​て,「あなた​は​神​の​王国​から​遠く​あり​ませ​ん」と​言い​ます。(マルコ 12:32‐34

イエス​は​神殿​で​3​日​間(ニサン​9​日​から​11​日)教え​て​い​ます。その​間,この​律法​学​者​の​よう​に​イエス​の​話​を​喜ん​で​聞い​た​人​たち​も​い​ます​が,宗教​指導​者​たち​は​違い​ます。彼ら​に​は「それ​以上​イエス​に​質問​する​勇気​は」あり​ませ​ん。