内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 130​章

イエスは引き渡され,処刑場所へ連れていかれる

イエスは引き渡され,処刑場所へ連れていかれる

マタイ 27:31,32 マルコ 15:20,21 ルカ 23:24‐31 ヨハネ 19:6‐17

  • ピラト​は​イエス​の​釈放​を​試みる

  • イエス​は​有罪​と​され,処刑​場所​へ​連れ​て​いか​れる

イエス​は​残酷​な​虐待​を​受け​て​ばか​に​され​ます。ピラト​は​何​と​か​イエス​を​釈放​し​よう​と​し​ます。しかし,祭司​長​と​その​支持​者​たち​の​態度​は​変わり​ませ​ん。何​と​し​て​でも​イエス​を​殺し​たい​と​思っ​て​い​ます。それで,「杭​に​掛けろ! 杭​に​掛けろ!」と​叫び​続け​ます。ピラト​は,「自分​たち​で​連れ​て​いっ​て​杭​に​掛け​なさい。私​は​彼​に​何​の​過失​も​見つけ​られ​ない」と​答え​ます。(ヨハネ 19:6

ユダヤ​人​たち​は,政治​犯​と​し​て​イエス​を​殺さ​せる​の​が​難しい​と​知る​と,今度​は​宗教​上​の​罪状​で​訴え​ます。その​罪状​と​は,彼ら​が​サンヘドリン​の​裁判​で​持ち出し​た​冒瀆​の​罪​です。こう​言い​ます。「私たち​に​は​律法​が​あり,その​律法​に​よれ​ば,彼​は​死​に​値し​ます。自分​を​神​の​子​と​し​た​から​です」。(ヨハネ 19:7)ピラト​に​とっ​て​は​初耳​です。

ピラト​は​邸宅​の​中​に​戻り​ます。そして,厳しい​虐待​を​耐え​て​いる​この​男性,また​妻​が​夢​で​見​た​この​男性​を​何​と​か​釈放​する​道​は​ない​か​と​考え​ます。(マタイ 27:19)自分​を「神​の​子」と​し​た​と​いう​耳新しい​罪状​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。ピラト​は​イエス​が​ガリラヤ​出身​で​ある​こと​を​知っ​て​い​ます。(ルカ 23:5‐7)それでも​ピラト​は​イエス​に,「あなた​は​どこ​から​来​た​の​か」と​質問​し​ます。(ヨハネ 19:9)イエス​は​人間​に​なる​前​から​生き​て​いる​神​か​も​しれ​ない,と​思っ​た​の​でしょ​う​か。

イエス​は​ピラト​に​対し,自分​は​王​だ​が​自分​の​王国​は​この​世​の​もの​で​は​ない,と​すでに​話し​まし​た。さらに​説明​する​必要​は​あり​ませ​ん。それ​で​イエス​は​黙っ​て​い​ます。ピラト​は​イエス​が​答え​ない​の​で​プライド​を​傷つけ​られ,腹​を​立て​て​こう​言い​ます。「黙っ​て​いる​つもり​か。あなた​を​釈放​する​権限​も​処刑​する​権限​も​私​に​ある​こと​を​知ら​ない​の​か」。(ヨハネ 19:10

イエス​は​こう​答え​ます。「天​から​与え​られ​て​い​なかっ​た​なら,あなた​は​私​に​対し​て​何​の​権限​も​ない​でしょ​う。それで,私​を​あなた​に​引き渡し​た​人​の​方​が​罪​が​重い​の​です」。(ヨハネ 19:11)イエス​は​ここ​で,誰か​1​人​の​こと​を​言っ​て​い​た​の​で​は​ない​よう​です。ピラト​より​も,カヤファ​や​その​支持​者​たち​や​ユダ​・​イスカリオテ​の​方​に​重い​責任​が​ある​と​言っ​て​い​た​の​です。

ピラト​は​イエス​の​態度​と​言葉​に​心​を​動かさ​れ,イエス​は​神​で​は​ない​か,と​いう​恐れ​の​気持ち​が​強まっ​て​き​た​こと​も​あり,イエス​を​釈放​する​方法​を​再び​探し​始め​ます。ところが,ユダヤ​人​たち​は​ピラト​に​恐れ​を​抱か​せる​別​の​点​を​挙げ,こう​脅し​ます。「この​男​を​釈放​する​なら,あなた​は​カエサル​の​友​で​は​あり​ませ​ん。自分​を​王​と​する​者​は​皆,カエサル​に​逆らっ​て​いる​の​です」。(ヨハネ 19:12

ピラト​は​イエス​を​もう​一度​連れ出し,裁き​の​座​に​座っ​て,「見​なさい,あなた方​の​王​だ!」と​民​に​言い​ます。しかし​彼ら​は​それ​を​無視​し,「殺せ! 殺せ! 杭​に​掛けろ!」と​叫び​ます。ピラト​は,「あなた方​の​王​を​私​が​処刑​する​の​か」と​反論​し​ます。ユダヤ​人​は​これ​まで​ローマ​の​支配​に​いら立ち​を​募ら​せ​て​き​まし​た。ところ​が​祭司​長​たち​も​この​時​だけ​は,「私たち​に​は​カエサル​の​ほか​に​王​は​い​ませ​ん」と​平気​な​顔​で​言い​ます。(ヨハネ 19:14,15

ピラト​は​ユダヤ​人​たち​の​しつこさ​に​耐え切れ​なく​なり,要求​通り​イエス​を​処刑​する​ため​に​引き渡し​ます。兵士​たち​は​イエス​から​紫​の​衣​を​剝ぎ取り,もともと​着​て​い​た​外衣​を​着せ​ます。イエス​は​引い​て​いか​れる​際,自分​で​苦しみ​の​杭​を​担い​で​いか​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

今​は​ニサン​14​日​金曜​日​の​正午​近く​です。イエス​は​木曜​日​の​早朝​から​一睡​も​し​て​い​ませ​ん。しかも,苦しみ​に​満ち​た​経験​の​連続​でし​た。イエス​は​杭​を​引きずり​ながら​進み​始め​ます​が,その​重み​に​耐える​力​が​尽き​て​しまい​ます。そこ​へ,アフリカ​の​キレネ​から​来​た​シモン​と​いう​男性​が​通り掛かり​ます。それ​で​兵士​たち​は​シモン​に​杭​を​ 処刑​場所​まで​運ば​せ​ます。大勢​の​人​が​その​後​に​付い​て​いき​ます。胸​を​たたい​て​悲しむ​人​たち​も​い​ます。

イエス​は​悲しむ​女性​たち​に​こう​言い​ます。「エルサレム​の​女性​たち,私​の​ため​に​泣く​の​を​やめ​なさい。むしろ,自分​と​自分​の​子供​たち​の​ため​に​泣き​なさい。人々​が,『子供​が​でき​ない​女性,また​子供​を​産ま​なかっ​た​女性​や​乳​を​飲ませ​なかっ​た​女性​は​幸せ​だ!』と​言う​時​が​来る​から​です。その​時​人々​は,山​に​向かっ​て,『われわれ​に​かぶさっ​て​くれ!』と​言い,丘​に​向かっ​て,『われわれ​を​覆っ​て​くれ!』と​言いだし​ます。木​に​生気​が​ある​時​に​こう​し​た​こと​が​なさ​れる​の​で​あれ​ば,枯れ​た​時​に​は​何​が​起きる​でしょ​う​か」。(ルカ 23:28‐31

イエス​は​ユダヤ​国民​の​こと​を​話し​て​い​ます。彼ら​は​枯れ​て​いく​木​の​よう​です​が,まだ​生気​が​残っ​て​い​ます。イエス​も,イエス​に​信仰​を​抱く​たくさん​の​人​たち​も​いる​から​です。しかし,イエス​が​殺さ​れ,神​が​弟子​たち​を​ユダヤ​国民​から​取り去る​と,同​国民​は​神​の​目​から​見​て​枯れ​た​木​の​よう​な​状態​に​なり​ます。そして,ローマ​軍​が​神​から​の​刑​を​彼ら​に​執行​する​時,大きな​悲しみ​が​生じる​でしょ​う。